2012年11月

はるこさん展示会を終えて

11月12日~14日の金沢市民芸術村でのはるこさんの展示会では、延べ130人ほどの方に足を運んで頂きました。お天気が荒れ狂う中でのご来場に本当に感謝感激でした!はるこさんに会いに来て下さった皆様、ありがとうございました。

262125_3881829567192_1174464916_n_convert_20121126235519.jpg


今回は、春の展示会よりも何倍も大きなスペースを使うことになった為、できるだけたくさんの作品に触れて頂けたらと、はるこさんは大きな荷物をたくさん抱えてシャスタよりやってきて下さいました。

驚いたことに、持ってきて下さった絵が、飾れるスペースに見事に枚数的にぴったり!!偶然ではないよな~と、ちょっと感動した私達でした。

金沢市民芸術村のアート工房は、壁も四角四面ではなく階段があったり、ステージがあったりと、場所そのものがクリエイティブです。スポットライトに照らされる真っ白な壁に浮かび上がる、はるこさんが宇宙から降ろすアートから発せられるエネルギーが、なんとも不思議な異次元空間を作り出しているようでした。

訪れた人たちはその居心地のよい異次元空間でくつろぎ、癒されているように見えました。何時間もの滞在をしてくださった人がたくさんいたことが、その証明であるかのようでした。

2dcf154f.jpg


9d49ad73.jpg



階段の上には、階下とは打って変わってカラフルなはるこさんの小さな方の絵やポスター・カードが飾られていました。

402380_3872613096786_909461374_n_convert_20121127001341.jpg


はるこさんは、原画をものすごく良心的な価格で私達に提供して下さっています。それには理由があって、一つには、私たちは「絵画」と言うものはとても高価なもので、それを自分が手に入れることは難しいという観念を持っているということ。つまり、自分が「原画」を持つ許可を下すことができない人に、その壁を乗り越えてほしいという願いを持っているからだそうです。

もう一つの理由は、絵が行くべきところへ行ってくれるため。はるこさんは絵を描くとき、まだ見ぬ特定の人がそれを必要としていることを感じながら描いているそうです。私の感じるところでは、はるこさんは「メッセンジャー&癒す人」です。

私が最初にはるこさんの絵を購入したときの話ですが、シャスタのはるこさんのギャラリーの壁にかかっている絵の中で、とっても心惹かれた絵を見つけました。買うことを決めてからタイトルを見ると「Family(家族)」とありました。しかも、その中に描かれていた家族(両親・女の子二人・男の子一人)が、まさに私の家族構成とぴったりでした。

その時の私に一番必要なメッセージが、まさに「家族」でした。はるこさんも、「これは、えみこさんのところに行く絵だったんだね~♪ 嬉しいな~」と喜んでくれました。

IMG_8610_convert_20120407005146_20121127010733.jpg


今回も、色々な方が購入された絵を見ていましたが、皆さんご自分にぴったりの絵を見事に手にしておられました。そして、絵につけられているタイトルが、またもぴったり~!はるこさんの想いが、まっすぐに皆さんに伝わっているのを感じ、私も嬉しくてなりませんでした。

今回、私の元に来てくれた絵は二つです。一つは実家の母が誕生祝いに買ってくれたもの。もう一つははるこさんが、ちょうど14日が誕生日だった私のために贈って下さったもの。どちらも宝物です!毎日眺めては幸せな気持ちになっています。

IMG_2557_convert_20121127004225.jpg

6a98d681.jpg




展示会最終日の14日は、日食で新月というまさにスペシャルな日でした。

屋久島から来て下さったなーやさんのクリスタルボウル演奏と屋久杉玉磨きのワークショップが行われました。

なーやさんのクリスタルボウルと、はるこさんのアートのコラボは、なんとも言えずに美しく響きあうのです。はるこさんのインディアンフルートもクリスタルボウルと音色を響かせあって、聞いている私たちはただただうっとりと癒されました。

4cb12c67.jpg



屋久杉玉磨きは、ゼロ次元から7次元までと次元上昇に例えながらやすりをかけ、手にした屋久杉がどんどん磨かれ美しく光りだすのを楽しみました。

20人ほどの参加者さん達が、4時間以上もの長時間、それはそれは熱心に磨き続ける様は壮観でした!

184938_3881653882800_1096222888_n_convert_20121127004829.jpg


シャスタと屋久島とハワイは、レムリア時代のエネルギーが色濃い場所で、この三か所は繋がっているという説があります。

今回は、その三つの場所のエネルギーをつなぐという目的で、マハロフラスタジオから珠ちゃん先生と生徒さんが、はるこさんの絵の前でフラを踊って下さいました。

アロハのスピリットを体現していると言うのでしょうか、珠ちゃん先生のソロは何とも言えず神聖で愛にあふれ、見ていて眼がうるみました。

生徒さん達も、カラフルなパウスカートをまとい、愛らしく幸せに、会場の熱気を増して下さいました。

皆さん、本当にご出演ありがとうございました!!

c18ce40e.jpg


82a94dfc.jpg



最終日には思いもかけず、サプライズで私のバースデーも祝って頂きました。
その場にいらした方々もバースデーソングを歌って下さり、なんて私は幸せ者なのだろうと思いました。

はるこさんのアートに惚れ込み、彼女が皆に伝えようとしてくれている愛と光に感動し、ただ私にできる事をしたいとお手伝いしてきたことに何の見返りも求めていたつもりはなかったのですが、会場に来て下さった皆さんのリラックスして幸せそうなお顔を拝見していて、そこに喜びの輪が広がっていることへの感動が、サプライズでの感動と一緒になって胸の奥からつき上がってきて、ハートが爆発するような幸せの涙があふれました。

真心の贈り物と機会を作って下さったはるこさんや、ケーキやレイやお花を準備するのを手伝ってくれた大好きな友人たちに、心からの感謝を送ります。本当にどうもありがとう!!

263490_3885879148429_1972790248_n_convert_20121127012915.jpg


また来年も、はるこさんがシャスタから来て下さるのを心待ちにしています♪♪

アカシックレコードWSとは?

saito.jpg


このワークショップでは、「アカシックレコード」へつながる方法をお伝えします。

アカシックレコードとは地球すべての情報のネットワーク網であり、インターネットに例えることができます。

他の人や自分自身の過去生。現世の情報。未来の出来事。知られざる歴史。そんな情報がインターネットを扱うように、自由にあなたが手にできると想像をしてみてください。

それがアカシックレコードにつながっている状態です。

そんなことはできるわけがない!とあなたは思うかもしれません。

しかしアカシックレコードにつながることは特別な人にひらかれた能力ではなく、本来誰もが持っており、本当にシンプルなポイントを押さえるだけで可能となるのです。

このワークショップではアカシックレコードリーディングの基礎となる重要なポイントや実践的なテクニックをお伝えします。



私がアカシックレコードへ意識的につながることを体得したのは、21歳の時でした。

シンプルなアカシックへの誘導瞑想を自分自身で行った際に、私の主観意識は完全にアメリカ人女性としての過去生へ入り込んだのです。

そしてゆりかごの中から両親を見上げるシーンに始まり、ベッドで息を引き取るまで、一生涯をまるごと体験しました。

その体験の後、次々と他の転生の記憶が戻り、私の人生はこれまでとはまったく別のものへと変化しました。

そしてその体験を元に、現在では私自身が他の人へのアカシックリ-ディングを行っています。

アカシックレコードに意識的につながるということは、「時空を超えた魂の視点」を本当にあなたが体得するということなのです。その視点はあなたの人生をこれまででは想像もつかない深みへと導いてくれることでしょう。

多くの方にこの視点を体験していただければ幸いです。

ワークショップでお会いしましょう!!


齊藤つうり




どのような人におすすめ?

・アカシックレコードに興味はあるけど、どのようなものなのか体験したい方

・人生の目的を知りたい方

・本当の自分とは何かを深めたい方

・魂の傾向や隠された能力を知りたい方

・現在の自分自身の状況をより深い視点から変化させたいと望む方

・カウンセリング、リ-ディング、ヒーリングなどを実際に行っている方々

・他の人や自分自身の過去生や未来に起こりうる出来事を知りたい方

・他の人や自分自身の肉体の問題を知りたい方

・先祖や家系の情報を知りたい方



齊藤つうり氏の「アカシックレコード1day ワークショップ」は、12月8日(土)開催です♪

詳細はこちらへ→ http://ceblue.blog91.fc2.com/blog-entry-107.html

Emikoのプロフィール

1_170907_0034


*Love Healing Sora1期卒業 古角友子氏に師事
*ノウイングスクール本科2期卒業 ゲリー・ボーネル氏に師事
*前里光秀氏 沖縄WS参加
*レナード・ジェイコブソン氏 Mt.Madona Retreat(北カリフォルニア) 参加
*リー・キャロル氏 Kryon Lemurian Retreat (カウアイ島) 参加
*The Light Master Course(Espavo)卒業 ザ・グループ&スティーヴ・ローサー氏に師事
*ザ・グループ Lightworker Reunion (スコッツデール)参加
*ザ・グループ LightMaster InLight Conference(ラスベガス)参加


★2012年より~齊藤つうり氏の石川WS主催

★2012年より~カウアイ島・セドナ・マウントシャスタなどにて海外リトリート開催 

★2014年~2016年 MYL(マスター・ユア・ライフ)コース 開催
 2016年~2017年 SYE(シフト・ユア・エナジー)コース 開催

個人セッション、WSなど、本来の自分のパワーを手にするためのサポートワークを提供しています。




お話会、セミナー、講演会等についてのご要望がありましたら、下記のメールフォームよりお問合せ下さい。
 お問合せフォーム











なーやさんのワークショップ参加者募集中!【クリスタルボール演奏&屋久杉玉磨き】

なーやさんのワークショップ【クリスタルボール演奏&屋久杉玉磨き】への参加者募集中です!

屋久島のエネルギーを運んできて下さるなーやさんのクリスタルボール演奏と、屋久杉玉磨きのワークショップは、きっと参加される方の魂の解放と癒しになることでしょう♪


≪屋久杉玉磨き≫
屋久島の奥岳より流れ、浜に打ち上げられた屋久杉の流木を磨くワークショップです。 荒磨きしてあるピースボールと呼んでいる珠や様々な形の屋久杉を一つ選び、6段階の紙やすりで磨きこみ、最後に椿油を塗り光らせます。 完成した屋久杉には穴をあけることができます。アクセサリー用のヘンプ糸をプレゼントします。

玉磨きとは?
自分が宇宙になったような感覚で、屋久杉という一つの星に命を吹き込みます。 長い歳月をかけて生まれる水晶(クリスタル)などの鉱物と同じように、何千年も大地にしっかり根を張り生きてきた長老たちには自然の叡智やスピリットが備わっています。 大自然のスピリットに抱かれ、愛や感謝を込めながら磨き、木の魂に触れあってみませんか。 きっと無心となり、時間を忘れ、今この磨いている瞬間だけが続いている・・そんな瞑想のような時間となるでしょう。



①11月14日(水)クリスタルボール演奏 昼の部 12:00~13:00 
                   / 夜の部 19:00~20:00 
        屋久杉玉磨き 13:00~16:00

参加費     ★演奏参加費 ¥1,500 ★屋久杉玉磨き ¥3,500(演奏参加者は¥3,000)

会場      金沢市民芸術村 アート工房 (はるこさん展示会とのコラボです♪)



②11月15日(木)11:00~17:00

参加費 ★ 屋久杉玉みがき + 演奏参加コンビ  ¥4,000

会場 Cerulean Blue

定員 12名

※ 演奏の後に、なーやさんとランチタイムがあります。参加者の方には、後ほどお弁当の注文などもご案内します。アットホームで楽しい時間を過ごしましょう!




※FBで私とつながっていらっしゃる方は、イベント招待を致しますので、そちらの方でお申込みくださいね!

d125f3ec.jpg

Mt.シャスタへの旅

私にとって、シャスタを訪れることはとても自然だけれど特別なことだ。

昨年、最初にシャスタを訪れた時は、その前にサンタクルーズで5日間の「今、ここ」に徹底的にフォーカスする、レナード・ジェイコブソンのリトリートに参加していた。

どんどん静かになってくるマインドと、ただただ感じる「今ここ」の自分でシャスタに入った私は、しーんと静まり返った雪景色のシャスタで、自分が自然と空気と光の中に溶け込むような3日間を過ごした。


ce73224a.jpg




そして今年、二度目のシャスタに行くことができた。

今度は私一人ではなく、3人の友人達と長女と一緒だった。

10月だというのにまるで夏のような晴天続きのシャスタでは、冬には訪れることのできなかった聖地や湖、それに満天の星空に降る流れ星を見ることができた。



988ae1e0.jpg





今回、私が一番好きだったのは、メディスン・レイク。

ネイティブアメリカンの聖地と呼ばれる湖で、澄み切った水と透明な空気、優しく降り注ぐ太陽の光を浴びて寝そべった砂浜が美しかった。

童心に帰って、水底に見えるオブシディアンを拾い集めている時間は、ただただ「今ここ」の心地良さの中にいることができた。



433bd294.jpg



シャスタは不思議なところだ。

普段の何十倍もの感覚で、自分の中にあるものが増幅する。

だから、シャスタには犯罪を犯す人がほとんどいないと、ガイドをしてくれた晴子さんは言っていた。

東京育ちの晴子さんが、初めてシャスタに来た頃に自転車にカギをかけていたら、「何故そんなことするの?」と笑われたそうだ。

悪いことをすることに葛藤があれば、その感情が増幅するものだから、そういう人たちはいたたまれなくなるらしい。

本当にここはアメリカか?と突っ込みを入れたくなる。

スーパーにしろ、街ですれ違う人にしろ、目があったら心からの微笑みを返してくれるのがよくわかる。

(そのせいで、帰途サンフランシスコで乗り継ぎをしたときの、イライラした人の多さには面喰った・・・。)


a86ba3b8.jpg



今回の私は、このシャスタで自分の心の中に増幅していく感覚に少々手こずった。

娘のように、旅行中「眠り姫」の称号をもらったほど、体の具合が悪い上に強烈な睡魔に襲われて眠り続けた人もいれば、これまで収まっていた過去に薬で抑えた症状が身体に起きた人もいた。

私を苦しめたその下向きの感情は、もう自分は手放したと思っていたはずのものであり、コントロールするのが難しいほど、私が私であることを妨げるものだった。

しかしその感覚は、ただ増幅することでそれを私に見せつけたのではきっとなくて、本当の意味で手放すときが来ていたからこそ表面に浮かび上がったものであったと思いたい。

なぜなら、苦しい感情を持て余しながらも、シャスタの自然はただただ私には美しく透明だったから。

ただそこにいることが何よりも心地良く、自分が何者であるかと考えることさえ必要としない静けさを、私にもたらしてくれる場所にいたのだから。



今この瞬間も、目を閉じれば、あの澄んだ空気と水と光に、私は繋がれる。



3fc763fc.jpg




WHERE HEAVEN AND EARTH MEET・・天と地が繋がる場所、それがシャスタ。

地上の天国・・まさにその通りの場所だった。



b9e47ff6.jpg



自分の中の天国と繋がることが当たり前になったとき、きっとまた私はシャスタを訪れるだろう。
ギャラリー
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
livedoor プロフィール