2011年08月

お盆の断捨離

ずーっと気になっていた、私の仕事場である塾の本棚の断捨離をようやく決行しました!
 
お盆とは言え、昨日は夕方から実家に帰るだけの予定だったので、中途半端になっていた本棚の中身を全て吟味し断捨離♪
 
写真の手前に積み重なったものが、ダンシャッたテキスト類・・・
 
665044ea.jpg

 
ここ半年くらい、仕事のことから目を背けがちだった私の心が見事に表れています(苦笑)
 
自分の方針がしっかりと定まっておらず、自分がどうやっていきたいのか、何を選択し何を手放すのかがはっきりしていなかった私自身がここにはいました。
 
 
ただ、まだ手放せない「自分のための勉強のテキスト」が本棚一段分ありました。
 
これまでは、塾の中の本棚に置いてあったのだけど、基本仕事のとき以外は入らない場所に置いてあってもそれを勉強するはずなどなく、かといって断捨離するには決心が着かず・・・
 
この一段分を自宅の本棚に運び、本当にそれらで勉強したいならするだろうし、それでもしないなら今度は断捨離の対象にしよう!と決めました。
 
bb4e5f9b.jpg

なかなか本棚は五割の収納になりません(汗)
 
 
このところ、大きく断捨離することがなかったのですが、やっぱり断捨離は気持ちがいい!
 
無意識・無自覚に生きることから離れさせてくれる・・・それが「気持ちいい」を味あわせてくれるのだと思います。
 
 
この暑さの中でうだうだするなら、身体と頭を動かして断捨離!!
 
夏の間にもう少しスッキリしたいな~♪

prodigy 神童、そして天才

prodigy(プロディジー)という言葉を聞いた事があるでしょうか?

genius (ジーニアス)とほぼ同じ「天才」を表しますが、prodigy(プロディジー)は同じ天才とはいえ、子供の頃から非凡な才能を現す「神童」がそのまま「天才」と呼ばれるようになる人のことです。

よく知られているところで言えば、モーツアルトなどは完全にprodigyですね。

そのprodigyについて書かれている記事を読んだのですが、ほとんどの神童たちが口を揃えて言うという言葉にとても心動かされました。

「すべての子供達が才能を持って生まれてきているよ。もしその子が本当に望むなら、誰もが天才になれるんだ。子供達は誰でも自分が望むもの最高のものになれる。ただそれをすると『決意し、専念し、忍耐強く取り組む』だけでいいんだ!」

幼い頃から才能を発揮する子供達に共通なのは、「マスターすることへの強い気持ち」なのだそうです。


モーツアルトは、その直前の前世を含むいくつかの続いた過去世で、徹底的にプロの音楽家として自分を磨いていたということはよく知られていると思います。

それを考えると、多い人では何百という過去世を持っていると言われている我々人間は、ほとんどの場合何をしようとしても、それに対応できるに十分の過去の経験値を生まれながらにもっているはずだと思うのです。

天才たちが口を揃えて言うのは、それを記憶しているからに違いなく、天才と呼ばれることのない人たちが何故自分の興味のあることで才能を発揮させないのかが、むしろ不思議なのかもしれません。


私は子供達に勉強を教えるという仕事をしていますが、杓子定規に決められた「学ぶべき事」に興味を示さない子供達との格闘が仕事のようなものです。

prodigyの子供達のように、自由に自分の好きな事に打ち込み、思う存分才能を発揮させてあげられるような世の中にこれから変化していってほしいものだと、心から願うばかりです。

いえ、子供だけとは限りません。
大人だって、まだ遅くはないと思うのです。

自分の魂の奥深くに刻印されている「やりたいこと」と、それをサポートする「才能」を見つけ、『決意し、専念し、忍耐強くある』ことでその能力を磨き上げ、世の中に現していくことは十分可能だと信じます。

私達を縛っているものの一つに、「自分は天才ではない(なかった!)」という観念があるのかもしれない・・・と思った私でした。



prodigyと呼ばれるAlexandra Nechitaの幼い頃(12歳)とその絵
alex_port.jpg


9歳の時の作品(日本円で160万円ほどの値がついています!)
Alexandra_Nechita_Untitled_Original_made_when_Alexandra_Nechita_was_in_the_3rd_grade.jpg


成長したNechitaと絵


AlexandraNechita.jpg


artwork_images.jpg

生命の贈り物

きょうは、6月に参加した「断捨離講座in金沢」のシェア会に参加してきました。
断捨離にご興味のある方は、私の断捨離ブログにお越しください♪

断捨離で日々是好日


さて、ブログの更新が随分滞っていたのですが、この間は自分の内側へと静かに深く入っていました。

私が自分をどうジャッジしているかが、ものの見事に現象化して目の前に提示され、今更ながらどれほど自分が抱えている葛藤が自分の人生を望まぬ方向に導いているのかに空恐ろしくなりました。

幸いにも今回は、起きたことが何を私に教えようとしているのかに素直に気付く事ができ、それを手放す作業もこれまでよりずっと早く完了できたような気がします。


その作業のときに、とても役立った本を紹介します。

11H9R76KC4L__SL500_AA300_.jpg
生命の贈り物


この本は祈りのための本なのですが、自分が速やかにシフトしたいときや、自己否定に苦しんだとき、更には身体的な病気に苦しんでいるときにも役立ちます。

私の場合は、ある程度の期間毎日この本にある祈りを唱える事で、確実に自分の中にある不安定なものが落ち着き、静かな至福感に満ちるのを感じます。


「祈り」ということで抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、特定の宗教などに拠るものではなく、その言葉のなかにある種の「コード」が埋め込まれているマントラのようなものだと思ってもよいのかもしれません。

何かぴんと来た方は、是非一度手にとってみられたらと思います。

私の手元にもあと二冊ほどありますので、セッションにこられた際などに言って下さればお譲りできますよ♪

もしすでに使っていらっしゃる方がいらしたら、是非感想などをシェアできたら嬉しいです。

断捨離シェア会に参加してきました♪

6月に行われた「断捨離講座in金沢」のシェア会の会場へといそいそと向かったのは良かったのですが、いきなり会場のホテルを間違えました
 
何故?何故?と考えていても埒が明かないので、主催者のmomoさんに電話してお聞きしたら、なんとすぐ近くにある別のホテルだったのです。
 
どうやら、会場の名前をチェックしたときにその大体の場所が頭にインプットされ、本来ならスムーズにそこに辿り着くはずだったのに、ほんの五日ほど前に県外の友人が「先日金沢に行ったのよ~。いいところだったわぁ。ホテルは○○ホテルだったの!」と言ったのを聞いた時に、「ああ、兼六園の近くにあるあそこだよね!」と思った私の頭の中で、すぐ近くにあったその○○ホテルの名前がインプットされた情報にすり替わったらしいのです。
 
単なるボケだと言えば身も蓋もないのですが、記憶のメカニズムの面白さに妙に感心した私でした。
・・・なんて言っていられるのは、無事開始時間には間に合ったからかもしれません(汗)
 
 
という前置きはこの位に・・・
 
総ガラス張りの向こうに緑の美しいお庭が見えるホテルの和食処で、なんと前回断捨離講座へ参加された方の7割以上の人たちが集まったとのことで、笑顔笑顔のシェア会は始まりました。
 
主催者のmomoさんが以前にもまして光り輝いていたように感じたのは、きっと私一人ではなかったと思います。
momoさんはプラチナセミナーに参加されたとのことで、インストラクターにも任命されたそうです。
 
緑に反射する夏の光を背にして、うすい水色のお洋服がすがすがしいmomoさんはキラキラしていて、断捨離を通じてどんどんシフトアップされているのは外側からもわかるのだなぁと、他の参加者さん達の笑顔と共に、見せていただく事でこちらも励まされ、幸せになる思いがした私でした。
 
皆さんのシェアは、笑いあり涙ありの心動かされるものばかりでした。
そして、それを見つめるやました先生の嬉しそうで優しい眼差しに、また心が温かくなるのを感じました。
 
断捨離は単なるお片付けのツールではなくて、それぞれの人がそれぞれのペースで自分自身と向き合い、また向き合うのを避けている事が何かを知るメソッドのようなものであるからこそ、勇気を持ってそれに取り組む人たちの間に生まれる連帯感や互いへのエールが、単にセミナーで知り合った人という枠を飛び越えて親しみを感じるような気がします。
 
実際には一期一会に近いのかもしれませんが、この瞬間にシェアした思いは、それを忘れてしまうとしても確かに、きょうこの瞬間にまっすぐに自分と向き合った記録として、魂の深いところに刻み付けられ、自分を励ます力として残り続けるように思うのです。
 
 
帰路をご一緒したMさんが、単なるお片付け以上のものを求めるのでなければ、わざわざこれだけの金額を払って講座を受講はしないよね、とおっしゃっていたのですが、私もそれには同感です。
 
やました先生のご著書を読むだけでも、確かに大きくインスパイアされる部分はあるのですが、先生が伝えたいと思っていらっしゃるこの温かさや、人がまっすぐに自分と向き合うことを自分に許したときにこそ、本当に他とも向き合えるということを、体感を通して教えてもらえる本当に貴重な場でもあったように思います。
 
 
断捨離講座は、やっぱり私のオススメです♪
 
受講生の皆さん、またお会いできることを願っています
 
 
 
 
 

ギャラリー
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『移行のエキスパート』Beacons of Light Oct.2017 ①
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
livedoor プロフィール