セドナ2日目 20161101_8694

セドナの朝はまたもや青空だった。

乾燥した空気のせいか、突き抜けるような青空の下、爽やかな朝の光がコンドミニアムに降り注いでいた。


夜中に起こした自分自身の自己嫌悪と自己憐憫の葛藤の爆発で、ある意味心身共にヘロヘロになっていた私だったが、いざ仕事モードになると、いつもスイッチが入ったように私は平気になる。

それはまるで、へたれな人間のモードと、スピリットそのものが身体の中心で発動しているモードとの切り替えスイッチがあるようなもので、よほど近しい間柄の人に甘えてでもいる時でない限りは、昨夜私がどういう状態だったかはほぼバレない(笑)

vacation-apartment-sedona

不思議なもので、人間を苦しめるのはこの「ぶれている状態」でしかないことを、いつも私は仕事中に思い知る。

私がやっている「仕事」と称していることは、スピリットと繋がってぶれずにいる時しかできないことを、ある意味体得している自分がいるからできるのかもしれない。

スピリットは完全な存在であるので、その完全な存在は密度のある(つまりバイブレーションの低い)人間という不完全な器に入ることはできない。

それでスピリットは、わざとそれを分割して不完全な状態にして(11の次元に分けた)、それをすべて総括する存在としてのハイヤーセルフ(12次元の自分)ですべての次元が繋がるのだ。

人間は不完全な存在なのだ。しかし、スピリットは完全であり、私達はその一部でもあるということを知る必要がある。

20171026♡セドナ4日目_171105_0061

この朝も、彼女の姿をリビングに見かけることはなかった。でも昨夜のうちに、きょうは絶対に彼女をボイントン・キャニオンに連れて行くと決めていた。それが彼女に必要だと強く感じていたからだ。

食事もいらないし、きょうも部屋で休んでいたいという彼女と静かに話をした。他の人達が誘っても断わられていたのだが、私の言葉に何かを感じてくれたのか、ようやく行くと言ってくれた時は本当に嬉しかった。

そして私は、すべてが完璧に宇宙の采配なのだということをすぐこの後知るのだった。

20171026♡セドナ4日目_171105_0125

ボイントン・キャニオンのボルテックスは、女性性のカチーナ・ウーマンと男性性のウォリアーという二つのレッドロックが向かい合っている場所にあり、地元のネイティブアメリカン達からは最も神聖なボルテックスとして崇拝する場所とも言われている。

個人的に私の一番好きなボルテックスでもあり、何度訪れても癒しと浄化を受け取り、宇宙を感じるとてもパワフルな場所なのだ。

20171026♡セドナ4日目_171105_0137

駐車場に車をとめてトレイルを歩き始めるとすぐに、背の高いがっしりとした年配の男性が、前を歩いている別の人に、とてもパワフルに早口で話しかけているのが目に留まった。

妙に熱く語っているその人がなぜか気になって、じっと後姿を目で追っていたら、その人は振り返って私達を見て、「君たちにはハートの石をあげたかな?」と聞くのだ。

一瞬、何のことかわからなかったのだけれど、すぐさま「あ、この人がうわさのハートの石を配っているインディアンフルートの人だ!」と、私だけが気づいた。(というか、他の人は彼を知らなかった。)

(↓この方がハートおじさんこと、ロバートさん。ネットより画像を拝借♪)
maxresdefault

彼は「ハートおじさん」ことロバートさんという方で、最初にセドナに来た時に利用したツアーで、ボイントンキャニオンを眺めるためにジープが停車したとき、彼の奏でるインディアンフルートの音色が風に乗ってくるのを聞いたことがあり、その時にガイドさんから彼のことを教えてもらった。

立ちどまった私達に、ロバートさんは一人一人の顔を見ながら、ポケットから次々とハートのレッドロックを取り出して渡してくれた。

20171026♡セドナ4日目_171105_0185

彼は、私のイメージで描写するなら「宣教師になったアメリカ人の松岡修造」という感じで(笑)、まるでハートの石そのものの化身のような、愛と情熱にあふれた語り口で、ハートの愛は宇宙と繋がり、このレッドロックの神聖なる無償の愛はずっとあなたと共にあるのだと伝えてくれたのだった。

私が他のメンバーに通訳する隙もないほど、ロバートさんはパワフルに語り続けるので、このエネルギーは言葉はわからなくても皆にちゃんと伝わると思い、そのまま皆で彼の愛に浸り続けた。

それは多分、一度は固く閉ざされた心の扉を再び開けるための儀式のようなものだったのではと、後から私は思ったのだった。

20171026♡セドナ4日目_171105_0134

先を行ったはずのロバートさんは、トレイルを歩く人達に会う度に立ち止まって話をしてハートの石を渡しているので、結局ゆっくり歩いていた私達とほぼ同時に上にたどり着いた。

そしてやがて、彼はうわさ通りウォーリアーの岩の頂上に登り、まるでリサイタルか何かのように曲名とその意味するところを紹介しながら、彼の作った曲をインディアンフルートで奏でてくれたのだった。

20171026♡セドナ4日目_171105_0121

元気と力強さにあふれた曲名紹介の声とは全く違って、ロバートさんの奏でるフルートの音色は癒しと愛に満ちた天界の音楽のような美しさで、風に乗って優しく広がるその音色は、てんでんに好きな場所に分かれて座り瞑想状態に入っていた私達の心を人間世界から解き放った。

目を瞑れば、あの心地よい時空が今でも蘇ってくる。私はとても癒された。そして皆も同じだった。

20171026♡セドナ4日目_171105_0099
20171026♡セドナ4日目_171105_0102

キャニオンから再びトレイルを歩いて駐車場へと戻る道すがら、行きとは全く違って、静かな笑顔と共に私と話をしてくれるようになった彼女の姿があった。それはまるで魔法のようだった。

この短い時間に、これほどの大きな変容が訪れようとは誰が想像しただろう。昨日は絶望感にさいなまれていた私の心にも、ぽっと灯が灯ったような気がした。

20171026♡セドナ4日目_171105_0113

彼女はもう大丈夫だと感じた。何かが起こったのだ。

パワフルなボルテックスで、愛を語る人の音色に触れて、彼女は急速に自分自身のパワーを再び手にし始めたのだと感じた。

全てが完ぺきなタイミングで事は起きていたのだ。

20171026♡セドナ4日目_171105_0181
20171026♡セドナ4日目_171105_0176
20171026♡セドナ4日目_171105_0220

それから、もう一回だけ我儘を言わせて下さいと言う彼女の願い通り、彼女がとても落ち着くと言うエアポート・メサで午後一人で彼女が過ごす時間を持ってもらうことにして、残りのメンバーは別行動をすることにした。

彼女の昼食を買うために立ち寄ったオーガニック・スーパーのホールフーズでも、前日スーパーに来られなかった彼女は家族へのお土産を手に取るまでに回復していて、本当に嬉しかった。


20171026♡セドナ4日目_171105_0056

およそ3時間の別行動をとることに決めた私達は、彼女をエアポート・メサに送り届けてから、念願のPink Java Cafeでサンドイッチとスムージーのランチを買い、雄大な景色を眺めながら「美味しい!美味しい!」を連発して楽しい時間を過ごした。

20171026♡セドナ4日目_171105_0055
20171026♡セドナ4日目_171105_0212

その後は、オーククリーク沿いにアップタウンから少し北に向かったところにあるGarland's Indian Jewelryという、昨年も訪れたインディアンジュエリーとクラフトのお店へと向かった。

6338387991_fb37ee8140_b
Image01_grande

このお店は、買うつもりのなかった人が思わず何かを買ってしまうような(笑)素敵な品と店員さんのいるお店で、結局4人中3人がお買い上げとなり、またもやセドナの思い出の品が増えて幸せになったのだった(笑)

20171026♡セドナ4日目_171105_0031
20171026♡セドナ4日目_171105_0033

帰り道には、オーククリークキャニオンを見下ろす展望台のような場所にも立ち寄り、レッドロックばかりのイメージのセドナにある美しい緑と水の風景を味わった。

20171026♡セドナ4日目_171105_0028
20171026♡セドナ4日目_171105_0022
20171026♡セドナ4日目_171105_0030

そして待ち合わせていたエアポート・メサに再び登り、全員でもうしばらくこの心地よいボルテックスを味わい、その後は夕陽が沈むのを眺めたのだった。

20171026♡セドナ4日目_171105_0200
20171026♡セドナ4日目_171105_0016
20171026♡セドナ4日目_171105_0203

午前・午後と、まるで充電池に繋がれたかのようなボルテックス三昧をした彼女は、顔色も良くなり、すっかり言葉に元気が戻ってきた。もう周りの人達を遠ざけるようなエネルギーはなくなり、前日のことが嘘のように、穏やかで優しくて、心の温かないつも彼女の姿がそこにはあった。

改めてセドナのボルテックスのパワフルさがわかったような気がした。

「魂の闇夜」と呼ばれる彼女のような体験は、通常ならこんなスピーディーに次のステージへと歩を進めるのは難しいと私は感じている。

それはまるで死んで生まれ変わるような激しい体験となるので、人によってはかなり長い間、その闇夜の衝撃から立ち直る時間を要するからだ。

20171026♡セドナ4日目_171105_0003

以前、ザ・グループをチャネルするスティーブさんに、私がセドナでリトリートをすることを話した時、「いいね~!セドナはマジカルな場所だよ。頭でものを考えがちな頑な人を、とてつもなくパワフルに変容させるパワーがあるからね!」と言われたことがある。

その言葉通りに、決意ができていた彼女は強烈なボルテックスのパワーの後押しで変容の道を一気に進み、一見苦しみでしかないような体験がどんなに貴重な体験だったかを証明するような場所へと辿りついてくれた。

自分の握りしめていた闇と正面から対峙し、それはあくまでも幻想でしかないと気付くプロセスを辿る、本当に勇気のある素晴らしい向き合いをしたのだと思うのだ。

20171026♡セドナ4日目_171105_0004

そしてその向き合いをしたのは彼女だけではなく、形はまた違うのだけれども、参加者全員がそれぞれの場所とタイミングで、さまざまなリリースと共に、自分自身のパワーを手にする勇気を持ったのだった。

私達はその瞬間を互いが目撃し、その苦しみと喜びをシェアし、誰ひとりが欠けてもこのリトリートが成立しなかった宇宙の流れをしみじみと体感した。

20171026♡セドナ4日目_171105_0242
20171026♡セドナ4日目_171105_0243

残すところあと一日となり、私達はリトリートに参加するにあたって意図したことの、大きな山を越えたのを感じていた。



「セドナリトリート2017 ⑤」へ続く・・