Cerulean Blue (セルリアンブルー)

『人生に奇跡を!』

愛の学び

father-and-son-2258681_1920

私にとっての愛の学びは、家族関係の中に集約して存在していました。

そしてそれは、やがて生まれた時の家族を離れ、新たに作られた自分の家族、そして「血縁」というものを離れ「縁」で繋がった人達との関係性へと広がって行きました。

今回の父の死と葬儀を通してさまざまな出来事が起こり、そこに関わった血縁というもので繋がった人達の間のやりとりによって、私は改めて自分を見つめる機会を得たのを感じているのです。


本来ならば、誰よりも自分のことを理解し、魂の成長を応援してくれるはずの親という存在が、私には欠落していました。

肉体を持って、肉体を育ててくれた親がいたのは確かですが、今の私の中にある「私が私であるための指針」のようなものは、私は親からは何一つ与えられてはいないと感じています。

むしろ、それを阻害するためのものを執拗に刷り込まれ、それを受け取らないことに腹を立てられ、親に飲み込まれないように使うエネルギーで、自分に注ぐべきエネルギーを消耗させられてきました。

なんとかそこから離れようとしてもがいても、結局は自分の中にある罪悪感と、してもらった数々の物質的・肉体的な彼らにとっての愛情表現を思い出すことで、私は彼らから完全に離れることはできなかったのでした。


私の両親は、二人共わずか四歳で母親を亡くしているという共通点を持っていました。

そしてその後の家庭環境では、残念ながら無償の愛と呼ばれるようなものを受け取ることができなかったという悲しい生い立ちがあるのでした。

ある意味、よく似ている夫婦でした。

二人共、小さい子供を見る眼差しは本当に優しくて、心から真剣に私の子供達と遊んでくれる祖父母でした。

もし二人が、両貰いという環境で結婚生活を始めなければならないような運命の下になかったとしたら・・彼らの関係性を脅かす「世間体」というモンスターに飲み込まれていなかったら・・孫を見る優しい眼差しのままで幸せな人生を生きていたのかもしれません。


自分が不幸であると主張する人達は、自己憐憫の中に埋没し、自分以外の周りのすべてを攻撃します。

親子関係においては、「愛」という名にすり替えた「攻撃」を子供に向けてしまいます。

その「攻撃」は、「コントロール」と言い換えた方がわかりやすいかもしれません。

私自身は、親からの愛だと信じていたものが、実は攻撃(コントロール)だったと気付いた時から、それをかわし続けて生きてきたので、親からは「愛」そのものが消えたのだと思われていたのだとわかります。


今回、父を失った悲しみ以外の悲しいことが続発し、自分の中からあふれ出る感情をリリースした後には、なぜこんなことが起こってしまうのかを静かに考えることができました。

そしてそれは、「DV(ドメスティックバイオレンス)の連鎖」と同じようなものでしかなく、どこかで誰かが断ち切らなくては終わらないものなのだと、しみじみ思うに至ったのでした。


本来親から受け取るべき「無償の愛」に恵まれなかった人は、「愛という名のコントロール」を断ち切る役割を心に決めて生まれてきた人なのかもしれません。

そして、無償ではない愛しか知らない親達も実は愛そのものの存在である・・ということに気付くのが、その勇気ある選択をしてきた人達のミッションなのかもしれません。


私達は「人間のふりをしている魂存在」です。そして人間というのは、地球上で光と闇を同時に体験する生き物です。

人間のふりをとことん楽しんだ父は、きっと今は魂に戻って人生を振り返り、さまざまな人や事に思いを馳せていることでしょう。

残された私達は、今しばらく人間のふりを楽しまなくてはならないので、相変わらず「愛」というテーマをこねくり回しながら、苦しみや悲しみ、そして本当の愛とは?ということと向き合っています。


愛の学びの究極は、やはり「自分を愛する」ということになるのでしょう。

自分を愛する事よりも、親からの愛(実はコントロール)を受け取り続け、世間体という社会を覆うコントロールに自分を預けてしまったことで、愛を渇望するがゆえの悲しみを抱えた人達が、さまざまな問題を創りだしてしまうのでしょう。

現実問題として起こっている出来事の一つ一つに、この視点を持ち込むことで、私は自分を愛し、同時に私の愛する人達との人間関係を豊かなものにしていけたらと願うばかりなのです。

train-690200_1280

最後に一つ、おまけのエピソードを・・。

もうすぐ4歳になる孫娘が、葬儀を終えての帰りの電車の中で急に、「うちは5人家族になったんだね!」とにっこりしたのでした。

娘が「うちは4人家族だよ。どうして?」と聞くと、孫娘は「だって~」と、隣の空いている席を指差したのでした。

見えない存在が大の苦手な娘は「やめて~!!」と騒いだそうですが(笑)、いつも私に孫達の写真や動画を見せて欲しいとねだっていた父が、きっとこっそり名古屋までついて行ったのかなと思った私でした(笑)




お知らせ

2月21日(金)2020年第2回 「Cerulean Blue お話会」開催しますよ~!
Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)



1月20日(月)Cerulean Blue お話会開催します♬(終了しました)

abstract-1963838_960_720

令和2年、西暦2020年も明けました。

今年は多くの人にとって大きく変化・変容する大切な年になると感じます。

今年の私の新しいチャレンジとして、月に1回程のペースで、お話会を開催していこうと思います。

今地球で起こっていること、宇宙レベルでの変化のこと、魂存在として生きること・・などなどについて、色々とシェアしていけたらと思っています。

初回は1月20日(月)に開催予定です。

タイムラインクロッシングの2月20日に向かって、1月22日から2月は「何か新しいことを行動に移す!新しいことを始める!」のに最適な時期であることを踏まえ、お話させて頂きます。

お知らせが遅くなりましたが、ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

【今回の内容】
*タイムライン・クロッシングとはどんなことが起こっているのか?私達はどう在ればよいのか?
*2020年はどのような年になるのか?私達が日々心がけることは?
*地球の変容に伴って起こってくること。私達が知っておいた方がよいことは?
*男性性と女性性の統合とは?私達の生活にどういう影響が起こるのか?

その他、ご参加の皆様に必要な情報をお届けします。
また、ご参加の皆さまからのQ&Aの時間も持ちたいと思っています。

どうぞお気軽にいらしてくださいね!


日時:1月20日(月)10:30~12:30 
   ※終了しました!⇒次回は2月21日(金)です。詳細はこちらより
場所:野々市情報交流館カメリア 301研修室

定員:15名

参加費:3,000円(事前お振込みをお願いしています)※当日ご参加の方は会場でお支払い下さい。おつりのないようにお願いできると助かります。

参加ご希望の方は、以下のメールフォームよりお願い致します。

Cerulean Blue お話会申し込み


お会いできるのを楽しみにしています


*2月の予定:2月21日(金)13:00~15:00(カメリア301研修室)
*3月の予定:3月24日(火)13:00~15:00(カメリア301研修室)

75642408_10216076868137462_5431511686580273152_n
(エジプト イシス神殿にて)


Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)




光への旅立ち

sunset-3156440_1280

長い長い一日が終わりました。

昨日の早朝、父が旅立ちました。

しばらく呼吸が苦しい状態が続いていており、その苦悶の表情を見るたび、もう身体から解放させてあげたいと実は願っていました。

前日からモルヒネを多めにしていたという医師の計らいのお蔭か、どちらかというと穏やかな顔をしていたことが救いでした。

私にとっての父は、愛をたくさんもらってきた事を実感する思い出はたくさんありますが、本当は気弱なのに、それを隠すための攻撃性や言葉の暴力が強かったので、こちらから愛するのが難しい人でした。

プレゼントを渡しても、気に入らないと返してきたり、陰で文句を言ったりする人でした。

子供という存在にはとても優しい人なのに、大人にはいつも辛辣な批判をする人でした。

明治生まれの父親譲りの男尊女卑の思想が強くて、私は「女のくせに」という言葉を幼い頃から何度言われたかわかりません。

前の病院では、薬で朦朧としていたという言い訳はありますが、若い看護師さんにセクハラをして、子供の私達が師長さんにきつくお叱りを受けるという残念なエピソードもありました。

痛みに弱く、我儘で、自己主張が強くて勝手に病院を退院したがる人で、もう八十代半ばでもあったので、私達は彼に抗がん剤の治療をするなどはしないことを決めてこの日を迎えたのでした。

肉体の死は終わりではないこと、魂は永遠に生き続けることを知っていても、親との別れは辛いものでした。

思い出の結晶作用というものがあります。(人は悪いことを忘れ、良いことの方を多く記憶に残すという習性があるそうです)

これまで彼に吐かれた暴言や困りごとが山のようにあるのに、父が母の精神状態を悪くする元凶だったゆえに私の苦しみが多かったのに、思い出の結晶作用はあっという間にそれらを私の記憶の彼方に押しやります。

そして、ただただ彼が私に向けてくれた数々の愛に基づく行為だけを、私の脳は反芻するのです。


こんなに優しい人に、私は何故もっと優しくしてあげられなかったのだろう。

寂しがっているのがわかっていたのに、何故もっと頻繁に病院に足を運んであげられなかったのだろう。

独りぼっちで旅立たせず、枕もとで見送ってあげることが何故できなかったのだろう。

こんなに寂しい最後を迎えるなら、母を別居させる手助けなんてしなければよかった・・。


思い出すと、自分を責める事ばかりが浮かんできて、泣けてしかたがありません。


それでも、私の愛する今の家族が、私の辛い気持ちを慰め、励まし、愛してくれることに救われ続けています。

これまでさんざん親に苦しめられてきた私がそれ以上自分を責める必要はないと、愛の言葉をかけてくれるのです。

ありがたいです。辛くてならない時に、逆に自分がどれほど幸せなのかを思い知ります。


人の生き死には、人間関係にもさまざまな波紋を呼び起こします。

きょうだいや親族との関係性にも色々なスポットが当たり、未解決の問題が浮かび上がります。

そしてすべての局面において、私は最終的に自分を責めてしまうパターンに陥るのだという事とも、相対させられています。

父の死は、単に彼が肉体を去り魂存在に戻るということのみではなく、彼と関わった人々の人生を揺さぶり、意識の大きな改革のチャンスを与えてくれていることに気付いています。

これは、父が私に与えてくれている最後の大きな愛なのかもしれません。


聖人君子のように、すべての人を等しく愛し、愛情だけに溢れてやりとりするということは、まだまだ難しい世界に生きていることにも気付きました。

自分の心の中にある闇の部分からも目をそむけず、不完全であるからこその人間であることを受け入れ、前に進んで行こうと思います。

闇の中であるからこそ、光の美しさにも気付くことができるということに改めて気づき、その光の温かさに感謝が溢れています。

娘が言ってくれたように、父が私に与えてくれたことだけを数えるのではなくて、私が父に与えた人生の喜びも数えたいと思います。

子供が大好きだった父が、私の子供達とやりとりして過ごした幸せな時間は、私という子供が父に与えることができたギフトでした。

父は、私に何かしてくれることで、娘に何かしてあげられる喜びを感じてくれていたのだと思います。

自分と言う存在がいたことそのものが親孝行だったということに思いを馳せ、彼に心を100%開いて愛を表現できなかった自分を許そうと思います。

孫と一緒に最高の笑顔で写っている写真を遺影に選びました。

この美しい瞬間を父が体験したことは、私の誇りであり喜びであると、心に刻みたいと思います。

お父さん、ありがとう。

お父さんにもらったたくさんのものを、これから私の生きる力にしていきます。

限界のある肉体から解放されて、美しいあちらの世界で光に戻って、軽やかに笑ってくださいね。




お知らせ

1月20日(月)Cerulean Blue お話会開催します♬

Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)




2020年 新年明けましておめでとうございます

石川の年末年始2019~2020_200101_0031

新年明けましておめでとうございます。

11月から12月は、怒涛の忙しさと個人的な理由で、ブログの更新がほぼ滞っていた私でした。

それでも変わらずにここを訪れて読んで下さる方がいることに、心から感謝しています。本当にありがとうございます。

11月16日から24日(23日がピーク)にかけて訪れていたたタイムライン・クロッシングにより、地球は大きく変化しているのを感じている方はとても多いのではと思います。

女性性優位のタイムラインと男性性優位のタイムラインの融合が起こっていたこの期間の余波はまだ続いており、これから夏までの間に、水面を進む船の波紋のように、2月20日、4月15日、8月23日に、同じようにインパクトのある変化の波が訪れるようです。

この大きなエネルギー的な変容は地球規模で起こっているため、政治や経済などにおいても大きく物事が変化していきますが、個人個人の生活においても、これまでには考えられないような変容が既に起こっているのではないでしょうか。

75513452_10216076866497421_1589690880854327296_n
(イシス神殿にて ナイルの向こうの朝日)

私の個人的な話をするなら、私はちょうど11月16日~24日の間をエジプトで過ごし、ギザの大ピラミッドやイシス神殿において、内なる男性性と女性性の統合をする儀式をするという、とても貴重な機会に恵まれました。

そして、内なるものは外に投影されるという流れがすみやかに起こり始めました。

私にとって一番深い繋がりを持つ夫にも、そのため大きな変容が起こりました。

私がエジプトにいる間に起きた彼の大爆発は、その後の私達の関係性に大きな変化を起こし、男尊女卑の考えがとても強い環境で育てられてきた夫が、これまで絶対にやってくれなかった家事などを率先してやってくれるようになったのでした。

line_81172939230499
(ルクソール神殿にて:齊藤つうり氏撮影)

しかし、夫にだけそのような爆発が起こったのではなく、帰国後の私自身にも、深く深く潜んでいたものが大きく爆発する出来事が起こりました。

そのことの余波が、自分の中でしばらく向き合う時間を必要として、大好きな「書くこと」もできない心理状態にしばらく陥っていたのでした。

それに追い打ちをかけるように、私にとっての男性性・女性性の統合に大きな影響を及ぼしてきた父親が、もうやがて亡くなるだろうという現実が訪れてきました。

ほんの数週間の間に、魂がこの世に生きることを終える決意をしたことが明らかにわかる状態になった父と向き合わされた時、私の奥深くで大きく揺さぶられるものと向き合わざるを得なくなったのでした。

IMG_20191121_164840
(ナイル川の夕陽)

「親に認められる=愛される」という初期設定で生きて来てしまった長い年月を払しょくするために、私は色々と学び取り組んできました。

しかし、その私の努力が一瞬で吹き飛んでしまうほど、近くやってくるだろう父の死と向き合わされた時の「ちゃんとできていない自分」への自責の念は衝撃的な破壊力でした。

父は、言葉の刃で人を傷つけるのが得意な人で、自分の心の弱さをアルコールで誤魔化して母や私に暴言を吐いてきた結果として、母が家を出て行きました。

しかし、我儘で自己中心的ではあっても、子供達や孫には優しい所もたくさんあったので、私は父にしてもらったことを数えると、父に心を全開にして愛を表現できないことを実は悔やんでいたのでした。

舅や姑の死に目を通り抜けてきたのとは、実の親が去りゆく衝撃は全く別のものでした。

私の娘達は、私が悔やむことなど全くないと、私がこれまで父にしてきたことを認めて慰めてくれるのですが、それでも親に傷つけられたことよりも、親にしてあげられなかったことを数えて落ち込んで懺悔し自分を責めてしまうことから、私はなかなか自由になれなかったのでした。

親にコントロールされるということは、こういうことなのだと、改めて肌身で感じたのでした。

石川の年末年始2019~2020_200101_0009
(大晦日の家族での人生ゲーム!)

幸いなことに、私には、私とは全く違う感性の夫や子供達がいるので、自分のことを自分以外の視点から見るチャンスを得る事ができ、深い落ち込みからなんとか立ち直ってきています。

元旦の今日は、帰省していた子供達と、私のきょうだい達と共に病室の父の枕もとに集う事ができ、これからの話もすることができました。

今年は私にとっては、一つの大きな転換点の年になるのを感じています。

この変化は私だけのものではなく、地球規模で起こるのをひしひしと感じます。

個人個人に、さまざまな象徴的な出来事が起こったり、それによっての変化・変容は益々大きくなっていくことでしょう。

内なるものが外に投影されることも、益々はっきりと体感することが多くなることでしょう。

私自身の決意として、今年はどんどん新しいことにも挑戦して行きたいということを、ここで宣言させてもらおうと思います。

宮島温泉滝乃荘と小矢部_200101_0040
(年末に夫婦で一泊旅行に行った富山県の小矢部にて)

タイムライン・クロッシングの変容のエネルギーの余波が続くこれから9ヶ月ほどの間は、「新しいこと」・「これまでやってみたかったこと」を始めるには最高のチャンスです。

人生は変容します。心の深くに望んでいたことは、必ず現実化します。

不可能と言うものはないのだということに、気づく人がどんどん出て来ることでしょう。

私なりの情報のシェアをこれからも続けて行きたいと思っています。(新しい活動もここでシェアします)

こうして読んで下さる皆さまと、本当の自分自身を知り魂の望みを生きる人生を共に歩んでいけたらと心から願っています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

宮島温泉滝乃荘と小矢部_200101_0042
(田舎道を散歩・・のんびり静かな時間でした)



お知らせ

1月20日(月)Cerulean Blue お話会開催します♬

Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)



齊藤つうり石川ワークショップ ご報告(2日目)と白山さん

79337114_10216158778625173_932494716300165120_n

ピラミッドの秘密、古代エジプトと日本人との関係性、ピラミッドの中でのイニシエーション…etc.

エジプトWSは、まるで時空を超えてエジプトリトリートに参加したような濃密な1日でした。

78926590_10216158779785202_8465826843352629248_n

齊藤つうり講師の真骨頂発揮のパワフルなワークショップは、いつもながら会場に大きな変容の渦を巻き起こし、ただただ感動でした。

そして予想以上に日本中から多くの方々のご参加を頂き、驚きと共に本当に嬉しく思いました。

78948641_10216158778945181_3345248708575887360_n

県外からのご参加の方には、北陸の味もランチ時に楽しんで頂きました。

ワークショップの前後には、金沢観光や石川のパワースポットに行かれた方などもたくさんいらしたようです。

ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。


石川ワークショップについては、齊藤つうり氏がブログに書いて下さいました。ぜひお読みくださいね!

今年の金沢と神仏との契約と香箱カニ



そして翌月曜日には、私は数人の友人からのリクエストを受けて、白山市の神社をいくつかご案内しました。

(以下、FBにUPしたものからの転載です。)

79389347_10216163731989004_4290196115615121408_n

実は我が家から車で4分ほどの松任金剣宮。参加者のお一人がこことご縁が深くて、すばらしい神社だと言うので、皆で参拝することになりました。

78108320_10216163732429015_4624470229102100480_n

近いので、昔初詣に来ていた私ですが、実は神社にあまり詳しくはないというか感じる方でないので、皆に行きたいと言われて驚いたのでした(笑)

77092231_10216163683507792_2942135378959663104_n

ご参加の皆様の本命「白山比咩(ひめ)神社」の表参道で
す。雨に濡れた紅葉が美しい絵のような風景でした。ここは全国三千余社の白山神社の総本宮です。

78135160_10216163683787799_5499137144951668736_n


県外勢が5人のところに、神社にものすご~く詳しい地元民のYちゃんがいてくれて、とても助かりました!

77377958_10216163684147808_7848672439855742976_n

表参道を歩くだけで、どんどん清まっていくような気がします。

78759230_10216163684467816_182509558592176128_n

手と口を清めて…

78878841_10216163684707822_8064338329929252864_n
78130124_10216163685107832_8110564676389044224_n

ここは白山奥宮への「どこでもドア」です(笑)

白山神社奥宮は、白山の標高2,702mのところに鎮座しています。

そして、いつもなれ親しんでいるせいか、本殿の写真を撮るのを忘れました

78729148_10216163685427840_8053792011964121088_n

水の中に浮いている紅葉がアートのようでした。

78060940_10216163686027855_2899958237472227328_n

白山さんの裏手奥にある「禊場」です。

78675212_10216163686307862_6085652175176859648_n

「禊場」・・雨が降っていて、水は冷たそうです。

78654684_10216163686547868_5411235502458142720_n

ふと横を見ると、とても可愛らしい紫色の実がなっていて思わず撮しましたが、ちょっとピンボケか!笑

79179693_10216163686907877_9006477756069838848_n

「禊場」の奥にあるお社です。

78753765_10216163687147883_7585216680607875072_n

ゆっくり白山さんを堪能してから、また美しい落葉の参道を歩いて降りていきました。

78715267_10216163687387889_6835365199462006784_n

表参道の麓の駐車場にある「おはぎ屋」さんです。ここでは「おはぎ」や「おはぎソフト」、白山の恵みの食べ物が色々あります。温かいほうじ茶を無料で頂けるので、ストーブにあたりながら、しばらく寛ぎました。

79359425_10216163687667896_3136059139558473728_n

おはぎソフトには、おはぎ(粒あんともち米)が粒々はいっていて不思議な食感です。奥のKちゃんは、おはぎを堪能中♬

78227056_10216163688107907_4015042269907255296_n

白山さんからすぐ近くにある十割蕎麦が食べられる「草庵」さん。こしのある美味しい蕎麦と古民家を改造した居心地のよいお店です。

77319909_10216163943674296_3610859884276350976_o

大きなテーブルで皆で食べられて楽しかった~!

78690808_10216163690747973_2839991895495540736_n

このツアー(?!)の言いだしっぺのKちゃんが、絶対に連れて行ってほしいと言ったのは鶴来にある「金剱宮」。ソフトバンクの孫正義氏なども参拝しているという「金運にご利益がある日本三大神社のひとつらしい」神社です。

たくさんあるお社の中から、つうりさんのWSで教わったやり方で、パワースポットと自分との相性を色々試してみました。

78667886_10216163690347963_2112151937058078720_n

金剱宮の狛犬。足元に赤い花を置いたのはYちゃん。可愛い~!らしいよ(笑)

79296925_10216163731628995_533484592280109056_n

そして、先に帰る人を松任駅まで送ってから、まだ時間のある人たちとお茶しました。

寒い日は、ぜんざいセットが美味しいです。きょうはあんこの日(笑)

ここでも話が盛り上がり、まあまあの長居をしてしまいました♪笑 

楽しい一日でした。ご一緒して下さった皆さま、ありがとうございました!またお会いしましょうね~


ギャラリー
  • 人生はゲーム・・「観察者の視点」で生きる
  • 人生はゲーム・・「観察者の視点」で生きる
  • 人生はゲーム・・「観察者の視点」で生きる
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
プロフィール

ceblue