Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

自分で目から鱗の断捨離

夫の職場の福利厚生を利用して、半年に映画の券を10~15枚ほど購入しています。
一枚500円と格安なので、夫婦で5枚ずつ分け合い、それ以外は子供達に分けてやったりします。
 
私もそうなのだけど、夫はいつもそれを消化しきれなくて、期限ぎりぎりになって使いがちなのですが、今回は本当に使用期限三日前になって、「もう観たい映画もないから、誰か使って」とのことでした。それも三枚!
 
ところが、高校・大学生の子供達は試験の直前!映画なんか観にいっている場合ではありません。
 
私にでも一週間くらい前にくれれば良かったのに・・と思いながら、私自身の最後の一枚をようやく消化し、使用期限最後の今日にも、用事があったのですが何とかやりくりしてあとひとつでも見ようか・・と算段していました。
 
ところが!私が観ることのできる時間帯で見られそうな映画がない
 つまり、観たい♪と思うのものは一切ないのです。
 
なんとか「これなら我慢して観られるかな~?」と考えたとき、一体私は何やってんだ?!と気付きました。
 
『自分軸』が完全になくなっていました
 モノ軸、つまり「映画の券がもったいない!」で私が観たくもない映画を、貴重な時間を使って観ようとしている自分に気付いたのです。
 
ひゃ~、驚きました
たかが500円の券(二枚は他から貰った分だったので)のために、右往左往している自分を当たり前だと思っていた自分に驚きました。
 
大体、その映画の券を使わなくて勿体ないのは、私ではなく夫なのだし、私が無理して観る必要なんて全然ないわけです。もったいないと思うなら、次から夫が気をつければよいだけのことで、私が尻拭いしては、彼にも学びがないところでした。
 
きっぱりと、映画券を断捨離(?)することにして、その後は私がそのとき本当にしたかった「本屋に立ち寄る事」をしてから家に帰りました。
 
ものすご~く、すっきりして幸せになった自分に、また驚きました
 
断捨離の考えは、本当に日常の隅々で生きるのだなと、改めて思った出来事でした!
 
 
 
 

きょうの断捨離

きょうの断捨離・・・
 
★パソコンの「お気に入り」に登録してあった、今はほとんど読んでいないHPのアドレス
 
★パソコン最後の1台を、無料回収の業者へ持ち込み
 
★賞味期限の切れていた「お茶の葉」数袋・・・香典返しで貰ったものばかりだった
 
★子供の頃に押さえつけていた「悲しい気持ち」と「嫌だった気持ち」
 
 
モノが家の中から減ってきたら、目に見えないものの断捨離もぼちぼち始まってきました
 

自分軸

一番気になっていた二女の部屋がすっきりして、山のようなゴミ袋や不燃物もほぼ全部処理が終わったので、ちょっと加熱していた断捨離熱もクールダウンしました
 
けれどもちろん、まだまだこまごまとしたところに、処理待ちの場所が残っています。
思い出の品の整理も、まだまだ手付かず・・。
 
基本の一日一断捨離を、ちまちまとやっていこうかなぁ。
 
ここ3日間でのプチ断捨離・・
 
★普通ゴミ10袋ゴミ捨て!
★台所の小物の引き出し
★タッパー類を更に断捨離
 
 
 
断捨離で一番大切なことは、常に「自分軸」であること
 
片付けをしないときでも、この「自分軸」が常に頭にあって、自分の行動をそれに照らし合わせるときに、断捨離が行われます。
 
これまでの自分を振り返ると、いかに自分が「他人軸」であったかに、情けなくまた悲しくなります。
 
モノを片付けることでトレーニングされ、いつも自然に「自分軸」で生きる自分になることが今の目標です
 
 
 

やった~クリア♪

我が家で、唯一足の踏み場のない場所だった二女の部屋を、とうとう断捨離できました
 
燃えないゴミの収集日である日曜日まで、と期限を切ってあったので、それに間に合わないことが判明した当日の夕方から、強制執行を開始したのです。
 
本人なりに、クローゼットの中の衣類などを整理し捨てたりはしてくれていたので、これまでよりはましだったとはいえ、彼女の性格だったらこれ以上はもう無理だなと思ったので、私と長女とで手伝いながら、彼女の立会いの元にいらないものを捨てました。四時間弱でなんと10袋!は~疲れたぁ
 
最初は不機嫌だった二女も、部屋をきれいにして、掃除機をかけてすっきりした部屋にはゴキゲン♪♪
やはり汚い部屋が好きなわけではなかったようです。よかった~。
 
きょうは、ようやく不燃物も捨てる事ができ、こちらもすっきり!
疲れたけど、達成感いっぱいです
 
面白かったのは、断捨離はやっぱり伝染するらしいこと。
夜も遅くになって、最後のゴミを娘と車で捨てにいこうとしてふと見たら、
夫が引き出しをごそごそ開けて、たまっていた書類を袋に詰めています。
「明日これ、職場でシュレッダーにかけて捨ててくるわ。」と、夫。
 
断捨離パワーは恐るべし!
 
「今年は12月の半ば位までに、大掃除を終わろうや。」
「年末は簡単に終わるのがいいなぁ。」と、またまた夫。
 
はい♪そうなるのを私も願っています。
一日一断捨離を続けて、すっきりしたら、拭き掃除もがんばりま~す
 
7715cf38.jpg

ed51db18.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二女の部屋から出た10袋分のゴミ
             このマンガが床に散乱してたのです・・(マンガは娘                                      の命なので、これだけは本棚を新調する予定です)
 
8cfee5c8.jpg

eef46af4.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
after まっすぐベランダまで歩けなかった床が綺麗!     after ベッドの上も下もモノが溢れていたのに・・・
                                                                                   やった~♪
 
 

一歩一歩

昨日も朝から遠出の用事があったので、夜の仕事が終わったらもうぐったり
お風呂に入ったら寝る~と、髪をふいていたら、「あっ!きょうは一日一断捨離やってない
」と気付きました。
 
自分で決めたルールは、できれば守るのが気持ちいい。
では!・・と、簡単にできそうなところを探し、洗面所下の物入れにトライすることにしました。
 
ここは、二ヶ月くらい前に一度断捨離したところだったので、やはり10分もかからない。
でも、「何故~~?? 」やっぱり「これは捨ててもいいでしょ~!」というものが、ちょろちょろ出てきます。
断捨離もどきは、つめが甘かったようで、普段の意識も甘かったのだとしみじみ。
 
まぁでも、こうして断捨離を繰り返してゆくことで、どんどん今の自分に必要なもの、自分を大切にしているから必要なもの、そのモノが生かされている状態のものだけで、身の回りがきりっとしてくるのでしょう。
 
やました先生もおっしゃっていましたが、自分の体が本来もっている「センサー」が錆び付いている状態が、ガラクタに埋まっている状態。この断捨離によってセンサーの誤作動がなくなり、自分にとっての最適の状態を常に維持できるオートランの状態になるわけです。
 
「じゃあ、ダイエットしなくても、自然に体も一番最適な状態になって痩せますか?」とお聞きしたら、「もちろん!」とのお答えが・・。私のやる気が俄然増したのは言うまでもありません
 
断捨離のすごいところは、やりはじめたら「楽しくなる」ところだと思います。
手をつけるまでが、ちょっと億劫なこともあるけれど、「えいやっ!」と体を動かし始める、あら不思議~♪
今度はやめたくなくなって困ります。
 
というわけで、ごみの日のきょうは、ゴミだしの9時過ぎまでにプチ断捨離を3箇所やりました!
 
★シンク下のなべ置き場
★スプーンなどが入っている引き出し
★ラップなどが入っている引き出し
 
短い時間でも、こつこつ一歩一歩楽しんでいきま~す
 
 
068f08c3.jpg

cb226a93.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
before 処分する事にしたフォークやスプーン          after ちょっとすっきりした引き出し
 
f01e5c2e.jpg

6224ebd7.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
食器棚から取り出した不要な食器 多すぎ~!         まだ不燃物の日まで捨てられないゴミたち
 

ギャラリー
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
プロフィール

ceblue