10年越しの断捨離 ①<思い出の写真>

10年越しの断捨離 ②<ミニマリストにはなれない>

からの続きです・・

105859518_2762532327313838_2181631727396680925_n
(↑仲間に報告して一段落♪新しいアルバムの到着を待っているところです)

私の時間に対する体感というのは、一直線の時間軸を経てきたという感じではなくて、小学生の時一人で下校しながら歩いていた時の風の匂いやその時考えていた事が、すぐ昨日のことのように感じる不思議な感覚です。

それは、まるで自分の目でシャッターを切った写真が、バラバラに脈絡なく保管されているような感じなので、自分がもう孫もいる年齢になったという自覚はあまりなくて、小学生の時に世界を見ていた目がそのまま残っているような感じなのです。

今回の写真の断捨離の作業は、そのバラバラの記憶のスナップ写真を一列に並べてみて、高い所から俯瞰するという作業のようでした。

タイムスリップしたように、その写真の中の自分の感覚を思い出し、同時にその時の自分には見えていなかったことがわかるという体験の連続でした。

人間の記憶と言うのは、多分勝手に都合のよいように改ざんされているようで、手元にある記憶と、俯瞰して見る気づきとが、どうやら違うものも多々ありました。

当時の自分には見えなかったものも見えたりしました。

子育てに関しては「苦しかった」記憶のほうが多いと思っていましたが、写真に切り取られた瞬間の自分や子供達の笑顔を見る限りは、圧倒的に多くの「幸せの瞬間」を手にしていた自分がいました。

104947191_691278178086725_4873728249985124609_n
(24年前の私の誕生日

反対に、見えていたのに多分見えないふりをしていたことにも気付きました。

結婚した当初には確かにあった夫の私や子供への関心が、途中の十数年間は、一体どこにあったの?というのがあからさまに表れていたのでした。

私の中にずっとあった悲しみの理由を、改めて突きつけられたような気がしました。

「子は鎹(かすがい)」と言いますが、三人分あったのでやっと繋がっていた糸が切れようとした五年前、奇跡的に私達はそれをもう一度結び直す決意をしました。

その頃になるともう写真もデジタルなので、今回の写真の断捨離のところにはほぼありませんが、それでもテーマパークなどで撮った夫との写真に、見事にその違いが表れていました。

105920693_724338951666369_8300730395561878642_n
(一目瞭然ですが、上段は私に関心がない夫、下段は仲良しになった二人です

自分一人でタイムトラベルをしていた私だったのですが、解放していなかった当時の悲しみが怒りの蓋もろとも途中で浮き上がってしまって、断捨離中に一度夫と大喧嘩をしてしまいました。

夫にしてみれば、勝手に妻が昔の事を持ち出して喧嘩をふっかけてきたようなもので災難だったと思いますが、私の中では、その頃の自分が口にできなかったことを言う行為には、大きな意味がありました。

言うだけ言ったら、何かがはじけて、結局それは私の一人ワークみたいなものだったので、最後には夫に心から謝りました。今の彼には全くいいがかりでしかなかったのですから、本当に申し訳なかったです。

それでも、その時言えなかったことを言えたことは、私には大きな収穫でした。

相手の方が強いから、力で押さえつけられるから、と飲み込んだ言葉の数々が、私のパワーを奪っていたことに改めて気付かされました。

105950359_857415104669529_3551325443633719007_n

それにしても、昔の夫と今の夫が同一人物だとは思えないのです。(痩せて老けただけではなくてね笑)

人は瞬間瞬間の選択によって存在する時空がかわっていくというパラレルワールドの理論がありますが、私は時空を斜めに横切ってきたのかもしれません。

写真の中の夫と今の夫が、どうしても同じ人には見えません。それほど波長が違うのです。(もしかしたら、私自身も随分違うかもしれませんが)

そしてパラレルワールドを証明するかのように、私の記憶にあるいくつもの出来事が彼の記憶からは消えています。

そんなこと忘れるはずないよね?という重大なことを、全く覚えていないのです。

きっと、今目の前にいる夫の過去には、その事実はないのかもしれません。この時空の過去の私は、悲しい思いなどしていなかったのかもしれません。

色々謎が多くなるし、考えても答えはでないので考えるのはやめますが(笑)、ほんの10年前までの私の生きていた世界を垣間見た旅は、自分の人生に愛しさが湧き上がる旅でした。


今だからこそできた写真の断捨離だったのかもしれません。

更には「終活」という言葉が浮かぶほど、死んだあとのことまで考えて断捨離するようになったなんて、それも感慨深いです(笑)

クラウド保存してあるので、量にするとえらいことになるデジタルの写真や動画は、これからおいおい整理していこうかと思います。(これは、子供達には迷惑には多分ならないので笑)

近頃は、孫達の愛らしい写真や動画まで加わってきているので、意識的に保存しないとやばいですね(笑)


コロナでのステイホーム期間も、振り返ればあっという間に過ごせたのは、断捨離に取り組めたお蔭も大きいと感謝です。

すべての過去(思い出)が、今現在に集約する自分へと流れ込んでくる体験と、今の自分次第で過去も変化するのだという体感は、とても面白く意義深いことでした。

人生を変容させるツールの一つとして、断捨離はやはりお奨めですね!



お知らせ
ただ今、7月・8月・9月の三か月間の限定コースを募集中です♬

大きな変容の時である今、あなたの魂のオリジナルのプランを思い出し、本当に自分が生きたいように生きる道へと進みませんか?


ELA(E-Light Activation)オンライン特別集中コース(3か月)募集のお知らせ♬


Cerulean Blue セッションメニューはこちら