2017年10月

セドナリトリート2017 前章 "Earth Summit 2017"

セドナから戻りました。12日間家を留守にしていたのですが、行く前は咲いていなかった近所の菊が満開になっていて、ちょっと驚きました。もうすっかり秋ですね。

セドナはまだ日中は28℃位の夏日で(夜は13℃くらいに下がりますが)、連日真っ青な空を眺めていたので、なんだかタイムスリップしたような不思議な感覚です。

今回のセドナでは、TIME(時間)& SPACE(空間)のシフトがテーマでしたので、この不思議な感覚もその流れの一部のような気もします。

20171020_171031_0009
20171020_171031_0004

私が開催するセドナリトリートに先だって参加した、Espavo (The group&Steve Rother)による ” Earth Summit 2017 ”は、セドナに新しくできたコートヤード・マリオット・ホテルで4日間に渡って開催されました。

スティーブは、ホテルそのものがボルテックスの真上に位置していると言っていました。

昨年セドナを訪れた時、建設中のホテルの前を通りかかり、そのロケーションの美しさに心惹かれ、いつかここに来たい!と願った思いが一年後に叶ったのでした。

20171020_171031_0002

5月にザ・グループからもたらされたショッキングな情報の後に、エスパーボ(Espavo)のスタッフであるメグ(Meg Adamson-Gour)が、地球のために何かできることはないかと閃いたことから、急遽開催が決まったセミナーでした。

通常は1年前から予約しないと空きがないというセドナのホテルの会場が、たったの2ヶ月の内にすべてが整って準備されたとのことでした。

「呼ばれた」と感じた人達が世界中から集まりました。メグによると、数十人の単位で参加者が次々と入れ替わったかつてない不思議なセミナーになったとのことでした。

私も最初は自分一人で参加を申し込んでいたのですが、前回のシャスタリトリートの最中に、アシスタントをしてくれていた育ちゃんに声を掛けろとのインスピレーションがやってきたのでそれに従い、その後彼女を大いに動揺させ悩ませたいきさつがありました(笑)

20171020_171031_0070

ザ・グループのセミナーでは初めて出逢った日本人のチガヤさんとも仲良くなりました。

彼女は、日本人離れした行動力でいつも元気溌剌な、子供のようにピュアで不思議ちゃんのおねーさまでした(笑)

20171020_171031_0075
20171020_171031_0073

マリオットホテルのお庭は絶景です。休憩時間には育ちゃんと二人で、いつも雄大で美しい景色を眺めていました。

20171020_171031_0063
20171020_171031_0065
20171020_171031_0079

セミナーは、スティーブの地球環境についての話や、ザ・グループからのチャネリング、小グループでのワークと毎日盛りだくさんでした。

国境も人種も言葉も超えて、私達は繋がりあって互いの魂に触れ、たくさんのシェアをしました。

そして私達が地球に何をできるかについて考え、メッセージを受け取り続けました。

20171020_171031_0084

セミナーの終了時間は毎日日没の20分前くらいだったのですが、セミナー期間中しかセドナにいられない育ちゃんの為に、終わるや否や車で飛び出してあちこちへと向かい、美しいセドナの風景とエネルギーを堪能しました。

20171020_171031_0115
20171020_171031_0096
20171020_171031_0167

スティーブが開催するWSとしては異例の少人数(とはいえ60人ほどいましたが)でしたので、すぐに皆顔見知りになり、特に同じグループになった人達とはとても親しくなりました。

20171020_171031_0137
20171020_171031_0147
20171020_171031_0088

マリオットの美しい施設も堪能しながら、後半はランチを持参して、昼休憩にも外に飛び出しました。

レッドロック・クロッシングが美しく見えるクレセントムーン公園がホテルからほんの10分ほどの距離にあったので、何度か出掛けました。

20171020_171031_0189

頭から煙を出して撮影をしてみたり・・(笑)

20171020_171031_0101

結婚式の撮影をバックにサンドイッチにパクついたり・・(笑)

一瞬も無駄にせず、かつのんびり楽しい時間を過ごしました。

20171020_171031_0087

会場では皆が友達になり、あちこちで交流が深められていました。

20171020_171031_0120
20171020_171031_0214

前回セドナで育ちゃんが一番気に入っていたWildflower Bread Companyに夕食を食べに行ったら、見知った顔のおにーさま達がいらしたのでご一緒して、色んな話をして楽しい時間を過ごしたりもました。

20171020_171031_0291

今回はバーバラがご家庭の事情で不在で、スティーブのパートナー席にはメグがいつも座っていました。

チャネラーでもあるメグの素晴らしいインスピレーションは、私達をはっとさせる提案や気づきを何度も与えてくれました。

20171020_171031_0293
20171020_171031_0312

大好きなスティーブとメグとのツーショットに幸せ一杯の私♪

20171020_171031_0274
20171020_171031_0201

セミナー時間の始まる前の恒例のダンスが盛り上がり、列の中に引っ張りこまれて楽しそうな育ちゃん♪

20171020_171031_0213
20171020_171031_0316
20171020_171031_0296

仲良くなった人達との幸せな瞬間が積み重なり、私達はなぜこの場所に集まったのかの理由も明らかになり、4日間のセミナーは感動のうちに幕を閉じたのでした。


Remember the game, wake up! (人生はゲームでしかない、目を覚ませ!)

今回、ザ・グループから発せられた最も重要なメッセージです。

私達は多次元存在であり、人類としての私達の歴史は、時間と空間を超えて時を遡った人達によってインスピレーションの種が撒かれてきたのでした。

地球の未来は変えられるのです。

私達一人一人が未来を創るのです。

時を遡り、私達が変化の種を撒くのです。


20171020_171031_0069

そして、私にも今朝メッセージがやってきました。

昨夜は時差ボケで夜中に目が覚め、眠れないのでブログに使う写真を選びながらあの愛に満ちた空間に触れてもう一度眠りについたからなのでしょうか、夢のようで夢ではない異次元の体験をして、朝目覚めたのでした。


『私達はなぜここに生きているのか?』

『ちっぽけな人間と言う存在として、さまざまな葛藤を抱え、なぜ今ここにいるのかを知らないまま、私達は存在しているのか?』

その問いへの答えが、目を覚ます瞬間に訪れました。


私達は、生きて愛されるためにここにいるのです。

私達は、そのままの姿のお互いを、愛して愛されるためのここにいるのです。

他には何もいらないのです。ただ生きて、愛して、愛されて、互いを受け入れあうために生まれてきたのです。


「わかった!」という内なる言葉と共に、私は目を開けたのでした。

私が今やっていることは、そういうことをただ伝えるためだけにあるのだとわかりました。

自分を愛してくれる人達と、愛し愛されて生きるために、まずはそのままの自分を愛することを伝えているのだとわかったのでした。


夢でない夢の中での私は、美しい景色の屋外で、美しくはない昔ながらの日本式のトイレにしゃがみこみ用を足していました。(なぜそうなのかは突っ込まないで下さい。笑)

それは人間としては当たり前の行為ではありますが、他人に見せるのは苦痛だし、見られたくない自分の一番恥ずかしい姿でした。

しかしそこに、私の愛する人が、他の人よりも遅れてしまってなかなかやってこない私を探しにやってきたのです。

彼はその「恥ずかしい姿の私」を見つけて安堵して、そのことを恥ずかしいとも汚いとも非難せず、ただ見つけた喜びで私を待ってくれたのです。


情景を想像するとおかしなシチュエーションではあるのですが、そこにはただただ愛される深い喜びに満たされた私がいました。

そして私は、自分の「恥ずかしい姿」なんて、全然気にする必要がないと知ったのでした。

そのままの姿の私で、ありのままの姿の私が、見守られ愛される喜びと共にありました。

深い深い幸福感に包まれて、目覚めた朝でした。

20171020_171031_0304

Earth Summit での濃い4日間を過ごした翌日からは、私が主催するリトリートが始まります。

明日セドナにやってくる参加者の皆さんを待ちつつ、暮れゆくセドナの街を眺めて、深夜にここを発つ予定の育ちゃんの最終日を一緒に味わいながら、夜は更けていきました。



「セドナリトリート2017 ①」へ続く・・




バラ園で思ったこと

夏が戻ったかと思うような日差しの強い日に、秋の薔薇を見に出掛けました。

22407569_10210628756698081_445869633_n

春には予定が合わなくて、一緒にバラ園に行く約束が果たせなかった友人と、しばし薔薇の香りの風の中で憩ってきました。

22447236_10210628756298071_192058066_n

棘が嫌いなので、触れるのはあまり好きではない薔薇ですが、どちらかというと香りフェチの私は、こうして花壇に咲いている薔薇に顔を近づけてクンクンするのは最高です♪

22449495_10210628756618079_60555066_o

春に比べると花の量はかなり少ないそうですが、それでも美しく咲く薔薇の一つ一つと挨拶するように、香りを嗅いで幸せな時間を過ごしていました。

22404209_10210628756538077_919618801_o

薔薇は名前が秀逸なものが多くて、名前の立札を見ているのも楽しいのです。

今回私の心をヒットしたのは「ダブル デライト(Double Delight)」

デライト(delight)とは「歓喜・楽しみ」という意味で、それがダブルというのが、なんともハッピーな感じでうきうきしたのでした。

そして、そういう明るいネーミングが嬉しい自分も、なんだか幸せだな~という感じだったのです。

22407669_10210628756778083_673342790_n

もう一つ見つけたダブルがこれ↑ 薔薇の葉につかまって、仲良し(?)のセミと一緒に羽化するなんて、おしゃれなセミではないですか~!笑

なんだか楽しくなってバラ園を散策していたのに、次に目に飛び込んできたのがこれでした。↓

22425802_10210628756818084_688587922_o

あちこちの薔薇の茎に、何かを書いた白い札が巻かれているのです。

22426160_10210628756898086_1378842246_o

↑側に寄って見てみると、それらは「盗難枝」という札でした。

よくバラ園を訪れる友人に尋ねると、どうやら夜間に薔薇を切って持っていってしまう人が後を絶たないそうなのです。

こういう風に枝を切ってしまうと、花が減るだけではなく、その後の薔薇の木がうまく育たなくなることもあるそうで、確かに深刻な事が起こっているのでしょう。

しかし実は、この「盗難枝」という怒りのエネルギーがこもった(?)札のせいで、美しい薔薇の姿と香りに癒されていた私の心が、一瞬でざわっと心地悪いものになってしまったのでした。

友人は薔薇を盗んでいった人に「ひどいよね~」と言ったのですが、私はどちらかというと、この「盗難枝」と札を付けた人の方に「やめてくれ~」と感じたのでした。

「どうして美しいものに、こんな怒りの乗った札を付けるのかな?犯罪の証拠のようなものを突きつけるのではなくて、『取らないで下さい』の案内ではだめなのかな?」と思わず呟くと、その案内板はすでに設置されているとのことでした。

22471430_10210628756738082_993660140_n

↑確かにありました。とても立派な看板が・・。

それではだめだったのですね。世の中には色々な人がいますからね。

それでも私は、やっぱり「盗難枝」と札を付けるのはやめてほしかったな~と思ったのでした。

なぜなら、薔薇の枝が切られていたことよりも、その罪を糾弾するエネルギーが乗った「盗難枝」の札の方が、私を心地悪く悲しくさせるものだったからでした。

22414359_10210628756578078_1002451203_n

美しい薔薇たちは人間の思惑などよそに、「そんなの関係ないわ~」とばかりに、美しい姿を風に揺らせていました。

ベンチに腰かけて、風に乗ってくるうっとりとする薔薇の香りに包まれ青空を見上げていたら、ふと夫が言っていたことを思い出しました。

少し前に北朝鮮からのミサイルが日本の上空を通過した時に、「国の上をミサイルが通過したのに、戦争が始まらないのは日本だけだよな~」と。

そのことを、「危機管理意識が低い」と嘆く人達も確かにいますが、私はそうではないように思うのです。

22426004_10210628756378073_920517264_o

以前聞いた事があるのですが、戦場を横切るお坊さんたちの列には、まるでそこだけが次元が違うように、彼らには一つも機関銃の弾が当たらないのだという話がありました。

日本人が、上空をミサイルが通過しても一向に国中が戦争モードにならないのは、実は私達の集合意識がそのお坊さんたちのようになりつつあるのではと、ふと思ったのでした。

それが、白と黒に分離している二極性の世界を超えていくということであり、そうなった場所には、ミサイルを撃ち込もうとしても、それはうまくいかないという現実になるのではないかと思ったのでした。

そういう話を友人にしているうちに、私が「盗難枝」の札に違和感を持ったのは、「盗んだこと」への強い怒りを他の人達とも共有しようとした人の分離感が心地悪かったのだなとわかりました。

22407858_10210628756938087_780011392_n

↑薔薇ではなく芍薬ですが(笑)、つい先日一目ぼれして購入したマイカップです♡

美しいお花は、いつでも心の癒しになりますね♪

花泥棒の人達も、その花を愛でて少しでも幸せな時間を過ごしてくれたのならいいなと思います。

そして薔薇を切っていった人達に、「次はしないでね」と優しくウインクするような人達ばかりになれば、ミサイルは永遠に日本には落ちてこないように思うのは私だけでしょうか。





二極に分離している世界に住むのはもうそろそろ終わりのようです。「家族関係のことで悩みはないわ~」と思っている方も、「スピリチュアルなんて関係ないわ~」と信じている方も、『幸せに毎日を生きる』ことに心が動くならば、ぜひWSにいらして下さい♪ あなたの世界はあなたが創っていることに気づき、自分の望む世界を生きていくためのパワフルな後押しをさせて頂きます。
    ↓

齊藤つうり石川ワークショップ


-img-client-e1465




「感情のゴミ箱」になることを手放す

face-2670533_1920


前回のブログに関して、ご質問を頂きました。

ずーっと優しくていい人と思っていたその「嫌われたくない人」の本当の姿を、垣間見る機会がちゃんとあったのです。

今でも頭にすぐ浮かび上がるようなその人の本性を表す表情を、「いいや、きっと私の気のせいだ!」と打ち消し続けていた私がいたのです。

↑というところについてです。

本性という書き方に語弊があったのかもしれませんが、その人がむき出しの感情を私にぶつけてきたということ(その人は言葉に出してきたのではないのですが、私が感じるところの「エネルギー」で、とても心地の悪いものを向けられました)を体験して、私が気づかないようにしていたその方の中にある一面を見たということを書きました。

それはその方の本質を断定するということではないのですが、私がこれまで見ていたもの、そうであると自分に信じさせてようとしていたものには、どこか偏りがあったということだったのです。

その人がどんな人であるか、善人か悪人かとか、明るいか暗いかとか、そういう判断をするために引きだした例ではありません。

どこにも完璧な人間などいないし、時には感情が爆発して誰かにぶつけてしまうことなど誰にでもあります。私だって例外ではありません。

ただその方が私にぶつけてきた感情は、その時だけそこに起こっていたものではなくて、これまでもご本人でさえ見ないようにしていた奥深い場所に、最初から横たわっていたものだということに、ようやく私が気づいたという意味で「本性」と表現したのでした。

fork-977499_1920

前回のブログで私が書きたかったことは、あくまで自分に関して「人の感情のゴミ箱にならない」ということを改めて思い出すということでした。

分かりやすく人に当たり散らす人に対してなら、その感情を受け取る役割をしないことはたやすいのですが、前回話題にした人のように、分かりにくくエネルギーレベルでそれをする人に対しては、私は自分がそのことに敢えて気づかないようにする癖があることに気付いたのでした。

他の人に自分の感情をぶつけることをやってしまう人の側からすると、人間なのだからそういうこともあるという風に言う事もできるかと思います。

私自身も昔、どうしようもなく自分が不安定でストレスをためていた時には、家族の一人に対して、言葉の暴力とも言えるほどに感情をぶつけていた事があるので、その気持ちは痛いほどわかります。

自分がバランスを崩している時には、どうしようもなくそうしてしまうことは、ある意味仕方ないのかもしれません。なのでそのことは、その人の本質云々ということではないのかもしれません。

しかし、私が焦点を当てたかったのはそこではありませんでした。
man-2013447_1920

問題は、そのエネルギーをまともに受け取ってしまう自己犠牲の傾向がある人との組み合わせで、そういうことが起こりがちだということなのです。

相手がどんなに爆発して、怒りでも悲しみでもぶつけてきていても、全く平気でスルーできる人もいるのです。・・が、大抵の場合には、それをスルーするにはあまりにも敏感な人達が、その強いエネルギーを受け取って苦しむことになるようです。


私は長い間、自分が誰かの「感情のゴミ箱」になることを、無意識で進んで引き受けているような人間でした。

そうしてそこにたまった感情を、また次の誰か引き受ける人へと垂れ流していたのです。

それはとても辛くて悲しい悪循環でした。

それを断ち切るために、私は自分が誰かの「感情のゴミ箱」になることをやめようと決心しました。

そしてそうすることで、やがて自分自身が次のゴミ箱を探す現実も徐々になくなっていったのです。

woman-2188033_1920

前回ブログに書いた出来事は、まだ完全に手放せていなかった「自分がゴミ箱になる癖」を本当に手放しなさいと、自分に言う為に起こったのだと思っています。

相手が云々ということではありません。その人を勝手に自分が見たいように見ていた、というところを知るべきだったということでした。

更に言うなら、「見たいように見る」ということは、「怒りを人にぶつける人に気付かないふりをする」・・つまりそういう人をどこかでジャッジしていた私がいたことに他なりません。

人間は不完全な生き物です。こちらから見て「心地の悪い人」も、ただその人がその人であることでしかないので、そのことをそのまま受け入れればよかったのです。

そのうえで、「心地の悪い人」と無理にこちらが合せる必要はないのだと、自分に許可を下ろしてもよいのではという話でした。

それは、「自分が心地よく生きることを選ぶ」ことをしてみよう、という提案だったのでした。

flowers-2731320_1920

もちろん、私が心地がよくないと感じる人を、他の人が心地よいと感じることもあるでしょう。

それが波長の法則ということになるのです。

格闘技が好きか、静かに絵を描くのが好きか、両方とも好きか、はたまたどちらも好きでないか、ということと同じなのかもしれません。そのどれでも構わないのです。

自分の心地よさを大切にすることに許可を下す・・・当たり前のようにそうしている人にとっては、謎のような許可だと思います(笑)

しかし、これまでそれをしてこなかった人にとっては、「自分の心の声を聞く」ことと、「波長が合う合わないという事実をそのまま受け入れる」ことは、生きるのをとても楽にするのではと思ったのでした。





チャネリングによるメッセージをお伝えしています。あなたが本当の自分に出会い、魂の目的を邁進して行くために、今必要なことをお伝えし、変容していくための後押しをさせて頂きます。
    ↓
Cerulean Blue 個人セッション



ワークショップは、どんな方にも受講して頂けます。心にピンとくるものがあった方は、どうぞお気軽にご参加下さい。ご夫婦、ご家族、お友達同士のご参加も大歓迎です。大切な方とぜひご一緒にいらして下さい。
    ↓
齊藤つうり石川ワークショップ

家族関係WS

21742175_1497374387023705_1907571756_o







「心の声を聞こえないふりをするな!」& 波長の法則

mystery-864714_1920

朝起きた時から、なんだか頭の中で声が響く。

「自分の声を聞こえないふりをするな!」

その前に何か別の言い廻しで聞こえていたんだけれど、「そうか~。そうだよな~。」と思考を動かしているうちに、言葉が上書きされて前のフレーズが消えてしまったので、これは上書きバージョンだけど(笑)

昨日、久しぶりに心がどよ~んとする出来事があって。

それは、昔はしょっちゅうあった感覚なのだけれど、もう随分忘れてしまっていたもので。

その重苦しさ、もだえたくなるような気持ち悪さ、落ち込む感覚、いや~な気持ち。

懐かしいと言えばよいのか(笑)、「もうこんな感覚味わいたくないのに、なんで?」と言うのが本音で、一日どよどよが終わらなかったのです。

他人には、ばすばす感じる事、言いたい事を伝えてアドバイスできる私なのだけど、こと自分に関してはやはり鈍る、濁る(笑)


で、信頼している友人に、ばすばす言って~!とばかりにヘルプを求めて、あっという間にクリアになるきっかけをもらいました。

それをシンプルに表現すると、朝から聞こえてきたフレーズになるんだね、きっと。

それを他の人にもシェアしなさいね~というメッセージなんだね。

bubble-1891638_1920

私がどよ~んとなった理由は、自分の心に逆らうような、やりたくないことをしなくてはならない状況がやってきたこと。

そしてそれをやらなくてはならないと思ったのが、その件に絡んでいる関係者の人に嫌われたくないと思ってしまったから。

でもね、実はお知らせは随分前にやってきていたのです。

ずーっと優しくていい人と思っていたその「嫌われたくない人」の本当の姿を、垣間見る機会がちゃんとあったのです。

今でも頭にすぐ浮かび上がるようなその人の本性を表す表情を、「いいや、きっと私の気のせいだ!」と打ち消し続けていた私がいたのです。


友人にその人のことを話始めた途端、私のその感覚は間違っていなかったことがわかりました。

そしてすべての根源は、私が心の声を聞こえないふりをして、本当はやりたくないことをやらなくては「いい人」でいられないと葛藤していたからでしかないとわかったのです。

「いい人」に思われること、手放しました。

その人に良く思われたいということ、今手放さないと絶対にダメだとわかりました。

ちゃ~んと布石は敷かれていて、私が小さく小さくボリュームを絞っていた「心の声」を、しっかり聞けばよいだけなのだということに気付きました。

私の弱いところでした。

どんな人でも「よいところ」だけを拡大して、その人の「ありのまま」を見ない自分がいました。

そしてそれを自分に対してもいつもやっていて、「よい人」と見られたいがために、やりたくないことでも無理にやらせている自分がまだいました。

過去にどれだけそれをやっても、決してうまくはいかなかったのに。

smiley-432563_1920

そしてもう一つ大切なことが・・。

『波長の合わない人というのは存在する』

今回の出来事も、相手は私にとって、その「波長の合わない人」なのです。

同じくそういう「波長の合わない人」に、がんばってがんばって合わせようとしてきて、自分のでき得る限りの努力をしてきても、絶対に認めて気に入ってもらえなかった辛い過去があったはずなのに・・。

またやろうとしていました。

これは最終テストなのだなと思いました。

自分が自分でなくなるような無駄な努力をする必要は、もうまったくないのだなと思いました。

合わない人というのはいるのです。それは当たり前なのです。

その人達とはもう、一緒に生きていかなくてもよいのです。

どんどん、自分と近い波長の人達と一緒に生きていく世界が開けていきます。

そのことに、全面的に許可を出すために出来事は起きていたようです。


やりたくないことはやらない!

会いたくない人には会わない!

そう決めただけで、あれほど心地悪くてどんよりしていた気持ちがあっという間に晴れたのでした。

そうして、私がしなくてはならなかったかもしれないことが、そうしなくても大丈夫な現実へと変わりました。

あっという間に現実が変化したのでした。

watercolor-1996538_1920

いつも他の人にこんこんとお話ししていること、自分でもおさらいさせられました。

どこかの本のタイトルにあった「嫌われる勇気」ですね(笑)

「いい人」を完全に返上した私は、きょうはすごぶる元気です!笑


きょうもアメブロ有名人風(笑)で、書いてみました♪ 悪しからず!(しばらく続くかも・・笑)





「いい人」をやめたい方、いつも笑って生きることに許可を下したい方、個人セッションにいらして下さい。今のあなたに必要なことのお知らせ、あなたが進もうとしている方向への後押し、させて頂きます。
    ↓
Cerulean Blue 個人セッション

そして、人間関係でもう悩む必要がなくなるために、お坊さん&スピリチュアル講師の齊藤つうり氏のWSにもぜひいらして下さい!いい人を完全にやめた(笑)私も見に来てください♪

    ↓
齊藤つうり石川ワークショップ













私のこと、ちょっと話します(笑)

20170622_170701_0199
(6月のシャスタリトリートで♪髪の毛がまだ長め。きょうは自分の写真色々UPしますが、悪しからず!)

きょうはちょっと自分のことを書いてみようかな。よくアメブロなんかで有名人が呟いているような口調で(笑)

好きじゃないので、行間はあまり開けないけど。だって、たくさんしゃべりたい(書きたい)から(笑)

初めて私の個人セッションやセミナーにいらして下さった方の中には、「Emikoさんって、想像していたのと違いました!」と言う方が時々いらっしゃいます。

いい意味で・・と勝手に思ってますが(笑)、ドSなことをバンバン言うし、笑わせるのが好きだし、下ネタOKだし、よくしゃべるし。(・・これは、ブログでも同じか!)

ええ、そうです。このブログでは、ちょっと真面目なオーラを出してます(笑)なぜなら、真面目な人にも読んでもらいたいから。だって私自身も、ずーっと「まじめちゃん」だったから。

真面目な人に読んでもらうためには、同士だと思ってもらわなければなりません。ちょっとまじめオーラを出す方が、その方達にも届く可能性が高くなるような気がしてたからです。

20170622_170701_0010
(何を爆笑してるのか?!笑)

物を書くという作業、誰かに話すという作業、すべて基本は自分に向けて話していることだと思っています。

そしてそこから始めて何かを発信し続けていると、そのうちそこに自分の知らない自分が動き始めたりします。

よく作家や漫画家が「書かされている」というようなやつです。

そういうものが混じり始めてくると、自分の書いたものに感心して、(人に言うとバカか!と思われるかもしれませんが・・)自分でも何度も繰り返し読んだりするのです。

まじめに書いているのは、私的には、そうすることで「それ」が混じりやすくなってくるからかもしれません。

プラス、過去の自分のような「真面目な人」がほどけるための機会となってほしいからかもしれません。

だって私自身が、か~るい感じのブログは嫌いでしたから(笑)

行間ばかりあいていて、スクロールさせられるのが面倒くさかったから(笑)

いえいえ、そういう方達をディスっているのではありません。そういうブログでも、素晴らしいな~と読ませてもらっているもの、今では結構あります。

4_170907_0152
(マウイ・カアナパリのホエラーズ・ビレッジ♪)

読むもの、聴くものにも、波長の法則というものが存在します。

自分が心地よいと思える波長の幅が狭いとき、合わないものが苦痛になることが多々あります。

私がその幅を広げることになってきた機会としては、第一が結婚(夫)、次が我が子達、そして英語塾で教えてきた子供達との触れ合いがあげられます。

そして今のように、セッションやセミナーをやって更に色々な人達と触れ合い、俗にいうスピリチュアルな世界でも、現実的な人達の世界でも、果ては宗教の世界でも、さまざまな人達と関わり、ぐるりと一周回って自分へと戻ってきたからというのもあるでしょう。

な~んでもいいんじゃないか、というのが、一周回っての一番近い気持ちです。

覚醒してもしなくてもいいし、くだらなくても真面目でもいいし、悩んでいても幸せでもいいし、生きるのを楽しんでも楽しまなくてもいいし。

優秀でもダメでもいいし、可愛くてもブスでもいいし、変人でも普通でもいいし、希望があってもなくてもいいし、豊かであってもなくてもいいし。

ぜんぶ、自分が選んでいることだからです。

その体験をしたいからしている人達を、(自分も含め)あれこれ言うことないんだな~ということです。


そのまんまでいいよ・・ってよくいいますが、本当にそうなのだと思います。

それは、そのまんまがいいよ・・ではないのです。

選んでいるものが、そのまんま・・なのだということです。

りのぴ9月 生後1歳6ヶ月〜1歳7ヶ月♡_171002_0205
(孫娘と初めてのピアノ♪ ばぁば、昔のようにアンパンマンマーチ練習しときます!)

だからきょうは、私の「そのまんま」を少し暴露したいな~という衝動がやってきました。

ふだん「いい子」っぽい文章を書いてばかりいるので、「変人」とわが子達に揶揄される私の特徴(?)をちょっと箇条書きして、リアルな私を知らない方に、「へ~!」とか、「ほ~!」とか「、ばか?!」って笑ってもらえたら嬉しいです。(・・て、前置き長!笑)

もちろん、私に興味ない方は、きょうはここまでで。また、次回から真面目に書きますね(笑)

りのぴ9月 生後1歳6ヶ月〜1歳7ヶ月♡_171002_0291
(ばぁばの育てたプチトマト、今シーズン最後の収穫は孫ちゃんへ♡)

★わたしの好きなこと

*ネットサーフィン。
特に旅行に行くときの宿や旅程をあらゆる可能性で調べまくるのが好き。旅においては、もしかしたら計画を立てているときが一番好きかもしれない。

*何かについて調べるのが好き。
気になることや人(ドラマの主人公や、リアルな俳優、作者、時代背景など)があったら、とことんネットを駆使して調べまくる。で、ただそれだけだけど。自己満足。そのせいで、娘の彼氏のフルネーム、とうとう別れるまで教えてもらえなかったこともアリ(笑)

*ここ数年だけど、ドラマ鑑賞。
CMが嫌いなので必ずHDに落として見る。心に響かないものは、途中でも見るのをやめる。面白いもの、何か響くものは、人に話してシェアする。

*漫画を読むこと。
子供の頃は、うつのみや(金沢の人は知ってるよね!)で最長8時間立ち読みしたことがある。昔TSUTAYAがあったら、やばかったと思う。お小遣い全部つぎ込んで漫画を借りていたに違いない(笑)スピリチュアル分野での自己探求をしていた十数年間は、あまり読まなくなっていた。またしばらく前からぼちぼち読むのを再開したのだけれど、今は老眼が進んでいて、目が疲れるからあまりよめない(涙)

*本を読むこと。
ただし、もうそれは過去の好きな事、になってしまったかも。これは、老眼のせいだけではなく、本を読むことが飽和してしまった感じ。外から来る知識はもう本当に必要なものしかいらないという感じ。それと、左脳が働かなくなってきていて、右脳優先になってきたせいで文字を読むのが前より苦痛。小説などを読むのも面倒くさくなっている自分が不思議。(昔は、活字中毒だったから。)

*映画を観ること。
これも本と同じ感じ。でも、夫が職場の福利厚生で¥1,100の映画観賞券を買ってくるので、それを使ってちょぼちょぼ観てる。少し前に友人に誘われて、久しぶりに正規の金額を払って「Dancer」と「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」をマニアックな映画館で観たけど、感動した!

*空や美しい自然を見ること。
自然の風景や草花を見る事。ただ散歩して、ぼーっと夕焼け空とか見てたら変な人なので、犬の散歩にかこつけて、犬におしっこさせているふりをして、ぼーっと見てたりする。空や海、山の緑、その前に広い空間があることが前提で、そういう景色を眺めているのがとても好き。自分のためだけに、スマホのカメラでそれらを写したりするのも好き。時々、田んぼの前で立ち止まって写メっている変なオバさん(笑)

*誰かを励ますこと。
これ、書いて思ったけれど、励ますことが好きなのではなくて、話している相手の人が笑顔になるのを見るのが好きなんだろうな、たぶん。その顔が見たくて、そうなるにはどうすればよいのかを知っている自分がいて、必要なことを話すのだろうなと、なんとなく思う。

*人とおしゃべりするのが好き。
ストップされなくておしゃべりしていたら、たいていの場合、あっくり来るのが5時間くらいたった時(笑)たぶん、物理的にどこかで疲れたか、話すネタが一区切りつくか。私とおしゃべりする機会のある人なら、たいてい「そうそう」って言うと思う(笑)

*ひとりでいるのが好き。
これは、↑とは正反対なのだけど、AB型のせいか(笑)、蠍座のせいか(そうなの?)、エンパスのせいか、ひとりきりになる時間がないと、真夜中眠らないでもその時間を確保しようとしてしまう。ものすごく可愛くて愛しい孫が遊びに来ていても、ひとりの時間がとれないとストレスが溜まる(笑)子供の事めっちゃ愛してるのに、子育てが苦しかったのは無理がない・・と今さら思う。

*書くこと。
ただし、キーボードで。ノートに字を書くのは嫌い。書いているうちに思考が整理されたり、自分の奥の方から何かが出てきたり、どこか深遠なものと繋がりやすくなったり・・という感覚が好きなのかも。なので、連絡事項とか、しなくてはならないメールでのやりとり、とかは大嫌い。

*あの世と繋がっている美しい光を湛えている人と会う事。
時々アメリカくんだりまで出掛けて行ったりしているのは、そういう人達の中で、自分とより波長の近い人達に会う為かもしれません。子供達からはよく、「ママは外側は思い切り日本人だけど、中はアメリカ人だから」と言われるように、外国といってもあの世よりは近いからと(笑)、心地のよい人に会える喜びを満喫しているのかもしれません。

060115004
(長女のハワイウエディングにて♪ばぁばになる1年前の私。笑)

★わたしの嫌いなこと

*家事全般。
一応ちゃんとこなしてはいると思うのだけど、「きらい」は透けて見えるらしく、このまえ夫にしみじみと、「ママは基本、家事きらいだよね~」って言われて、一瞬むっとした。(家事能力を批判されているのかと誤解したから・・)夫はそんな私もOKってサインをくれたと受け取り、今は「嫌い」が薄れてます。嫌々やることをしないと決めているので、今は家事の時間は、ADHD気質の私が動きながら「何か学ぶ」時間に変化させることにしていて、オンラインセミナーやポッドキャストを聞くために家事をします。聞き終わらないと、聞きたいがために、拭き掃除までしたりします。助かります!

*決められたことをすること。
形や形式が決められていることをしなくてはならないのが大嫌い。お中元やお歳暮、年賀状や暑中見舞い、祝儀や香典など、名前のあるようなもの・ことを強制されるのが嫌い。決め事がきらい。いつもその時の自分の気持ちに沿っていたい。気持ち発でないことをするのが嫌い。いつも決められた時間に仕事をするのも無理。長年やってきた英語教室をやめることを決めたのも、そのせい。毎週とか、毎日同じ時間に、というのが苦痛。


そんなところかな。

好きな事・・子供達に言われる通り、やっぱりオタクなのかな(笑)

嫌いな事・・もうあまりやっていないから、そんなに浮かんでこないのがちょっと嬉しい。まぁ、くくりが大きいということもあるけど。

ハナレイ_9508
(2年前のカウアイにて。すごく幸せな1枚♪)

ここまで読んで下さった方、ありがとう!
何か機会があったら、リアルわたしにぜひ会いに来てください。

あ、もしセミナーとかお話会のご要望がありましたら、出掛けていきますのでお呼び下さい。(値段とか時間の縛りはありません。ご相談・ご要望に応じますので、お気軽にお問合せください。)
   
なぜだかわかりませんが、結構色んなご要望にお応えしたお話しができる不思議な自信があります(笑)どこかから、何かが湧いてくる・・感じなのです。
    ↓
Emiko のプロフィールの「お問合せフォーム」よりメール下さい♪

ぐぐっと自分の人生・生き方を転換、もしくはシフトアップさせたい方は、個人セッションにいらして下さい。今のあなたに必要なことのお知らせ、あなたが進もうとしている方向への後押し、させて頂きます。
    ↓
Cerulean Blue 個人セッション

そして、私の尊敬する先輩でもある齊藤つうり氏のWSにもぜひいらして下さい!世話係をしているわたしとのおしゃべりも無料でついてきます(笑)
    ↓
齊藤つうり石川ワークショップ


いつもブログへのご訪問、本当にありがとうございます!












ギャラリー
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
  • 『齊藤つうりワークショップ』 最高~♡ (笑)
livedoor プロフィール