石川の年末年始2019~2020_200101_0031

新年明けましておめでとうございます。

11月から12月は、怒涛の忙しさと個人的な理由で、ブログの更新がほぼ滞っていた私でした。

それでも変わらずにここを訪れて読んで下さる方がいることに、心から感謝しています。本当にありがとうございます。

11月16日から24日(23日がピーク)にかけて訪れていたたタイムライン・クロッシングにより、地球は大きく変化しているのを感じている方はとても多いのではと思います。

女性性優位のタイムラインと男性性優位のタイムラインの融合が起こっていたこの期間の余波はまだ続いており、これから夏までの間に、水面を進む船の波紋のように、2月20日、4月15日、8月23日に、同じようにインパクトのある変化の波が訪れるようです。

この大きなエネルギー的な変容は地球規模で起こっているため、政治や経済などにおいても大きく物事が変化していきますが、個人個人の生活においても、これまでには考えられないような変容が既に起こっているのではないでしょうか。

75513452_10216076866497421_1589690880854327296_n
(イシス神殿にて ナイルの向こうの朝日)

私の個人的な話をするなら、私はちょうど11月16日~24日の間をエジプトで過ごし、ギザの大ピラミッドやイシス神殿において、内なる男性性と女性性の統合をする儀式をするという、とても貴重な機会に恵まれました。

そして、内なるものは外に投影されるという流れがすみやかに起こり始めました。

私にとって一番深い繋がりを持つ夫にも、そのため大きな変容が起こりました。

私がエジプトにいる間に起きた彼の大爆発は、その後の私達の関係性に大きな変化を起こし、男尊女卑の考えがとても強い環境で育てられてきた夫が、これまで絶対にやってくれなかった家事などを率先してやってくれるようになったのでした。

line_81172939230499
(ルクソール神殿にて:齊藤つうり氏撮影)

しかし、夫にだけそのような爆発が起こったのではなく、帰国後の私自身にも、深く深く潜んでいたものが大きく爆発する出来事が起こりました。

そのことの余波が、自分の中でしばらく向き合う時間を必要として、大好きな「書くこと」もできない心理状態にしばらく陥っていたのでした。

それに追い打ちをかけるように、私にとっての男性性・女性性の統合に大きな影響を及ぼしてきた父親が、もうやがて亡くなるだろうという現実が訪れてきました。

ほんの数週間の間に、魂がこの世に生きることを終える決意をしたことが明らかにわかる状態になった父と向き合わされた時、私の奥深くで大きく揺さぶられるものと向き合わざるを得なくなったのでした。

IMG_20191121_164840
(ナイル川の夕陽)

「親に認められる=愛される」という初期設定で生きて来てしまった長い年月を払しょくするために、私は色々と学び取り組んできました。

しかし、その私の努力が一瞬で吹き飛んでしまうほど、近くやってくるだろう父の死と向き合わされた時の「ちゃんとできていない自分」への自責の念は衝撃的な破壊力でした。

父は、言葉の刃で人を傷つけるのが得意な人で、自分の心の弱さをアルコールで誤魔化して母や私に暴言を吐いてきた結果として、母が家を出て行きました。

しかし、我儘で自己中心的ではあっても、子供達や孫には優しい所もたくさんあったので、私は父にしてもらったことを数えると、父に心を全開にして愛を表現できないことを実は悔やんでいたのでした。

舅や姑の死に目を通り抜けてきたのとは、実の親が去りゆく衝撃は全く別のものでした。

私の娘達は、私が悔やむことなど全くないと、私がこれまで父にしてきたことを認めて慰めてくれるのですが、それでも親に傷つけられたことよりも、親にしてあげられなかったことを数えて落ち込んで懺悔し自分を責めてしまうことから、私はなかなか自由になれなかったのでした。

親にコントロールされるということは、こういうことなのだと、改めて肌身で感じたのでした。

石川の年末年始2019~2020_200101_0009
(大晦日の家族での人生ゲーム!)

幸いなことに、私には、私とは全く違う感性の夫や子供達がいるので、自分のことを自分以外の視点から見るチャンスを得る事ができ、深い落ち込みからなんとか立ち直ってきています。

元旦の今日は、帰省していた子供達と、私のきょうだい達と共に病室の父の枕もとに集う事ができ、これからの話もすることができました。

今年は私にとっては、一つの大きな転換点の年になるのを感じています。

この変化は私だけのものではなく、地球規模で起こるのをひしひしと感じます。

個人個人に、さまざまな象徴的な出来事が起こったり、それによっての変化・変容は益々大きくなっていくことでしょう。

内なるものが外に投影されることも、益々はっきりと体感することが多くなることでしょう。

私自身の決意として、今年はどんどん新しいことにも挑戦して行きたいということを、ここで宣言させてもらおうと思います。

宮島温泉滝乃荘と小矢部_200101_0040
(年末に夫婦で一泊旅行に行った富山県の小矢部にて)

タイムライン・クロッシングの変容のエネルギーの余波が続くこれから9ヶ月ほどの間は、「新しいこと」・「これまでやってみたかったこと」を始めるには最高のチャンスです。

人生は変容します。心の深くに望んでいたことは、必ず現実化します。

不可能と言うものはないのだということに、気づく人がどんどん出て来ることでしょう。

私なりの情報のシェアをこれからも続けて行きたいと思っています。(新しい活動もここでシェアします)

こうして読んで下さる皆さまと、本当の自分自身を知り魂の望みを生きる人生を共に歩んでいけたらと心から願っています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

宮島温泉滝乃荘と小矢部_200101_0042
(田舎道を散歩・・のんびり静かな時間でした)



お知らせ

1月20日(月)Cerulean Blue お話会開催します♬

Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)