自己否定感が存在する理由・・の考察

depression-1252577_1280

時々、どうしようもない劣等感、自己否定感に押しつぶされそうになることがあります。

それがどういうものか、どういうメカニズムで起こっているかがわかっていて、どう対処したらよいかもわかっていても、なかなかそこから離れられない自分を、少し情けなく思いながらもその感覚と同居しています。

少し前から、それがまたやってきていました。

それはずっと自分の中に在り続けるのではなく、セッションをしていたり、セミナーをしていたり、誰かと話をしていてその人の光に焦点を当てて、それを伝え励ましているときは、跡形もなく自分の中から消えています。

つまり、自分のことにしか向き合う必要が無い時に(平たく言うと暇なときに・・笑)、何かにスイッチを押されてむくむくと反応が起きているようなのです。


そして今朝、洗面所で身仕度をしている時に、それが何のために起こっているのかのヒントがやってきたような気がしたのでした。

セロトニン不足とか、そういう機能的なものももちろんあるでしょうが、この劣等感や自己否定感は、何度も繰り返してきた輪廻転生における過去の自分の経験値の賜物であり、プラスして、今世で成し遂げようと計画してきたことを遂行するための安全装置なのではと思ったのでした。

劣等感や自己否定感は、決して持つ必要はないものですが、それでもそういうものに翻弄されやすい性質を持っているということは、エゴを肥大させて、本当に大切なことを見失わないようにとの自己抑制装置なのではと思い至ったのです。

私がこれまで出会ってきた人達で、自己否定感が強い人のほとんどが、とても心の美しい優しい人達でした。

そしてその人達は、実はその美しい波動で、世界に大きな影響を与えていく力とパワフルさを秘めていることが私にはよくわかりました。

それを封じ込めていることのプラス面とは何か?それはマイナスでしかないのでは?とずっと思ってきたのですが、今朝、それは彼らがその真なる資質をエゴで捻じ曲げて発揮する事のないようにとの、内なるストッパーなのではということを閃いたのです。

self-confidence-2076788_1920

私自身のことで恐縮ですが、数年前ある出来事で自分自身が打ちのめされ、自分への信頼が砕け散り、もうあの世へ戻りたいとまで思った日の翌日に、前から予定されていたセミナーがあったことがありました。

自己否定などという生易しいものではない心理状態だったのですが、セミナーが始まった途端に私のスイッチが入り、それが終わるまでの間ずっと、私はその死にたいほどの自己嫌悪感・自己否定感から全く離れており、苦しさのかけらもなかったのでした。

しかし夕方、すべてが終わって参加者の皆さんが帰った途端に、前夜の苦しさがまた自分の中に浮かび上がってきたのを覚えています。そしてそれは、私がエゴの範疇にある時と、そうでない時の違いをはっきりわからせてもらった体験となりました。


発達障害と呼ばれるクォリティーを内に持つ人達は、セロトニン不足に陥りやすく、自己否定感にさいなまれることが多いと言われています。

私自身もそのタイプであり、器質的に起きている部分であることも理解した上で、更なる洞察として降りてきたこの考えは、私と同じようなタイプの人達には一筋の光になるように感じました。

私が自己否定の苦しさと全く離れていられたのは、自分の内なる叡智を他の人々と分かち合い、エゴを介在させず、ハイヤーセルフとしっかりと繋がっている状態の時でした。

自分自身のパワーを、真の自分が望んでいるものとぶれずに発揮するために、強すぎる自己否定感が備わっているのではと考えてみることは、これまでとは違った視点をもたらすのではと思うのです。

そして、よりその感覚が強くなっている時は、実は自分自身のパワーをフルに発揮する時が目前に迫っているからなのかもしれません。

過去世で繰り返してきた過ち(自分がそう思っているもの)を再び起こすことなく、エゴによって自分を狭小に見ているところからの発信でもなく、真に自分の光をこの世界に発し、自分自身を世界と分かち合う時がすぐそこにやってきていると気付くためのお知らせなのかもしれません。







「子どもたちに対して、あなたにできることはひとつしかない」

友人がシェアしてくれていたOshoの言葉。

私自身も長い年月において子育てにおいて取り組んできたことが、この文章にすべて集約されています。

子育ての最初の10年の間に触れることができていたなら・・(涙)

いや、やっちまった自分だからこそ、体験を伴っているからこそ、ここに書いてあることが真実だとわかることに意味があるのかな(笑)

parenthood-1832390_1280


子どもたちに対して、あなたにできることはひとつしかない。 


それは、あなた自身の生を分かちあうことだ。 



子どもたちに、自分もまた親から条件づけを受けてきたことを話しなさい。 


特定の理想に従い、特定の制限の中で生きてきたこと、 

そして、こういった理想や制限のために、 

すっかり生を無駄にしてしまったことを話しなさい。 


そして、自分はおまえたちの生を損ないたくない、 

完全に自由でいてほしいと、話しなさい。 

親の自分から自由でいてほしい、と。 



なぜなら子どもたちにとって、 


あなたは過去そのものを表しているのだから。 

子どもたちに、そう伝えるには勇気がいる。 

父親と母親には、途方もない愛情が必要とされる。 



「お前たちは、私たちから完全に自由でいなければならない。 


私たちに従うのではなく、自分自身の知性に基づいて行動しなさい。 

たとえ道に迷ったとしても、盲従したまま、 

いつも正しいことをするより、はるかにましだ。 


自分の考えで行動して間違いを犯し、そこから学ぶほうが、 

他の人に追従して間違いを犯さないよりはいい。 

間違いを犯さなかったところで、 

人に追従する以外は何ひとつ学ぶことにならない。 
 
そして、人に追従することは害になるだけだ」 


これは、あなたに愛があれば、いともたやすいことだ。 

私に「どうすれば」と訊かないことだ。 

「どうすれば」という質問は、手順や方法論、 

テクニックを求めているということだ。 

だが、愛はテクニックではない。 

子どもたちを愛し、彼らが自由であることを楽しみなさい。 


彼らが間違いを犯すままにさせ、どんな点で間違いを犯したのか、 

自分で理解できるように手助けしてやりなさい。 

子どもたちに、こう言いなさい。 



「間違いを犯すことは悪いことじゃない。 


いくらでも、たくさん間違うがいい。 

これこそが、より多くのことを学び続ける方法だからだ。 
 
だが同じ間違いを何度も繰り返してはいけない。 
 
そんなことをしても、馬鹿になるだけのことだ」 

 

結局これは、私から単純な答えを得て済む問題ではない。 


あなた自身が、瞬間から瞬間へと子どもたちとともに生き、

些細なことにおいても、彼らに最大限の自由を与え、 

あなた自身が、答えを見つけ出さなければならない。 



 (Osho : バグワン・シュリ・ラジニーシ、1931年12月11日 - 1990年1月19日は、インドの宗教家、神秘思想家、20世紀の覚者。 21歳の時、ジャバルプールのバンヴァータル庭園にあるモールシュリの木の下で光明を得る。ーウィキペディアより)


憧れの奥にあるもの

誰かに憧れの気持ちを持ったり、何かをうらやましく思う時、人は二通りの反応をします。

素晴らしい人や物事を見て、「すごいな~!自分もそうなりたい」と密かに努力を始める人と、「あれは特別な人にだけできることで、自分には無理だよ」と諦めてしまう人に分かれます。

team-2444978

例えば、サッカーをやっている少年少女なら、有名なサッカー選手を見て、「すごい!」「あんな風になりたい!」「いや、自分は才能がないから絶対になれない」・・などなど、色々反応が起こるでしょう。

しかし私は、サッカー選手には一切反応しません。なぜならサッカーには全く興味がないし、サッカーも全くできないからです。

つまり人は、自分にそうなる可能性がないものには全く反応しないのです。つまり、反応があるものには、自分がそれに近づくことは可能だということです。

自分にはできない、自分とは違う、と思ってしまう人は、人が何かに反応する時、それは自分の中に同じ要素があるのだということに気付いていないのです。

それはとてももったいない事だと思います。

なぜなら、人や物事に憧れる気持ちを持つというのは、自分の可能性の種を見つけることだからです。



しかしここで、一つ気を付けなくてはならないことがあります。

それは、サッカー選手に憧れたなら、必ずサッカー選手になれるのではないということです。

憧れから努力を始め、それが花開いて実を結ぶ人も確かにいます。

しかし、どれほど憧れ、努力をしても、決して選手にはなれない人もいるのです。

それでは、なぜサッカー選手に憧れたのか?ということになります。

それは、サッカー選手というものを見た時に、自分が感じる何か、そこにある「質」・「要素」に、自分が為し得たいと思うことが潜んでいるからです。

ballet-1971600_1280

私の娘は、小さいころからクラッシックバレエを習っていました。踊ることが大好きで、素晴らしいダンサーたちに憧れ、自分も将来はバレリーナになりたいと願っていました。

しかし、どれだけ努力をしても、バレエの世界には厳しい条件がたくさんあります。容姿・スタイル・経済力・運・・と、自分だけの努力では乗り越えられないことが目白押しです。

自分が納得のいくまではバレエを続けていましたが、高校に進学したときにすべて諦めました。

では彼女の憧れは、一体何だったのでしょうか?


憧れるものの中には、自分の可能性の種があるというのはやはり真実です。でもそれは、文字通り実際にバレリーナになるということだけではないのです。

娘は、音楽を自分の身体で表現することが好きだったのです。そうすることで、自分が自分らしく、生き生きと輝くことができることを知っていたのでした。

バレエで表現していたその音楽は形を変え、高校では合唱部に所属して、仲間達と美しい音楽を奏でることで、素晴らしい体験をたくさんすることができました。

それが何かの才能として仕事になったわけではありませんが、今は小さな子供の母親として、いつも一緒に歌ったり踊ったり、とても楽しそうに過ごしています。

schutzengelchen-1912923_1280

憧れる対象が現れた時、何かをうらやましく思った時、それはその人にとってのチャンスです。

今の自分はまだ手にしていなかったり、手にしているけれど十分に花開いていないことに取り組むことで、より自分らしく輝いて生きることができる「要素」と「質」がクリアになります。

自分の魂を喜びで震えさせることは何かという、ヒントがそこにはあるのです。

誰かに、何かに憧れることは、とても素敵なことです。

自分が何に反応するかを注意深く観察し、その要素を伸ばしていくことが、人生の質を変えていくのだと思うのです。





個人セッションを受け付けています。
7月・8月中のみ、先日の1dayセミナーの内容を加えて、時間を延長して提供させて頂いています。このシフトの波と向き合うサポートとしてご活用ください。
★詳しくはこちら1dayセミナー開催のお知らせ


今年4回目のシフトの波に合わせて、10月にセドナリトリートを催行します。あと1名ご参加可能です。★詳細はこちら⇒セドナリトリート2017開催のお知らせ







今年3度目のシフトの波

wave-1913559

あと1~2日で、これから1ヶ月続く今年最大のシフトの波がやってきます。

2017年は4つのシフトの波が訪れるという、とても大きな転換期です。

ザ・グループによると、それぞれの波が2012年のシフトに匹敵するようなものだということで、世の中の情勢や、地球の自然環境などに大きな変化があるのは当たり前だなと感じます。


前回の記事でも触れましたが、もう何かをカムフラージュして生きていくことは難しいエネルギーの世界になりました。

そうではない、と魂が知っていることを、頭で無理やり納得させて生きる人生は、うまくいかなくなってくることでしょう。


個人セッションなどをしていると、自分はそれが観念・信念だとは思っておらず、皆がそう考えている常識だと思っていたことが、実はそうではないということに気付く瞬間が訪れることがよくあります。

その時その方は、本当に驚いた顔をされて、次に何かから解放されたような緩やかな表情になります。

観念や信念は、人が自分自身のバイブレーションで生きることを制限してしまう一番大きな枷のようなものです。

そして、自分ではなかなかそれに気づかないからこそ、観念・信念と呼ばれています。

seagull-342718_1920

一人一人に、その枷から自由になる機会が訪れています。

そして社会そのものにも、同じことが起こっています。


常識は変わります。

当たり前だと思っていたことが、当たり前でなくなることが、これからは益々増えていくでしょう。


自分はどのように生きていくかの答えは、いつも自分が知っています。

自分の核となるバイブレーションで生きていくと決める時、それを阻んでいるものが浮かびあがってきます。

その浮かび上がったものが、もう今の自分に必要ないならば、潔く手放す時が来ているのです。

path-of-light-2006013_1920

大きなシフトの波は、これから自分がどのように生きていくかを明確にすることで、乗り越えていくことが容易になるでしょう。

新しい道を自分が創っていく時がきています。

怖れは現実化します。そんな現実はもう必要ありません。

ハートの声を聞いて下さい。魂の計画、望みを生きる時がやってきました。

自分自身を信頼し、社会の変化・地球の変容に動揺しないで下さい。

それは、より私達が本来の姿で生きていく世界への変遷の現れだということを理解して、自分自身にフォーカスして生きていきましょう。





個人セッション
を受け付けています。

7月・8月中のみ、先日の1dayセミナーの内容を加えて、時間を延長して提供させて頂いています。このシフトの波と向き合うサポートとしてご活用ください。


★詳しくはこちらをクリックして下さい⇒1dayセミナー開催のお知らせ




「ノー・モア・シークレット」の世界

key-2114293_1920

十数年くらい前からかと思うのですが、社会全般において、長い間暗黙のタブーとなっていた事や、公然の秘密と言ったような事、もしくは見て見ぬふりをしてまかり通っていた習わしのようなことが、次々に暴かれたり、事によっては罪を問われたりしてきているように思います。

これは、私達が既に「ノー・モア・シークレット(もう秘密はない)」という世界に入ってしまったことを表しており、お互いが別個の人間として秘密を隠し通せる世界は終わりを告げ、もう私達はどんどん繋がって一つになっていっているという事の証明のような現象です。

意識的にわかったという状態までにはなっていなくても、なんとなくわかってしまう・・というような事が、ごく普通の人にも頻繁に起こっているのではと思います。

また、生まれてきている子供達の発話が遅くなっていることにも、気づかれている人もいるかもしれません。

彼らは、言葉の必要のない世界からの転生をしてきていることが多く(つまり、テレパシックに会話をする世界)、言葉を話さなくてはこの世界ではまだ通じ合えないのだ!と気づくまで、ずっと話さない子供さえいます。(そういう子供達は、3歳くらいにいきなり長文を話し始めたりします。)

子供達の発話に関しては、祖父母や保健所で色々言われて悩んでいる若い親御さんも多いかと思いますので、親がちゃんと子供と意志が通じていて不自由がないなら(例えば、犬とは、会話をしないけど気持ちのやりとりできるように・・)、ちゃんとテレパシックには伝わっているので、そのうち気付くと話し始める事が多いことを知ると、気が楽になるかもしれません。

一時テレビで芸能人の不倫の暴露が相次ぎましたが、あれも「ノー・モア・シークレット」現象の一つです。秘密を持つことがもう難しい世界になってしまっていることを知ることは、何かを隠し通そうとしている人には、残念なお知らせなのかもしれません(笑)

key-2114321_1920

ではなぜそのようなことが起こっているのでしょうか?

私達は、個々が分離していた世界から、お互いが一つであるという統合の世界へと移行しつつあるからです。

スピリチュアルの世界では、サイキックと呼ばれる人達や、リーディングをする人達が活躍していますが、そういうことをできる人はどんどん増えていっています。

私達は繋がっているので、他の事が自分のことのようにわかる・・というのは、決して稀な才能とかではないからです。

古来からある「虫の知らせ」というのは、その現象の一部です。それは、普段は気にせずに通り過ぎさせている情報を、それが緊急事態であるがゆえにキャッチするということです。誰にでも起こること、つまり誰にでもできることなのです。

私は、誰かが強く私のことを考えていたり、会いたいと思ってくれたりすると、その人の顔が頻繁に頭に浮かびます。用事があるなら電話してくればよいのに(笑)と思いながら、こちらから連絡した方がよいと感じる時のみ、メールしたりします。(相手は、大抵そのタイミングにびっくりします。笑)


私達はどんどん繋がってきています。ですので、自分と不調和なものを避けたくなるのは当たり前です。それでも私達は繋がっています。

不調和なものと調和するには、音楽の和音のような方法を使うのも一案です。例えば、自分が低いドを出すのが無理なら、それと調和する高いソの音を出してハモるのです。

それでも、近い和音でなければ、一抹の違和感があるかもしれません。でも、不協和音でないだけ心地よいはずです。

少し離れた和音しか奏でるのが難しい人とは、長時間一緒にいるのはしんどいかもしれませんが、無理せず自分のOKな時間を共に過ごせばよいのだと思います。(私は、父母とはそのように接しています。)

key-2114350_1920

そして、「ノー・モア・シークレット」というのは、他のことだけではなく、自分自身のことでもあります。

自分が自分に嘘をついていること、本当はやりたいことがあるのに我慢していること、嫌なのに無理してやっていること・・などなどが、どんどん浮かび上がってきます。

もうどこにもシークレットを持つことはできなくなるのです。

これは辛いことではないと、私は思っています。むしろ素敵なことです。

もし、そんな世界無理だ!と感じる人がいるなら、その保たなければならない秘密は本当に自分に必要なのかを見てみるのはどうでしょうか。

全ての人が自分の心のままに生きる世界、どこにも秘密がない世界は、なんとすがすがしく心地よい世界でしょう!

既にもう私達は、統合の世界、秘密のない世界、すべてが繋がっている世界を生きはじめているのです。





26日(水曜)に開催です。まだお席に空きがありますので、ご興味のある方はご連絡下さい。

1dayセミナー開催します♪(詳細は、クリック!)

clock-331174_1920






ギャラリー
  • 新しいゲーム
  • 新しいゲーム
  • 波に乗ると決める
  • 波に乗ると決める
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • 愛という名の支配
livedoor プロフィール