2017年02月

ゲームをしているスピリット

リマ
(↑ペルーのリマです。昔これと同じように、ここでパラグライダーやりました♪高所恐怖症だったのに!笑)

大きなシフトが4回も訪れると言われている今年ですが、その最初の波が3月4日から2週間の間やってきます。

それに向かってなのか、昨日の新月には、大きな流れの変化が私の人生にも起こりました。

それに伴って未来が変化していくスピードの速さには驚くばかりです。

不思議な展開が起こることには、これまで慣れていると思っていましたが、今年に入っての展開の早さは、かつてないほどだなと感じます。

そのスピードの中でぶれずに自分自身で在り続けるためには、現象界で起こることに力を持たせてはいけないのだなと改めてわかりました。

良い結果が出るから良い、悪い結果になるから悪い、では現象に振り回されている状態です。

私達はそれを越えて生きていきたいと、願ってここにいるのだなということを思い出しました。

自分が肉体存在のみではないと知り、 スピリットの自分こそが自分なのだと思いだすこと。

そうすることで、心は安らかに、ただ愛を生き、すべてに感謝する自分でいられることを思い出しました。

人間という器に入ってゲームをしているスピリット・・・それが私達なのです。

ゲームをしている器が自分だと勘違いする時、人は苦しくなります。

ゲームに勝ちたいと願ってしまう時、勝てない自分を責めたくなります。

ゲームはゲームなのです。勝っても負けても良いのです。それを楽しむために、私達はここにいるだけなのです。

ゲームをやり尽して戻るのもあり、いつでもやめられると知って存在するのもあり、ゲームそのものを手離して器に入りながらゲームから離れるのもありなのですね。

自分がどう在り続けるかは、自分の手の中にあることを思い出すだけで、私達は純粋にゲームを楽しむスピリットとして、心穏やかに、ただ愛のみの世界に生きることができるのです。

大きな波に飲み込まれて溺れるのもゲームですが、私はサーフボードに乗って、波を心地よく楽しむゲームをしたいなと思うばかりです。




 

やんちゃ坊主の行く末?!

small-boy-1573722

実は今年の夏か秋から新しく始める仕事があり、そのための打ち合わせで、その仕事に関してのサポートを頂く人達と、今年に入ってから何回かの打ち合わせや顔合わせを行ってきました。

昨日もそれがあったのですが、東京・大阪・京都といった都会から金沢に来て下さった方達は、40代の私の弟を除き全員が30代後半、その半数以上が会社社長でした。

彼らと色々話をしてきて、若くして会社を興しそれを成功させていることの秘訣は、皆仕事が楽しくてならないと言い切っていることに尽きると感じました。

もちろんその楽しいという言葉の裏には、注ぎ込んでいるエネルギーと時間と努力があるのは当たり前で、 楽をして楽しいというのとは全く違います。

それぞれが自分がとても興味を持ち、その上そこに才能がある事を突き詰めて来て、その結果として会社を興し、試行錯誤しながらもどんどん変化を受け入れ、チャレンジを怖れずに進んでいる人達でした。

彼らのキラキラとした目と、しっかりとしたビジョンを持ちながらも決して頑固ではなく、業種を超えて何か新しいものを受け取ろうとする意欲と探究心、そして互いを蹴落とすという発想ではなく、手を取り合ってお互いを発展させ合おうという意識の高さに感動させられると共に、これからの地球の在り方を見せられている思いがしました。

そして面白いなと思ったのは、社長達の共通点は、子供の頃皆やんちゃ坊主だったということでした。おりこうさんだった人は一人もおらず(笑)、俗にいうワルだったことで自慢大会ができそうな彼らは、多分有り余るエネルギーの発散の仕方を、大人になってベクトルを変えたというところなのでしょう。 

一つヒントになりそうなのは、それぞれの口から「親には感謝している」という言葉が、何気な拍子に口から出ていた事かもしれません。

きっと手に余るようなやんちゃ坊主だった人達が、子供の頃にはわからなかった親の深い愛情が、気付かない場所で彼らの今日を作る大切な土台やきっかけになっていたということを言っているのだと思いました。

子供の頃読んだとても感動した小説に下村湖人著「次郎物語」というのがあったのですが、次郎の母が亡くなる直前に乳母に言った言葉「子供って、ただ可愛がってやりさえすればよいのね。」という台詞を思い出しました。

かなりの腕白小僧だった次郎の姿もダブり、子供が社会的成功をするかしないかという次元で見ないとしても、子育てに不可欠なのは親の深い愛情なのだなということに改めて思いを馳せました。

子供を育てている人達へのヒントと励ましになると共に、幸せに生きることの大きなヒントを受け取ったような気がしました。

彼らに比べると随分年を食ってはしまいましたが、新しいことにチャレンジするのに遅いことは何もないと思っています。

私も若い彼らを見習い、自分の興味と才能に焦点を当てエネルギーを注ぎ、他の人達と分かち合う喜びに向かって進んでいきたいと改めて感じた一日でした。




The group~女性性の目覚め~ フォースとパワーのバランスを取る

Beacons of Light February 2017

~女性性の目覚め~

フォースとパワーのバランスを取る

 

2121


皆さん、こんにちは。私はマーリアです。

 

私は長い間、地球においてエネルギーのバランスをとるためにやって来ることを待ち望んでいました。私は、キーパー(スティーヴ)がザ・グループと呼んでいる存在の中の一人です。私はこの集合体の、ええ、マーリンの女性性の側面を有する存在です。それはあなた方全てが知るところの、そして地球における数多くの転生において知っている魔法です。

私は個人的にはあなた方が女性性と呼ぶ光を宿しています。地球において今まさに起ころうとしているパワーシフトを手助けするために現れました。

 

パワー:女性的側面

 

今この時、すべての人類はとても速い動きの中にいます。ですから地球上には、ただ存在している人間などいないことを、どうか理解して下さい。皆さんの全てが、明確な目的、意図、提案、そしてあなたが前に進むためのゴールを持ち、新しい世界秩序の中に居場所を持っているのです。特にパワーの側面において、女性性のバランスを取るためのツールを今日あなたとシェアしたいと思います。

男性性と女性性のバランスについて説明する時、使える実例は色々ありますが、多分最も解りやすくこれを考えるとしたら、フォース対パワーということになるでしょう。パワーがいつも女性性だとは限りませんが、この移行の時にそう考えるのは良い方法です。すると質問は次のようになるでしょう。強いることなくあなたのパワーをどのように表すことができますか、と。

それは、すべての生物の中にある女性性によってコントロールされます。女性性は地球において多くの分離の原因となっている怖れのバランスを取るために、今あなたの現実に呼び覚まされているのです。人間は今からほとんどがサバイバルモードになることでしょう。そのモードにおいては、適者生存と感じるので、強い者がいつも勝つように見えるでしょう。

このように見えるのですが、バイブレーションの段階を少しずつ昇っていくと、バランスをとることも可能であることがわかるでしょう。このような時には、男性性を女性性の上に置いてしまいがちです。さて、それは正しいのでしょうか。いいえ、もちろんそうではありません。女性性の土台なしに男性エネルギーを乗せてしまうと、パワーもフォースも手にすることはできなくなるのです。

 

今、土台はできつつあり、間もなく新しい方法で女性性のパワーが表れてくるでしょう。差し当たっては、それぞれが自分自身の中の女性性の側面のバランスをとっていくことです。自分の中にそれを見つけるために、普段の物事に対しての反応の仕方について見直さなくてはなりません。一瞬止まって、呼吸して、繋がりを感じてみましょう。

ほんのしばらく想像してみて下さい。あなたは麻雀のようなゲームをしているのだと。この古の中国のゲームは、牌に書かれたこれらの素晴らしい小さな文字が書かれており、そしてあなたがするのは、マッチするこれらすべての牌を見つけることなのです。

このゲームの目的は、ボードの上から、マッチした牌の全てを取り除くことです。それは楽しいゲームなのですが、実際にはあなたが理解しているよりずっと多くのものを象徴しています。女性性の高まりがやってくるに従って、これはすぐに全ての人々が向き合わなくてはならない大きな側面なのです。

 

エネルギーをマッチさせる

 

あなたが物事をマッチさせる時、たとえそれが麻雀の牌であっても、あなたはまたエネルギーもマッチさせているのです。あなたは絶えずエネルギーの形態を体験しています。スーパーで何百人もの人の中にいようが、コンサートで何千人に囲まれていようが、寝室にたった一人でいようが同じです。これらの状況の全てが実際にはとてもよく似ていて、その中では常にそれらはエネルギーをマッチさせているのです。それはどういうことを意味しているのでしょうか。

もしかしたらあなたには一緒に住んでいるペットがいるかもしれません。猫か犬は家の中を歩き回り、彼ら自身ですべてのことを支配しています。あなたが知っていても知らなくても、常にそのエネルギーとあなたはマッチし続けています。あなたはペットの姿を見る度に、ペットが無事にいるかどうかを確認しています。あなたはペットがあなたの良く知っているエネルギーにマッチしているかどうかを見ているのです。家にいつもいるペットと共に、あなたはそのエネルギーと何度も遊び、磨くことをしています。

しかしそれが赤の他人であったり、外に出掛けて行ったり、テレビやオンラインで新しいことを見たりした時でも、あなたは全く同じようにエネルギーをマッチさせ始めるのです。しかしながら、それはあなたがいつも親しんだエネルギーで行うのと同じ結果になるわけではありません。これらを、これをする動きの中で自分を知る機会とし、あなたが反応する前に自分自身の知覚を広げる機会としてください。

なぜならそれは最も大きな挑戦だからです。あなたはかくれんぼと言う美しいゲームをしているのです。・・神が自分自身を見失い、鏡に映った自分自身を見ようとするのです。さあ、始めましょう。あなた方にその機会を与えさせて下さい。

 

新しいエネルギーを見たら:深呼吸をして似ている部分を探しましょう

 

二つのエネルギー形態が出会った時には、何が起こるのでしょうか。あなたが鏡を覗き込んだ時とまさに同じ事が起こるのです。あなたは不完全さ、欠点を探すのです。それが地球上で起こる事であり、なぜエネルギー的に良く似たものが、違うエネルギーのものとよりも、より争うかの理由なのです。

あなた方は常に自分の不完全さを探し、それらを正そうとしています。あなたの不完全さは、あなたが携えてきた美しさだという事に気付こうとさえしないのです。それでもなお、あなたはいつも進化し完璧になろうとしています。肉体の中にいるときでさえ、故郷のエネルギーに戻ろうとしているのです。本当に完璧です。

ですので、我々があなた方に提案しようとしているのはこれです。・・初めて部屋に入っていこうとするとき、何が起こるでしょうか。あなたは見回します。時々あなたはどこか目的の場所があるので、部屋を横切ろうとします。より解りやすくするために、あなたがこれまで入ったことのない新しい部屋に入ることにしましょう。

最初にあなたがするのは、部屋を見回すことです。基本的に、あなたはパターンにマッチしようとします。これは全てのことで起こることです。あなたが歩み入る部屋のみならず、人々との間でも起こします。彼らがテレビのスクリーン上の人であっても、実際に肉体を持って部屋にいる人であっても、あなたは何度も何度も、このエネルギーパターンにマッチします。あなた方はあるやり方で、物事にマッチする習慣があるのです。ですから、我々が今お伝えすることは少し違っています。なぜならそれには狙いがあるからです。・・最初からそのことを知っていて下さい。

最初にやって下さいとお願いするのは、新しいエネルギーを見たら、まず深く息を吸ってそして吐きだすことです。そうすることで、あなたは光の新しいレベルに焦点を当てることができます。これは人でも、状況でも、感情的なものにでも、エネルギーをマッチさせる時に効果的です。それが何であっても、すぐに不完全さと違っているところを探す代わりに、似通っているところを探すのです。

それはとても単純なように聞こえるかもしれませんが、パターンをマッチさせるという習慣を発達させるとき、あなたはとても素早くそれらの多くを除外する方法を見つけることでしょう。これは合わない、これはマッチしないなどなど、あなたがほとんどすべてをクリアにするまでは。

あなたが時々するもう一つのことは、時にはマッチしないエネルギーもたらしています。しかしあなたの信念体系は、このエネルギーもしくは人と、関係を持っていなくてはならないというものです。エネルギーが合わない時、あなたが最初にしようとするのは、不完全さを見つけることです。しかしそのプロセスの途中で、また完璧なものもいくつか見つかります。何が起こるかと言えば、あなたはその状況に飛び込み、これらの不完全さと取り組み、それらを変えようとするのです。

我々があなたの不完全さについてお伝えしたことを覚えていますか。それらはあなたの本当の美しさの土台なのです。なので、それを変えるということは、いつもうまくいきません。実際にこれは、パートナーがお互いを変えようとして破たんしたほとんどの関係性の根底にあります。人間は常に進化し、ある時点で変化します。しかし、それは内なる場所で起こらなくてはならず、他の人間という外からではないのです。ですからあなた方にお願いしたいのは、すべてを見るという習慣を開発するということです。

 

では、あなたが自分の家の中に入り、床にゴミ屑が落ちているのを見たとしましょう。最初にあなたがするのは、このように言う事でしょう。「あー、ゴミが落ちているよ。捨てなくては。」あなたがそれを拾ってゴミ箱に捨てる前に、それを受け入れて下さい。あなたと繋がっているものが何かを見つけ出すのです。もしかしたらそれは、昨夜あなたが美味しく食べたチョコレート・バーの包みかもしれません。それが何であれ、あなたに近いことを探すのです。

皆さん、わかりますか。この瞬間、人類の全ては分離の動きの中にいます。しかしあなたはそれを変えることができるのです。まずそれを変えるのは、女性性のエネルギーです。それが私がここにいる理由です。

初めからずっと、私はキーパーが呼ぶところの「ザ・グループ」と共にいます。彼は我々に名前やタイトルを与えるのが好きなので、そう呼ばれる度に、我々は大笑いしています。我々は長い間、そう呼ばれることに抵抗してきました。なぜなら、人間は実際、彼らに属さないものにパワーを与えがちになるからです。名前も含めて。我々は、あなたの中から反射するものを引きだす以外にはパワーをもたないと、はっきりと言います。そしてそれが我々がここにいる理由です。

 

類似点を探す

 

皆さんは、人生の多くの分野において女性性の要素に向かっていく大きな動きを見る事になるでしょう。それが起こるのを見るのが待ちきれません。もちろん、地球上では現在の父権的社会を守るために計画された出来事が起こります。これがどのように展開するかを見守りましょう。

全ての機会において男性性と女性性のエネルギーのバランスを取りながら、しっかりと立って、自分自身のパワーに誇りを持ちましょう。そのエネルギーに触れる時、息を吸って、それに反応する前に、あなたとよく似ているものを探しましょう。その一つのツールが使われることで、あなたの世界はとても素早く整う事でしょう。

 

後退する波

 

現在地球上では、すべての人が後退する波の中にいるということを、我々ははっきりとお伝えしてきました。あなた方はとても速く動いているので、惑星上には大きな怖れが渦巻いているのです。しかし思い出して下さい。多くの場合、怖れは利用され、一つの目的のために使われるのです。物事が制御不能になったように見える状況に陥ったように思えても、一秒たりともそれを信じてはいけません。あなたが思っているよりずっと、あなたはそれを制御しているのです。

今から5年か10年後、あなたがこの時を振り返った時、なぜこれが起こる必要があったかをあなたは理解するでしょう。これらのことはほんの一つの国で起こっているのではなく、すべての場所で起きているのです。なぜならあなた方は、後退する波の中にいるからです。

皆さんは前に進んでいます。けれどもあなた方は後退しているように見えるので、それに抵抗しているのです。あなたはそれを変えようとしています。後退の波はとても速く起こるので、あなたが可能だと思っている以上のペースで、あなたを急発進させることができるのです。

ただあなたの真実とパワー、そしてあなたが誰であるかというエネルギーのバランスをとって下さい。臆病になったり、強引にやろうとはしないで、自然に進んでいくことを許可してください。不完全さを見つけようとするよりも、あなたと同じようなこれらのパターンを探してマッチさせることによって、あなたはあなたのビジョンでこの世界を変化させる別の人生を生きはじめるでしょう。

 

私は、かなり長い間目立たない場所にいたので、このように皆さんにご挨拶できることは最高に光栄です。皆さんが私を呼び出してくれたので、私は地球の新しいバランスをとても楽しんでいます。あなた方は人類のバランスを取る次のステップへの準備ができた人達なのです。

 

私はマーリアです。時々は私に会いに来て下さい。

 


エスパーボ


 

 


皆さん、こんにちは。

 

私はあなたのご用件を承るリズミック・サービスのイルラです。そして今日は、楽しむための少し別のプロセスをお話します。なぜなら、皆さんご存知のように、それが私の得意なことだからです。もしあなたが楽しんでいないならば、もちろん、それはうまくいきません。それはとてもシンプルなのです。あなたは片足をもう片足の前に出していかなくてはなりませんが、たまには笑わなくてはなりません。そして楽しい時間を過ごしてください。

 

女性性を呼び覚ます

 

さあ、このマーリアという名前の美しい女性に会ってください。私は彼女について何をお話しすることができるでしょうか!別の時にまた戻ってきてお話ししますが、彼女はすでに数回以上、あなた方の世界を揺さぶったことをお伝えすることはできます。

彼女は以前地球にやってきたことがあります。それは転生ではありませんでしたが。エネルギーのバランスを取るために、彼女は一度ならず介入してきました。それを彼女はとてもうまくやることができたので、今日ここに戻ってきました。あなたの心の中に彼女が入るスペースを作ったのでそうなりました。

あなた方は何か新しいことを欲したので、皆さんのすべては開かれましたが、この男性的なエネルギーを少し怖がってしまったのです。大きな波であなたの惑星が覆い尽くされたように見えるかもしれませんが、それは実際にはそのようになってはいません。本当に行われているのは、女性性を呼び覚ますことだけで、それは努力する価値のあることです。なぜなら人間は今、全く新しいバランスを体験する機会を得ているからです。

 

今何が起こっているかについて、私は何か魅力的なことをあなたとシェアしたいと思います。現在あなたが火星と呼んでいる惑星には、とても興味が持たれています。そこで何が起こったのか知っていますか。ある時点、あなた方のほとんどは火星にいたのです。そして将来、皆さんの科学によって、あなた方はそれを見つけることでしょう。

ええ、愛しい人達よ、彼らは火星の生命を発見しようとしていますが、それはあなた方自身の遺物であることでしょう。この惑星のまさに終わりには、何が起きているのか誰もが知っていたので、起こったのは美しいことでした。そこで、彼らは時間と空間の別の次元に足を踏み入れました。あなた達はそのエネルギーに足を踏み入れ、その次元の現実を歩むために、全く異なる方法でエネルギーのバランスを取らなければなりませんでした。

それと同時に、火星に非常に近い別の惑星に生命の種を植えたので、最も美しいことが起こりました。それが今日あなた方がいる惑星地球です。もちろんあなたは当時、それを「地球」と呼んではいませんでした。しかしそのすべては、それらの次元の変更を行い、バランスをとるために行われました。

 

それは、あなた方の地球は終わりつつあることを意味しているのでしょうか。実のところ、そうでもあり、またしばらくの間はそうではないのです。私は単に、今起こっていることが当時のことを思い出させると言っているだけなのです。

あなた方は、自分が一つの次元だけに存在しているのではないことに気付き始めています。あなたのスピリットは、ただ一回の地球上での人生を生きることに限られているのではありません。あなたは同時に、少なくとも
12の人生を有しています。これは興味深いことです。なぜなら、一般にあなたはやって来て、12の異なる人生を同時に経験しているからです。

ある人生では、あなたは何かを育てるのが大好きなので農夫になります。そして別の人生では、あなたの美しい家族を持ったりもします。さらに、あなたはビジネスに情熱を持ち、フォーチュン
500企業のCEOになることもできます。あなたはこれらのさまざまなことをすべてやっていますが、どの人生においても、男性と女性のどちらの表現を選んでいるかは同じなのです。

 

男性性と女性性:新しいバランス

 

さて、あなたが故郷に行くときに起こることは、実際のところあなたは男性性でも女性性でもないということです。あなたは単に身体を脱ぎ捨てるので、それまでの要素を持ち出して、そのエネルギーが表現できうる限りのものを現さなくてはならないのです。皆さん、思い出して下さい。男性性、女性性は、全てのものの中に含まれています。あなたが次元を変えるには、バランスを取ることをしなくてはならないのです。

なぜあなたは次元を変更したいのでしょうか。ええ、あなたは他の次元の
自分自身を訪問したいのかもしれませんね。そしてその人生のエネルギーのバランスを取って、別の方法で行動することは非常に重要です。それが、今マーリアが全ての人にもたらしている魔法です。

これは実のところマーリアだけではなく、女性的な側面の光線を表しています。あなたが女性性のエネルギーをすでに高めていなかったら、マーリアは来ることができませんでした。新しいエネルギーによって、あなたは自信を得ることができます。自信を持つことは常に女性性の最大の課題の
1つです。なぜなら、それはパワーを同様に表現しないからです。

 

あなたの世界では、物事に影響を与えることにとても努力をしています。あなたは自分自身ついてこう思っています。「私にはパワーがあります。私はそれを使うことができます。私にはできます、問題ありません。 」と。その代わりに、あなたはそれを別の方法で為すことができたらどうでしょうか。たぶんあなたは、強要するかまたは強い影響を与える必要はないことがわかるでしょう。それは今、人類のすべてが戦っているものです。・・ フォース対パワーです。

あなたはそれを男性性
女性性であると考えるかもしれませんが、それらはお互いに対立するものなのではなく、単にバランスがとれていないものなのです。あなたはそれを、どちらかが良くて、どちらかが悪いと呼ぶことはできません。なぜならそれはうまくいかないからです。本質的に、それらはどちらも良いのです。しかし、それらのバランスがとても崩れてしまったときには、あなた方はぐるぐると歩き回らなくてはならなくなります。これは今度は、あなただけが別の方法で対処できるということを表しています。今地球上で、新しい機会が毎日現れているのを見てください。

 

今日の圧縮されたエネルギーの中で働く

 

はい、我々はあなた方の多くが、地球上において自分達が完全に制御不能になっていると感じていることを理解しています。もうニュースを見ることさえできません。これは実際には悪い考えではありません。なぜならあなた方のニュースは視聴率に左右されているからです。では、もし誰も見ていないとしたらどうなるでしょうか。さて、人間はまだリモコンで投票することを学んだわけではありませんが、そのうちにそうなるでしょう。

徐々に、この強力なエネルギーが蓄積されてきます。皆さん、理解してください。これは戦いではありません。それはお互いが対抗するものではないのです。そうではなくて、バランスなのです。人類の本質を今までに到達できる最高レベルにまで引き上げるためには、両者が共存して生きなければなりません。マーリアは単なる女性性の存在だけではないので、本当にバランスが良いのです。

ええ、マーリアと私は数回お互いすぐそばにいたことがあります。彼女が地球上でサポートをしてくれていたとき、あなた方はそのエネルギーを「マーリン」と呼んでいました。それは公開されているエンパワーメントに関する魔法の物語にさえ現れていました。ええ、再び地球はその時代に入っているのです。あなた方はこの圧迫された状態にあり、現在はかなり緊張したものに感じられます。あなたがそのように圧迫されているので、前に進んだり自由に感じることは難しいでしょう。

あなたが自由意志を持っていると感じるのは難しいかもしれませんが、実際にはそうなのです。実は、あなた方の多くがこの圧迫されたエネルギーの中で働くためにやってきました。あなた方の中には、それが快適ではない人がいることを知っていますし、多くの人があなた自身のエネルギーでバランスをとるのに大きな困難を抱えているのも知っています。しばしば、あなたは自分のものとして何を手にし、責任を負うべきかがわからないでしょうが、我々は皆さんに、ただ待ってそして見ていてほしいとお願いするのです。

 

あなた自身の真実とパワー、フォースではなくて真のパワーに立つ機会がたくさんあります。無理をする必要はありません。なぜなら、それは調和して起こるからです。それが最も効果的な方法であり、あなたは今これを行うことを学んでいます。おそらくあなたはまず逆の方向に進むことで学習しますが、それは人間が地球上で学ぶ方法の典型です。ですからそれをジャッジしないでください。それが正しいか間違っているか、良いか悪いかとは呼ばないで下さい。今のところ、それがどういうことなのかを知っていて下さい。

あなたは故郷からどんなピースを持ってきましたか。それが調和しているか、もしくは反対しているかに関わらず、あなたは自分のエネルギーを、その行程において使っていくことができますか。あなたはどのようにして、他の人たちが自分たちの真実を主張することを許しながら、あなたの真実を生きることができますか。それが今起こっていることです。人類の集合的なバイブレーションが、実際にすべてを支配していることがわかるでしょう。

 

あなた方には権力と政府という場所があり、地球上において人間の振りをするゲームをプレイするために用意した、あらゆる種類の小さな事柄があるのも知っています。しかしまた、我々はお伝えしようと思います。それはあなたが考えるようなものではなく、現実に存在するものではないのです。

真実に存在するのは、愛です。あなたが恐怖と呼ぶ愛の反対のものさえ、地球上の二元性の影によって作られた錯覚です。あなたが二元性から抜け出したので、今、すべての影が消えつつあります。多くの人々はまだ追いついておらず、二元性のゲーム(正しい・間違っている、上・下、そして存在するすべての相違点)をまだやっています。黒と白は存在しないのです。それはすべてが灰色のグラデーションなのです。それを拾い上げて最高のものを作り、あなたの真実を持って前進してください。

 

新しいゲームの時間

 

皆さんの多くは、唯一の目的を持っています。あなた方の中には、非常に重要な目的の為にこの人生にあなたを押し出した過去世を持つ人達がいます。あなた方全ては、それぞれが違った契約と合意を故郷から携えて来て、達成すべき何かを持っています。あなた方は、ゲームをしてそれを向上させようとする使命を持って、自分自身がこれらを地球に持ってきました。それが起こっていることなのです。

しかし、あなた方は現在行われているゲームがもはや機能していないことに気が付き始めています。新しいゲームの時がやってきています。準備は良いですか。皆さんがこのゲームを作りだしました。そしてあなた方は、今想像もできない方法でこれをやり直すことができるのです。

いいえ、あなたの惑星は終わりはしないでしょう。確かに、いつか惑星の終わりは迎えますが、それはまだ先のことです。あなたは進化している地球上で、多くの変化を経験しています。そして、地球は大きな磁気変化、あなたの惑星を劇的にシフトさせるものを経験しています。あなたがバランスを取ってさえいれば、この変化をよい方向に向かわせることができます。しかし、バランスが取れていなければ、問題が起こるでしょう。

異なる次元について、もう一度考えてみましょう。あなたの魂は、転生の中から最も高い可能性を引きだす方法を知っているので、これらのそれぞれを訪問してください。それはただ唯一の体験ではなく、同時に
12種類の違った体験です。そして、実際にはそれは144の次元なのです。・・しかし、そのことについてはまた別の時にお話ししましょう。知っておくべき最も重要な部分は、もしあなたの性的エネルギーがバランスをとっているなら、次元間を移動できるということです。

 

マーリア

 

特にあなたのエネルギーのバランスを取らなくてはならないと分かった時には、地球上の多くの人間にとってモチベーションが高まることでしょう。ええ、マーリアは再び呼び寄せられるでしょう。彼女はこのプロセスをどのように歩くかについての重要な情報と共にここにおり、おそらく最も重要なポイントである真のバランスの力を引き出しています。

親愛なる皆さん、彼女はやってくるのに少し抵抗がありました。なぜでしょうか。なぜなら、あなた方が彼女に女性性のエネルギーのタグを付けたからです。なぜ彼女にとってそれが困難になるのでしょうか。なぜなら、彼女は分離が好きではないからです。それはとてもシンプルです。あなたが彼女を「女性」と呼ぶとき、それは彼女が男性性のエネルギーを持っていないことを意味すると信じていますが、それは真実ではありません。

マーリアはとても多くの男性性のエネルギーを持っているのですが、彼女はどのようにバランスをとればよいのかを理解しているのです。彼女は最高の可能性でそれを使用するのに最適な時期に、特定の部分を前進させる方法を知っています。それは女性性のエネルギーです。それは地球の真の生み出すエネルギーであり、その美しさの中にある基本的な創造的エネルギーです。

あなた方それぞれの中でそれを見つけてください。敢えて一つの部分を揺さぶり、そのバランスを取ってみてください。そしてまた、バランスの取れていない部分を他の方法で発見してください。簡単に男性エネルギーのバランスが取れなくなるのと同じく、女性性のバランスが取れなくなることもあります。ですからそれを探して、それを試してみてください。バランスが取れるようにサポートを求めれば、それを受け取ることができるでしょう。

 

あなたは決して一人ではありません。だからそんなに頑張らないで下さい。我々は、あなたが理解することが非常に難しいゲームをしていることを知っています。時にはあなたが意図したのとは完全に反対の方向に向かっているように見えることを知っています。

また、あなたの背中を押す風を感じることができなかったり、私たちの声を聞くことができないことが時々あるかもしれませんが、我々はここにいて、決してあなたから離れることがないことを忘れないでください。あなたは大きな光の家族の一員であり、すべての瞬間に我々はあなたを祝福しています。あなたは我々の一員であり、迷うことも、本当にバランスを崩すことも決してありません。

 

私はあなた方と話すことを本当に楽しんでいます。 今マーリアはここにいるので、我々は過去と同じように、これから時々一緒に仕事をするでしょう。彼女と他の存在は、それぞれの人のエネルギーの多くのバランスをとり、そして地球に新しいバランスをもたらすのを助けます。彼女は、あなたが信じることを学んだすべての錯覚の代わりに、あなた方の可能性を開き、自分が本当に誰であるかを思い出させることをサポートします。

この先に起こることを見てください。あなたの行く手に起こる混乱によって、狼狽えないようにしてください。なぜなら、これからそれが多く起こるからです。光を見て下さい。あなたの光を見てください。可能な限りバランスをとって、次元間で移動する機会を期待して下さい。これは新しいゲームであり、今どのようにプレイするのかを学んでいるところだからです。

 

お互いに敬意を持って扱うようにとお願いします。あらゆる機会にお互いを育み、共によくプレイしてください。

 

私はリズミック・サービスのイルラです。

 


エスパーボ

 


エスパーボという言葉は、初期のレムリアの挨拶です。「あなたの力を手にしてくれてありがとう」




著作権に関する注意:Copyright 2000 - 2017
この情報は、その全部または一部を自由に配布し広めることができます。クレジットに 
www.Espavo.org を記して下さい。光りを広めて頂き感謝します。




 

『マイナスの症状をプラスに転換する』~ ⑥予定の変更に対応できない

dinosaur-1564323_1920

(↑こういうことが起きたら、パニックにならない人はいないでしょう。笑)

 *マイナスの症状をプラスに転換する(6)予定の変更に対応ができない


受け身型と孤立型のアスペルガー、不注意優勢型ADHDに多い傾向ですが、臨機応変に動くことができず、予定が急に変更になったとき、ちょっとした失敗をしてしまったときなど、一気にパニックになってしまう人がいます。

もちろん、しっかり下準備していたイベントの予定が当日急に変更になったような場合、誰だって焦ります。
しかし、そういうレベルの話ではなく、電車に乗り遅れた、会社についてから腕時計を忘れたことに気づいた、翌日の打ち合わせの予定を1時間遅らせてほしいと連絡が入った、といった些細なことであっても、心臓がバクバクし、冷や汗が吹き出し、大きく動揺してしまうのです。

これは、一つ一つの予定変更や失敗について、なんとか乗り切ったあとで、
「電車が少し遅れたって、特に影響はなかったじゃないか」
「時計を忘れても、スマホで時間を確認できたじゃないか」
「打ち合わせの時間が遅れた分、前もって資料を見直せたじゃないか」
と言葉にして確認することによって、予定変更や失敗に対して大袈裟に構えてしまうという認知の歪みを矯正していくことが可能です。

予定変更や失敗の場数を踏み、認知の歪みを一つずつ丁寧に正していくことで、ちょっとぐらいのことにはあまり慌てずに対応できるようになっていきます。

この予定変更に弱いという症状は、臨機応変に対応できないというマイナス面を持つ反面、規則正しい繰り返しにはめっぽう強い、というプラス面を持っています。

仕事をしていると、ルールがきっちり決まった単調な作業というのは、案外多いものです。
そういった単調な作業は、普通、すぐに飽き、時間がたてばたつほど精度が落ちていってしまいます。
しかし、このタイプの人は、ルールの決まった単調作業がとても得意で、いつまでたっても飽きることなく、淡々と黙々と作業を続けることができます。
決してだらだらやっているわけではなく、意欲的に取り組んでいるため、作業を続けていくうちに、工夫のしどころが見えてきます。
そして、作業マニュアルをより効率的に改善するなど、組織の一員としてしっかりとその役割を果たしていきます。

(吉濱ツトム公式ブログ 「未来への思考法」より)   

この特徴は、私には全く当てはまらいので自分にはあまりピンとこないものなのですが、一見短所と見える「予定の変更にパニックになる」という性質は、「ルールがきっちり決まった単調な作業に淡々と取り組める」という素晴らしい長所になります。

一度決めたマイルールなども、ずっと繰り返していくことが得意なのです。素晴らしいことです。

マイナスの症状を逆手にとって、それゆえに繰り返してルールに乗っ取って行けることで、積み重ねることで獲得する大きな技量を手に入れることもできるでしょうし、勉強などでも大きな成果を上げることができるでしょう。

また正反対のタイプの私のように、決まりきったルールの中での作業が苦手な人は、逆に変化の多いことを楽しめるし、うまく対応できるというプラス面があるわけです。(例えば私は、過去に転勤で2~3年ごとに居を移していた時代があるのですが、その変化をいつも楽しんでいました。)

このように物事はすべてにおいて、プラスとマイナスの両方の観点から見ることができるのですね。

発達障がいに限らず、人生はすべてそうなのだと思います。起こる出来事はあくまでも中立で、それを良いか悪いかと判断するのは人間です。

人間の性質でも「良い・悪い」と決めつけられるものはありません。例えば、善良で人を信じる人は良い人と言われますが、実はそれだけではなく、時には人に騙されて借金し、家族に迷惑をかけるというような欠点になることもあるわけです。

ポジティブ・シンキングと言ってもよいのかもしれませんが、「コップに半分しか水がない」と考えるよりも、「まだコップに半分も水がある」と考える人の方が、人生を幸せに生きることができるような気がします。

自分や他人のマイナス面にばかりフォーカスして落ち込むのではなく、そのマイナスをプラスに変えるにはどういう視点をもてば良いかと考えることで、生きることは随分楽になっていくと思うのです。

そして後は、それを実行するのみなのですね。








あなたは一人ではありません

私自身の落ち込み癖は、事実が云々よりも、私のパターンでしかないということが認識できるようになって、なんとかそれを乗り越えることが以前よりも楽になりました。

鬱というのは、ありあまるクリエイティビティーを外に出すことができず、自分に向けてしまったときに、自分をとことん傷つけてしまう現象です。

多くの精神的疾患の根底には、発達障がいとカテゴライズされる、持って生まれた機能による社会における不適合さがあるケースが多いと知ることは、苦しみ多い人達の一縷の光となるように思います。

私自身が抱えるこの危うさや、同時に存在するパワフルさを、自分にも社会にもプラスの側面で使っていけるようにすることは、そのまま自分のみならず、どこかで自分以外の人達のお役に立つことなのだと、常に己を叱咤激励し続けています。

FreeVector-Rainbow-Light-Burst

あなたは一人ではありません

あなたの光は世界を照らします

どうぞその光を外に向けて放射してください

誰かたった一人でもよいのです

あなたの言葉が、あなたの笑顔が、誰かの心に暖かな光を灯します

そして外に放射されたその光が

あなたが灯した明かりに照らされた人から反射され

再びあなたを照らすのです

あなたは世界と繋がり続け、世界はあなたと繋がります

ひとりぼっちの世界だと思っていた場所は

実はたくさんの光で満ちているのです







 

『マイナスの症状をプラスに転換する』~ ⑤「俺が!俺が!」タイプ

brain-770044_1280

今はグレーゾーンを含めると、発達障がい者は10人に1人と言われています。私の体感では、更に多いような気がしています。 

しかもそれは、グレーゾーンといってもある程度診断がつくレベルのものであり、そこまでいかなくてもそういう要素を持った人達は、若い年齢ほど多いのを感じます。

またその反対に、年齢が高い世代においてグレーゾーンの発達障がいを持つ人は、自分が社会においてうまく機能できないことや、周囲との感覚の違いへの違和感に苦しみ、長い長い自分探しの旅を続けて、今なお出口が見えない人も多くいるのを目にします。

私が吉濱さんの著書やご本人と出会って楽になったのは、自分自身に使えるトリセツ、「取扱い説明書」を手に入れることで、できることやできないことが明確になり、押す必要のないボタンが動かないと悩まなくてよいと思えるようになったことなのです。

また他の人達のトリセツも、より効果的なものを読むことが可能となり、スタンダードなトリセツでは機能しない部分を持った方達への対処法がわかったことは、お互いにとってもより楽になるための方策だと知りました。

かつてアメリカでのセミナーなどに参加したときに、とてもサイキックな能力と美しい心を持った人達が、あまりにも繊細で生き辛そうな様子を目にし、一体これは何なのだろう?と疑問に思いました。

もちろんそれを超越して安定して生き、光を放っている人もたくさんいましたが、それでも魂と身体のアンバランスさに苦しんでいる人達の多さへの疑問が残ったのです。

発達障がいのことを学ぶにつれて、彼らの生き辛さがどういう類のものだったのかが、今はよくわかるようになりました。もちろん、自分自身も含めて。

「障がい」という言葉で呼ぶことで、この世界にはびこる差別や蔑視の視点が邪魔をするかもしれませんが、それでも私は、より自分や大切な人のことを知るための「取扱説明書」として、発達障がいと名付けられて研究が進められている分野のことを知ることは有益だと感じています。

ご自身に発達障がいの要素を感じる方には、吉濱さんの最新刊『発達障害とどう向き合うか』を読まれることをぜひおすすめします。(どんな仕事が向いているかなども書かれています。)

_SX338_BO1,204,203,200_

『発達障害とどう向き合うか』吉濱ツトム著(実務教育出版)

自閉症、アスペルガー、ADHD…生きづらさは克服できる。人気カウンセラーが語る、症状を軽減し、豊かな社会生活を可能にする処方箋。・・自身も発達で障害で苦しんできた著者が一般社会にはびこる発達障害のさまざまな誤解を解き、悩み苦しむ当事者や保護者たちに向け、個性として向き合いながら、人生を豊かに生きるための具体的な方法を語り尽くす  


*マイナスの症状をプラスに転換する(5)
「俺が!俺が!」タイプ


自己顕示欲が強く、何にでもしゃしゃり出てくるタイプの人がいます。

積極奇異型アスペルガーや多動衝動性優位型ADHDに見られる症状ですが、定型発達の人の自己主張とは、明らかに程度が違います。
「俺が、俺が!」感が半端ないため、内向的な国民性を持つ日本社会では、ものすごく浮いた存在になります。

年齢が低ければ低いほど抑えがきかないものなので、小、中、高校生時代にはかなり顕著な行動として表れます。
学校では「イタイ奴」という目で見られることも多いでしょう。
大人になってから過去を振り返ったとき、「そういえば、友達って誰もいなかったかも」ということになりがちです。

とはいえ、このタイプはあまり人目を気にしないという特徴も持っているので、本人は周囲から浮いていることに気づかなかったりします。

本人はハッピー、周囲は大迷惑、という状況がよく起こります。

ただ、自己顕示というのは「正しさの誇示」の表れであるため、このタイプは基本的に正義感が強く、社会通念を重視する傾向にあります。

押しが強くて行動力もあるため、警察官などにも非常に高い適性があります。

基本的にアスペルガーやADHDは一人で黙々と取り組む仕事に向いていることが多いのですが、このタイプはチームで活動することも可能です。
アイデアマンやチームリーダーとして、プロジェクトを引っ張る役割を果たすことになるでしょう。

(吉濱ツトム公式ブログ 「未来への思考法」より) 
 

 
自分ではそこまで顕著だとは思っていませんが、どうやら私はこの型に分類されるようです。(そのまんま!というご指摘がありましたら、素直に受けます。笑)

自称「人見知り」な私なので(笑)、基本は大衆に紛れて静かにしていることもできるのですが、子供の頃から特に、「正しい」か「正しくない」かが関わってくると、どれだけたくさん人がいようが「正しい」を主張したくなってしまう性癖は自覚しています。 

他人の目を気にして、やるべきだと感じることをしないということは多分あまりないと思うのです。

もし身長と体力があれば、警察官になれば良い仕事をしたかもしれません。(家族からは、やくざに絡んですぐに殉職するわ!と揶揄されましたが・・笑) 

若くして亡くなったシンガーソングライターの尾崎豊さんなどは、きっとこのタイプだったのではと推測しています。飛びぬけた才能ともろさが同居していた、カリスマ性では群を抜いていた人だったと思います。(蛇足ですが、若い頃付き合っていた彼氏が尾崎豊さんに心酔していたので、ほぼ全曲歌えます!笑)

「イタイ奴」 でさえなければ、このタイプのアイデアマンやチームリーダーとしてプロジェクトを引っ張ることができる能力というのは、社会的にはとても評価されてしかるべきでしょう。

発達障がいを持つ人の才能は、すべてがこのようにもろ刃の剣なのですね。マイナスをプラスに転換することで、自己肯定感も高まり、社会にも貢献するということを知り、潜んでいる才能を発揮することに取り組んでほしいと願うばかりです。


 
『マイナスの症状をプラスに転換する』~ ⑥へ続く・・)



『マイナスの症状をプラスに転換する』~ ④冗談を真に受ける

love-2055960_1920

そもそもマイナスの症状などと書くと、その言葉に対して反発や否定が起こる人がいるものです。

マイナスというのは単にプラスの反対という事で、それが良いとか悪いとかというジャッジメントが乗っているのではなく、社会生活を営むにあたって不都合な現象を起こすという意味で、マイナスと定義しているわけです。

(不都合は心地悪いので、都合が良い状態、つまり心地よく暮らすために、客観的にマイナスがプラスに転じるには?を考え、提案しています。)

その辺りの感覚には、人によって個人差があるなと常々感じてはいたのですが、『冗談を真に受ける』という症状は、相手が伝えたい真意から外れて言葉を受け取るという意味で、コミュニケーションを難しくする大きな要因となっている気がします。


*マイナスの症状をプラスに転換する(4) 冗談を真に受ける

「冗談が通じない」というのも、論理型思考の強いアスペルガーに多く見られる症状です。
(ADHDの方にも、こういうタイプは割といます)

これは、言葉や文章を文字通り受け取ってしまうからです。
そこに書かれている比喩や誇張などを理解することができません。
これも、KY(空気読めない)の亜種のようなものです。

「喉から手が出る」「目から鱗」といった慣用句をたくさん覚えることで、比喩表現に慣れ感覚を磨いていく。
こういう地道な努力によって、かなり改善することができます。

といっても、日常会話の中でよく出てくる親しみをこめた冗談やからかいに慣れるのは、なかなか難しいでしょう。
「あんなことを言われてしまった」とか「冗談だと気づかずに、ムキになっちゃった」とか、あれこれ悩むことも多いかもしれません。
でも、これはこれで人間的な魅力なのです。

ともすれば杓子定規になりがちな論理思考タイプの人に、ちょっとした天然ボケの要素が入るわけですから。
かっちりと完璧な人よりも、ちょっと抜けていて突っ込みどころがあるぐらいのほうが、親しみが持てるというもの。
発達障害者は人づきあいが苦手な傾向がありますが、この天然ボケの親しみやすさによって、マスコット的な「愛されキャラ」を上手く確立することができるのです。

 (吉濱ツトム公式ブログ 「未来への思考法」より) 

「天然の愛されキャラ」と「いじめられている人」の違いは紙一重のような気がします。

周りからは
「天然の愛されキャラ」と見られ、それが愛しいがゆえに突っ込まれているのに、本人は「いじめられている」や「嫌味を言われている」と受け取り、落ち込んでしまう人は多くいます。

それを回避するためには、嫌味を言われているとか、馬鹿にされていると感じた時に、それを目にしている第三者に意見を求めてみるのも一つの手かなと思います。

私はどちらかというと、お笑いで言えばツッコミ型で、辛辣なツッコミをすることでその場で笑いを取ろうとするタイプです。(別に敢えて笑いを取らなくてもよい仕事なのですが、笑うことは一瞬でエネルギーをリリースし、その場の波動を上げるので、無意識でやってしまいます。笑)

その時に、天然キャラの人を突っ込むことがどうしても多くなるのですが、その天然ぶりが本当のものではなく、発達障がいゆえのものであることがあり、後で私の言葉に傷ついたと責められる事があるのです。

しかし、周りでそれを聞いて笑っている人達には、私がその天然キャラの人をとても愛しているのが伝わっているので、逆に突っ込まれているのを「うらやましい」と言ったりもします。

傷ついたと思っているのは当の本人だけで、事実はそういう意図のもとにあるのではないという事がほとんどです。

私自身で言えば、いつも誰にでもそういう風に突っ込んでいるわけではありません。一応相手は選んでいるつもりでした。(気を使って付き合っている親戚の発達障がいと思しき人には、決してそれはしません。なので付き合いが疲れるので、その人に会うのは正直できるだけ避けています。)

それでも、私の認識が甘かったのだなと、このブログ記事を読んで改めて思った次第です。傷つけるつもりがなかった意図をわかって下さいというのは私の甘えだなと・・。

特にグレーゾーンのアスペルガーの人は、表向きは上手に人に合わせることもできるので、むっとした表情をその場で出さないがゆえに、相手も「愛すべき天然キャラ」に合わせた言動をすることがあると思うのです。

そしてそれに傷ついていることを気づいてもらえずに、相手との溝が深まってしまうという悪循環です。

もちろん明らかな悪意が見える場合は論外ですが、発達障がいゆえの特性なのだということを知ることで、冗談を真に受けることをせず、言葉通りではない相手の真意を見ることができるようになれば、何より自分自身が楽になるのではと思います。

そして、たとえいつもそれがうまくいかなくても、自分は「愛され天然キャラ」かもしれないことを、周りの人達がそういう時は受け取ってみてもよいのかもしれません。

そういう私も、家では言葉の辛辣な家族たちからボロクソに言われる「愛され天然キャラ」だと思っています。

「そうだよね?」と家族に聞いたら、「ママは単なる”ボケ”!」と吐き捨てられましたが(笑)

冗談を真に受けないように気をつけます(笑)


 
『マイナスの症状をプラスに転換する』~ ⑤へ続く・・)




ギャラリー
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『アモールの物語』 Beacons of Light Oct.2017 ②
  • The group~『移行のエキスパート』Beacons of Light Oct.2017 ①
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
  • セドナリトリート2017 ⑤ 魂に触れる旅の終わり
livedoor プロフィール