「プチ断捨離」はいつでもどこでも♪

昨日は朝から予定があったのと、夜にはここ数日の寝不足がたたって猛烈な睡魔に襲われ、断捨離はちょっとお休みでした。
 
断捨離はやっていると楽しいのだけれど、それがプレッシャーになってはうまくいかないと思うので、自分なりにルールを決めようと思います。
 
一日最低ひとつは断捨離!
たとえそれが「プチ断捨離」でもOKとします。
 
例えば、きょうは朝から、ちょっとしたすきま時間を使って何ができるかを試してみました。
 
朝、夫が身支度をして出勤するまでのちょっと空いた時間を使って・・・お財布の断捨離をしました。
一度断捨離してあった財布なのだけれど、しばらく経ったらやはり「今必要のないモノ」がちらほら入っています。
 
しょっちゅうは行かないだろうブティックのポイントカード。
当分会わないだろう人から頂いた名刺。
多分食べないだろうと思うメニューのマックのクーポン券。
しばらく使わないだろうクリーニング店の割引券。
ここ3週間くらいのレシート。
 
後で必要になるものは、引き出しにしまって、残りはゴミ箱へ。
お財布がすっきりしました!
 
この間、所要時間は約5分。あっという間だな~
 
 
次は、台所でお湯を沸かしている間に・・・栓抜きやら茶漉しなど、こまごましたものが入っている小さな引き出しを断捨離です。
 
自分では片付けてあったつもりなのだけど、見直したら、栓抜きが3つもありました!(別に、3つはいらないだろう~
 
やはり5分間でできたプチ断捨離です♪
 
 
断捨離が身に付いたら、こうやって時々のプチ断捨離で、ずっと快適な生活が維持できるのだな~と、しみじみです。
 
入れること(購入すること、手に入れる事)に注意深くなれば、プチ断捨離さえいらなくなるはず!
 
はぁ~、それいいなぁ~
 
 
断捨離生活は、身が軽くなります。
ちょっとしたときに、色んなものが目につくので、つい体が動きます。
これまで遣り残していたことや、後回しにしていたことが、どんどん減っていくのが快感です!
 
まだまだ私の場合は、隠れた場所のバッサリ断捨離が必要なのでがんばりま~す
 
 
 
ご紹介
 
金沢セミナーを主催してくださったmomoさんの断捨離ブログです♪
 
momoさん、セミナーを開催してくださってありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 

ゴミの山がなくなった!

夜の仕事が終わってから、またもや三日間溜めまくった普通ゴミを捨てに行きました。
 
ゴミ袋・・十数袋! 今回は夫のワゴンに山積みで一回でOKだったけれど、ようやく全部捨てることができてすっきりしました~
 
以前に自己流で断捨離したつもりだった場所も、セミナーできっちり学んだ目で見直したら、あれもこれも「今の私に必要ないモノ」ばかりでした。
 
こんなに捨てるモノがあるなんて、これからは入れる(買う)ことにもっと慎重にならねば・・と思った次第です。
 
バーゲンでモノを買うのは、私にとっては常識だったのだけれど、「今の私にふさわしく、必要で、私をゴキゲンにするもの」を厳選して購入するなら、バーゲンで「安いから」と買わねば損をするような気になることは、断捨離的にはとても気をつけなければならないことなのだと、ようやく分かったわけです。
 
安くなっていないと買えない・・・私だったことも、私が私を大切に扱っていない証明のようなことだったのだ!と、結構ショックです。だって、「安くなったモノこそ私にふさわしい」と、自分に呪いをかけているようなものですからね。
 
断捨離は、実践してこそどんどん変化が起きるわけですが、体験で気付きが降りてくるのが、何より素晴らしいし気持ちがよいです。
 
自己否定をやめよう!!と、どれだけがんばってもなかなかうまくいかなかった私だったのですが、毎日の生活の中で、呪文のように自分を貶めている行為に気付く事で、どんどん自己否定も自己卑下もなくなっていくのでは・・と、わくわくします。
 
とにかく断捨離は楽しい
 朝からずっと、毎日楽しいです。
 
 
昨日(15日)の成果は・・・
 
キッチンの食器棚より、使っていない食器、あまり好きではない食器をだんしゃり。
同じくキッチンの戸棚二つを、徹底的に断捨離。
食器とタッパーなどをあわせたら、100個以上を処分しました~♪
 
ここ数日ためこんだゴミ袋の山を、ゴミ捨て場へ移動。
家の中がすっきりしました♪
 
まだまだ発展途上ではありますが・・断捨離 ビフォー&アフターを順次公開します
 
 
021dc6df.jpg

79e997bd.jpg

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
before   カウンター、台所にごたごたのものが一杯        after  いらないものを徹底排除
 
 
21176218.jpg

cfe8529f.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
before 壁や棚にぎっしり                       after  いるものを厳選。特に棚はすっきり
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
before  結構選んで並べてあったはずの食器たち       after  まだまだ必要ないものがありました!
 
 
 

本日、ようやく捨てにいったゴミたち(家事収納がゴミ袋で一杯になっていました)

誕生日の断捨離

9bf38005.jpg

 
昨日は私のバースデー
家族に祝ってもらい、幸せな一日でした
 
それ以上に楽しかったのが、断捨離!
11日に金沢セミナーの3回目を終えて、勢いでどんどん進んじゃえ~!とばかりに、
目につくところから色々始めたら、もう止まりません。
 
見えない収納は7割、見える収納は5割、飾る収納は1割・・・この衝撃の数字を聞いたら、
かなり色々なものを処分したはずの私も、「まだまだだ~!」とやる気が再燃したのです。
 
空間のゆとり・・・英語ではspace・・・それは宇宙=spaceに通じる場を自分に提供すること。
 
ひとつ何かを捨てるたびに、自分の「無価値感」を捨てるのだと教わりましたが、
自分がどんどん「今、ここに」戻ってゆき、「私にふさわしい在り方」を取り戻す作業が楽しいです。
 
ブログに断捨離の記録を残す事で、断捨離を極める自分を目指します
 
 
昨日、断捨離したもの
 
リビングの本棚・・・5割収納への挑戦
PC横の棚・・・音楽CDの取捨選択&移動、5割収納へ
1階の家事収納・・・不用品の徹底探索&廃棄処分
リビングのカウンター・・・上に乗っているもの処分、選択
キッチンカウンター・・・お茶など入れていた缶を撤去、ジューサー母へ
2階の家事収納・・・マンガ本の更なる絞込み
 
 
私が楽しそうにいそいそやっていたら、とうとう息子も自分の部屋を断捨離しました!
(やっぱり二女は動かない・・
夫もゴミの廃棄を手伝ってくれて、ものすごく助かりました。
 
みっけさんに教えてもらった、24時間稼動の資源ごみ捨て場に二度行き、ダンボール・雑誌の山を捨て、
やはりみっけさんからの情報で、テレビ・パソコンを無料で捨てられるところで、テレビ2台・パソコン1台を廃棄。
(みっけさん、ホント助かりました!ありがとう~ 
 
BOOK-OFFで本・CDを売り1750円ゲット。
FAX付き電話機が1000円。
セカンドストリートで雑貨・いす450円。
前の日に娘に売りにいってもらった分は合計2000円強。
 
小金も入るし、このすっきり感は本当に楽しい!!
 
まだまだ、私の断捨離は続きます・・・。
(ビフォーアフターの写真は、また時間のある時にUPします
 
 
 
 
 
 

断捨離の伝播

 

                                                       やましたひでこ先生♪
 
タイトルは大袈裟ですが、断捨離をするにあたって、注意されていたことがありました。
それは、決して他の人のものを勝手に捨てない事と、他の人に断捨離を無理強いしないこと・・でした。
 
「自分自身が楽しそうに断捨離に取り組んでいたら、エネルギーは必ず家族や周りの人に波及します。」との事でしたが、本当にそれが起きました!
 
昨日、大学生の長女が、あっという間(とはいえ、12時間ぶっ通しでしたが・・)に自分の部屋の断捨離を敢行してしまいました
 
私は彼女の部屋の隣の家事収納をだんしゃっていたのですが(だんしゃる・・断捨離をするという意味の動詞?!)、あわせて出たゴミ袋は十数袋!夫のワゴン車で2往復してゴミ捨て場に行きました。
 
整理整頓はうまい娘なのですが、自分のものに愛着が強いタイプで、捨てられない大切なものが山ほど部屋にありました。
 
しかし、私が何を言った訳でもないのに、かなりの年代モノをだんしゃっていきます。
彼女にとって特に大切な洋服や鞄などは、どうしても捨てるには忍びないとのことで、後日古着屋などに持ち込むことに決めました。
 
断捨離は、モノを捨てることが目的ではなく、エネルギーの刷新が目的なので、家の敷地内からモノを出すまではそれが終わらないとのことなので、資源ゴミ系のものを処分するまでは、まだまだ断捨離は終わりません。
 
かなり、家のあちこちがすっきりとしてきたのですが、断捨離レベルが上がってくると、今度は「思い出の品」などの処分の仕方についての学びがあるようです。
 
断捨離は、かなり楽しいです
 
今の自分に不必要なものをだんしゃって行く事で、色んな事に対して麻痺してしまった自分の本来の感覚を取り戻し、在るべき姿の自分に戻る爽快さが、その一歩一歩にあるような気がします


断捨離

 

 
やましたひでこさんの、金沢で行われている断捨離セミナーに参加しています。
3回講座のうちの2回が終わりました。
 
「断捨離(だんしゃり)」という言葉も、最近はTVや雑誌にもよく特集されているので、目にしたこともある人が増えているようです。やました先生も、以前は「それ、お寿司のご飯?」とか、「何か宗教ですか?」などと言われていたけれど、少しずつ認知度が上がってきて嬉しいです♪とおっしゃっていました。
 
HPに書かれている『断捨離とは・・』から引用すると・・
 
だんしゃり 断・捨・離とは、
自分とモノとの関係を問い直し、
暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。
不要・不適・不快なモノとの関係を、
文字通り、断ち・捨て・離れ
引き算の解決方法によって停滞を取り除き
住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、
新陳代謝を促す・・・
住まいが、片づかないという悩みはもとより
身体の不調、煩わしい人間関係、忙しすぎる状況をも
解決していきます。
 
本を読んで、すでに家の中のかなりのものを断捨離してきた私ですが、このセミナーにはどうしても行きたかった!先日のセミナー2回目で、なぜこのセミナーに心惹かれたのかが、よくわかりました。
 
『部分 即 全体』
 
やました先生はおっしゃいました。
 
「現象に現れているものは、全てが繋がっています。だから、家の詰まりを取ることで、自分の中に詰まっている無価値感を取る事ができるのです。断捨離とは、心の中の無価値感を取り戻す作業です。」

 
意識層    モノを捨てられない
・・・・・・・・・・・・・↓・・・・・・・・・・・・・
無意識層  捨てたくない
          ↓
        捨てられたくない
          ↓
        捨てられる自分
          ↓
        無価値感
 
見える世界を整えることで、見えない世界が整うのだ、ということなのです。
 
「『癌』という漢字は、やまいだれの中に品の山と書きますね。」と言われたときは、会場がどよめいていました。(漢字ってすげ~!と思った私でした

とにかく、徹底して『自分軸であること』をやました先生は主張されています。
 
「断捨離は、自分がごきげんになることを目指しています。」
 
『自分軸』・・今、ここにいる自分に、そのモノは必要なのかそうではないのか? 
 
過去に必要だったモノに執着することは、今の自分を生きていないこと。
未来に必要かもしれないモノは、そのときにそれが手に入らない自分を想像し、怖れること。
自分は必要ないけど、他人が必要とするかもしれないと、手元におく行為は、自分軸で生きていないということ。
 
モノを通して行動してゆくことで、色んなことがクリアになり、自分が好き♪で、生きているのが楽しい♪状態になれるとのことなのです。

私も、昨日ゴミ袋4つ、捨てることができました~♪
地道に断捨離を続けてゆきます!
 
 

ギャラリー
  • 新しいゲーム
  • 新しいゲーム
  • 波に乗ると決める
  • 波に乗ると決める
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • 愛という名の支配
livedoor プロフィール