Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

The group~『シンクロニシティー』 Beacons of Light Feb.2018②

Beacons of Light  
February 2018  

~シンクロニシティー~

 2018_02_big


 

2018年にやってくる22のエネルギーの波~

 


皆さん、こんにちは。私はサイエンティスト・オブ・ザ・ハートです。

 

きょうはとても特別な目的のためにやってきました。あなた方に何が起こっているかについて少しお話しするためです。あなた方の肉体、魂、次なる繋がりについてお伝えします。我々はまた、時の5つのワードを配置しました。喜んで下さい!新しいゲームが始まります。準備は良いですか。皆さんに、これから地球において何が起ころうとしているかを少しお話しさせてください。

 

22のエネルギーの波

 

最近、エネルギーの上昇があり、それに伴って新しい機会が訪れています。それはエネルギーの波であり、今あなた方の惑星において起こりつつあります。昨年、大きな変化を引き起こす4つの大きな波が来ていたことを皆さんにお話ししました。ほとんどの人はその4つの波を感じました。ええそして、我々はそれよりも大きな変化が訪れることをお伝えしなくてはなりません。実のところ、それは4つのはっきりとした波ではなく、更に多い22の波であり、それらは次から次へと押し寄せ、いくつかは重なり合ってやってきます。ですから、現在あなた方の惑星においては多くの変化が起こっており、それは我々にとってはワクワクすることなのです。それはまさにあなた方が望んでいたことであり、この時この瞬間にあなた方が地球に転生してきた理由の一つなのです。あなたは、この転生が最後なのです。では、これから起こる楽しいいくつかの事をお伝えしましょう。

 

ユニティーへ向かう

 

大変重要なことに、あなた方の生理学は変化しつつあります。あなた方のバイオロジーは、どちらかというと我々が呼ぶところのトリオロジーというものへシフトし始めています。とてもシンプルです。バイオロジーはスピリットと身体的なものが合体したものです。我々が今起こっていると考えるのは、あなた方は、個々の繋がりと言うよりも全体的に結びついていっているということです。そして今、人類は5次元の現実に存在しており、統合された集合意識として存在し、新たな体験をしつつあるのです。現在、そのことに対して多くの抵抗が起こっています。それは今あなた方の惑星において、とても深い分離が起こっていることの一部です。人々はこの分離を感じ、そしてまた抵抗しています。多くの人達にとって、それは心地悪いことだからです。突然、もう秘密を持つことができないことに気付き、それはたくさんの人を怖れさせています。分離しているふりをするというプロセスの一部において、あなた自身の個性、あなたの魂のユニークな表現を見つけることを認めることで、多くの人が個性を持つことを楽しんでいます。ですから、エネルギーが統合し始めるに従って、人々はその個性を失うように感じ、地球上の多くの場所において、現在大きな抵抗が起こっているのです。そしてまた、自身の個人的な目的のために、文字通りそれを促進し広げている多くの人々が存在します。なので、ニュースでは決してそのようには報道されていないかもしれませんが、そのことを監視し、ユニティーはあなた方が進んでいくためのプロセスであることを知っていて下さい。とても多くの事が起こっています。それは驚くばかりです。

 

今現在、地球上では、ほとんどの国においてインフルエンザ・ウイルスが猛威をふるっています。親愛なる皆さん、それが何であるかを知り、敬意を払って下さい。間もなくそれは終焉を迎えるでしょうが、インフエンザ・ウイルスは文字通り多くの人々の抵抗の度合いをクリアリングし、そのクリアリングが行われることで、実際に多くの人が次のステップに踏み出すのを助けたのです。地球上において、最終的な解放が起きるまでにはあとしばらくはかかるでしょう。そしてそれは、地球上のさまざまな場所で長い間続いてきた最悪の時期の一つなのです。それは急速に広がりました。更にお伝えするなら、その目的は文字通り多くの蜘蛛の巣を払うことであり、あなた方自身を人間のふりをしたスピリットであるという、新しい方法で見始めることであるのです。インフルエンザを体験した人々、そしてそのせいで亡くなった人達さえをも祝福しましょう。

 

キーパー(スティーヴ)は腕時計を外すのを忘れたようです。我々は今それが起こるようにしようと思います。(彼らは私に触ることなく、時計を床に落としました。)

 

あなたの認知力の度合いを上げる

 

このことが皆さんにどのように影響を与えるかということについてお話しさせて下さい。なぜなら、起こっているのは、人類が新たな生理学を形成し始めているということだからです。人間の身体はよりたくさんの光を湛えることができるようになったのです。それはこのウイルスが様々な方法で広がり、とても多くの人達を深刻な状況にさせたことで起こり、それによって抵抗をリリースするための扉が開かれたのです。このことは、より緊密に人々が繋がっていくことを促進し、以前よりずっと、人々は感じ始めるようになるでしょう。エンパスであり、他の人との境界線を強く持つことができないあなた方の多くにとっては、どこからが自分で、どこからが他の人であるかを知るのは難しい事でした。皆さんはこれまでとは違った形で他の人々を感じ始めるので、最初はこの状態が悪化したように感じるかもしれません。これは、低いバイブレーションの人々の多くにとっては、良い事なのです。低いバイブレーションの人達は、より多くの物を見始めるだろうことをお伝えしましょう。このことを分かりやすくお話しするなら、あなた方が自分のバイブレーションを上げるに従って、自分が物事を見る視点が高くなり、その視点が高くなるに従って、あなたはより高い認知力を得て物事をよく見ることができるようになるということです。何が起こっているか、起きている出来事の裏には何があるか、物事がどのように操作されているか、などがより深く見えるようになり、それは良い事なのです。今、とても多くの変化が起こっています。それが起こるにつれ、多くの出来事が露わになり、たくさんの人が大きなフラストレーションを抱えています。しかしそれは既に起こっているのです。「Mee Too(私も) 」や「Time’s Up(時間切れ)」のムーヴメントが起こったのはそのためです。全ての人が、幻想で塗り固められた考えではなく、物事を真実のままに見始めているのです。

 

時空の感覚

 

皆さん、あなた方には五感より更に多くの感覚があります。あなた方は5次元の現実に着地し成長し始めているので、現在いくつかの新たな感覚が開花し始めています。ですから、特にその中の一つについて説明させて下さい。なぜなら、最初はそれはとても困惑することだからです。その一つは、あなた方の空間の感覚です。我々はそれを時空と呼びます。なぜならそれら二つ(時間と空間)は、互いがそれぞれの一部であるからです。もしそれを、5次元における時間はスパイラル状であるとお話ししてきたようにらせん状の波とみなすなら、頂上から底へと切り取る時それは時間となり、側面から側面へと切り取るならそれは空間となるのです。つまり、これら二つは本質的に互いが結びついているのです。皆さんは肉体において時空を知覚しています。それを言い表す言葉が存在していないので、皆さんはそれに気づいていません。これについて最もわかりやすくお伝えするなら、実際のところ以前には言い表すことのなかった、エネルギーを感じる感覚を持っているということでしょう。もしあなたが部屋の中に立っていて、誰からがあなたの後ろにやってきて、あなたはそれを見ることなく別の方角を向いていた時、突然彼らが手を上げてあなたにエネルギーを送ったり、もしくは愛か憎しみの感情であなたを見つめたりしたなら(そのどちらでも変わりはないのですが)、突然あなたは何かを感じ、そして振り返って誰かが後ろに立っているのを見ることでしょう。それが時空の感覚で、これからの3~4年間にその感覚はとても進化していくでしょう。ええ、そしてあなた方はさまざまな困難を目にすることでしょう。なぜなら、人々はそのレベルの繊細さを持つことに慣れてはいないからです。あなた方の惑星に多くいるエンパスの人々も更に増えていくことでしょう。あなた方は、周りの時空において起こっている物事を感じる事ができる、これらの感覚が深く研ぎ澄まされていくことには慣れていません。この感覚が進化して行くと、例えば家で一人でいる時に、突然振り返ると、家の中にたとえそれが別の部屋だとしても、誰か他の人がいることがわかるようになっていきます。皆さんは、これらの感覚を次のレベルへと進化させることができるのです。

 

今年、あなた方は、3つから4つの感覚を開いていくことでしょう。1つは、今お話ししたような時空の感覚であり、それはこれから数年に渡って進化していくでしょう。しかし皆さんは、新しいことが起こるのを見始めると思います。現在あなた方は、自分の周りに、時間のすべての次元を存在させています。11の次元のあなたが、それぞれ異なった体験をし、異なる選択をし、異なるエネルギーでそれらを行い、異なったことを学び、この時を別々に分かれて過ごしています。それはゲームの一部なのです。あなたは自分自身のスピリットを進化させたかったのです。あなたができうる限りの方法でコア(中心)の人格を進化させたかったのです。ですから、時間と空間におけるこれらの次元のそれぞれに、自分の完全さを少しずつ隠したのです。

 

個人の次元

 

さてこれら一つ一つについてですが、我々が多次元性について話すときは、個人の次元のことについて話しており(集合的な次元の3次元や4・5次元のことではなく)、あなたを11の次元に分けて存在させている個人の次元のことを指しています。それらの次元の間にある壁が、あなた方が想像しえなかったほど、とても薄くなり始めています。今あなた方は、この壁を通して感情まで感じることができるようになりました。感情はで磁気です。スパイラル状の電磁気の波を見る時、それを垂直に測るなら、電気となります。それを水平に測るなら、磁気となります。電気はあなたの頭と繋がり、磁気はあなたのハートに繋がります。なので、時間と空間の他の次元から、磁気の波の一部が今かなり容易くこれらの次元の壁を通り抜けて、あなたは何かを感じているのです。ですから、もしあなたの次元の中の一人の存在が、何か困難に出会っていたり、突然大変な目にあったり、恐怖を引き起こす人生の出来事に遭遇していたりすると、あなたは今の現実に何も起こっていないにも関わらずそれらを感じ、その感情を受け取ってしまうのです。あなた方の惑星において、それが最も大きな課題となっているのを知って下さい。あなた方は意識的な創造主になりつつあります。つまり、意識的な創造主が自分を疑ったとしたら、一体何が起こるのでしょうか。彼らは急降下していくのです。彼らは文字通り、自分が考えることを創りだすのです。ですから、この創造の機械に何を入れるか、今ここで何を信じるかに注意深くあって下さい。なぜならこれらの二つは、今とてつもなく速く変化しつつあるあなた方の新しい現実を作り出しているからです。

 

現在、あなた方の次元の壁は磁気の波を通していますが、もう暫くすると、電気の波もこの壁を通り抜け始めることをお伝えしましょう。これは新しいことです。かつて起きたことがないことなのです。では、それは何を意味しているのでしょうか。つまり、あなた方がアイディアを受け取り始めることができるということです。それはどういう事かと言うと、あなたが自分に起きている問題を投げかけると、突然多次元の他の存在の経験を通して、あなたがアイディアを受け取ることができるという事なのです。それはとても重要なことです。なぜなら、それによって、あなたは自分の完全さにアクセスすることができるようになるからです。皆さんにお伝えします。地球上では、すべてが不完全でなければなりません。それはゲームの一部だからです。完全さはここでは存在することはできず、実のところ、あなた方のほんのわずかな不完全さは、あなた方が呼ぶところの美しさの元になっています。そのことについては、また別の時にお話しすることにして、ここでは実例をあげましょう。

 

時間と空間のすべての次元における経験にアクセスする

 

あなたが問題を抱えているとしましょう。実はその問題はすべて、人間として体験することのできる愉快な問題なのですが。例えばお金の問題です。ええ、それは皆さんのお気に入りのやつですね。人々はさまざまな分野において、お金の問題や、パートナーシップの問題において何度も壁にぶち当たり、そしてそれについて尋ねてきます。では、もしその問題が解消し始めるとしたらどうでしょうか。我々は、それについてどうすればよいかをお教えしましょう。どのようにしてそれを動かし始め、解消させることができるかお話ししましょう。ほんの数日のうちに、突然あなたはあるアイディアが浮かぶでしょう。これまで考えたこともないような考えが頭に閃くでしょう。なぜならあなたは、時間と空間のすべての次元の自分にその問いを送るからです。そして今、人類の上昇に伴い、そしてすべてが5次元の中で起こっているため、次元を隔てていた壁が消えつつあるのです。以前、このスパイラスについてお話ししたことを覚えていて下さい。一方向がマグネティック(磁気的)で、もう一方がエレクトリカル(電気的)なのです。それはこれまで、まるで壁に小さな横筋の切り込みが入っているかのように、磁気的な波だけを通していたのです。そして今それらはすべて薄くなり、より高い周波数の電気的なものも同じく通すようになってきたのです。それはどういう事かと言うと、あなたが何かを考えていて、それが行き詰ってしまった時、あなたはそれを他の次元の自分へと投げかけ、そして72時間以内に答えを得るのです。あなたはアイディアを、考えを、物事を見る新たな視点を、そして別の方法で考えることのできる新たな脳の経路を手に入れるのです。突然に、あなたは物事の可能性が広がるのがわかるでしょう。それは新しいことなのです。

 

最初は、このことについて多くのことが起こるでしょう。自分たちの素晴らしい考えを手にした人達が現れ、それぞれが自分の考えを発信するでしょう。しかし、あなたにとっては、自分自身の考えが第一なのです。それらの中のいくつかは、間違いなく地球上のすべての人々にとって有益でしょうが、そうでないものも存在します。どれがそうで、どれがそうではないかは、あなたの判断次第となります。しかし、皆さんにお伝えしましょう。あなたが地球にやって来た時、あなたは完全な存在でしたが、ここではいかなるものも完全であることはできないので、あなたはその完全さを分けました。あなたは、自分の完全さの一部を一人の存在の中に隠し、他の一部を別の存在に隠しました。あなた方はこのことをうまく扱えてはいないように見受けられます。それを何と呼んでいるでしょうか。あなたは、何かが苦手であると、うまくいかないと言うのです。ええ、こちら側では、あなたはこの事がひどく不得手でしょう。しかし、それは通常、あなたがその完全さを自分自身の経験として、別の次元のあなたの一部である存在へと分けたということなのです。あなたはこれら11の存在達と共に歩いているのですが、その中のいくつかの存在は、あなたと全く同じ惑星の同じ空間に存在しているにも関わらず、決して出会う事はありません。磁気的に、あなたはこれらの人々と会う事は不可能なのです。しかしながら今、あなた方は、他次元のアイディアにアクセスし始めています。皆さんは現在、以前は繋がることのできなかった脳の電気的な部分の周りにアクセスし始めることができるのです。それぞれの次元の現実の間にある壁が薄くなってきており、これは新しい事、全く新しいことなのです。我々は、皆さんがこの事といかに向き合い、取り組んでいくかを楽しみにしています。そしてまた、あなた方がエネルギーをとても心地よく発信できる方法があることをお伝えしましょう。そして、これらのうちのいくつかを、これから扱っていきましょう。これらのうちのいくつかは、エントレイニング・ライト」(光への同調)として、光を同調するプロセスと、あなたの答えを得るためにどのように宇宙は完全な問いを作りだすことができるかをお伝えしていきます。しかし、それは単に宇宙だけではなく、別のあなたでもあり、あなたが誰であるかという完全さであり、それはあなたはもはや別の次元に存在している一人一人とアクセスすることが可能だということなのです。それは本当に新しいことなのです。そして我々は、皆さんがそれをどう使っていくかを見るのを待ち遠しく思っています。

 

皆さん、我々はあなた方を愛しています。あなたが苦労している事、取り組んでいることを、全てを見ています。我々はあなたのために、扉を開いてここにいます。そして、あなたが誰であるかを思い出すことを手助けします。お別れに、このシンプルな三つの大切なことをお伝えしましょう。お互いを敬意を持って扱って下さい。可能な限りいつでも互いに育みあい、共によく遊んで下さい。

 

私はサイエンティスト・オブ・ザ・ハートです。

 

エスパーボ

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

~コズミック・ウィンク(宇宙の目配せ)~

 


光の種

 

皆さん、あなた方は以前ここにいたのです。地球にやって来るのを知っていて、道の途中に種を植えたのです。さあ、これらの種を育てるには何が必要でしょうか。それは時には、シンプルなアクティベーションであったり、また別の時には、あなたが本当は誰であるのかを思い出させるために起こる何かであったりします。高速道路を走っている時に、道路わきにある標識を見て、それが何かを思い出させるのかもしれません。それは言葉の組み合わせであったり、もしくは深い記憶を呼び戻すきっかけとなる何かのシンボルかもしれません。これらは間違いなく、あなたがここに来る前に、自分の道程にあなたが配置した類のものなのです。これらは深くあなたの中に植えられていた種であり、アクティベーションを助けるものになり得るのです。あなたの仕事は、これらのシンクロニシティ―(共時性)に注意を払い、真のあなたを確かめるための「コズミック・ウィンク(宇宙の目配せ)」と我々が呼ぶものを見つけることです。それは、あなたが読む言葉かもしれないし、聞こえてくる音調かもしれません。それは突然、あなたのハートに真実として響くのです。もしこれが起こった時には、ほんの少しの間その本を閉じ、そして深い呼吸と共にあなた自身の中に取り込んでみてください。そのエネルギーが、あなたが誰であるかを知らしめ、そしてあなたからそれを発信することを受け入れて下さい。なぜそうするのでしょうか。なぜなら、それはあなたのメタモルフィック・シェル(変成の殻)を開き、あなたかそうできると考えたこともないほど、より多くの光を受け入れることになるからです。もしそれを選ぶならば、あなた方すべてはライトボディーへと変化していくのです。それが現在地球上においてゆっくりと起こりつつあるプロセスであり、そのことが開始したという多くの状況が見られます。皆さん、もしあなたが見ることを始めるなら、シンクロニシティ―はあちらこちらにあるのです。

 

さて、これについて興味深いことがあります。これらのコズミック・ウィンクの一つでも見つけ出し、そしてそれがあなたの人生に現れ始めたら、あなたは更に別の場所でそれを探すようになり、また別のものを見つけることでしょう。それはまるで、あなたが種を植え、その引き金を引くために見つけたこれらのものを見るために、あなたが自分自身をチューニングしているようなものです。そしてそれは、あなたが発するエネルギーと光において、次のレベルへと踏み出すことを許可するものになることでしょう。これらはとてもマジカルで、まさに地球上におけるあらゆる場所で起こっています。ですから、これらのコズミック・ウィンクをよく見ていて下さい。そしてそれを自分に認識させてください。あなたはまた、自分の周りの人々にも、それを認識させることができることを知っていて下さい。もちろん、あなたは何が彼らの引き金を引くのかを知る必要はないのですが、彼ら自身のために、それを見つけるよう促してあげることができるのです。

 

シンクロ的な生き方

 

ところで皆さん、あなた方の多くが、マスター・ナンバーに気が付き始めたのはそんなに前ではありませんでした。時々皆さんは10 10 10もしくは11 11、または多分時計を見た時に、9 11または9 9 9を見た事でしょう。これらは引き金でした。では、それは何を意味していたのでしょうか。ええ、多分それはいつもそこにあったのですが、単にそれ以前は気が付かなったのです。もしあなたが、時間は刻まれるものだという考え方をするならば、特に合衆国においては、これらの数字は一日2回は時計に現れるので、ことさらにシンクロ的だという必要はありません。しかしながら、ある特定の瞬間ぴったりに、何があなたに時計を見させるのかを考えてみてください。それは、あなたの周りにあるシンクロニシティ―にチューニングさせようとしている、あなたのスピリットなのです。あなたは全くこれまでとは違う風に生きることを学びつつあります。なぜなら、あなた方は光の中に存在しているので、それぞれ一人一人にそれが可能なのです。繰り返し、繰り返し、あなた方はどうすればそうできるかを学んできました。親愛なる皆さん、マジックが起こりつつあるのです。そしてこのコズミック・ウィンクと共に、あなたはマジカルになることを学ぶことでしょう。あなたはスピリットをどのように表現するかを学び、また違った方法で自分のチャネルを信頼することを学ぶでしょう。ええ、これらの確証のいくつかは、あなたが見る事のできるあらゆる場所に現れることでしょう。

 

これからの数か月に渡って、あなたは多くのシンクロニシティーとコズミック・ウィンクを目にすることでしょう。それらは、あなたが正しい道にいることを再確認するために起こるのです。そして、もしあなたがそれらを目にしないとしても、目を大きく見開いて、探してみてください。最初のものを目にした瞬間、それを疑うかどうかの選択を迫られます。あなたはこういう事もできるのです。「ああ、これはただの妄想だ。また私は、何かでっちあげているのだな。」と。もしくは、あなたはそれをベールの向こう側のスピリットからのお知らせだと受け取り、注意を払うようにとの合図だと思う事もできます。なぜなら、それが我々があなた方に話しかける方法だからです。我々はいつも正確に次に何がやってくるかについては、多くの言葉では語りかけません。ほとんどの場合、我々はただあなたにアイディアの種を蒔き、そしてそれを育てるようにと促すのです。そしてあなたがそれを育て、他の方法でやり遂げることができるのを遥かに超えて、何かとてもマジカルなものに進化させるのを見守るのです。光の種はもうあなたの中にあり、あなたのスピリットは、あなたが思い出すための多くの種を持っているのです。身体的なレベルからは、サイエンティスト・オブ・ザ・ハートがお話ししたように、現在地球上では多くのことが起こりつつあります。肉体レベルにおいて、とてつもない量のクリアリングが起こっているのです。あなた方は、ほぼその反対側にいるので、このプロセスが更に進んでいくのを見る事でしょう。しかしこのことについて、あなたが前に進み、特にこれらのシンクロニシティーやコズミック・ウィンクをあなたの生活の中に見つけ始めるにあたって、知っておいた方がよいことを一つだけお話しさせて下さい。

 

シグネチャー・バイブレーション(特徴となる振動)

 

あなたの肉体のそれぞれの部分は、固有のバイブレーション(振動)を持っています。あなたの手を見るならば、それをとてもはっきりと知ることができるでしょう。指の先端は、それより高密度の爪と比べると、異なるバイブレーションを持っています。ええ、爪のバイブレーションは、指の先端よりもずっと高いバイブレーションを持っているのです。しかし、あなたの手全体は、集合的なバイブレーションを持っています。実際、あなたの身体全体は、我々がシグネチャー・バイブレーションと呼ぶところの集合的なバイブレーションを持っているのです。あなたのシグネチャー・バイブレーションは、色々な方法で引き金がひかれることがあります。何かを見たり聞いたりしたことで、引き起こされることもあります。それはしばしば、そのシグネチャー・バイブレーションが、あなたという存在のすべての部分から自由に流れ出していた時のことを思い出す何かを読んだり体験したりすることで、呼び覚まされたりします。それはあなたを再び、活気に満ちて健康になるよう、故郷へと連れていきます。そしてそれは、これまでになく可能なことなのです。それは、我々がスピリットシードのバイブレーションとアクティベーションによって、シグネチャー・シードに働きかけることの一部です。あなた方のすべてが、様々な方法でこの恩恵を受けます。なぜなら今、皆さんの身体は再びこれらを受け取る準備ができたからです。我々は、あなた方がこれらのシンクロニシティーを求め、体験して行く習慣を育くみ、それらを書き留めたり、何らかの方法でグランディングしていくことをお勧めします。あなたが友達に、きょう起こった何かについて話しをすることでも、あなたはシンクロ的な生活を始めます。それは、想像し得るどんな困難であっても、あなたがそこを通る最も抵抗の少ない道を見つけることを可能にするのです。

 

これはあなた方の惑星におけるとても大きな変化の時であり、あなたは間違いなくその一部を担っています。ですから、この叡智と共に、あなた自身のエネルギーを見つけて下さい。あなたと共鳴する歌を見つけて下さい。それらのエネルギーのトーンは、実際にあなたに影響を及ぼすのです。あなたのハートの思いが表層にあがってくるような文章を読んで下さい。そしてハイウェイを運転している時は、道路標識にシンクロニシティーを見つけることを自分自身に許可して下さい。何かスイッチが入るのを感じた時は、少しの間本を閉じて、その言葉の意味を完全に消化するようにしてみてください。シンクロニシティーを見つける習慣を育てて下さい。なぜなら、それらの瞬間を通して、我々はあなた方一人一人に語りかけるからです。これらの種の多くは、あなた自身が植えたものなのです。この身体に入る前に、あなたは自分の進化にとって完璧なタイミングを見つけるために、人生の道程にクリスタルを配置しました。また別のクリスタルは、我々があなたと交信することを可能にし、そしてもっとも容易な道をお伝えするためにあります。我々は、あなた方のもっとも高いバイブレーションを共有し、あなたの進んでいるプロセスを通して、可能な限りの喜びへとあなたを戻すのを手伝っています。

 

目を見開いて良く見ること

 

皆さんは地球の新たなレベルへと到達しました。そしてあなたはそれを新しいやり方でグランディングしています。今は一人一人にとって、マジカルな時なのです。我々は、皆さんに敬意を表します。ええ、あなた方はとてもよくやっています。しかし、今より多くの困難や対立があることも知っています。あなた方の惑星には、とてつもない分離の波がやってきており、皆が自分の事だけに精一杯となり、集合意識には全く注意を払わない状態のようです。あなた方は文字通りこれらの扉と可能性を開く段階にいるので、それは変化しシフトするでしょう。しかし、これを完了するには、それぞれの人が向き合わなくてはなりません。それがこの情報が何であるか、そして何をあなた方は通り抜け始めているかを、我々があなた方にシェアする理由なのです。それは皆さんの身体、感情、そしてあなた方自身のエネルギーに影響を与えます。それはまた、どのように人生を生きるか、喜びを体験するかに影響を与えるのです。それは、我々が皆さんそれぞれに取り戻してほしいと願っているものです。ええ、あなたがワクワクした時の目の輝きです。我々は、今あなた方の周り中で起こるコズミック・ウィンクを通して、それを見せることができます。あなたに必要なのは、ただ目を見開いて、良く見る事なのです。

 

我々はコズミック・ウィンクを通して皆さんに語りかけますので、それに気づき、祝福して下さい。これから時間が進むにつれて、あなたはベールの向こう側から、更に多くを聞くようになることでしょう。なぜなら、実際にベールは薄くなりつつあるからです。それはあなた方が成し遂げたことです。新しい方法で聞くことを始める段階へと、あなた方は到達したのです。

 

これをあなた方と分かちあえるのは、最高に光栄なことです。人類がこの美しい光の段階へ到達したこと、そしてこの惑星におけるすべての歴史を変化させることができることを祝福してください。あなた方皆が、よりエンパワーされた社会へと歩み入る機会を、今手にしているのです。

 

3つのシンプルな思い出すためのヒントと共にお別れします。お互いを敬意を持って扱って下さい。互いを育み、そして共によく遊んで下さい。私はエムです。

 

エスパーボ



Copyright 2000 – 2018 www.espavo.org

この情報は次の条件で全体または一部を自由に配布し広めることを目的としています。使用者は同意の上この文書の使用が可能です。1. 「Copyright 2000-2017. Espavo. www.espavo.org」 はすべての出版物に適用されます。2. 使用者は翻訳物の著作権を含む全ての権利はライトワーカー(Lightworker™)の財産に帰属することを同 意するものとし、ライトワーカーはこの文書を訳す方を、Lightworkerのサイト上で発生する全てにおいて、翻訳者として認め翻訳権を共有します。 The Groupの詳しい情報は、http://www.espavo.org 「光」を広めて頂き感謝いたします。


ハワイ島リトリート2018 ④ ~マウナケアの夕陽~

最終日😭_6702

昨晩は遅くまでワークが続いたので、今朝はゆっくりのブランチの予定になっていました。

しかし、別のコンドミニアムに宿泊していた夫と私が、約束の時間に皆のコンドにやってきても、皆がまだすっぴんで昨日の朝とは様子が違うのです。

何があったの~?と聞くまでもなく、昨晩の流れから更にそれぞれが深いところに入っていって、朝起きても更にその変容が進んでいる最中だったのがすぐにわかりました。

リトリート・セミナーでは、このように、これまでなかなか開かなかった心の扉が開き、自分が本当に感じている感情に触れたり、普段は押し殺していて決して見ようとはしなかった葛藤の元に触れることが多く起こります。

それは、遠く日本を離れて、信頼できると自分の中で許可することができた人達と深く触れ合い、いつも演じている「役割」の自分でいなくてもよくなることでスイッチが入るのです。

同じ時にリトリートに参加することを決め出会う人達は、決して偶然で集まるのではなく、お互いが鏡となる役割を果たしたり、ハートが開いていることで互いが深く共感します。

その上に、地球のボルテックスのパワフルで美しいエネルギーにより深く触れる事で、本来のスピリットである自分を思い出し始めます。

すべてが絡み合って、普段日本で自分を枠にはめて生活している時とは、全く異なる反応が起こり始めるのです。

ハワイリトリート2日目_8855

昨夜一番崩壊して、その波を超えて今はぽーっとなっている人と、まず向き合って話が始まりました。

彼女は、日本にいる時は、とても頑張って仕事と主婦の両立をしている人でした。とてもしっかりとしていて、仕事ができて、自分にも他人にも厳しい・・というのが、最初にお会いした時の印象でした。

前回のセドナリトリートの時に興味を持っていらっしゃるのを感じたので、一応お声掛けしたのですが、その時は「スケジュール的に絶対に無理です!!」と、ばっさりときつめに(笑)お断りされました。

その彼女が、今回のキーパーソンの一人となり、たった一週間の間の変容ぶりには、以前の彼女を知るメンバーには驚くばかりとなりました。

こんなにゆるゆるで、柔らかくて、自然、特に植物が大好きで、子供のように色々なことに興味を示す愛らしい人だとは、思いもよりませんでした。多分、本人も同じように驚いたのではと思います。

とても勇気のある方だと思いました。自己開示をする勇気、本当の自分を感じる勇気、ノーモアシークレットの世界を生きはじめる勇気・・。その勇気こそが、力強く彼女の変容の後押しをしたのです。


そして、同じ時空を共有している仲間達は、一人のハートが開くと、連鎖現象が起きていきます。その方と話をしているうちに、順番に次々と話をしなくてはならない人がいるのがわかりました。

ハワイリトリート3日目_1222

朝食の前に、順番に個人セッションをすることになるとは思ってもみませんでしたが、ちゃんとその時間のゆとりが与えられていることが不思議でありがたいことでした。

内容の深刻さは様々でしたが、それぞれの人の中に浮かび上がったリリースする事柄と一つずつ向きあい、きょうのマウナケア登頂に備えているような時間が与えられました。


朝の段階で、誰かが持ってきていたアロマの香りにしていた反応と、プチ個人セッションで怖れや葛藤のリリースを終えたあとの反応が変わっていたのが、変容の証明のようで面白く感じました。

例えば、ある人が、「嗅いだら吐きそう!」と言っていたオイルの香りが、全然大丈夫になるのです。

28754987_10211696999083473_1398620190_o

そのボトルに書かれていたブレンドオイルの名前を読むと、それぞれの課題にあまりにリンクしていて、思わず吹き出してしまうものばかりでした。

例えば、「Liberation(解放)」や「Rejuvenation(再生)」と言ったものです。

変容に抵抗していると、香りにまで抵抗するのだなと苦笑しました。


向き合いの終わった人から身支度を終えて、ブランチの準備に取りかかってくれていました。(主婦の集まりは、家事のすべてが手早く進むので、こういう時はありがたいのです♪)

ブランチの後は、きょうのメインイベントである「マウナケア山頂 夕陽と星空観測ツアー」に参加するために、コンドミニアムの入り口まで向かいました。

ハワイリトリート3日目_8336

コンドミニアムの入り口では、ツアー会社のおにいさんが手を振りながら待っていてくれました。

なんともフレンドリーな人だなと思っていましたが、この運転手兼ガイドの「まっちゃん」は、6年前自分が客として参加したこのツアーに惚れ込んで転職したという逸話の持ち主でした。

ハワイリトリート3日目_5575

奥様の手編みのテルテル坊主や、お手製の星空模様のアロハシャツを着たまっちゃんは、日本では合う仕事が見つからずにいたところを、奥様に促されて、アメリカにやってきて就職したという個性的な人でした。

人によっては引くだろ~(笑)というギャグを連発してしゃべり続ける彼は、私達一行とは相性ばっちりで、車内は笑いに包まれながらマウナケアへのツアーは始まりました。

まっちゃん本人も、「笑って頂いて、ホントありがとうございます!いや~、去年の6月は辛かった!」と何度も、全くしらけられたツアーの時のことをぼやいていました(笑)

今のNHK朝ドラでも繰り返し言われていますが、私も「笑い」は本当に大切だと思っています。

人は、笑った瞬間に波動がぐ~んと上がります。笑っている人は、自己憐憫にも入れないし、怒ることも、人を憎むこともできません。

なので、私の行うワークショップでは、シリアスに泣くこともありますが、ほとんど笑っていることが多いです。私はまっちゃんのようなギャグは言えませんが、人が笑うツボのようなものが直感的にわかるので、その秘めた(笑)能力を駆使しています。


ツアーに参加する最後の方をピックアップするために寄ったホテルで、しばし休憩する時間がありました。コンドミニアムとはまた違った大型高級ホテルのとても眺めの良いロビーから、ハプナビーチを見下ろし、しばしゆったりとした時間を過ごしました。

ハワイリトリート4日目_2346

すでに皆が家族みたいな雰囲気になっているのが嬉しい私でした。

ハワイリトリート4日目_1991

目的地はまだ先なのに、皆はずっと幸せそうな笑顔です。

IMG_4642

前日は悪天候で、マウナケアのゲートがクローズされていて、ツアーは中止になったとのことでしたが、きょうはきっと行けそうだと、行きますよ~!と、まっちゃんが何度も口に出して祈ってくれます。

冬で雨季のハワイ島は、マウナケア山頂に上がれない日もかなり多いそうで、催行中止にまでならない場合は、ゲートに入るより随分手前の2000 m付近のスポットでの夕陽鑑賞になるらしいのです。

しかし実は、まっちゃんが心配して祈ってくれているのをありがたく思いながらも、マウナケアに上がれない気は全くしていなかった私達でした。

私自身も、ハワイ島リトリートを決めた時から、頂上で皆が感動して泣いている姿を未来透視のように見ていたからです。

逆に言うなら、そういう風にイメージできていることで、未来は必ずそうなるとも言えるのです。想像することが創造となり、すぐに現実化していくのが5次元の世界だからです。

ハワイリトリート3日目_1529

小さな山になっている噴火口をいくつも見ながら、昨年新しくできたというハイウェイを、青空と白い雲が広がる中、どんどん進んでいきます。

そして無事、標高2800mにあるオニヅカ・ビジター・センター(1986年のチャレンジャー号爆発事故で亡くなったハワイ出身の日系宇宙飛行士のエリソン・オニヅカを記念して命名されている。) に到着し、高度に身体を慣らすために1時間ほどのお弁当休憩をとったのでした。

この場所でもう、私が唯一歩いて登ったことのある白山の標高をすでに超えています。そういえば、「マウナケア」とは「白い山」という意味らしく、ハワイに来たのに同じく白山です(笑)

ハワイリトリート3日目_3200

↑オニヅカ大佐の顔のレリーフ。(どうやら神様降臨の光が・・笑)

ハワイリトリート3日目_7268
ハワイリトリート4日目_5631

ハワイに来て初めての和食。私は一週間一切和食なしでも大丈夫なタイプなのだけど、やはり嬉しそうな人もいたので、よかったです♪

ハワイリトリート3日目_5267

休憩の後、バンは4輪駆動に切り替えて、舗装されていないガタガタの山道をどんどん登っていきます。

ついに、南国ハワイの雪という珍しいものを見る場所まで上がってきました!

ハワイリトリート3日目_563

SF映画に出てくるような景色が広がっています。

マウナケアは標高が高く(4205 m)空気が澄んでいる上に、海に囲まれたハワイは周りにネオンなどがないため、世界中の天文台が集まっているそうです。

IMG_7740

日本国民として税金で支えている「すばる望遠鏡(国立天文台ハワイ観測所)」の前で記念撮影です。

雲の上は、抜けるような青空が広がっていました。

ハワイリトリート4日目_3717

夕陽が沈みかけている雲海が一面広がっているのを見て、「お~~!」と、一同思わず声が漏れます。

ハワイリトリート3日目_4351

しかし!寒い!! ツアー会社から貸していただいた防寒着の下には、更にウルトラダウンを着込んでいます。(なので、もこもこ!笑)

↑上の写真の中央の背の高い人の右側に映っているのが、まっちゃん♪ 頭には、これまた奥さん手編みのふなっしーの帽子をかぶっています。あの帽子を着こなせるのは、まっちゃんだけだと思う(笑)アップで撮るのを忘れて残念!

ハワイリトリート3日目_5653
ハワイリトリート4日目_1491

この景色を見に来たのだと、ここにいたことを思い出すと知っていたのだと、深いところからの声が聴こえるのです。

ハワイリトリート3日目_4121
IMG_7753

カメラを向ける時はいつでも「とります!とります!」と甲高い声で笑わせてくれるまっちゃんのお蔭で、皆がいい笑顔です♬

IMG_7760

夕陽の上にジャ~ンプ!もう、喜びがあふれてなりません。

ハワイリトリート3日目_7025
ハワイリトリート4日目_3886

↑無事マウナケアに登った時には、絶対にやろうと決めていたポーズなのです。


そして、山頂付近は天文台の観測の邪魔になるため、日没以降は車の走行が禁止されているため、早々に山を下ります。

IMG_4686

辺りが真っ暗になった頃、もう一度オニヅカ・センターまで戻って今度は星空観測です。

新月の日は、美しい星空を見るにも最高の条件が整っていたのでした。

みずがめ座の日食で新月の日、更に旧正月でもあったこの日は、ある意味スタートにふさわしく、また「みずからを解き放つ」のにぴったりの日でもありました。

自分で選んだようでいて、その時空にいる必然のために、その日を選ばされたような気がしてなりませんでした。

IMG_4705

プラネタリウムでしか見たことのないような数の星々を夜空に眺め、まっちゃんの軽妙な解説と満点の星空の下、夢のような感動の時間を過ごしました。

そして、帰りの車の中ではJupiter の音調と歌詞に涙して、ハワイ島でのハイライトの一日が過ぎていったのでした。



ハワイ島リトリート2018 ⑤に続く・・)


お知らせ

”ハワイ島リトリート2018 第2弾” 参加者募集中です!

C'est Chouette!(セ・シュエット!)林育代さんと共催で、5月に開催します。ご興味のある方、ぜひ詳細をお読みくださいね!




ハワイ島リトリート2018 ③ ~虹・5次元世界へ~

ハワイ島での最初の夜が明けた朝、コンドミニアムから空を見上げると、まるで私達の新たな始まりを祝福してくれるように、美しい虹がかかっていました

ハワイリトリート2日目_8556

虹、レインボーは、私にとってはいつも象徴的な意味のあるキーワードです。

なにせ、今年3月で最後の卒業生を送り出した私の英語教室も「Rainbow英語教室」と名付けていたくらいですから。(娘からは、ダサイ名前だとディスられていましたが 

color09-02-330x220

3次元における人間とは、まさに虹の一つの色のようなものなのです。白い光線がプリズムに当たると、いくつもの美しい色に分かれていきます。人間も全く同じです。

完全なスピリットが、3次元のこの世界に入るために分かれた、それぞれの美しい色を生きているのです。そしてそれを、私達は「個性」と呼んだり「不完全さ」と呼んだりするのです。

この世界が5次元になったということは、11次元に分かれたそれぞれの美しい色を生きていた私達が、自分が本来は白い光線であることに気付くということです。

そして、人間の身体を持っている限り、ベースの自分の色は変わらないのですが、それに加えてこれまでは別の色だと思っていた他の美しい色も、自分として表現していくことができるということなのです。

ハワイリトリート2日目_5254

次元の壁がどんどん薄くなっています。これまで青色だと思っていた自分が、黄色の自分を表現できるようになっていることに驚くことも多いのではと思います。

そして、青色の人生しか自分にはないと思っていた人が、赤色の人生を生きてみたくなる衝動を感じたり、赤と青を混ぜた美しい紫の自分を表現し始めたりするのです。

このハワイ島リトリートの目的の一つとして、5次元の世界を生きる許可を自分に下すということがあります。つまりそれは、自分が気づき始めている以前とは違う感覚、現実の流れを、もとの白い光線に戻るためのプロセスとして受け入れていくというチャレンジなのです。

そしてまた、人間は肉体で生きる存在を超えて、これからはライトボディーとしての自分に戻っていきます。

それは、肉体に縛られる時は青色でしかない自分が、ライトボディー化していくことを許可することで、すべての色を表現し、白い光線へと戻って行く旅路なのです。

ハワイリトリート3日目_4714

↑ 「おはよう~」と挨拶した後にすぐ、立ち止まって深い話が始まっています。「座ったら~?!」と他の人に促されるまで、こんな風に熱く語っている私です(笑)

ある意味、私のリトリート・セミナーは、一週間ぶっ通しのワークショップと言えるかもしれません。時間や場所は何も気にせず、起こることに任せて、どんどんと気づきと手放し、そして深い場所へと誘導されていきます。

ハワイリトリート2日目_9994

↑ 車の中も、動くセミナー・ルームです(笑)普段なら、こんな風に後ろを向いて話していたら車酔いする私ですが、リトリート中は全然大丈夫なのが不思議です。

↓ 後部座席でも、真剣に話をしています。リトリートに集ったメンバーは、互いが互いの気づきをどんどん促しながら、共にシフトしていくのが常です。

ハワイリトリート2日目_509

生憎と、ハワイ島滞在中の天気予報はず~っと雨。それも雷雨マーク 地元の方も、去年に続いて今年も異常気象と言えるほど雨が多いと嘆いていました 

しかし、そんなことにはめげません。何しろ、あの大雪が続いた北陸から、奇跡のごとくちゃんと飛行機で飛び立ってきた私達ですから!

心を澄ませて、自分の感じることを鋭敏に感じ取って行動すれば、すべてがうまくいくとわかっていました。

ハワイリトリート2日目_2759

そしてその通り、山越えしている途中は土砂降りでしたが、きょうの最初の目的地のワイピオ渓谷展望台に着いたころには、雨は上がっていました。

ハワイリトリート2日目_9786

ワイピオ渓谷は、古の王族たちのゆかりの地であり、昔から神聖な土地とされていたところです。

ここに下りていくツアーなどもあるそうなのですが(レンタカーは走行禁止)、そこに分け入っていくよりも、今回は展望台から眺めるほうがよい感じがしたのでした。

ハワイ島の溶岩台地の印象とは全く異なり、どちらかというとまるでカウアイ島のような厳かな神聖さを感じる場所です。なんだかカウアイも懐かしくなりながら、一つの島でさまざまな様相を見せてくれる不思議と共に、古代からの神聖なエネルギーを感じたのでした。

ハワイリトリート2日目_2030
ハワイリトリート2日目_1328

ワイピオ渓谷展望台からヒロへ向かう道の途中にあるTEXドライブインには、ハワイ名物のマラサダで有名なお店があります。

ハワイリトリート2日目_1096

マラサダとは、ポルトガル発祥の揚げパンで、ハワイに移民したポルトガル人が「懺悔の火曜日」に食べるマラサダを広めたとのことでした。

★キリスト教徒が多いポルトガル移民には、復活祭の40日前の前日(懺悔の火曜日)に、ラードや砂糖を使い切るために『マラサダ』を作る習慣があり、家庭でよく食べられていた。(allhawaiiより)

ハワイリトリート2日目_4028

プレーン以外に、マンゴーやグアバ、ココナツなど、トロピカルなジャムが入ったものもあり、色んな種類を買って、皆で分け合って食べることにしました。(※はっきり言って、一人で一つの味を全部食べきるのは甘すぎてちょっと辛い・・ なので、シェアして正解でした!)

ハワイリトリート3日目_5080

「懺悔の火曜日」のことを聞いたのは、実はここでマラサダを食べた後のことでした。

今回のリトリートでのテーマに、「懺悔」がキーワードになってヒットした人がいたもので、帰国後には「マラサダ=懺悔」というのが定着し、「道理で、ハワイでマラサダを満腹になるまで食べたのね~!」と笑い話になったのでした。

ハワイリトリート2日目_272

更に車をヒロの方向へと進める途中で立ち寄ったのが、アカカ・フォールズ州立公園でした。



ハワイリトリート3日目_2305
ハワイリトリート2日目_9475
ハワイリトリート2日目_2081

ハワイ島は一つの島の中に、世界の13の気候区分のうちの11の気候帯が存在する島だとのことですが、私達が宿泊していたワイコロア地区が砂漠気候なのに対して、アカカの滝があるこの場所は、まさに熱帯雨林なのでした。

まるでジャングルのように生い茂る植物の中にある遊歩道には、見たことのない美しい花々も咲いています。個人的に、滝へと向かうこの遊歩道を歩くのは、なんだかとても落ち着いて、私は大好きなのです。

ハワイリトリート2日目_8135
ハワイリトリート2日目_7942

落差が130mもあるという(ナイアガラの滝の2倍らしい・・)アカカの滝は、展望台からはのぞきこまないと底が見えません。

アカカの滝は、ハワイアンの神話にもよく登場し、ハワイアンソングにも歌われている場所なので、多くの観光客が訪れていましたが、なんとも言えない静かな気持ちになれる気持ちの良いところなのでした。

ハワイリトリート2日目_5620

ハワイリトリート2日目_6660

ありがたいことに、ここを巡っている時も時々の小雨で済みました。しかし、一応ハワイは雨季なので傘を持ってきたらいいよ~と伝えた本人の私が、すっかり傘を忘れていて(苦笑)、お借りした傘で夫と仲良く相合傘です

実は今回、広いハワイ島を巡るための運転手として手伝ってもらうために夫に一緒に来てもらったのですが、数年前までは、こんなことが可能になるとは想像もしなかった私でした。

十数年かけて、夫との関係性を徐々に変化させてきた私でしたが、3年前までは彼は、私は好きなことをしてもよいけど、俺だけにはスピリチャルとやらを洗脳するなと言っていたのでした。

しかし3年前、私達の間にある出来事が起こり、私は真剣に夫と離婚することを決意しました。それは、決して彼を嫌いになったのではなく、むしろとても愛していたのですが、私が私の人生を魂が導くままに生きる時に、夫とどうしても分かち合えないものを飲み込むより、自分自身を大切にすることを選び取ることを決意したからでした。

その結果、本当に最後の土壇場で夫が変容しました。私と分かち合えなかった彼は、実は本当に彼のスピリットのままに生きている夫ではなかったのです。そして、今まさに私と別れるということが現実になろうとしていた時に、彼は本当の自分に触れることを自分に許可したのでした。

その結果、私達はもう一度結婚することを決めました。もちろん、まだ離婚していたのではなかったのですが、以前の結婚とは全く違う形で改めて私達は結びつくのだと感じたからです。(新たな結婚記念日のために、指輪も買い替えましたよ

今回のリトリートでは、単なる運転手ではなく、彼は参加者の方達に必要な役割を果たしてくれることになりました。それは、まさに必然であったというほど、不思議な形で流れが起こったのでした。(その話は、また改めて・・)

ハワイリトリート2日目_6389

アカカの滝の次に訪れたのは、ヒロの街にある「ビッグ・アイランド・キャンディー」です。そこは、ハワイの土地の材料を使ったチョコレートやクッキー、コーヒーなどを売っている有名なお店です。

観光バスが次々やってきてお土産を買うという場所でもあるのですが、試飲でもらえるコーヒーやクッキーが本当に美味しいのです!

休憩を兼ねてお土産を買いに入ったのですが、美味しさと楽しさでなかなか皆のお買い物が終わらない!笑

ハワイリトリート2日目_5368

店内は、バレンタインデーのデコレーションでキラキラだらけ

ハワイリトリート3日目_1517

オーナーが日系の方だとのことで、アメリカにしては(すみません)、パッケージやリボンがすごく可愛くて、テンションが上がりました。

mig

帰国後には、マカデミアナッツが生地に練り込まれたチョコレートディップ・ショートブレッド・クッキーがあまりに美味しくて、コナコーヒーと一緒に、毎日のおやつであっという間に食べてしまいました♪

その後もう一か所寄りたいところがあったのですが、雨足がかなり強くなったので、そのまま帰路に着き、途中で参加者の方の一人が希望していたハワイ島のビーフで作ったハンバーガーを食べに行くことにしました。

ハワイリトリート3日目_2343

ハワイ島にはパーカー牧場と言うとても広大な有名な牧場があり、道の両脇の牧場で草を食んでいる牛の姿がのどかで印象的です。つまり、ビーフが特産品の一つなのです。

ハワイリトリート3日目_2041
ハワイリトリート3日目_5618

ハワイ島ハンバーガーランキング2位だとネットに書いてあった(たぶん著者の独断。笑)、以前食べて美味しかったVillage Burger(ヴィレッジ・バーガー)で、ハワイ産ビーフのバーガーを注文しました。

ハワイリトリート3日目_8940

焼きをミディアムで注文しましたが、すごく柔らかくてジューシー。お肉の味を損なわないために、あえて塩と胡椒だけでシンプルに焼いているとのことでしたが、本当に美味しいのです!

ハワイリトリート3日目_8871
ハワイリトリート3日目_3775
ハワイリトリート3日目_7942

皆、思いっきりかじりつき、空腹を満たしました。ふだんあまり肉食派ではない参加者の方も、このお肉は美味しい!と絶賛でした。

ハワイリトリート3日目_218

ハンバーガーを堪能した後は、明日の朝食に足りないものをスーパーで買い足して、真っ暗になった山道をコンドミニアムへと戻りました。

さあ明日に備えて、夜はゆっくりしましょう~と思っていたのですが、リトリートは流れのままに進みます(苦笑)

次々と、とても大切なことが会話の中から紐解かれていって、その夜は更にそこからワークが続いたのでした。

ある意味、これが寝食を共にするワークの醍醐味です。時間がきたので、ここまで~!とならずに、必要な掘り起し、気づきの連鎖が次々と起こり、メンバーの大きな変容が起きていきます。

時差があるのを良いことに(つまり、眠くない・・笑)、日付をまたいで、私達はとても深い場所へと降りていきました。

翌日は午後出発のマウナケアでの夕陽ツアーの予定だけだったので、朝はブランチにすることにして、お昼近くの集合になりました。私達のリトリートはあくまでもマイペースです(笑)

これは意図したことの現実化なのでしょうが、今回のリトリートは、最初からガンガン飛ばしている、いや飛ばされている感じがします。

明日はいよいよ、ハワイ島のハイライトの一つ、世界中の天文台がひしめく標高4205mのマウナケア山に登頂します。(あ、もちろん車で、です!)

1920


ハワイ島リトリート2018 ④に続く・・)


お知らせです!

★ハワイ島リトリート2018 第2弾、決定しました♬

C'est Chouette!(セ・シュエット!)林育代さんと共催で、5月に開催します。ご興味のある方、ぜひ詳細をお読みくださいね!

ハワイ島リトリート2018第2弾決定しました✨参加者様募集致します✨






ハワイ島リトリート2018 ② ~愛に満ちたバレンタインデー~

出発〜到着_939

私が主催するリトリート・セミナーの目的の一つは、様々な制限を自分に課している3次元的な日常を離れて、5次元世界の感覚で生きることを体感するということです。

なので、自分の望むことがすぐに叶うという5次元的な現実を、普段より明らかに体験することが多くなります。

1週間の自分の為の時間に完全に許可が下りていない人は、周りの人や出来事を通して、行くことを阻む現実を作り出します。

それは見事と言ってよいほどで、そのことに気づき、自分の中に完全な許可を下ろすと、現実はあっという間に変化します。それこそ驚くばかりです。


今回も、成田からの飛行機が飛び立つほんの1時間ほど前まで、自分の弱いところを揺さぶるような出来事が起きている人がいました。

しかしそれは、その出来事を通して、その人が自分の人生で掴んでしまっているパターンの中でもう今の自分には必要がなく、完全にリリースすることを深いところで決めていた事を手放すために、敢えて(もちろん無意識レベルで)自分が自分に起こしている事なのでした。

(揺さぶられた人(笑) がその事を書いているブログはこちら ハワイ島リトリート出発①

参加者の皆さんが、果敢に起きている現実と向き合い、気持ちの揺らぎを乗り越えて乗り込んだ飛行機は、無事出発日と同じくバレンタインデーのコナの空港に到着しました。

出発〜到着_2686

出発〜到着_1082

雪に覆われた北陸から到着した常夏ハワイは、いつも以上にその温かさが嬉しく感じました。

長袖のシャツを脱いだり、半袖に着替えたりした後、ハワイ島では必需品のレンタカーを借りに行きます。

そしてそこで、今回のリトリートのテーマを象徴するような出来事が、レンタカーをピックアップするために列に並んでいる時に起こったのでした。

交代で受付カウンターにやってきた明るい笑顔のお姉さんが、いきなり「ハッピー・バレンタイン~きょうは愛を分かち合う日ですよ♪ この部屋も皆さんのたくさんの愛で満たしましょうね~!皆が愛で満たされて行くと、世界中が愛で覆われますよ~ 」と大きな声で並んでいる人達に声をかけたのです。

途端に、そこにいた皆の顔がほころび、口々に「ハッピー・バレンタイン!」と互いに言葉を交わし、一瞬にしてその部屋は美しい波動に満たされたのでした。

私も、なんとも言えない幸せな気持ちになりました。そして、この世界は、こうして一人の人が放つ愛がその場の波動を一瞬で変化させ、たくさんの人を笑顔にするということを再確認させられた気がしたのでした。

そしてその日一日、あちらこちらで「ハッピー・バレンタイン」と声を掛けられる実に幸せなハワイ1日目となったのでした。

ハワイリトリート1日目_8473
ハワイリトリート1日目_6604
(↑「ハッピー・バレンタイン!」の声と共に、教会のおねーさんから頂いた風船のメッセージに射抜かれた私 それは、私が自分の道標としている "Believe in yourself. You are loved. の一節だったから!)

その後、無事レンタカーをピックアップして向かったのは、カイルアコアナの街を見下ろす美しいコーヒー農園でした。

以前から行ってみたいと思っていたのですが、今回はとても強くそれを感じたので、いくつかある農園の中から直感で選んだドトール・マカウメドウズへと向かいました。

ここではコーヒー農園のみならず、果樹や南国の花で美しく整えられた庭園を散歩できるのです。

ハワイリトリート1日目_6104

海に向かって庭園の中の小道を下って行くと、南国ならではの花々に癒されます。

ハワイリトリート1日目_3171

ハワイリトリート1日目_7580

ハワイリトリート1日目_8241

ハワイリトリート1日目_1037

ハワイリトリート1日目_7993

時には、これも南国色の小さなお友達が現れ、「可愛い~♡」という人と、「きゃ~!」と叫ぶ人に分かれます(笑)

ハワイリトリート2日目_2655
  
写真撮影にぴったりのガゼボを見つけて入ったり・・

ハワイリトリート1日目_9889

ハワイリトリート1日目_9016

どんどん坂を下って行くと、眼下にはカイルア・コナの沖合が見えてきて・・ 

ハワイリトリート1日目_190

そしてそこには、思わず声を上げてしまうような、美しいインフィニティ―プールを配した休憩スペースがあったのでした。

ハワイリトリート2日目_8632

そこでは景色を眺めながらコナコーヒーを自由に飲むことができ、アップルバナナまで自由にもいでどうぞ♪と・・なんて嬉しいことでしょう

ハワイリトリート1日目_29

ハワイリトリート2日目_1196
ハワイリトリート1日目_4434

そして私達は、この美しい夢のような景色の中、のんびりくつろぎながら、それでもハートに触れる深い話をし続けたのでした。

ハワイリトリート1日目_4772

慌ただしい日常を離れ、いつもの役割を離れ、ただそこにいることを楽しむ瞬間の連続の中、私達はどんどん開かれていきました。

ハワイリトリート1日目_584

時間を気にせず、心行くまでゆったりとその夢のような美しい場所で寛ぎ、完全にハワイでのリトリートのモードに切り替わった後、カイルア・コナの街へと下りました。

ハワイリトリート1日目_4525

高台から見下ろしていた沖合の客船は、近くで見るとものすごく大きなものでびっくりしたり・・

ハワイリトリート1日目_3419

私達が泊まる予定のワイコロアとはまた違った雰囲気のビーチや街並みを散策し・・

ハワイリトリート1日目_2027

童心に返ってシェイブアイスに変身し・・笑

ハワイリトリート1日目_3974

主婦の楽しみの一つである、いつもとは違うスーパーでの買い出しを楽しんだ後は・・

ハワイリトリート2日目_230
ハワイリトリート2日目_9463
(↑巨大アボカド!!すごく美味しかった♪)

チェックインしたコンドミニアムのビーチでサンセットを楽しみました。

ハワイリトリート1日目_4390
ハワイリトリート1日目_6577

海に沈む夕陽を静かに眺めながら、いつもの倍の長さのバレンタインデーの一日が終わろうとしていました。

ハワイリトリート2日目_6719

そして、「調理しないで美味しいものを食べる!」がモットーの(笑)夕餉の食卓を手早く整え・・

ハワイリトリート2日目_7362

もうすっかり前からずっと一緒にいるような気がする仲間達と、この夢のような時間の中で自分達はどこへ行こうとしているのかを確認しながら、夜は更けていきました。

ハワイリトリート2日目_2807

もう随分時間が経ったような気がしていましたが、リトリートはまだ始まったばかりなのでした。


ハワイ島リトリート2018 ③に続く・・)



ハワイ島リトリート2018 ① ~大雪のあとの青空~

今回のリトリートを集約するのは、マウナケアからの帰り道に車の中で流れてきたJupiterでした。

思いがけず流れてきたその曲を聞いた途端、それはまるで稲妻のように魂の深いところを揺り動かし、半分眠りかけていた私を覚醒するその美しさに、涙を止めることができませんでした。

後で聞いたら、なんと全員がJupiterを聞きながら泣いていたとのことでした。

IMG_4705

Jupiter(by平原綾香)←クリックすると歌が流れます

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を 越えて輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙の御胸に抱かれて

私のこの両手で 何ができるの?
痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは
自分を信じて あげられないこと

愛を学ぶために 孤独があるなら
意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ
あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて
命のぬくもり 感じて

私たちは誰も ひとりじゃない
ありのままでずっと 愛されてる
望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために


リトリートの出発直前まで、北陸地方は17年ぶりという大雪で交通網が遮断されていました。

28383865_10211630135131916_1974098348_n

前日の一便までは飛行機も欠航していましたが、予定通りハワイには行ける気しかしていませんでした。なぜなら、私にはマウナケアの山頂で皆で感動している姿がはっきりと見えていたからです。

そして私達の出発する日、バレンタインデーは、これまでの大雪が嘘のように晴れ上がった青空が広がったのでした。

出発〜到着_1845

元々、ハワイ島でのリトリートは5月あたりにしようかと実は考えていました。しかし、突然にやってきたインスピレーションで、2月というこの日程に少人数でやるのだと強く感じたのでした。

そして集まったメンバーには、いつもの事ではありますが、誰一人として簡単に気楽に参加できた人はいませんでした。それは、これまで何度か参加して下さっていた方でも同じでした。

毎回、取り組むことがシフトしているのです。そして、そのために私のリトリート・セミナーはあるといっても過言ではありません。

いつもリトリートの様子を帰国後フォトブックにしてお渡ししているのですが、ある人は子供さんから、「ママはお勉強に行っているなんて言うけど、楽しそうに遊んでいるようにしか見えない!」と責められたそうです(苦笑)

そう言いたくなる子供さんの気持ち、わかります(笑)なぜなら、皆さんは本当に勇気を持って様々なことを乗り越えて、最高の笑顔でフレームに納まるからです。

今回もそうでした。想像の斜め上を行くようなことが起こり続け、それが参加者の皆さんのシフトを促していきました。(出発前の大雪もそうでした。妻に行って欲しくない夫さん達から、「飛行機、飛ばなければいいのに・・」と呪いの声(笑)が漏れてきました。)

すべては自分への許可だということを、とことんお腹に落とすことから旅は始まりました。

出発〜到着_8478

連日の雪よけで疲れ果てている家族から、罵声を浴びせられた人もいました。その人にとって必要だったのは、罪悪感を手放すということでした。なぜなら、同じところに住んでいても、笑顔で送り出される人もいるからです。

出発前日に、お父さんの命がもう長くないと看護師さんに告げられ、それがいつ起きてもよいように覚悟するよう言われた人もいました。

長い年月自分を苦しめてきた、一番葛藤が深い相手であったそのお父さんを、初めて魂として感じることができ、彼の魂の美しさに涙したその日に、彼女はそう言われたのでした。

泣きながら電話をしてきた彼女と話をしました。後でわかったことですが、その時彼女も私も、そのお父さんはリトリートからの帰国の翌日かその次の日に亡くなると感じていました。

それでも彼女は揺らぎませんでした。自分への許可を完全に下し、そのままハワイ島へ出発することを決めていました。

さまざまな思いと葛藤を抱えたまま、私達は一路ハワイ島へと旅立ちました。

出発〜到着_3119


ハワイ島リトリート2018 ②に続く・・)



ギャラリー
  • 『弥勒力ワークショップ』 石川県にても開催します!
  • 『弥勒力ワークショップ』 石川県にても開催します!
  • 『弥勒力ワークショップ』 石川県にても開催します!
  • 神々の島ハワイ・・レムリアのエネルギーの後押し
  • 神々の島ハワイ・・レムリアのエネルギーの後押し
  • 神々の島ハワイ・・レムリアのエネルギーの後押し
  • 神々の島ハワイ・・レムリアのエネルギーの後押し
  • 神々の島ハワイ・・レムリアのエネルギーの後押し
  • 神々の島ハワイ・・レムリアのエネルギーの後押し
プロフィール

ceblue