Cerulean Blue (セルリアンブルー)

『人生に奇跡を!』

齊藤つうり石川ワークショップ ご報告(1日目)

遅ればせながら「齊藤つうり石川ワークショップ」のご報告です。

FBの方にUPしていたものをまとめて、忘備録を兼ねて記します。

78621175_10216146625201345_5356974668051906560_n

齊藤つうり氏の石川ワークショップ1日目「アカシックグリッドWS」は興味深いお話が満載でした

78721835_10216146627401400_70634555408646144_n


パワースポットに対する概念が覆えされ、本当はそれらをどう扱えばよいのかということが体感を伴い腑に落ちました。

78357442_10216146628521428_1022170463754780672_n

遠方からもたくさんご来場頂きました。ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。

78546039_2616135741814225_6333522258316754944_n


そして、ワークショップ後の私のもう一つの楽しみは、冬の北陸の味覚に歓声を上げ続ける人達を、美味しい居酒屋にご案内する事です(笑)

74396576_2616135618480904_2605960282882703360_n
69688341_2616135538480912_4716187198418845696_n
77049215_2616135468480919_4509886793771909120_n

それにしても、みんな蟹
🦀好きだな〜!!

蟹に感動の薄い私が、白い目で見られることも新鮮です(笑)

英気を養って、いよいよ明日はエジプトWS♪ 丸一日のエジプトへのトリップです!


(⇒「齊藤つうり石川ワークショップ ご報告(2日目)と白山さん」に続く・・)





タイムラインクロッシング&エジプトツアー

76186110_10216054870667539_4969566758231867392_n
(ギザ大地の3つのピラミッド)

エジプト・・実は私にとっては、意識の外にある遠い国でした。

ブッダプログラム主催の齊藤つうりさんから、「エジプトいいよ~!えみこさん、絶対好きだよ~」と前から言われていたのですが、食指は動きませんでした。

ところが!です。なぜか急に、エジプトに行かなくては~と感じ始めたのでした。

何でなのかはわからないのだけれど(いつものごとく・・笑)、エジプトに行くことが、自分の次の扉を開けるのだという感覚がやってきたのでした。

IMG_20191122_110520
(ツタンカーメン王の墓の壁画)

それで夫に、「一緒にエジプト旅行行かない?」と聞いてみました。

夫の返事は「絶対に行かない!!」でした(苦笑)

まだ行ったことがない場所に行くのが大好きな夫が、まだ行ったことのないエジプトに、なぜか「絶対に行かない!」らしいのが不思議でした(笑)

理由は「危ないから」だそうです。

IMG_20191122_115228
(王家の谷の墓の中の壁画)

それでもやはり私の中で「エジプトに行かなくては~」が消えず、これはやはりブッダプログラムの「エジプトアカシックリーディングツアー」のことだなと感じたので、もう一度夫に聞いてみました。

「一緒につうりさんのエジプトツアーに参加しない?」
「絶対に行かない!!」

これまでの私なら、ここで引き下がっていたのですが、なぜか今回はしつこく聞き続け、お願いし続けたのでした。

そうしたらなんと、「それなら一人で参加すればいいじゃないか!」と夫は言ったのです。

今思えば、それは売り言葉に買い言葉的な感じでの応対だったのですが、私の中でカチッとスイッチが入ったので、「じゃあ、参加するね!」ということで、すぐさま申し込みをしたのでした。

IMG_20191122_144835
(ハトシェプスト女王祭葬殿)

一月ほどしてから夫は、まるで自分が言ったことを忘れたかのように、「本当にエジプトツアーに参加する気なの?」と聞いてきたのですが、もうキャンセル料もかかる時期に入っていたので、夫の不機嫌な顔の揺さぶりには負けませんでした(笑)

そして出発まで、ずっと夫の不機嫌は続きました。(本人は隠しているつもりのようでしたが。笑)

73390636_10216054871867569_2594928294310707200_n
(赤のピラミッド)

そして、私が参加するエジプトツアーが、(前の記事にも書きましたが)the groupからの情報のタイムラインクロッシングの期間と見事に重なったのを知った時、「あ~、私はちゃんとこれを知っていたのだな~」と思いました。

私にとって、自分自身に集中して、最大限にこの期間を使うための場所と時間が設定されたのだとわかったのでした。

75513452_10216076866497421_1589690880854327296_n
(イシス神殿。朝日が昇ってきたところ)

今回のエジプトアカシックリーディンツアーのテーマは「イシスとオシリス統合(男性性・女性性の統合)」でした。

ギザの大ピラミッドの中とアスワンのイシス神殿を、それぞれ早朝2時間ずつ貸し切っての儀式をするという、夢のような機会を体験しました。

生まれる前から約束していたことが、約束していた仲間達とその場所で行われていると感じた時、涙を止めることはできませんでした。

76958640_10216076867297441_9124862830162477056_n
(イシス神殿の島にて)

7日間(6泊9日)のツアーは早朝出発が多く、ある意味強行軍でしたが、それでも文句を言う余地のないほどの恵まれた奇跡的な素晴らしい体験の連続で、ただただ感謝しかありませんでした。

エジプトのカラッと乾いた空気と、抜けるような青空、そして懐かしいと感じる遺跡の数々は、魂の故郷に戻って癒しとシフトの時間を過ごしているのだと断言できました。

IMG_20191121_092642
(ハトホル神殿入り口)

「知っている」というのがぴったりの時間と空間でした。

今なぜエジプトだったのか・・ということが、頭ではなく感覚で理解ができました。


つうりさんがブログで書いて下さったように(エジプトの転生)、古代エジプトにいた人達は、集団で今の日本に転生しているのだと思います。

街中ゴミだらけにしていたり、物事にアバウトすぎたり、「ワンダラー($1)!」とすぐに手のひらを見せてお金をせびってくる今のエジプトの人達の姿と、美しいピラミッドや古代遺跡の数々とはとても違和感がありました。

なのでツアーの最中に、「古代エジプト人は集団で日本に転生したのだ」とつうりさんに聞かされた時、「そうか~!!」と深く納得したのでした。

帰国して成田空港に降り立った時、すぐにエジプトロスを感じたのも無理はありません。あの美しい古代エジプトは、私達が住んでいた懐かしい懐かしい場所だったからです。

IMG_20191121_164840
(ナイルに沈む夕陽)

エジプト行きが決まった時に、何も知識がない私は、つうりさんに「何か本とかを読んで知識を入れて行ったほうがいい?」と聞きました。

しかし「何も読まない方がいいよ。その方が、よりエジプトを本当に感じられるから」と言われたのでした。

時には左脳優先になる私には必要なアドバイスでした。

そして、まっさらな下地のままで感じたエジプトは、歴史的に価値がある場所ではなく、私にとっては自分自身の本質と触れることができる懐かしい魂の故郷でした。

時に(特に)カイロの住人には、「私のエジプトを汚すな~!道端にゴミを捨てるな~!」と叫びたくなる衝動に駆られて困りました(笑)

76643737_10216054872467584_2251672717013024768_n
(ギザの大スフィンクス)

そして今回のタイムラインクロッシングの時間は、日本に残された夫にも大きな影響を及ぼしたのでした。

普段なら、1週間やそこら私が海外に出掛けて不在でもなんともない夫が、まさにタイムラインクロスのピークの日(11月23日)前日から当日に大爆発を起こして、エジプトと日本とで1時間半の長電話で話し合う事になりました。

夫は、私だけが先を進んでいくような焦燥感と寂しさに襲われて、それを私にぶつけるしかなかったのでした。

なんとか彼が収まって電話を切った後に、彼が抱えていた悲しみと、私自身の中にあったそれに呼応するものとがこみ上げて、深夜のホテルの庭で私はひとり泣きました。

しかし翌朝は驚くほどにすっきりした気持ちになっており、同時に夫からは心からのごめんなさいメールも届いていて、私達の関係性が確実にシフトしたのを感じました。

そして帰国後は、まるで4年前の魂の再婚(カウアイリトリート2015⑩Surprise Wedding Ceremony)の後のように、夫からの愛情に包まれ、すべて話したいことを話し合える仲にまた戻ったのでした。

IMG_20191121_092636
(ハトホル神殿の入り口)

今回のエジプトツアーでは、男性性・女性性の統合はそれぞれ自分の中で起こすものだということに焦点を当てました。

実は外に表れている異性としての男性は、私自身の内なる男性性の投影でしかなく、それゆえに儀式による私の中での統合が、外に存在するパートナーとの関係性を変えることになったのは間違いありません。

もし、夫が嫌がるからと、自分にやってきているインスピレーションに蓋をし、行きたいと感じたエジプトに行くことを止めていたなら、今起こっていることはこれから先なかなか起こすのは難しかっただろうなと感じています。

エジプトでの幸せな時間+帰国後の夫との幸せな時間・・まだまだ生きていて幸せなことがありそうで嬉しいです。

これまで苦しいことが多くて、地球から去りたい願望に飲まれそうなことも度々ありましたが、人間やっていてよかったな~としみじみしています(笑)

75642408_10216076868137462_5431511686580273152_n
(イシス神殿。陽が昇る前の真っ暗な時ここで儀式をしました)

つうりさんの神官(過去世)としての素晴らしさにも感動の連続でした。(現世は僧侶です!笑)

明後日からの石川でのつうりさんのワークショップで、その一端を感じていただけるかなと思っています。

エジプトWS(12/1)はもう閉め切りましたが、アカシックグリッドWS(11/30)はまだ若干名受付中です。

幸せな私と、パワフルなつうりさんに是非会いにいらして下さいね~!!


齊藤つうりワークショップ in 石川 2019(終了しました)


75282325_10216076867497446_4824265381793234944_n
(イシス神殿にて朝日を浴びながら)

そしてエジプトの写真、ありすぎて選べない程ですが、もう少し雰囲気をシェアしますね♬

IMG_20191121_124233
(バスの中から目があったらにっこりのお父さん♡)
IMG_20191121_100311
(エジプト滞在中、私達はまるでスターのような扱いで人気者!)
74440163_10216054873107600_6904062157684473856_n
(カイロ博物館。じっくり見たら1日かかりそう)
74831732_10216076884377868_3536319283745259520_n
(ブッダプログラムスタッフのゆうやさんと・・現地人ではありません!笑)
IMG_20191121_102814
IMG_20191121_102355
(ハトホル神殿の天井の壁画。青色が美しい)
74677153_10216054871427558_5350197806659272704_n
(屈折のピラミッド。まるでダイヤモンド富士だった!笑)

★以下、齊藤つうり氏撮影フォトより
line_81725327863443
(儀式を行った後、晴れ晴れとしてギザのピラミッドの前で)
line_84425801242148
(悠久と流れるナイル川。美しい夕陽に見とれました)
line_84420768376282
(UFOを呼んでいるのではありません!笑)
line_80944284197408
(ナイルに沈む夕陽の前で撮影会)
line_81776597547978
(女子のテンションMAXだったナイトマーケット!笑)
line_84122463403493
(ホテルのプールで泳いだよ♪)
line_84480464120562
(ルクソール神殿は夜のライトアップが美しかった)
line_81191539541779
(ルクソール神殿の中。ガラベーヤという民族衣装で撮影しました)


エジプト・・次に訪れる日が待ち遠しい私です。













タイムライン・クロッシグ

received_1008784302790279

the group によると、タイムライン・クロッシングと呼ばれるものが、今日11月16日から24日の9日間に起こっているそうです。

今回は、クロスしている時間が長いので、タイムライン・マージ(混ざりあう・溶け合う)と言うほうが合っているようです。

通常タイムライン・クロッシグが起こると、30年ほど経ってから「あの時に大きな変化が起こっていたね」と振り返られるようなタイミングなのだそうです。

2つの異なるタイムラインが重なることで、異なる価値観やエネルギー、奇跡と呼ばれるような不思議なことが起こります。過去には仏陀やキリストが生まれたり、産業革命が起こったりしたようです。

received_696539207523291

今回のタイムライン・マージは、女性性が優位のタイムラインと重なることで、創造性、つまりクリエイティビティーが高まります。この期間にスタートすること、形を創ること、変化して生み出すことは、この先大きな進展を見ることでしょう。


日本という国も、天皇陛下の即位に伴いエネルギー的に大きな変化の時にあります。まさにすべてが符合しているようなこの時に、意識的に動くこと、何かを創り出す土台をつくることは、とても重要なのだと感じます。

実はこの情報がthe groupから伝えられる前に、何かに駆られるような感覚の中で申込みをしたエジプトリトリートは、今日出発で24日に帰国です😅

70918769_509018729660727_4097023733774942208_n

私の創造性を最大限に発動させるための舞台は、どうやらエジプトにあるようです✨女性性と男性性の統合への土台作りのこの期間を、自分自身を深く見つめ解放することで有意義に過ごそうと思っています🥰


また、このタイムラインの交差の余波で、このあと2回ほど大きなシフトのポイントが2月と4月にあるようです。時期が近づいたらまた詳細をシェアしますね!

夕方には成田から出発です。(ただいま国内移動中‥)エジプトで弾けて参りまーす💗😆

(という訳で、またもやメール等の返信が遅れることもあるかもしれませんが、ご容赦下さいませ🙏)


お知らせ

*昨年も大好評だった齊藤つうり氏のワークショップが、11月30日(土)・12月1日(日)に石川で行われます。近年人気の金沢観光と合わせて、ぜひ他県の方もお越しくださいね!
*残席僅かです!

齊藤つうりワークショップ in 石川 2019(終了しました)

つうり金沢_n


Happy birthday to me!

FB_IMG_1573876534422

雷が鳴り響き、あられが叩きつけるように降っていた荒天の日に生まれた女の子が、松井の背番号と同じ歳になりました(笑)

00000PORTRAIT_00000_BURST20191114184841643
IMG_20191114_182640

私にしては珍しく、夫と二人で居酒屋で和食のハッピーバースデー🥳

FB_IMG_1573876507055

友人からのお花のプレゼントや、孫ちゃん達からの動画、そして心のこもったお祝いメッセージに感謝感激です😭💖

FB_IMG_1573876521548

皆さま、ありがとうございました💗
元気に楽しく、また一年を過ごしていきますね〜✨



お知らせ

*昨年も大好評だった齊藤つうり氏のワークショップが、11月30日(土)・12月1日(日)に石川で行われます。近年人気の金沢観光と合わせて、ぜひ他県の方もお越しくださいね!
*残席僅かです!

齊藤つうりワークショップ in 石川 2019(終了しました)



齊藤つうり 個人セッション(終了しました)

齊藤つうり 個人セッション(in 石川)募集のお知らせです

turi_360x360

齊藤つうり 「アカシックリーディング個人セッション」募集します


アカシックレコードから見る個人の魂や肉体の情報は、まるで人生の地図のようなものです。その全体を見通しながら、個人的な見解や、善悪の判断を挟まない中立的な情報をそのままクライアントにお伝えしていきます。齊藤つうりがクライアントのアカシックレコードにつながり、質問をお受けし、情報をお伝えする形式のセッションです。

★アカシックレコードとは?(ブッダプログラムHPより)

インターネットとは目に見える情報の総体そのものであり、パソコンやスマートフォンなどでインターネットの情報を読み取るように、アカシックレコードとは目に見えない情報の総体そのものであり、私たちひとりひとりはアカシックレコードにつながっている端末機器のようなものです。

そしてアカシックレコードにつながっていない人は誰もいません。

いまこの瞬間も、あなたは人生に対するあらゆる反応の情報をアカシックレコードに刻み続け、また同時に人類の集合意識が体験しているあらゆる情報を、あなたは受け取り続けているのです。

何気なく思いついたことが近しい家族や友人と同じことだったという、いわゆるシンクロニシィの現象。そして虫の知らせで事前に出来事を避けることができたり、また夢のなかで実際に起こることをそのまま見たりといった予知の現象。

これらは私たちひとりひとりがアカシックレコードという大きな情報のネットワークを共有しているために起こる現象なのです。

■日時 2019年11月29日(金) ■料金 ¥33,000(税込:事前振込) ■場所 石川県白山市新成
(詳しい住所はお申込み後にお知らせします。駐車場あり。JR松任駅北口から徒歩15分です)
① 9:00~10:00(予約済) ②10:15~11:15(予約済) ③11:30~12:30(予約済) ④14:00~15:00(予約済) ⑤15:15~16:15(予約済) ⑥16:30~17:30(予約済)
お申し込みは以下のメールフォームよりお願い致します。満席になりました ワークショップも大人気です!残席少なくなっておりますので、お早めにお申込み下さい!

stonehenge-3193412_960_720
ギャラリー
  • 人生はゲーム・・「観察者の視点」で生きる
  • 人生はゲーム・・「観察者の視点」で生きる
  • 人生はゲーム・・「観察者の視点」で生きる
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
  • ソアリン・・天翔ける自由
プロフィール

ceblue