2016年02月

~人間らしさの実践 ~ 愛で世界を変化させる

The Beacons of Light ~ Re-minders from Home
 February 2016 

~人間らしさの実践 ~
愛で世界を変化させる

2016-Steve_Barbara-23-530
 

親愛なる皆さん、こんにちは。


多くの困難を乗り越えて、ようやく皆さんにお話しできます。皆さんが挑戦へと踏み出したことによるこの新しいエネルギーの中で、皆さんにご挨拶させて下さい。地球上では多くの抑圧があり、皆さんの注意を引き、あなた方がそうありたいと望む状態から意識をそらすような多くのでき事が起きています。おそらく初めて自分のパワーを手にした多くの人々が、自分達の声を聴かせようとしています。この聖なる時、このかつて存在しない時間と空間の分岐点は、あなた方に重要な違いを生み出す機会を与えています。それが我々があなた方にお伝えしたいメッセージです。その挑戦とは、あなたが自分自身の光、中心へと入り、このシフトの時に地球の変容を助けることです。皆さんの全てが、変化がやってきていることを知っています。あなた方の多くがそれはほんの一日の間に起き、そして次の日目を覚ませば、全てが完ぺきになっているだろうと信じていました。あなた方は新しいエネルギーに足を踏み入れたのですが、まさにそれはあなたのエネルギーの崩壊を起こし、安全を脅かし、築き上げてきた人生の安定性を変化させました。その結果、多くの人々が行動で表すようになったのです。彼らが、自分たちの声が聞き届けられないと感じると、その彼らのエネルギーは行き先を失い、誰かがそれに気づくまで行動を起こすのです。しばしばその過程で、彼らは多くの命を奪いさえしてしまいます。地球上には、あなた方全てが反応する新しいエネルギーが満ちています。ええ皆さん、きょう我々は皆さんに、変化を生み出し具体的な行動を起こしてもらおうと思っています。どんな行動を起こすかは自分自身で見つけて下さい。なぜなら皆さんそれぞれが違うからです。あなた方一人一人が、人類のより大きな局面における扉を開けるためのそれぞれ違った鍵を持っています。その鍵はあなた方の中深くに隠されているのです。解説しましょう。

どのようにゲームが始まったか

皆さんが、分離してここにやってきたという事がとても重要なのです。なぜならそれがこのゲームの全てだからです。お互いが他から切り離されているふりをし、地球上でどのようにうまくやっていけるかを見つけ出そうとしたのです。皆さんが体験してきた地球上で持続してきたエネルギーの多くは、完全にあなた方が行くべき方向に合っていました。自分自身の内なる安全な場所を作りだし、それ以外の地球や地球上の人類達とどのように混じり合って行くかは気にしませんでした。今、それが変化しつつあります。なぜなら、あなた方自身の人類としての知覚がシフトしているからです。それは完璧で、これがあなた方にもたらされた挑戦ですなのです。皆さん、理解して下さい。あなた方がこの惑星にやってくると、あなたの注目を引く事柄や嫌悪を感じることがありました。では、あなたが惹かれる美しさとは何でしょうか。美しさというのは、個人個人によって違う事がわかるでしょう。それは、アカシックレコードに記録されるために、とても広範囲の美しさを湛えたもの達が地球に集められたことを意味するのです。実際には、皆さんは一時的な美しさの形として生命を与えられているのです。これは驚くべき素晴らしいことであり、あなたが人生に物事を定着させる時にやるべきことなのです。多くの人達が地球上で経験している大きな挑戦の一つは、彼らが分離を信じているということです。あなた方の全てがプレイしようと決めたゲームが存在し、我々がサポートしたキーパー(スティーヴ)の最初の本で、それについて語っています。皆さんの全てが、山の麓で色々楽しんでいたり、かくれんぼのゲームをしていたり、もしくはスピリットとしてどんなゲームでもやっていた時がありました。そして誰かがやってきて言ったのです。「新しいゲームがしたいです。私達はベールをかぶせて自分たちが誰かを思い出せなくするゲームをしてきました。そして、それぞれの生活をし、お互いがぶつかりあったりしたのに、まだ自分が誰なのかを、お互いの繋がりを見つけ出すことができずにいます。それは分離したふりをして、神が自分自身を探し見つけ出すゲームで、世界に自分たちを反射するものを見つけようとすることでした。」そして、惑星地球においてゲームが始まったのでした。

 

分離

宇宙のあらゆる場所では、たくさんのゲームが進行しており、あなた方はそれらのうちのいくつかを知ることになるでしょう。実際のところ、そのうちの一つが皆さんを見つけ、そして繋がろうとしています。それについては、もう少しコンタクトが近づいてからお知らせしようと思います。現在のところは、皆さんも彼らも、互いを訪れるためには科学技術がまだ到達していません。辛うじて、コミュニケーションをとるための技術を手にしつつあり、それが彼らが今やろうとしていることなのです。皆さんもそれを聞きとっていますし、送られてきているシグナルを受け取っています。それが何を意味しているかはまだわかってはいませんが、もうすぐ解明されることでしょう。それが起きる時、地球上の一人一人が、これまでとは違った視点を持つことになるでしょう。あなた方は突然、自分自身を地球人だと認識するようになるでしょう。ただ自分達は同じであると認識するという単純な事実によって、地球には人類の共同体ができるでしょう。そうなれば素晴らしいとは思いませんか。皆さんはお互いの違いを探します。それが、お互いが完全に違う二人は、互いを愛し尊重しあう理由です。常に人間は繋がっています。それが楽にできるのは、あなたにとても近い人です。皆さんは、地球ではいつも従兄弟との争いが起きていることに気づいていますか。ほとんどの場合、それは敵対するような正反対の存在ではなく、お互いがとても似ていて、時には身体的な特徴まで類似している存在です。現在起きている地球上の不寛容の多くは、とてつもない大きさの緊張と怖れが引き起こしている分離によるものなのです。問題は、「お互いをどれほど切り離しますか。解決することが難しくなる前に、あなたの兄弟姉妹と分断されずにいることはできないでしょうか。」ということなのです。そしてそのために我々がいます。―今日の挑戦へとあなた方を導くために。

 

地球に再び種を撒く

 

地球上の全ての人間は、自分自身を理解することに、何かしら困難を抱えています。あなた方全ては、両親から受け継がれたり教わったりした偏見を持っています。今地球上で何が起きているかを見て下さい。それはとても大変で困難であるかもしれませんが、他の方法ではできない何らかの機会を提供しています。それらの一つは、地球に再び種を撒くという素晴らしい出来事です。全ての人類の間に、よりバランスのとれた繋がりを創り出すということなのです。実際はそれをしているのはまだわずかな人数ではありますが、それはこの二世代に渡って見ることのできなかった変化をもたらしています。あなた方は、繰り返し民族内で差別し、分離してきました。通常は、自分達の人種(レース)にとても近い人達との間で、困難な状況を経験してきました。まるで彼らとレースをしているように。・・ジョークを言ったつもりなのですけど。ですので、我々があなた方に問いかけたいのは、皆さんは人間のふりをしているということです。これからの3か月間、皆さんの生活において、どれだけの人間的な思いやりを持つことができるでしょうか。たった今、重大な窓が開いているのです。これからの3か月間、時々ほんの小さな行動を起こすことでも、世界に大きな変化を起こすチャンスがあるでしょう。その行動はあなた方の奥深くからもたらされます。

 

人間らしさ:信念体系と偏見を越えていく

 

もちろん全ての人が偏見を持っています。ある種の人間のみ好きな人もいるでしょうし、それ以外の人達と嫌な経験をしたことがある人もいるでしょう。 人種、個々の人、信念体系、それらが何であっても、あなた方は人々を分け隔てるのです。自分自身が持っている偏見を見つけて下さい。これから3か月の間に、変化のための具体的な一歩を踏み出して下さることをお願いします。それが宗教であれ、信念体系であれ、人種についてであれ、自分が偏見を持っていた事柄を発見してください。あなたが最も嫌っていた人達、最も抵抗していた人達と和解することは、あなたが最高に調和することであり、人類を最も高いレベルに押し上げることになるでしょう。あなた方の人間らしさは、地球上の人間の恐怖よりもずっと素晴らしく勝っていくことでしょう。今が何かをするときなのです。まず、自分自身について探って下さい。自分が持っている小さな偏見を見つけて下さい。全ての人がそれを持っています。これよりもこれが良いと、選ぶ好みがあるでしょう。それが何故なのかはわかりません。特に、ある種のグループの人々に対してのその感覚を探って下さい。もし、その小さな部分を見つけたとしたら、それが何であれ恥じることはしないで下さい。どんな人も、自分の感情について恥じる必要はないのです。しかしながら、一旦それがどこから発しているかがわかったら、何かポジティブな方向へと進む行動を起こして下さい。もしそれが宗教であったら、それが本当に害をなすものかどうか、もしくはあなたが考えているのとは反対であるのかを探って下さい。あなたがネガティブな感情を持つ人々について、もっと知って下さい。これは多くの人にとっては難しいことでしょう。なぜなら人は自分自身が狭量であったり、偏見を持っていたりするのではなく、寛容であることに誇りを持っているからです。皆さんは、あなたの愛の波によって地球を変容させるという素晴らしい仕事をやり遂げました。ですので、決して自分が非難されているとは感じないで下さい。我々がここでお願いしているのは、自分の中の未解決で矛盾している部分を取り除いてほしいということなのです。それをすることによって、あなたの周りの全ての人々のエネルギーを整えます。なぜなら、あなたはライトワーカーだからです。あなた方は、ご自分の翼をとても静かに広げる人達です。周りの人たちと地球上のゲームそのものに多大な影響を与えるのです。

 

皆さん、今はとても重大な時なのです。そして我々は皆さんに、これからの3か月の間に、自分自身のためにその扉を開く何かをするようにと勧めます。あなたが恐れる事について学びましょう。もしくは、あなたが心配する人や、単に好きではない人達について知ろうとしてください。たくさんの人達が道に迷い、山ほどの困難を抱えています。そうすることは、調和する機会を人類にもたらすという素晴らしいことを達成します。あなた方が地球上で成し遂げた偉大なことの一つは、人種を混ぜ合わせるということです。皆さんにとっては、こう言うのはとても簡単なことでしょう。「ああ、この人種はこちらに属し、これらの人種はあちらに属するので、全てを分けておきましょう。」と。しかし、それは決してうまくいくことはありませんでした。さあ今は、あなたの同胞が抱いている怖れを見つけ、それらに取り組むために、一歩を踏み出す時なのです。これらの体験をしつつある人々を見つけ出しましょう。なぜなら、皆さんはほんの少しの努力で、色々な意味で彼らにとって、とても大きな助けになることができるからです。

 

人間らしさを実践する

毎日のニュースを見ていると、たくさんの課題があることがわかります。現在、安全な場所を求めて逃げ出そうとしている国々があります。皆さんの多くは難民を受け入れていますが、彼らを審査している人々もいます。最近二つの国が、家を必要としている人が多くいるので残りは拒否しなくてはならない旨を発言しました。一つの国は2万人、別の国は3万人のみ受け入れるとのことです。彼らはこれから何をするのでしょうか。これらの質問をすることで、あなた方の人間らしさが生かされていくのです。もし彼らが自分の家族だったらと想像してみて、自分を同じ輪の中に入れるのです。そうすることで、あなた方のハートが繋がります。

 

これからの90日間で憎しみのサイクルを壊す

 

人類が夢から目覚める時が来ています―人間のみならず、人間性も。地球には新しいエネルギーがやってきています。しかし皆さんは、ともすれば怖れへと入って行きます。それは、もし妨げるものがなければ、自然にそうなるものだからです。もしくは、妨げることを選び、直接愛へと向けることもできます。無償の愛と慈悲心で互いを助け合い、人々のハートにある恐れが存在する穴を埋める事ができます。皆さん、もし皆さんが地球以外に他の生命体がいることを理解すれば、あなた方の全ては、自分達を違った見方で見るようになるでしょう。あなたを不快にさせる存在や、あなたが敵だとみなしていた人達を、全く違った視点で見るようになるでしょう。そうすることを待たないで下さい。これからの3か月の間、そうするためのとても大きなチャンスがやってきます。これから90日間、ただその可能性を探るだけではなく、実際にやるのだと、自分に宣言して下さい。それは皆を同じように好きになる必要があるということではないのですが、あなたの中にある暗黙の好みや偏見が、時々妨げになっているということなのです。最初に、自分自身を見つめて下さい。自分自身をネガティブなエネルギーをクリアにしているライトワーカーだとみなしているとしても、常に残っている部分があるのです。時には、それはとても深い場所にあります。そしてそれは、我々が皆さんに体験してほしいと思っているまた別の状況です。

 

何世紀にも渡って、地球上ではとても難しい状況が存在しています。我々はそれを「世代に渡る憎しみ」と呼んでいます。それは子供たちが家族の中で何かを嫌うように育てられるということです。人種であったり、国であったり、迫害者であったり、そのほか色々なものなのです。もしあなたが子供達に、何度も何度も繰り返して憎むことを教えこんだとき、それは壊すのがとても難しいサイクルとなります。しかし今、これからの3か月間に、そのサイクルを打ち破るチャンスが訪れています。そしてそれは地球の全てで起こり得ることを、皆さんにお約束しましょう。

 

あなたの人生においてどれほど多くの思いやりを表現できるでしょうか?

 

たとえこれらの存在の内の一つが地球にやってきたとしても、あなた達が協力して努力するのは難しいでしょうし、彼らと戦うべきか話し合うべきかを決めることさえできないでしょう。今こそ、あなたの顔からベールをはがし、自分が誰かを見る事ができるようになるだけではなく、あなたの隣の人達が誰かを知り、繋がり始める時なのです。人間として慈悲の心を持つ時なのです。あなたは自分の人生において、どれだけの思いやりを表わすことができるでしょうか。あなたの周りには、多分怖れを持った状態で、ごく最近引っ越してきた人達がいるでしょう。前に進んで、あなたにできることをして、彼らが心地よく過ごせるように歓迎しましょう。以前はできなかったかもしれませんが、あなたの手を伸ばして彼らに届けましょう。あなた方が、地球において大きな変化を生み出せるときなのです。我々は種を植えているのです。思い出して下さい。あなた方はかつてどこにも存在したことのないほど最もパワフルな天使達なのです。

 

皆さんに敬意を表します。あなた方はこの素晴らしい変容の時に、とても明確な目的と意図を持ってここに来ました。そしてこの新しいエネルギーの一部となっています。あなたはやり遂げました。故郷にようこそ!これからの90日を楽しんで下さい。

 

このようにあなたにご挨拶できることは大変光栄です。全てのレベルにおいて、お互いを敬意を持って扱って下さい。あなた方の全ては神の一部分です。全ての機会において、あなたの人間らしさによってお互いを育み、共によくゲームをしてください。

 

エスパーボ、皆さん。

ザ・グループ

 

エスパーボという言葉は初期のレムリアの言葉です。「あなたのパワーを手にしてくれてありがとう。」



Connecting the Heart


By Barbara Rother

 

 ~新しい目覚め~

 

この世界は驚くべき場所です。私達の周りで起きることには本当に圧倒されます。私達が認識できる領域は、自身によって制限されています。私達は皆、自分の毎日の生活にとても心を奪われているので、ほとんどの場合自分自身の認識を拡大することはありません。環境や人々、世界の出来事や、慣れ親しんだ安全な場所や心地よい世界から出なくてはならなくなったなど状況が差し迫った時に、私達の視野は広がります。

 

ここアメリカ合衆国では、私の考え方が国の変化によって広がっています。もうすぐやってくる大統領選挙によって、私の注意が新しい光の中の世界情勢に向けさせられています。彼らが私の日々の生活にどのように影響を与えるかについて、意識を向けるようになりました。多分それは、政治がいかに私の生活と周囲に変化を与えるかに、より注意を払うようになったかという私の成長の証でしょう。スティーヴと私は、テレビの大統領候補者たちのディベートをよく見ています。候補者達の世界に対するさまざまな視点について聞くことは興味深いことです。それよりも面白いのは、ディベートを見た後でスティーヴと話し合うことです。お互いが語り合うことで、私達のそれぞれに違った世界が開けるからです。これまでいつも選挙では投票してきましたが、今は、この政治のシステムが世界をどのように変容させるかについての新しい目覚めを体験しています。それは、ただ選ばれた政治家たちがどのように将来の変化に対して約束をしているかだけではなく、私自身が考えと行動で変化できるかということです。これまで私は、どのようにしたら平和のためにこの世界に変化を起こすことができるか知りたいと思っていました。私が思い描く世界を創ることは、ポジティブなやり方でお互いが繋がる私の日々の世界で、私個人に起きるのだということを知っています。大統領選挙の候補者達の約束が、どのように私の生活のみならず、将来の全ての家族たちの生活に変化を起こすことができるかを聞いています。私は彼らの言葉を聞くことによって、どのように次のリーダーに投票すればよいかを真剣に選んでいます。それはほとんどの場合、未来のために何がベストであるかを、ハートの声を聞くことで感じています。次の選挙の結果は、アメリカ合衆国のみならず全世界の未来に大きな変化を起こすことを、私は知っています。

 

これは、最近目覚めた私の気づきの一部分であるだけではありません。大変驚くことに、私とスティーヴはアメリカ人の娯楽であるフットボールの一時的なファンになりました。2~3週間前、私達はウィル・スミスが出演する映画「コンカッション(脳しんとう)」を観に行きました。私達は常々、フットボールのようなスポーツによって起こる頭部外傷について心配してきました。この映画は、この事柄を世間の目に触れさせることになりました。私達はスーパーボウルを録画したので、ハーフタイムの素晴らしいショーを見ることができました。私達は最初に、ゲームがどのようになっているかを知るために、テレビのチャンネルを合わせました。スティーヴはゲームのルールを解説しようとしてくれましたが、私はチームの間の相互交流を見ることに興味をそそられました。数分も経たないうちに、私達はゲームに夢中になりました。これまで私は、フットボールファンではない夫と二人の息子がいることをラッキーだと思っていたことを理解して頂けたらと思います。それは、スーパーボウル・サンデーの日、皆がテレビを観ている間に、街や自然の中に出かけることを楽しめたからです。普段にぎやかな場所は、スポーツ・ファン達がゲームを見ているので、静かになるのでした。現在、息子たちはフットボールのファンですし、スティーヴと私のゲームに対する熱中が続くかどうかはわかりませんが、私達は興奮に包まれるのを楽しむことができました。それは私達を取り巻く世界の新しい目覚めでした。

 

私は毎日のニュースを観たり、人間の興味深い話について特別に注目することで、この世界で何が起きているかの最新の情報に触れ続けています。これまで述べてきたことは、ほんのいくつかの私の目覚めについての例です。それぞれの状況において情熱が目覚めることで、私の行く手に何がやってくるかを見ようと思っています。私達は周りの世界に目覚めることで、人生において新しくワクワクすることを創り出すことができます。私は「アウェアネス(目覚める)」という言葉の類義語を調べました。

コンシャスネス(意識)、マインドフルネス(気づき)、アルートネス(覚醒)アテンティブネス(注意深さ)、ウェイクフルネス(覚醒状態)などが書かれていました。私は特に最後の言葉、ウェイクフルネス(覚醒状態)が好きです。この世界を尊重するために私が完全には目覚めていない別の世界のどこででも、私は目覚めようとしています。私は新しい目覚めの技術を練習していくつもりです。

 

愛と光と共に

 

バーバラ

 

Copyright 2000 – 2016 Lightworker. www.Lightworker.com

この情報は次の条件で全体または一部を自由に配布し広めることを目的としています。使用者は同意の上この文書の使用が可能です。1. 「Copyright 2000-2016. Lightworker. www.Lightworker.com」 はすべての出版物に適用されます。2. 使用者は翻訳物の著作権を含む全ての権利はライトワーカー(Lightworker™)の財産に帰属することを同 意するものとし、ライトワーカーはこの文書を訳す方を、Lightworkerのサイト上で発生する全てにおいて、翻訳者として認め翻訳権を共有します。 The Groupの詳しい情報は、http://www.Lightworker.com 「光」を広めて頂き感謝いたします。  

 

カウアイリトリート2015 ⑬ 最終日

カウアイで過ごす最後の日がやって来ました。
皆、ラナイのソファーに腰かけて、空が明るくなってくるのを眺めています。

ハナレイ_5303
ハナレイ_2992

最終日の今日は、それぞれがやりたいことを、小さなグループに分かれて実行することにしました。

ハナレイ渓谷展望台から、ハワイの代表的な伝統食であるタロイモの広大な畑を見下ろします。まるで山間の水田のようで、日本人には何か懐かしい風景です。


CIMG6151

朝のハナレイ湾は、別次元の世界のような美しい光に溢れていました。ただその場所にいるだけで、穏やかな気に包まれ心身が浄化されていくような気がします。

ハナレイ_8810_0
ハナレイ_2785
CIMG6166

ハナレイビーチのすぐ側に、前回のリトリートで見つけたお気に入りの木があるのですが、今回の参加者の人達にも癒しの場所となりました。

ハナレイ_6870_0
CIMG6185
CIMG6189

もう一度カウアイヒンドゥー寺院へ行きたいとの熱烈なリクエストがあり、再び美しいワイルア川を上っていきました。

CIMG6205

ライアーの調べが寺院の敷地に静かに響きます。メディテーション・バニアンの下で瞑想しながら、その美しい音に浸りました。この地にいたという記憶を蘇らせた人達が、再びカウアイの神聖なエネルギーに触れる場所です。

CIMG6213

とても可愛らしいお店が並ぶカパアのオールドタウンでのお買い物組は、町のそぞろ歩きを楽しみました。海風に吹かれながら、青い空の下で、ただ「楽しい」気持ちを味わう時間でした。

黄昏Kanaシリーズ_2643
黄昏Kanaシリーズ_8400


美しいカウアイの大自然の中での乗馬体験を楽しんだ人達もいました。

14_1763

20151212_9098

ほとんどの人にとって初めての乗馬体験でしたが、それぞれが自分で馬を操り、およそ1時間の騎乗の散歩を楽しみました。トロピカルな風景の中の乗馬は、ハワイならでは味わいでした。

20151212_3375

乗馬チームは、その後ハナレイ・タウンでのショッピングも楽しみました。

14_7065
ハナレイ&灯台_9262

もう英語でのジュースのオーダーも慣れたものです♪

20151212_7430

カウアイで食べるランチもこれが最後です。

14_7596

「アメリカの公衆電話って、なんかかっこいい!」と言ったかどうかは知りません(笑)

14_2843

最後には全員が集まって、ハワイ諸島最北端のキラウエア灯台へ向かいました。ハワイ島の火山と同じ名前ですが、カウアイ島の地名です。

キラウエア_673

このキラウエア灯台の一帯は、野生動物保護区になっており、たくさんの海鳥を見ることができる場所でもあるのです。青い大海原を見下ろす半島は、海風に吹かれて心が洗われる思いがします。

CIMG6214

美しいグリーンの上でのプロフィール写真の撮影です。

CIMG6235

およそ100年前に建てられたキラウエア灯台は、当時はアジアとアメリカを結ぶ航路の為活躍しましたが、現在ではその役目を終え、アメリカの歴史的建造物の認定を受けているそうです。

ハナレイ&灯台_4612

午後は予定していたワークをするために、夕方早めにハウスに戻りました。最後のまとめとしての話をする前に、ラワイ・インターナショナルセンターでみっちゃんから頂いたルドラクシャ(菩提樹の実)を全員に配りました。

ルドラクシャとは、インドでは特別に神聖なものとされており、一目見るだけでもカルマや心が浄化されると言われているそうです。

CIMG6250
CIMG6248

この後今回のリトリートの振り返りをしてから、最後のワークとして用意していたエンジェル・ウォークの説明をしました。

エンジェル・ウォークとは、一人の人が列の真ん中を目を閉じて歩いていく時、周りに立っている人達は天使として存在し、歩いていく人にチャネリングでメッセージを伝えていくワークです。手を取り、ハグをし、耳元で美しいメッセージを囁きます。それぞれが自分を信頼し、口から流れ出す言葉を伝えるのです。

歩いている人は、伝えられるメッセージをハートを開いて受け取ります。この受け取るということが、とても大切で難しいことでもあるのです。自分は本当に愛されている存在なのだということを、心から感じる事ができる体験をする許可を自分に下す必要があるからです。

照明を落とし、美しい高次の音楽を大音響で流しながら、静かにエンジェルウォークが始まりました。あちらこちらでハグをしながら、皆が涙を流していました。ハートを開き、心からの愛を交わしあう姿は、さながら地上の天国のようでした。

(あまりに神聖な空間だったため、写真担当の夫さえ写真を撮ってはいけない気がしたとのことで、エンジェル・ウォークの写真だけは一枚もありません。)

みんな泣きすぎてぐったりした後でしたが、気を取り直して最後の晩餐の食事作りが始まりました。

最後の晩餐_433

あっという間の5泊6日でした。短い気もするのですが、あまりにも濃い毎日だったので、ずっとカウアイに居たような錯覚にも陥りました。お疲れ様~の乾杯です♪

シェアハウス_7175

宴もたけなわの頃に、サプライズのケーキが運ばれてきました。Iちゃんのバースデーのお祝いです。

Happy Birthday Ikuyo_2686

皆の心のこもったお祝いに、Iちゃんはとても嬉しそうでした。

Happy Birthday Ikuyo_7727

カウアイ最後の全員での記念撮影です。たくさんの思い出を作ったレンタルハウスとも今夜でお別れです。

20151207_6829

明日の朝は、まだ日が昇る前にリフエ空港に向けて出発することになっています。

・・⑭〈最終回〉へ続く

カウアイリトリート2015 ⑫ サンセット・クルーズ

今回のリトリートでは、カウアイの大自然のパワー触れることも目的の一つでした。

映画ジュラシックパークの撮影地としても有名なナパリ・コーストの切り立った崖を海側から見ることのできるサンセット・ツアーに参加することに、皆がワクワクしていました。

お世話になったのはBlue Dolphin Charters (ブルー・ドルフィン・チャーターズ)というカウアイのツアー会社です。私自身が船酔いするタイプなので、カウアイで一番大きなタイプのボートに乗れるというこのツアーを選びました。

HPの写真より↓(・・実際は午後のツアーなのでイルカはこんなにいませんでしたが、景色の美しさは写真以上でした。)
BDC-homepage1

ポート・アレン・ハーバー近くのオフィスにまずチェックインです。

CIMG5955

書類に記入した後は、出航時間まで店内で待ちます。

サンセットクルーズ_5655

船長のチャーリーさんの説明を真剣に聞き(早口の英語でしたが・・笑)、

CIMG5968

その後港までぞろぞろと歩いて向かいました。

チャーリー久保_9238

最高のお天気に恵まれ、ボートは軽快に島の南から西へ向かって進みます。

クボさんと愉快な仲間たち_4171

「イルカが見えた~!」「クジラだ~!」と誰かが叫ぶ度に、皆が海を覗き込みに集まります。

CIMG5981

「やっぱりイルカにもクジラにも会えたね~!」と満足そうな顔々・・。

CIMG5995

大海原を前にして船の先端に行くと、なぜ皆このポーズをとりたくなるのでしょうか?(笑)

クボさんと愉快な仲間たち_1093

実は船長のチャーリーさんは、日本人の先祖をお持ちなのです。「久保」というタトゥーに、一同は感動&爆笑しました。
13_1843_0

ボールペンで書いたタトゥーが大うけしました。姿形も、まるで弟のようです。(ちょっと色白だけど・・笑)

CIMG6018

クルー達が「見せて!見せて!」と寄ってきます。弟は、一躍人気者になっていました(笑)

サンセットクルーズ_6447

島の西側にボートが近づいてきて、間近に迫るナパリ・コーストの景色には、皆が息を飲みました。

13_5001

チャーリーさんの祖先が住んでいたという神聖なビーチを見た参加者の一人は、「私、昔ここに居た!」と過去世の記憶を蘇らせて泣き続けました。

13_3610

言葉では形容できない神聖な美しさに圧倒され、私達は言葉を失い、ただ景色の中に居続けました。

そして、行きはずっとチャーリー船長が船内放送でアナウンスしてくれていたのですが、「帰りは音楽をかけながら帰るね。この景色にぴったりの曲はこれしかないよね。」と言って流してくれたのが、IZのOver the Rainbowでした。

私の中に衝撃が走りました。IZが歌うOver the Rainbowは、私にとって特別な曲でした。人生の転機に必ず現れる象徴とも言ってもよい曲なのでした。

この偶然というか、まるでシナオりがあったかのような見えない世界の采配に深く感動し、涙が頬を伝うのを止められませんでした。

13_3044

美しい一日の終わりに向かって、ボートは港へと戻り始めました。
今ここに生きていることの感動と喜びに包まれ、皆が最高の笑顔でお互いを慈しんでいました。

13_6166

お客さんに頼まれて写真を撮るとき、必ず自撮りする最高に陽気なスタッフは、真心を持ってサービスしながらも、自分も心から仕事を楽しむさまを見せてくれました。

CIMG6108

沈みゆく夕陽に向かって、船長からサービスのシャンパンで乾杯です。

CIMG6122

全ての瞬間が最高に美しくて幸せだったクルーズは、最後まで完ぺきでした。真っ青だった海が茜色に染まり、夕陽が美しく沈んで行きました。

CIMG6137

港が見え、クルーズが終わりに近づいた時、きっと過去世で同郷に生きていたチャーリー船長に、たまらず駆け寄りハグするAちゃんの姿に、他のお客さんまでも感動していました。

その感動のシーンに一人だけ、大型船舶の免許を持つうちの娘だけが、「今だめやろ~。接岸の時に行っちゃだめやよ。」と、船長の運転の邪魔になることを心配して突っ込んでいました(笑)

CIMG6139

泣いて、笑って、感動で叫んで、長いようなあっという間のような素晴らしいクルーズでした。

CIMG6143

ホスピタリティーとはこういうことなのだと、船長始めスタッフの素晴らしいもてなしと気配りに感動しました。

サンセットクルーズ_1048

一人一人が船長とハグをしてから下船しました。

久保シロ シリーズ♪_8358

言葉の壁を乗り越えて心を通じ合った二人の姿も素敵でした。

CIMG6145

夢のような感動のサンセット・クルーズが、日没と共に終わりを迎えました。

・・⑬へ続く

カウアイリトリート2015 ⑪ カウアイ・コーヒー・カンパニー

4日目はカウアイ島の南部へと向かいました。カウアイは小さな島なので、北部にあるレンタルハウスからほんの1時間も車を走らせると、もう島の南の海岸線へと辿り着きます。

CIMG5921

4日目のメインの目的はサンセット・クルーズ船に乗ることだったので、港の手前にある「カウアイ・コーヒー・カンパニー」へも立ち寄ることにしました。

12_7652

ハワイは常夏ですが、アメリカなのでクリスマスの装飾が町中に溢れていて、建物がどこもとても可愛らしいので、12月は訪れるにはよい時期なのかもしれません。

CIMG5930

実はカウアイ島は、コナコーヒーで有名なハワイ島よりもコーヒーの産出量が多く、とても質のよい美味しいコーヒーが飲めるところなのです。

CIMG5924

コーヒー農園とはどんなものかを見学できる、観光客のためのウォーキング・ツアーの小道がありました。

12_3846

美しい花が咲き乱れ、青い空をバックに心地よい散歩気分が味わえます。

コーヒー園~途中略~ガス欠の帰り道_2492

コーヒー園~途中略~ガス欠の帰り道_9035

まだ熟していないコーヒーの実です。

CIMG5939

CIMG5949

ハワイのかかし(?)が大人気でした。

カウアイコーヒー_9925

休憩のスペースでは、カウアイコーヒーを使ったアイスクリームや飲み物が販売されています。

カウアイコーヒー_8004

色々な種類のコーヒーの試飲が無料でできます。

カウアイコーヒー_364

カウアイコーヒー・アイスクリームは絶品でした。

写真はありませんが、併設のお土産屋さんがとても充実していて、コーヒー豆を始め色々なグッズが販売されていて、皆とても楽しそうにショッピングしていました。

カウアイコーヒー_1012

最高のお天気に恵まれて、いよいよ次は待望のサンセット・クルーズに出かけます。
 
・・⑫へ続く
ギャラリー
  • 新しいゲーム
  • 新しいゲーム
  • 波に乗ると決める
  • 波に乗ると決める
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • passion(パッション)に従い生きる
  • 愛という名の支配
livedoor プロフィール