Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

令和の始まりに思うこと

58B3765E-F7FB-4952-A439-9ED59158B094

平成最後の日、そして令和が始まった時間を、私は夫と二人旅でクアラルンプールで過ごしている。

自分でも面白いなと思うのは、この旅行を決めた時に、私は元号が変わることを知っていたのに、それが日本という国での大きな節目だということを、全く意識していなかったということだ。

C8D12C78-D4E8-4121-8479-7D60F68C5993

ホテルのテレビはNHKが映るので、お祭り騒ぎの様な日本の様子も目に入るし、SNSではお正月のような改まった節目を迎えて、人々が神社に参拝していたりする様子も見ることができる。

しかし、まるでそれを何か遠くの国の出来事のように、渦中にいない感覚で眺めている自分がいるのが、自分のことなのに不思議な感じがして、これは何故なのだろうなと静かに考えている朝なのだ。

98C8464C-5F8E-42C0-ABFD-9E5E0B367B50

私は多分、何かへの帰属意識がとても低いのだと思う。

家族や親戚、何かのグループや集団、引いては県や国や民族というものにも、属したいという気持ちが無い訳ではないのだけれど、属せない自分がいる。

実を言うと、国と国とが競うスポーツ競技などもナンセンスだと思っているし、たかだか数百年とかの文化や伝統というものにこだわることや、必要以上に尊重するのにも違和感がある。

3021B360-77A0-4B76-AF80-89175BC7C32A

もちろん、人間が進化の過程で生み出す文化や芸術は、人間の美の表現として敬い感動もするのだけれど、それが何かの固定や隔てやこだわりになる時、その違和感は心地悪さとして私にとっては好ましくないものになってしまう。

改めて自分を感じて見る時、私にとって大切なもの、感動をもたらされるものは、決して目に見えるものそのものではないのだとわかるのだ。

A08605A9-E576-4C43-85A3-9C2E68E1A1FD

今回の旅行で心地良かったのは、1日ツアーでガイドしてくれた中国系のアンさんの笑顔と思い遣り。

インド系のイケメンドライバーさんの茶目っ気のある行動と安全運転。

蒸し暑いマレーシアの気候の中で、それだからこそ力強く育っている熱帯の植物たち。

AE8AC4A9-AAC6-4686-93B1-2F7CB34F302E

反対に心地悪かったのは、裏に大きなストレスを溜めているのが伝わってくるのに、表面的には大袈裟な笑顔で応待する一流ホテルの従業員たち。

観光地やスーパーで、表情を無くしてその奥に怒りを溜めて仕事をしている人達。

DD16AF69-B7CF-4772-8E28-3308F5E6AE10

もちろん、怒りで無表情な人達の中にも、何かの拍子で本当の笑顔で私と交流してくれたレジのお姉さんがいたり、ホテルの中でも、心から仕事を楽しんでやっているのを感じる明るい笑顔の従業員さんに心地よい応待をされることもある。

相手の発する気やエネルギーにものすごく敏感な自分が、こうして日常を離れて旅行している時に見ているもの、見せられているものは何なのだろう?と、日本での元号が変わる稀有な時に改めて考えている。

A9031EE9-94DC-4F7F-A022-A1C74C6FE73B

私は観察者として存在しているのかもしれないと思う。

そして、感覚的なマイノリティーとして生まれついていることは、何か意味があるかもしれないとも思う。
もちろん人間は誰一人として同じ人はいないのだけれど、私は自分の中にあるこの感覚が生かされて生きることを選びたいと思う。

36CCEF34-83DB-41EF-B041-110917666D51

私にとっての令和の時代は、自分が自分であることを受け入れ、同時に自分というものを超えた見えない意志の力に自分を明け渡して存在する時間になるのだと感じている。

そして私が一番好きな旅という非日常の体験は、慣れっこになった日常の中にある心地良さを、再び思い出させてくれるから好きなのかもしれないなとも思うのだ。

318D98D7-687C-49CE-A327-DDEFE92373C4







参加した人にしかわからない感動と変容の一週間です♪日本を離れて本当の自分と向き合ってみませんか?

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_30967954_180813_0153


Cerulean Blue セッションメニューはこちら


ハワイ島リトリート催行決定しました!(満席になりました)

8月30日出発のハワイ島リトリートは、催行が決定致しましたのでお知らせします♪(満席になりました)

きょうは、リトリートで宿泊するバケーションレンタルと呼ばれるコンドミニアムをご紹介します。

001_1_0

ハワイ島北西の高級リゾート地には、ゲートで隔離されたコンドミニアム群がいくつかあります。

コンドミニアムといっても、ハワイ島は土地が広大なので、高級リゾートではほぼ一軒家です。

3ebaee4e-f9b4-44e0-b0e4-be9255ed293e.c10

今回泊まるのは、マウナラニという地域にある、真新しいコンドミニアムです。

42496a88-56e0-42e7-a28f-27675120074a.c10

トロピカルな植栽に囲まれた、アプローチの階段を昇ると玄関です。

19202cb4-daa4-4a7c-85f8-8e607487a2d6.c10

玄関を開けると、広いリビングルームには、おしゃれなソファやダイニングテーブルが並んでいます。

dfe8f6a3-7602-4c51-81ef-376fd5b44696.c10
3e7f83a8-f455-4fe3-923c-b9121f3c4ded.c10
c93ab723-0d08-4a36-aebf-a23c02d14bea.c10

一番奥には、ソファやテーブルが置かれてある広いラナイがあります。

心地よい風に吹かれながらラナイで朝食を頂くのは、何とも気持ちがよいものです。

hqdefault

キッチンはアイランド型で、最新の大きなものです。

土地のスーパーで買うオーガニックな野菜や果物を切ったり、美味しいローストターキーなどを並べての食事作りも楽しい時間です。

118235e2-0340-42a1-a62e-e0acafac15ad.c10

一階はベッドルームが並んでおり、ベランダからは芝生の庭に繋がっています。

165dd7a1-fcc8-40fc-a04f-a4d86a72d99b.c10
fe4f14fe-03b7-4ae6-b694-f000eb48449a.c10
1973a80e-0594-458c-bd98-f9849c60d803.c10
47f44a89-f91a-4448-a7a4-63bd5c2effab.c10

コミュニティーのプールは大きくて、ジャグジーなどもあります。

b5f64a39-3588-4b3a-943c-faaff5a3cad7

車で数分のところには、プライベートビーチもあります。

680c129c-f324-4919-a52b-cf5f1177114a.c10

すぐ近くには、雰囲気のよいショッピングモールもあり、オーガニックな食材を買えるスーパーマーケットも入っています。

mauna-lani-shops-4-1500x540
1day(移動買い物夕食)_190311_0030

夜には、椰子の木もライトアップされて綺麗です♪

Shops_at_Mauna_Lani_fountain

心地の良いコンドミニアムで、リーディングやワークをしたり、深い話をしたり、笑い合ったりして楽しい時間を過ごすと同時に、毎日インスピレーションに導かれながら、ハワイ島の自然の中へと繰り出して行きます。

ハワイ島の自然の美しさには、私達の魂の奥深くを揺さぶる何かがあるのです。

c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_30967954_180813_0035
3日目(キラウエア)_190311_0038
c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_31038218_180813_0064
tropical-2839533_960_720

ハワイ島に呼ばれていると感じる人、もしくはリトリートという体験でご自身の深い場所と繋がり、本当の自分を生き始めたいと感じる人、ぜひハワイ島リトリート・セミナーにご参加下さい。

あなたにお会いできるのを心待ちにしています。

魂の友に出会える時間が待っています。

c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_31038218_180813_0153

「行ってみたい!」「参加してみたい!」と感じる方、内なる自分の声を現実化させてみませんか?参加することが「怖い」と感じる方は、そこに変容の大きなチャンスがあることを知ってくださいね!

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)満席になりました!


1日目_181117_0235
↑飛行機の上から見下ろすハワイ島♬

2day(ワークルアウ)_190311_0021
ハワイ島では、最高に癒され、そしてパワフルになりますよ~!!
お待ちしています♬


Cerulean Blue セッションメニューはこちら



思い出のフォトブック in Hawaii Island

57209216_319468408714761_8115150013539024896_n

いつもリトリートが終わって1ヶ月後あたりに、リトリートが夢ではなかったことを思い出してもらう為に(笑)、フォトブックを皆さんにお渡ししています。

前回3月のハワイ島リトリートのフォトブックが仕上がったので、遠方の方のお手元にも届けて、喜びの声を頂きました。

******************************

どんな感じのフォトブックなのか、少しだけご紹介させて頂きますね♬

57123433_672106716538307_3480465476033708032_n

コナ空港で初めて会った人同士も、まだ宿泊する場所に到着さえしていないのに、すでに何度か涙がほろり、そして笑顔がはじけて、もう旧知の仲のようになっています。

リトリートのマジックは、ハワイの地に降り立った時から始まっています。

57390153_325772448130450_9171227624893054976_n

前回のリトリートは、お庭からの風景がとても美しいハウスを選んでいたので、到着後には皆その風景に息を飲んで、しばらく庭から動けませんでした。

57154944_379082319599299_5726265568298795008_n

リピーターの人達の手早い準備で、あっという間に美味しいディナーが用意され、ハワイ島に着いたよ~の乾杯です。

56931882_1983291275115523_8983552028097642496_n

ドレスアップした日には、タイマーを使って皆で記念写真も撮りました♪

56994108_1014671332077552_354787427048488960_n

お天気にも恵まれ、島の東側まで長距離ドライブをして、キラウエア火山へと向かいました。

56907725_327834147933548_8674440362766368768_n

広大な噴火口の前に静かに佇む人もいる横で、いつでも何か楽しい事を見つけて爆笑続きの一行でした。

57187566_441423623354330_2218199382585507840_n

インスタ映えする写真を撮る若者たちの明るさは、自分自身とのシリアスな向き合いをする仲間にも本人にも、必要以上に落ち込んだりしない軽やかさを与えてくれました。

57039813_454178858659325_6566039456871088128_n
56972055_343019556560924_929769039859810304_n

毎回、神の世界に紛れ込んだかと思ってしまう荘厳な風景と時空を体験するマウナケア山。

美しい夕陽と、心の奥深くから溢れる感動の涙は、忘れることができません。

57068548_643969732682667_5374676899748380672_n

↑マウナケアに登る度に、3Dの宇宙のポストカードを買うのを、実は密かに楽しみにしています♪

57213807_417196442178688_7190738657618165760_n
57289500_2631974206874342_664189707046879232_n

あっという間に過ぎ去る5泊6日のハワイ島の名残を惜しむ打ち上げのディナータイムは、いつまでも話が尽きません。

57272184_3074728159218832_7724419147651612672_n

宿をチェックアウトした最後の日も、ずっと私達は瞬間瞬間を慈しむように、ハワイ島での時間を過ごしたのでした。

*******************************

フォトブックには、明るく弾けている笑顔が多いのですが、参加者の皆さんは、心の深いところから湧き上がる涙も何度も流しています。(泣いている時は、写真は撮らないので・・笑)

そしてその度に、一人一人がより軽やかになって行き、一人の変容は他の変容をも促します。

単なる海外旅行とは全く異なる体験の連続です。

でも、どんな海外旅行より楽しい!と、言って下さる方も多いです。

正直、参加した人にしかわからない「何か」があると、リピーターの方達は言って下さいます。

4日目(ナッツツアー)_190311_0008

さあ、次にフォトブックに笑顔が載るのはあなたではありませんか?

「行ってみたい!」と心の声がする方は、その機会が来ているのかもしれません。

リトリート中の私は、ずっとワークやセッションのモードです。

そして、日本の集合意識を離れた癒しの島ハワイでは、何より参加者の皆さんの開き方が違います。

「変化するのが怖い!」と感じる時、「リトリートに行きたいけど行きたくない」という気持ちになるのだそうです。(参加者の人達がそう言います)

多分その「怖い!」は、ジェットコースターに乗る時のものとよく似たものなのでしょう。

「怖い」が「楽しい」になる瞬間を味わいにいらっしゃいませんか?

2日目(ワークルアウ)_190311_0049

手前味噌ですが、自分が変容するワークを、こんなに楽しく感動的な体験ですることのできる機会はなかなかないのでは・・と、私はいつも皆さんの様子を見ていて思います。

毎回、リトリートを共にした人達は、まるで昔から親しくしている親戚のようになって帰っていきます。

基本、あまり人に心を許さなかったり、馴染みにくかったりする人たちが多いのに(すみません!笑)不思議な現象です。

気になる方は、ぜひご自身で体験しにいらして下さいね。

da44eb6d-s

私とのご縁を感じる方、ぜひぜひお待ちしています。

ハワイ島は、本当にパワフルかつ癒しの不思議で魅力的な島なのです。

最高の楽しい思い出と共に、あなたのシフトのサポートをさせて頂きますね!



参加した人にしかわからない感動と変容の一週間です♪今より一つ先へと歩き出したいと感じる方、お待ちしています!

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_30967954_180813_0153


Cerulean Blue セッションメニューはこちら

諦めることが導く未来

56998334_407927860026063_2989519085961740288_n

私達は子供の頃から「あきらめてはいけない!」「努力は必ず身を結ぶ!」と、親や教師やコーチなどから叱咤激励されてきました。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

57015585_598535250614689_3039202069345992704_n

昔、私の親友だった女性は、「Never, never, never, give up!(決して、決して、決して、あきらめるな)」というウィンストン・チャーチルの名言を自分の決意として私に伝えて、癌の闘病のために入院しました。

彼女は10カ月の闘病の後に亡くなりました。

亡くなる4日前に私は彼女に呼ばれて会う事ができたのですが、すべてを諦めて、すべてを手放した彼女の微笑みはまるで観音菩薩のようで、今なら彼女がその時「覚醒していた」のだとわかります。

57004749_604232830355566_7103673593149521920_n

諦めるのが難しいことの一番のものには、「愛する家族に対する期待」があると思います。

そうです、親が子供に持つ「期待」です。

夫婦の片方が、もう片方に持つ「期待」です。

57191779_1173396839489697_1815282384514318336_n

親子の場合には、親の期待が、子供が人生で成し遂げたい本当の望みを封印することへと導かれます。

良い子であればあるほど、それが起こります。

もしくは、親の期待を跳ね飛ばそうとする「やんちゃ坊」は、そうするために不良になったりして、反対の意味で、自分の望みを生きる人生から離れていきます。

そしてそれはやがて、子供が親に持つ「期待」へと変化します。

いつか自分の事をわかってくれるのかもしれないという、多分ほぼ訪れることのない未来への期待です。

「期待の親子間の連鎖」とでもいうように、やがて親の期待を生きた人は、自分もまた子供に期待する親になっていきます。

57121037_2326918290923390_1743358174980734976_n

夫婦の間にそれが起こる時には、「わかってほしい」や「こうなってほしい」は、やがてそうならないことへの失望へと変わります。

反対側では、期待をかけられた夫(妻)は、そのままの自分を受け入れてもらえない事に失望し、夫婦の間に隙間風が吹き始めます。

57155147_1473683042766911_1737214847034064896_n

この世の「苦しさ」の奥には、良いこととされてきた「諦めない!」が、全く正反対の作用をして鎮座していることに気付きます。

「諦めること」は、自分が自分に諦めてしまったことがある人ほど、自分以外の人にそれを被せて期待します。

「期待する人」は、自分自身が成し遂げられなかった事を「諦められない人」が、他人に転嫁することが多いのです。
56940319_335164007137299_99878691374366720_n

『あきらめる』という言葉の響きには、敗北者であるような悲しい音が交ざります。

でも、本当にそうなのでしょうか?と、今一度問いかけてみたいと思うのです。


すべてを諦めた私の親友は、死ぬことの怖れなどみじんも持たない慈愛の微笑みで、この世を去りました。

死ぬ前に私に会いたかったのではなく、私のために、もう面会謝絶になって長かったのに、私が彼女に会う機会を作ってくれたのでした。

57402284_313328382669471_6173467892554661888_n

うちの娘の友人の一人は、一人娘だという不運もあるのでしょうが、親の期待に押しつぶされて、今現在は仕事もできず心の病で苦しんでいます。

彼女の親は、超一流大学を目指せと叱咤激励し、そうできなかった娘に、今度は世間的に素晴らしいとみなされる職業に付けとプレッシャーを与え、その結果その仕事に就いた彼女は、心の病を悪化させてその仕事も辞めました。

彼女のお父さんは、ある超一流私大の卒業生で、世間的には立派なお仕事をされている方ですが、自分が入りたかった超一流国立大学に、本当は娘を入れたかったのでした。

私はその娘さんに何度か会ったことがあるのですが、俗にいう「お勉強」が似合わない、本質はとても明るくて可愛らしい娘さんです。

その可愛らしさ、天真爛漫さを伸ばして、自分の興味に従って何かを学んでいたならば、全く違う未来が開けていたのにと感じるのですが、今の彼女は自分自身を生きておらず、その笑顔もあまり見ることができません。

お父さんが、自分が成し遂げなかったことを諦められなかったばかりに、大切な娘さんの人生が今閉ざされています。

とても残念に思うのですが、もう大人になった彼女自身に対しては、親の期待に応えることを諦めて欲しいと願うばかりです。

57190367_313833455964438_3101377544931246080_n

本当に諦めてはいけないことは、多分ただ一つだけなのだと思います。

それは「自分自身を生きること」だと私は思うのです。


誰かの期待に応えることを諦める。

愛する人が自分の期待通りになることを諦める。


この大きな二つを諦めることで得られることは、ただ「自分自身を生きる」ことになるのではと思うのです。

56922754_593054781194833_2707499146620698624_n

そして逆説的なのですが、何かを諦めると、諦めていた別の何かが手に入ります。

私自身に起こったのは以下です。

決して手に入らないと思っていた「やりたいことをやりたいようにやる人生」を、「夫が望む妻、子供が望む母、でいることを諦めた」ことで手に入れました(笑)

もちろん、夫や子供を大切に思う気持ちや、愛することを止めたわけではありません。

どうしても譲れない「自分のやりたいこと」を大切にすることと、夫が妻に望んでいる「こうであってほしい」ことや、子供が母に望んでいることが相容れなかった為、「自分のやりたいこと」を優先する生き方を自分に許可したのでした。

良い妻、良い母でいることを、諦めました(笑)だって、そうすると自分の心が死んでしまうのがわかったから・・。

そして同時に、子供達に「こうなってほしい」や「こうであってほしい」も、随分手放すことができました。

良い意味で諦めたら、逆に子供達が自分で自分の道を切り開く人生を歩み始めました。

56887121_432570803976523_2290108198956302336_n

実は夫に関しては、まだ今も「諦めきれない」ものが自分の中にあることに、今朝気付いたのでした。

親子の縁は切れませんが、夫婦の縁は紙一枚で繋がっているものなので(笑)、本気で「諦める」ことはなかなか難しいのだなと、自分を顧みて改めて思ったのでした。

「諦めること」が夫婦の未来を分けていく可能性も起こり得るからです。

これまで何度か、そのチャレンジを超えてきたと思っている私ですが、それでもまだ本当には「諦めていない」のだなと、ようやく気づきました。

なので、自分自身に言い聞かせるためにも、これを今書いています(笑)

56960694_425939964644957_4163225363243073536_n

今年も散りゆく桜を惜しんで、きょうのブログは、私の携帯の中に溢れている桜の写真シリーズでした。

桜は、一年のうちのほんの短い期間にしか出会うことはできません。

散りゆく花びらは、まるで私達が何かを手放すことの象徴のようです。

来春もまた桜は開花しますが、それは今年散った桜とは違う「新たに咲く桜」なのです。

57052233_827117710972911_1800068841552740352_n

諦めること(=手放すこと)で導かれる未来を信頼し、その流れに委ねたいと思います。

何か心に響くことのある方、是非ご一緒に諦め(=手放し)ませんか?笑





何かを諦めたら、手に入るかもしれません(笑)パワフルなハワイ島のエネルギーの中で、私と一緒に笑って泣いて楽しい時間を過ごしませんか?あなたにお会いできるのを楽しみにしています

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

pineapple-3126182_960_720


Cerulean Blue セッションメニューはこちら


内なる導きの着地点

56582199_676514586136518_8405379602477744128_n (1)

私は基本的にはいつも、自分の直感に従うことにしています。

基本的には・・というのは、自分の損得感情や葛藤がそこに絡んでくると、頭がぐるぐるしてその直感がどこかへ行ってしまうこともあるから(笑)

でも大筋では、特に自分の人生に大きな影響を与えることに関しては、ほぼ直感通り動いています。(もちろんそれは、後になってから「大きな影響を与えた」ことだとわかるのだけれど・・)

57090126_420625032097494_4672893739096604672_n
(写真:株式会社ノウイングより)

昨日は、その直感の一つの行動が、美しいエンディングを迎えた日となりました。

それは、本来なら10年以上も前に終えていただろうコースの卒業式(ノウイングスクールのアカシック専科アドバンス)でした。

私はその当時、ノウイングスクール(当時は違う名前でしたが・・)の本科を卒業した後、多くの仲間が進んでいたアカシック専科へ進む気持ちになれなくて、一度申し込みをしたのをキャンセルしたのでした。

そして数年前にも、急に衝動が来て、専科アドバンスへの申し込みをしたのですが、これまたその後で気持ちが進まなくなってキャンセルしました。(二度もキャンセル料金支払いました!涙)

そしてまさに三度目の正直というか、またもや強い衝動が急にやってきて、なぜ今頃??という内なる疑問と戦いながらも、強い直感に導かれて、今度は卒業まで辿り着くことができたのでした。

56931799_1332671210235841_5600382147027271680_n (1)

講師の齊藤つうり氏とは、私が本科生だった頃からのご縁があり、これまで石川県でも何度かワークショップを主催させて頂きました。

つうりさんがずっと取り組んでこられた「人々の変容に関わること」を、時折間近に見させて頂くことで、私はこれまで何度も深い感動と自分自身の人生の変容そのものを喚起されました。

そして、もちろん私が専科アドバンスへ行く前には決まっていなかったことなのですが、なんと私が学ばせて頂いていたクラスが、つうりさんのノウイング最後の講義となったのでした。

56907779_320509398656604_1227561593760382976_n
(写真:株式会社ノウイングより)

予想を遥かに超えた、深い学びの期間でした。

アカシックを読むテクニックのみではなく、「アカシックリーダーとしてどう在るか」という一点に尽きる、まさに私が求めていた深遠な気づきが呼び覚まされ、自分自身の在り方が定まるための期間でした。

私の中の揺らぎととことん対峙し、「人々の変容と関わりたい」と言う、つうりさんと同じ私自身の中にある望みを再確認し、新たな魂の友とも出会えた感謝の八か月間でした。

56436540_268940030723041_5845322044564045824_n
(打ち上げでは、全員でつうりさんへの応援歌「栄光の架け橋」を熱唱!私はなぜか皆のリードの為にマイクで歌うことになり冷や汗でした
56942531_312652299421347_788951708062449664_n
(つうりさん&由美子さん&UCOさんからのサプライズで歌のプレゼント!「糸」・・しみじみしました~

つうりさん、由美子さん、UCOさん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

56518249_379459199565038_239161100644384768_n
(UCOさんと由美子さんと一緒に♬)

つうりさんは今後は、ご自身が代表理事である社団法人ブッダプログラムにおいて、益々たくさんの人々の変容に関わっていかれます。

単なる「学び」ではなく「なれる最高の自分として生きる」ための道を進むつうりさんの今後のご活躍を心からお祈りすると共に、私自身も内なる魂の声の導きに従って、なれる最高の自分として生きる道を進んで行くことをここに誓います。

56558675_1233107373513740_5360263384639995904_n
(帰りの飛行機の窓から見た空。誓いの気持ちを刻みこんで・・)




今年の第二弾の開催が決まりました少人数での開催です!!

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

aloha-305853_960_720


Cerulean Blue セッションメニューはこちら




ギャラリー
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
プロフィール

ceblue