2015年03月

出会いの奇跡

きょうあなたが出会った人は、あなたが生まれる前から会うことを決めていた懐かしい魂です。昨日あなたと出会った人々は、あなたが転んだとき起き上がる手助けをすると約束していた人達です。明日あなたと出会う人は、あなたが嬉しくて泣くときに、一緒に隣で手を取り合って泣いてくれる人なのです。

すべての人達は、あなたとの約束を果たすためにこの世に一緒に生まれてきました。広い地球の上で、同じ時に同じ場所に、互いを見つけられるようにと選んで生れ落ちてやってきました。その結びつきを、私達は縁と呼び、その出会いの瞬間を、私達は奇跡と呼びます。

泣きたいほど愛しい人生の一瞬、喜びも悲しみもすべてがあなたの望んだシナリオです。裏切られても、忘れ去られても、その人たちと過ごした時間は消えません。あなたが何かを選び、あなたが何かを得る時、すべての答えはあなたのもとにやってきます。その答えはあなたがこの世に生まれてきた意味であり、あなたが死ぬ時に持って帰るあの世への土産です。

「あ~楽しかった!」と帰る人も、「なんという人生だったのか!」と悲哀で戻る人も、すべて望んだシナリオ通り歩んだ人生を振り返り 、その人生の愛しい瞬間瞬間をいとおしみ懐かしむのです。人間に生まれてきたからこその喜びです。奇跡の瞬間を積み重ねることが人生です。

あなたと出会った人達は、あなたの求めに応じて役割を演じ続けてくれました。憎まれ役をする人、裏切り苦しみを与えてくれる人、深く美しい愛をあなたと分かち合う人、生きている喜びを与えてくれる人。すべての人達があなたの仲間です。あなたと契約を結び、喜びのもとあなたのための役割を演じることを引き受けてくれました。

一人一人の顔を思い浮かべてごらんなさい。あなたのチャレンジは、その全ての人達に愛を感じる時に終わるのです。そしてチャレンジが終わった人生は、あなたの後に続く人達への奉仕の人生へとシフトします。

自分のために生きることが、他のために生きる人生となるのです。ただ自分の喜びのために生きることが、他の喜びへの奉仕となるのです。そこにあるのはただ愛だけです。憎しみも悲しみも、すべては過去のものになるのです。

あなたの愛が地球を癒します。地球とは、そこに住む人々と一体の命なのです。

big-love miracle
 

新しい時代の幕開け

3月20日に起きたタイムラインクロスによって、私達は新たな5次元に生きる世界へと移行しました。この移行によるエネルギーが定着するには少し時間がかかると言われています。

すでに変化したこの世界ですが、私達が持ち続けてきた古い観念や社会のシステムがすぐに変わるのは難しいでしょう。しかし、さまざまな変化があちらこちらで起こり、それに対応するためには、これまで持ち続けてきたさまざまな内的葛藤を手放すことが、益々必要になってきています。

同性婚の合法化が、世界では急スピードで進んでいます。男性であること、女性であることの意味が、どんどん変化しています。結婚をしないという選択も益々増えていきます。私達はどんどん自由になっていくのです。

すべての人間、すべてのスピリットは平等であり、私たちは自分の創造を世界に表すことを選び生きていくようになります。

私は何のためにこの世界に生まれてきたのか?

私にしかできないことは何だろう?

私の魂が喜ぶ生き方とは?


あなたの中にはその答えがあります。そして、その答えを生きる事こそが、これからの世界を生きるということなのです。

ハートが導く道を進みましょう。頭で考える時代は終わりました。「すべき」ことなど何もないのです。「したい」ことを生きるだけでよいのです。

自分のハートの望みを現実化することは、決して我儘ではないのです。すべての人が、自分の望むことを現実化するとき、どこにも軋轢が起きることはなく、全ての人がハッピーに生きることができるのです。

まず、あなたから始めて下さい。歯車が複雑にかみ合っているとき、最初に真ん中の歯車を動かせばよいのです。真ん中の一つの歯車が回り始めると、その周りの歯車は次々と回り始めます。

勇気を持って、自分の望みを生きる道を進みましょう。あなたにできないことは何一つないのです。あなたができないと信じていたから、「できないこと」が現実化していただけなのです。

今、胸に手を当てて、自分は何をしたくて生まれてきたのかを思い出して下さい。

あなたは一人ではありません。あなたを見守り、導く存在がいつも周りにいてくれるのです。


new-earth






セミナー『The New Kids-新しい時代の子供たち(自閉症・失読症・ギフティッドチルドレン)』

セミナー開催のお知らせです♬


自閉症やディスレクシア(失読症)、ADHDやアスペルガーなどに代表されるギフティッドチルドレン(才能を授かった子供たち)と呼ばれる子供たちがなぜ今の時代にたくさん生まれてきているのか?そしてその子供たちと触れ合う私達が知るべき真実とは?

そして、生き辛さを抱えて大人になった人達は、いま障害と呼ばれているこれらの子供たちが存在する真の意味を知ることで、自分がなぜここに生きているかの意味を知ることができるのです。

*********************************************

このセミナーでは、障害を持っているとされている子供たちが、実は多次元に生きる存在であり、この地球のバイブレーションを上げるために生まれてきているのだという真実について詳しくお伝えします。

また障害にカテゴライズされなくとも、現在の学校や教育システムにうまく適応できない子供たちや、すでに大人になっていても、社会に違和感を感じている人達がいかに生きるべきか、そして彼らに対して親や社会はどのようにサポートしていけばよいのかについて、アメリカからの最新の情報に加え、ザ・グループがチャネリングで伝えているメッセージをお話しさせて頂きます。

これからの地球でのご自分の役割とは?そして触れ合う子供たちへの最大のサポートとは?自分自身の子供時代の謎を解きたいと感じる方も、ぜひご参加ください。

※セミナーは昼食休憩を含み、約6時間となります。情報をお伝えするのみならず、参加者の皆さんからのシェアやご相談、今の地球に何が起きているかについてのお話など、盛りだくさんの内容を予定しています。




 Children over rainbow yay-1625708

美しさを見つけ続ける

悲しみを湛える人達は、それが楽しくてやっています。人間は悲しみを喜び、悲しむ自分の体験を愛しんでいるのです。他の人の悲しみを自分事のように悲しむことは美しいことです。それを共感と呼びます。しかし、悲しみを人を操作するために使っている人に共感する必要は全くないのです。

人の喜びを語るとき、人は美しさをそこに見出します。美しさは、地球上の人達に与えられた共通の喜びです。美しさを見つけるとき、人は生きる喜びを感じます。悲しみの中にさえ、人は美しさを見ているのです。

自分の感情は自分のものです。それに責任を持ちましょう。同じ出来事を、全ての人が同じようにとらえるのではありません。人は自分のとらえたいように、物事をとらえます。なので、他人がどう出来事に反応するかは、あくまでもその人の問題であり、そのことにあなたが煩わされたり、心動かされたりする必要はないのです。

きょう、美しいものを見つけましょう。人の中にある美しさ、自然の中にある美しさ、物語の中にある美しさ、すべてが地球上での体験です。その体験そのものを楽しみましょう。悲しんでいる人は、その悲しみを体験することに喜びを感じているのです。あなたもそう感じたければ、それは自由です。しかし、私たちはいつも自由なのです。何を体験するか、体験から何を感じるか、全てがあなたの選択の下にあるのです。

あなたが大好きな体験はどんなことですか?あなたが今日も味わいたい感情は何でしょう?いつもいつも好きなものを選び続けてもよいのです。悲劇を体験しなくては成長できないのではありません。今ここに存在して、あなたの感情を喜び、あなたの体験を愛しむ、ただそれだけで良いのです。

あなたの共感するものと、共感を分かち合う人達と、楽しく幸せに生きてよいのです。あなたの毎日が地球を癒します。あなた自身が癒されることが、地球を癒していくことになるのです。

喜び多い毎日を過ごしましょう。いつも光輝く自分を感じましょう。愛を分かち合う幸せを慈しみましょう。あなたはすべてのものと繋がっていて、その繋がりはいつも美しいものなのです。

8494559272_c7574122a8_b

タイムライン・クロッシング - 飛翔の時

タイムラインがクロスする2015年3月20日が過ぎました。女性性優位のタイムラインと男性性優位のタイムラインが交差することで、バランスのとれたエネルギーが私たちを調和する世界が始まります。


あなたに必要なことは何でしょうか。あなたは何のために生きていますか。

ずっとずっとこの問いを抱えて生きていた人が多いと思います。あなたはなぜこの世界を選んだのでしょうか。あなたはなぜこの両親を選びましたか。あなたはなぜこの人と結婚したのでしょうか。

すべてはあなたの選択なのです。何一つとしてこの世界に偶然はありません。あなたが選び、あなたがそれを生きることを、あなたが喜びとしたのです。

きょうあなたがしたこと、言ったこと、あなたが夢見たことは、すべてあなたの現実です。しかしその現実は現実であってそうではないのです。

あなたがよしとした決断であなたがつまづくことがあるでしょう。それでもあなたはその責任を自分でとっていかなくてはなりません。責任をとるとはどういうことかというと、あなたがそれを選んだとただ認めることです。ほかのだれでもない、あなたが選んだことしか、あなたの人生には起きないのです。

苦しみは、その責任を他に転嫁した時に起こります。自分で自分の人生に起きることを受け入れているとき、苦しみは起きないのです。なぜなら、あなたがすべてを自分で支配できるから。あなたの気持ち、あなたの人生、あなたの進む道は、いつもすべてあなたの手の中にあるからです。

自分の人生に起きることの責任を、すべて自分で取ると決めたとき、苦しみはあなたのもとを去ります。なぜなら、人は自分でどうにならないことに抵抗するとき、苦しみを引き寄せるからなのです。

あなたが何かに気づきたいとき、あなたにつらいことを言う人が現れます。あなたが自分を受け入れていないとき、あなたを拒否する人に出会います。あなたが自分を愛せないとき、あなたが愛を拒否られる気がする出来事を呼び起こします。

すべては自分の手の中にあるということ、すべてはあなたが何かを知るために起きるということ。それを受け入れる、ただそれだけなのです。

スポーツや技術の上達を願うとき、人は自分に負荷をかけます。苦しいと感じるほどの負荷がかかったときに、それを乗り越えた自分の飛躍が訪れることを知っているからです。

人生に起きることも同じです。かける負荷は自分で決めています。なので、それに文句を言ったり、恨み言を言ったりしているうちは、その負荷を有効に自分のものにすることはできません。厳しい練習から逃げて、それを課したコーチが悪いと叫んでいるとき、あなたは決してマスターする道へと進むことはできないのです。

タイムラインの交差は、地球上のすべての人たちが調和し、喜びに生きる世界へと私たちを導きます。これまでかけていた苦しい負荷を人生にかけることはもう必要ないのです。

そして、過去にかけた負荷の真の意味を知り、それらが自分のためにあったことを認め受け入れるとき、あなたはもう過去に苦しめられることはなくなるのです。

さあ、飛躍の時がきました。自分でしょいこんできた重荷をとりはずし、軽々と大空に飛翔しましょう。

sky





ギャラリー
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
  • バラ園で思ったこと
livedoor プロフィール