face-985965_960_720

人の変容のプロセスをサポートする機会を得るということは、同時に自分自身も更なる変容のプロセスを(好むと好まざるとに関わらず・・)進むのだということを、このところ改めて体感しています。

それはまるで注ぎ込んできたものがカップから溢れるようなタイミングで、先日私に起こりました。


「アカシックガイドセッション」と名付けられた、齊藤つうり氏が新たにメニューに加えたセッションがあります。

それは従来の「アカシックリーディング」とはある意味反対のアプローチで、セッションを受ける本人がリーダーの誘導によりアカシックに触れるのです。

先週末、彼のスクールでそれをワークするために、サポーターの私もあらかじめ体験してみることにしたのでした。

前日にそれを体験していたサポーター仲間のIさんから、「あれすごかったよ!絶対いいからやったらいいよ!」と言われていたので、実はちょっと楽しみにしていた私でした。

astronomy-3217141_960_720

リーダーと向かい合って座る通常のアカシックリーディングとは全くスタイルが異なり、私は目を瞑って立ち、つうりさんの誘導の下、感じることを身体の動きを使って表現しながら、どんどん自分自身でアカシックに触れていくのでした。

その時のセッションでは、今の自分に影響を与えている過去世の情報へとアクセスして行きました。

それが何であるかは皆目見当もつかなかったのに、私の脳裏にはやがて中世の石造りの家々が視えてきました。

あっという間に、私のハートの奥が悲しみで満たされていくのがわかりました。

つうりさんの穏やかな声の誘導に従い、私の意識はどんどん中世のその時空に入っていきました。

やがて、私にはその体験で何が起こったのかがすべてわかりました。

人々に何かを伝えている私に対して、たくさんの人々が反旗を翻し、最初は私に感謝していた人達までもが、私を口々に糾弾していたのでした。

「なぜわかってくれないのだろう?」「真実がなぜ伝わらないのだろう?」

私はその人生では絶望に打ちひしがれて生を終えたようでした。

lone-tree-1934897_960_720

そうして、その人生での気づきが今の私に訪れました。

その人生での私はごく普通の衣服を着た、ごく市井の人間の一人でした。何かを伝えている人と言うには、あまりに地位も肩書きも知名度もない人間でした。

そういうものにまったく価値を見出していなかったその時の自分に気づきました。それは「相手に伝える」という時に、同じことを伝えても伝わりにくいという人間の社会の仕組みを無視していたことだとわかりました。

今生きている私に必要なメッセージは、まさにそれでした。

「使えるものは使え!」「人間界の事をもっと知りなさい!」という感じでした。

これからスクールが始まるというのに、涙が流れ続けて、朝から化粧が剥げて困りました(笑)

私の中の深いところで、何かのスイッチが入ったのがわかりました。

そして、この後やってくる一連のメッセージは、ここからスタートしたのでした。

background-313571_960_720

私も普段リーディングセッションをする側の人間ですが、クライアントが自分でアカシックに触れ、体感するというこのやり方の素晴らしさには感動しました。

通常のアカシックリーディングでは、所謂アカシックに触れているのはリーダーの方なので(クライアントがリーディングをする人なら、その体感は違いますが)、クライアントは時には??という風に、お腹に落としきれないこともよくあります。(情報が、自分の見たくないものだったりすると尚更です)

しかし、自分自身でアカシックに触れるということは、視たものからある意味逃れることはできません!笑

サポーター仲間のIさんも、前日はぼろ泣きしたと言っていましたが、ここまでダイレクトに情報に触れると、それは肉体の感覚を揺さぶらずにはいられないものとなります。

そして視たもの感じたものは、自分自身で触れたものですから、誘導するリーダーを疑うようなことも起こり得ません。

なぜこれまでこの方法が流布していなかったのだろう?と思うほど、感心&感動の体験でした。


その日のスクール(ブッダプログラム・アカシッククラス)では、生徒さん達がペアを組み、お互いにそれをやってみました。

ある人は泣き、ある人は叫び、ある人は笑っていました。

大きな変容の波が教室を覆っているのがわかりました。それは、パワフルで美しい波でした。

ocean-3605547_960_720

私の変容の波は、この日のアカシックガイドセッションをきっかけに、一気に私を大海原へと押し出し始めました。

週末のスクールを終えて帰宅してから一週間ですが、私の人生のステージが確実に変化したのを感じています。

長くなるので、続きの話は次回に・・(笑)



ブッダプログラムでの齊藤つうり氏のアカシックガイドセッションの受付は8月20日から始まるそうです。詳細は以下でどうぞ↓
https://ameblo.jp/turi-saito/entry-12503792036.html






oia-416135_960_720

「新コース募集」&「説明会」のお知らせ 
★コース参加のお申込みをされた方への『無料1DAYセミナー』が8月中に開催されます♬
(8月15日・8月26日 ※どちらも同じ内容です)

Cerulean Blue セッションメニューはこちら