Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

2018年02月

ハワイ島リトリート2018 ② ~愛に満ちたバレンタインデー~

出発〜到着_939

私が主催するリトリート・セミナーの目的の一つは、様々な制限を自分に課している3次元的な日常を離れて、5次元世界の感覚で生きることを体感するということです。

なので、自分の望むことがすぐに叶うという5次元的な現実を、普段より明らかに体験することが多くなります。

1週間の自分の為の時間に完全に許可が下りていない人は、周りの人や出来事を通して、行くことを阻む現実を作り出します。

それは見事と言ってよいほどで、そのことに気づき、自分の中に完全な許可を下ろすと、現実はあっという間に変化します。それこそ驚くばかりです。


今回も、成田からの飛行機が飛び立つほんの1時間ほど前まで、自分の弱いところを揺さぶるような出来事が起きている人がいました。

しかしそれは、その出来事を通して、その人が自分の人生で掴んでしまっているパターンの中でもう今の自分には必要がなく、完全にリリースすることを深いところで決めていた事を手放すために、敢えて(もちろん無意識レベルで)自分が自分に起こしている事なのでした。

(揺さぶられた人(笑) がその事を書いているブログはこちら ハワイ島リトリート出発①

参加者の皆さんが、果敢に起きている現実と向き合い、気持ちの揺らぎを乗り越えて乗り込んだ飛行機は、無事出発日と同じくバレンタインデーのコナの空港に到着しました。

出発〜到着_2686

出発〜到着_1082

雪に覆われた北陸から到着した常夏ハワイは、いつも以上にその温かさが嬉しく感じました。

長袖のシャツを脱いだり、半袖に着替えたりした後、ハワイ島では必需品のレンタカーを借りに行きます。

そしてそこで、今回のリトリートのテーマを象徴するような出来事が、レンタカーをピックアップするために列に並んでいる時に起こったのでした。

交代で受付カウンターにやってきた明るい笑顔のお姉さんが、いきなり「ハッピー・バレンタイン~きょうは愛を分かち合う日ですよ♪ この部屋も皆さんのたくさんの愛で満たしましょうね~!皆が愛で満たされて行くと、世界中が愛で覆われますよ~ 」と大きな声で並んでいる人達に声をかけたのです。

途端に、そこにいた皆の顔がほころび、口々に「ハッピー・バレンタイン!」と互いに言葉を交わし、一瞬にしてその部屋は美しい波動に満たされたのでした。

私も、なんとも言えない幸せな気持ちになりました。そして、この世界は、こうして一人の人が放つ愛がその場の波動を一瞬で変化させ、たくさんの人を笑顔にするということを再確認させられた気がしたのでした。

そしてその日一日、あちらこちらで「ハッピー・バレンタイン」と声を掛けられる実に幸せなハワイ1日目となったのでした。

ハワイリトリート1日目_8473
ハワイリトリート1日目_6604
(↑「ハッピー・バレンタイン!」の声と共に、教会のおねーさんから頂いた風船のメッセージに射抜かれた私 それは、私が自分の道標としている "Believe in yourself. You are loved. の一節だったから!)

その後、無事レンタカーをピックアップして向かったのは、カイルアコアナの街を見下ろす美しいコーヒー農園でした。

以前から行ってみたいと思っていたのですが、今回はとても強くそれを感じたので、いくつかある農園の中から直感で選んだドトール・マカウメドウズへと向かいました。

ここではコーヒー農園のみならず、果樹や南国の花で美しく整えられた庭園を散歩できるのです。

ハワイリトリート1日目_6104

海に向かって庭園の中の小道を下って行くと、南国ならではの花々に癒されます。

ハワイリトリート1日目_3171

ハワイリトリート1日目_7580

ハワイリトリート1日目_8241

ハワイリトリート1日目_1037

ハワイリトリート1日目_7993

時には、これも南国色の小さなお友達が現れ、「可愛い~♡」という人と、「きゃ~!」と叫ぶ人に分かれます(笑)

ハワイリトリート2日目_2655
  
写真撮影にぴったりのガゼボを見つけて入ったり・・

ハワイリトリート1日目_9889

ハワイリトリート1日目_9016

どんどん坂を下って行くと、眼下にはカイルア・コナの沖合が見えてきて・・ 

ハワイリトリート1日目_190

そしてそこには、思わず声を上げてしまうような、美しいインフィニティ―プールを配した休憩スペースがあったのでした。

ハワイリトリート2日目_8632

そこでは景色を眺めながらコナコーヒーを自由に飲むことができ、アップルバナナまで自由にもいでどうぞ♪と・・なんて嬉しいことでしょう

ハワイリトリート1日目_29

ハワイリトリート2日目_1196
ハワイリトリート1日目_4434

そして私達は、この美しい夢のような景色の中、のんびりくつろぎながら、それでもハートに触れる深い話をし続けたのでした。

ハワイリトリート1日目_4772

慌ただしい日常を離れ、いつもの役割を離れ、ただそこにいることを楽しむ瞬間の連続の中、私達はどんどん開かれていきました。

ハワイリトリート1日目_584

時間を気にせず、心行くまでゆったりとその夢のような美しい場所で寛ぎ、完全にハワイでのリトリートのモードに切り替わった後、カイルア・コナの街へと下りました。

ハワイリトリート1日目_4525

高台から見下ろしていた沖合の客船は、近くで見るとものすごく大きなものでびっくりしたり・・

ハワイリトリート1日目_3419

私達が泊まる予定のワイコロアとはまた違った雰囲気のビーチや街並みを散策し・・

ハワイリトリート1日目_2027

童心に返ってシェイブアイスに変身し・・笑

ハワイリトリート1日目_3974

主婦の楽しみの一つである、いつもとは違うスーパーでの買い出しを楽しんだ後は・・

ハワイリトリート2日目_230
ハワイリトリート2日目_9463
(↑巨大アボカド!!すごく美味しかった♪)

チェックインしたコンドミニアムのビーチでサンセットを楽しみました。

ハワイリトリート1日目_4390
ハワイリトリート1日目_6577

海に沈む夕陽を静かに眺めながら、いつもの倍の長さのバレンタインデーの一日が終わろうとしていました。

ハワイリトリート2日目_6719

そして、「調理しないで美味しいものを食べる!」がモットーの(笑)夕餉の食卓を手早く整え・・

ハワイリトリート2日目_7362

もうすっかり前からずっと一緒にいるような気がする仲間達と、この夢のような時間の中で自分達はどこへ行こうとしているのかを確認しながら、夜は更けていきました。

ハワイリトリート2日目_2807

もう随分時間が経ったような気がしていましたが、リトリートはまだ始まったばかりなのでした。


ハワイ島リトリート2018 ③に続く・・)



ハワイ島リトリート2018 ① ~大雪のあとの青空~

今回のリトリートを集約するのは、マウナケアからの帰り道に車の中で流れてきたJupiterでした。

思いがけず流れてきたその曲を聞いた途端、それはまるで稲妻のように魂の深いところを揺り動かし、半分眠りかけていた私を覚醒するその美しさに、涙を止めることができませんでした。

後で聞いたら、なんと全員がJupiterを聞きながら泣いていたとのことでした。

IMG_4705

Jupiter(by平原綾香)←クリックすると歌が流れます

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を 越えて輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙の御胸に抱かれて

私のこの両手で 何ができるの?
痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは
自分を信じて あげられないこと

愛を学ぶために 孤独があるなら
意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ
あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて
命のぬくもり 感じて

私たちは誰も ひとりじゃない
ありのままでずっと 愛されてる
望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために


リトリートの出発直前まで、北陸地方は17年ぶりという大雪で交通網が遮断されていました。

28383865_10211630135131916_1974098348_n

前日の一便までは飛行機も欠航していましたが、予定通りハワイには行ける気しかしていませんでした。なぜなら、私にはマウナケアの山頂で皆で感動している姿がはっきりと見えていたからです。

そして私達の出発する日、バレンタインデーは、これまでの大雪が嘘のように晴れ上がった青空が広がったのでした。

出発〜到着_1845

元々、ハワイ島でのリトリートは5月あたりにしようかと実は考えていました。しかし、突然にやってきたインスピレーションで、2月というこの日程に少人数でやるのだと強く感じたのでした。

そして集まったメンバーには、いつもの事ではありますが、誰一人として簡単に気楽に参加できた人はいませんでした。それは、これまで何度か参加して下さっていた方でも同じでした。

毎回、取り組むことがシフトしているのです。そして、そのために私のリトリート・セミナーはあるといっても過言ではありません。

いつもリトリートの様子を帰国後フォトブックにしてお渡ししているのですが、ある人は子供さんから、「ママはお勉強に行っているなんて言うけど、楽しそうに遊んでいるようにしか見えない!」と責められたそうです(苦笑)

そう言いたくなる子供さんの気持ち、わかります(笑)なぜなら、皆さんは本当に勇気を持って様々なことを乗り越えて、最高の笑顔でフレームに納まるからです。

今回もそうでした。想像の斜め上を行くようなことが起こり続け、それが参加者の皆さんのシフトを促していきました。(出発前の大雪もそうでした。妻に行って欲しくない夫さん達から、「飛行機、飛ばなければいいのに・・」と呪いの声(笑)が漏れてきました。)

すべては自分への許可だということを、とことんお腹に落とすことから旅は始まりました。

出発〜到着_8478

連日の雪よけで疲れ果てている家族から、罵声を浴びせられた人もいました。その人にとって必要だったのは、罪悪感を手放すということでした。なぜなら、同じところに住んでいても、笑顔で送り出される人もいるからです。

出発前日に、お父さんの命がもう長くないと看護師さんに告げられ、それがいつ起きてもよいように覚悟するよう言われた人もいました。

長い年月自分を苦しめてきた、一番葛藤が深い相手であったそのお父さんを、初めて魂として感じることができ、彼の魂の美しさに涙したその日に、彼女はそう言われたのでした。

泣きながら電話をしてきた彼女と話をしました。後でわかったことですが、その時彼女も私も、そのお父さんはリトリートからの帰国の翌日かその次の日に亡くなると感じていました。

それでも彼女は揺らぎませんでした。自分への許可を完全に下し、そのままハワイ島へ出発することを決めていました。

さまざまな思いと葛藤を抱えたまま、私達は一路ハワイ島へと旅立ちました。

出発〜到着_3119


ハワイ島リトリート2018 ②に続く・・)



The Story of Amor アモールが就いた仕事

The Story of Amor

アモールが就いた仕事

ascensao1206


親愛なる皆さん、こんにちは。私はキーパー・オブ・タイムです。
私は今日、皆さんにアモールの次の話をお届けに来ました。それは美しいつながりで、明らかに3次元での現実ではありましたが、彼はユニティー(全てが一つである)意識の1次元の在り方で働いていました。今日、我々は皆さんをその統合へと導き、アモールがレムリアでの人生を次のステージに進展させるのをお見せしましょう。現在、我々はアモールが人生の目的を探していたことを知っています。 彼は多くの鍛錬を行い、多くの人に会い、アイデアを得ました。アモールは、いわゆるムーの政府にあたる機関で高い地位にある父親の元に向かいました。レムリアの政府は、皆さんが現在経験するものとはかなり異なっていました。官僚は、世界の指導者ではなく、単に奉仕者になることを意味しており、彼らは特定の任務と慣習を担っていました。政府には何の判断権もありません。政府にいることで、アモールの父親は慣習に非常に精通しており、彼はアモールに、この仕事とどのように取り組むかについて少し話しました。

 

情熱こそが鍵

 

彼の父は、こう言いました。「アモール、あらゆる種類の奉仕をすることについての最も重要なことの一つは、お前自身の情熱とも調和することだ。息子よ、お前が好きなことを見つけられれば、決して人生で一日でも働くということはなくなるだろう。自分がやることに楽しみを見つけること、それはお前にとって非常に重要となる。しかしアモール、加えて私は、何世代にもわたり、このムーで発展してきた重要な慣習を、お前が理解することを支援したい。それは一つの仕事には3年間のみ就くという慣習だ。我々がお前に望むことは、ムーの政府で我々がやっているのと同じことだ。そしてそれは、我々が楽しんでしている限りは、できうる最高の仕事をすることに努めるという、シンプルなことなのだ。およそ3年ごとに、我々は仕事を変えている。今、お前は心から気に入っている仕事に就いているかもしれないし、それは3年後でもお前を養えるものだろう。しかし、お前が1年間その仕事を離れて、再び戻ってきたとしたら、お前の視点は違うものになっているだろう。だからそれは、お前が自分の人生のこの次、レムリア人としてこの次のステージの選択をする時、お前に思い出してもらいたい最も重要な慣習の1つなのだ。永遠などないことを理解しなさい。それを3年間の旅として見なせるなら、お前は最高の力でそれに取り組むことができるだろう。」

 

アモールが周りを見回すと、彼の友人や教師の幾人かがしていることが目に入りました。その時、アモールはヒーラーになろうと決めました。しかしながら当然、当時は必要とされなかったため、大学などは存在しませんでした。人々は経験を通して指導し、アモールも先人と同様に学びました。彼は、いわゆるヒーリング施設で、見習いとして最初の仕事に無給で就きました。親愛なる皆さん、その頃は、活性化したり若返らせたりする神殿があったのですよ。そこでは、クリスタルを別の方法で使っていたのです。人々はおよそ3年ごとにこれらのクリスタル活性化の神殿を訪れ、1日もしくは最高3日間までそこで過ごし、施術を受けることができたと言うのですから、魅力的ですね。そこは、至る所から光を反射して輝くクリスタルが並んだ、美しい場所でした。その眺めも、そのエネルギーの中に身を浸すのも、とても素晴らしいものでした。そして人々が話したとき、その言葉はこれらのクリスタルを通って反響し、別の形で人々に跳ね返ってきました。人々は真の自分自身を見ながら、この若返りの時間を過ごす間に学んだものでした。一つ気を付けなければいけないのは、自身の内にしっかり植え付けられるため、何を話すか注意深く選ぶ必要があったということでした。アモールは、そのような変化と成長の場所であるその施設が好きでした。彼はファシリテーター(世話役)として働き、人々がこれらの活性化の神殿に入る準備を整え、彼らが行おうとしていることが何かを理解するのを手助けしたかったのでした。彼は、自分たちの経験を最大限に活用する方法のガイドラインを人々に与えたのでした。

 

怖れは老化の元

 

アモールは、この仕事に足を踏み入れてから多くの人に会いました。最初は、彼はいつも自由気ままに、友人たちと楽しいことにだけ目を向けることばかりしていたので、その変化は大変でした。彼は目的を持つことを楽しみ、その最初の仕事を愛していました。アモールはそこで働いていた人々から多くを学びました。彼らは、どのように人々を指導し、彼らのパワーを奪うことなく人々に力を与える方法を彼に教えました。アモールは、人々をリラックスさせる方法と、人々がこれらの活性化の神殿を訪れた際の経験を最大限に引き出すための支援の方法を学びました。また、施設は、当時の肉体も現在のように非常に密度が高い状態だったため、多くの異なる形態のヒーリングに関わっていました。時には肉体的な病気もありましたが、彼らはまた、波動的な観点からそれらを扱う様々な方法を備えていました。アモールは、この仕事について多くのことを学び、理解し始めました。彼は、人々が自分自身を見るための手助けとなるような方法で、彼らのエネルギーを映し出す生まれ持った能力があることに気付きました。ある日、アモールは教師の一人に尋ねました。「癒しとは何でしょうか。私たちが誰かを癒すとき、私たちは実際は何をしているのでしょうか。」彼のアドバイザーは大笑いしながら答えました。 「それは違いますよ、アモール。誰一人として、どんな人も癒しません。それは不可能です。唯一の癒しは、常に内からやって来るべきものなのです。あなたが行うのは、鏡となって人を映し出すことです。あなたは、彼らが自分自身を癒す術を身に付けられるように、彼らが違うやり方で互いを見ることを手助けするのです。人々が自分で自分を癒すためのスペースを創り出し提供する人、それこそがまさしくヒーラーなのです。」レムリアでは、老化は病気とはみなされなかったものの、平均寿命は約300年でした。適切な指導もマインドに意識を向けることもなく、人々がこれらの活性化の神殿に入る時もありましたが、そうすると、彼らは恐れの侵入を許してしまうのです。恐れが湧くときは、人は必ず老化します。なぜなら、それはまさに人間の形態として、老化の基盤にあるものだからなのです。

 

神殿では、語った言葉も、握り締めている思考も、すべてが輝くクリスタルに拾いあげられ、異なる波動の倍音となり、肉体に反映されます。同じ空間に2つの波動は存在できないので、これにより本当の自分と調和しない何かを手離すことが可能になるのです。アモールは、瞬く間に自分の仕事を気に入りました。彼は、自分が心から夢中になっていると感じ、しばしば父親が語った言葉を思い出しました。彼のアドバイザー達は、熱心な生徒を喜んでいました。そして彼らは、さらに多くの決定を下せる権限を彼に与えました。彼を見ていたアドバイザーの一人がアモールに彼をちゃんと見ているからと告げました。「我々は、少なくともここでのあなたの旅の最初の一年間、あなたの肩越しにいて、力を貸しましょう。ここでの1年の仕事の後は、我々はあなたを解放します。さらにあなたには、我々が指導したことをどのように改良するか、自身でいくつかのアイデアを思いつくくらいに、独創的であってくれることを願います。それは教師ができる最も素晴らしいことなのです。我々が知っていることを教えていくだけでなく、それ以上のことを行い、あなたの仕事に自分自身の一部を取り入れるよう、後押しします。

 

アモールはとてもワクワクしていました。彼は、毎日朝早くから仕事に来ました。彼は毎日、皆と仕事を終えた後、自分の仕事の一部でないにも関わらず、活性化の神殿をきれいに掃除したのでした。彼はただそこにいて奇跡の一部となり、そしてもちろん、できる限り多くのことを学びたいと望んでいました。親愛なる皆さん、それはテクノロジーではなく、クリスタルのエネルギーと活性化の神殿を覆う水晶がすべての仕事をしたのです。それは、鉱物界の最高の波動を持つ結晶による、とても自然なプロセスでした。彼らは動物界の最も高い振動を反映することができ、皆さんの肉体の細胞すべてをその特徴的な波動に戻すのを助けました。このプロセスはエントレイメント(同調)と言い、これらの神殿は真の5次元空間であったため、アモールは彼の考えを制御することを学ばなければなりませんでした。この空間内では、頭とハートとの間にバランスが取れていたものは、どんなことでもすぐに現実化されたので、アモールは自分の思考をマスターすることを学びました。

 

やがて、アモールは一時帰省し、彼が学んだことを父親と分かち合うのを待ち切れずにいました。彼は、父にこう言いました。「父よ、私はこの仕事ができてとても幸せなので、ずっとこの仕事をやっていけます。」彼の父はこう返しました。「覚えておきなさいアモール、3年とは、多くを経験するにふさわしい習慣だ。愛する息子よ、お前は自分が進んできた中で集めたであろう多くのものを持っている。それらのどれも良いか悪いかは考えずにいなさい。お前の進んできた道をジャッジしてはいけない。ただ前進して、物事をあるがままにしておけばよい。そうすれば、お前のスピリットは、レムリア人として経験する最高の可能性につながるよ」

 

アモールは答えました。「父よ、できる限りいつも人々を導くことが私の喜びです。私はいつか取り組むべき時がやって来ることを知っていますが、おそらくいずれは、私はレムリアの指導者になるでしょう。それは、さまざまなレベルの慣習を経て、さまざまな方法で学び、指導していくことを意味しますが、それは私の夢の1つなのです。」彼の父親は、「3年間だよ、アモール。 3年間それに従事してみなさい。休憩を取って、そこからどこに行きたいか決めなさい。この肉体で、お前の人生300年の間に、経験することは非常に多い。だから長期的な目標に自分自身を縛り付けないでおきなさい。とても多くの出来事が起こるだろう。お前自身の多くの異なる面がここに発揮され達成されることだろう。これらはお前にとって胸を躍らせる時間となるから、過ちと呼びたくなるであろうものを含めて、そのすべての瞬間を楽しみなさい。」

 

そこで、アモールはその言葉に少し混乱しました。彼は一言父親に感謝を述べ、これまでの生活に戻りました。数日間それと奮闘した後、彼は活性化の神殿で働く時に、指導してくれたアドバイザーの1人に相談しました。アモールは彼に尋ねました。「もし私が間違いを犯すとどうなりますか。誰かに間違ったことを教えたらどうなるでしょうか。彼らに自分自身の力を取り戻すことを手助けする代わりに、何らかの方法で彼らから力を奪い取ってしまったら、どうなるのでしょうか。」教師は愛情深く笑い、そして言いました。「おやアモール、あなたの仕事を見守り、彼らが調和からはずれないよう、人々がこの経験に足を踏み入れた時に調和しているかを確認することこそが、我々がここにいる理由なのですよ。さらに、あなたが潜在的な間違いであると考えていることは、必ずしも間違いとは限らないのです。あなたがこの仕事に取り組み、奉仕しているときに起きていることは、あなた自身のスピリットを開放し始めることで、自分のチャネルを受け取り始めるということです。それは時間と練習を必要としますが、そのエネルギーをあなたにもたらし、それを単語や文章の形で人にもたらせると信頼することが必要です。アモール、忘れないで、ハートをオープンにし続けていてください。これらの人たちは、時として恐れを抱いている人もいるので、事あるごとに、あなたのメタモルフィック・シェル(変容の殻)がいつでも開いているようにしてください。彼らは活性化の神殿に行くことを楽しみにしている時もありますが、何を期待しているのか分からない時もあります。あなたはハートをオープンにし続けておくことができる人で、それで十分なのです、親愛なるアモール。あなたが間違いを犯したと主張するなら、それはあなたが人間だからであり、それこそがあなたなのです。あなたは、すべての人の経験を完璧にするためにここにいるわけではありません。あなたができうる限りで人々を助けるために、あなたはここにいるのです。彼らがそう望むならば、活性化の神殿を体験する安全な場所を創り上げ、彼らが自分自身を癒すのです。3日後、彼らの波動が上昇せずにこの場を立ち去ることになっても、それはあなたの責任ではなく、彼ら自身のものなので、そのことを覚えておいてください。彼らは自分自身を癒すことのできる唯一の人であり、それを望まない人もいるのです。多くの人は、それが慣習なので、ただそこにやってくるだけかもしれません。恐らく、病気の根源となる何かを手離さない選択をする人もいます。それは正しいとか間違っているとかではないのです。あなたがなすのはジャッジではなく、自分ができる最高の可能性で応えることです。」

 

アモールは、日を追うごとにますますそこでの仕事を楽しみ、3年後にそこを去るなど、想像もつきませんでした。仕事に就いてわずか数カ月のうちに、彼は自身の内にあった美しいヒーラー、そして教師としての素質を開花させ始めました。アモールは、その目に人々のエネルギーを映し出す能力を携えた人でした。アモールの経験と、彼が使う機会を得る事になった彼の美しいエネルギーは、素晴らしいものでした。アモールはその時期に成長し始めました。彼はそのエネルギーを、自分とは異なるエネルギーを扱い始めた父親と共有しました。その後アモールは、父親がその地位に就いて3年目に達したのを知りました。彼はとても尊敬されていましたが、父は自身の宣言通り、1年間そのポジションから離れました。アモールの父親は、全く初めてのことに対して訓練を受けました。同僚たちは、彼の不在を非常に惜しみましたが、父はその1年を使い切りしました。その間、彼は全く異なるタイプのサービス、そして物事を行う新しい方法を学びました。一年後、彼は同じ役職に戻りました。それは彼のために空けられていたからです。人々は後ろに下がってそのスペースを作り、そして彼は復帰したことを大いに歓迎されました。彼は、新たな姿勢で完全に異なる視点を持って仕事に臨みました。彼は人生を真剣に生きたのです。当時のレムリアでは、すべてがうまくいったのでした。

 

親愛なる皆さん、皆さんはアモールの時代に近づいています。あなた方は今、レムリアの美しい日々に戻りつつあるのです。皆さんのハートは開かれ始め、あなた方は、我々がとても好きである、お互いを違う方法で感じ始めており、我々はそれを喜んでいます。アモールは皆さんのすべてを非常に誇りに思うでしょう。

 

エスパーボ、親愛なる皆さん。私はキーパー・オブ・タイムです。



Copyright 2000 – 2017 www.espavo.org

この情報は次の条件で全体または一部を自由に配布し広めることを目的としています。使用者は同意の上この文書の使用が可能です。1. 「Copyright 2000-2017. Espavo. www.espavo.org」 はすべての出版物に適用されます。2. 使用者は翻訳物の著作権を含む全ての権利はライトワーカー(Lightworker™)の財産に帰属することを同 意するものとし、ライトワーカーはこの文書を訳す方を、Lightworkerのサイト上で発生する全てにおいて、翻訳者として認め翻訳権を共有します。 The Groupの詳しい情報は、http://www.espavo.org 「光」を広めて頂き感謝いたします。

The group~『バランスのとれた視点』 Beacons of Light Jan. 2018①

Beacons of Light 
January 2018  

 

~バランスのとれた視点~


26942277_10211321396613646_316222312_o

 

故郷からご挨拶します。私はサイエンテスト・オブ・ザ・ハートです。

 

きょうは皆さんに、あなた方の惑星においてこれからの数か月に渡って、興味深いことが起こることをお伝えするためにやって来ました。色々な機会が訪れ始め、多くの人が一度は抵抗した場所が開くのを見ることでしょう。親愛なる皆さん、あなた方は非常に大きな変化がここにやってくるのを体験しなくてはなりません。それと向き合うのは容易い事ではありませんでしたが、これまで皆さんはそれに取組み、そして次の段階へと進む準備はできているのです。この新しい扉を開けて進んで行くか否かは、皆さんにかかっていることがわかるでしょう。この機会は完全にあなた方のものであり、皆さん自身のエネルギーで通り抜けていくことができるのです。エネルギーが地球そのものも変化させていることについて、更に皆さんにお話しさせてください。

 

タイムラインに押し込まれる

 

暫く前に、皆さんはタイムライン(※時間経過に従って変化する情報)に押し込まれました。現在、地球はその押された方の反対側へと向かいつつあります。何が起こったかと言うと、二つの中性子星(※主に中性子から成る非常に高い密度で小さな星)がしばらく前に衝突したのです。そして、何年も前にアインシュタインによって予言されたエネルギーの波が送られてきたのでした。その波は地球を大きく浄化し、そして重力と時間は互いに関係を及ぼすので、皆さんのタイムラインをシフトさせることが始まりました。それはまるで、すべての人達の下に敷かれていたカーペットが引きはがされたように感じられ、それによってパニックの波が生み出されました。その次に、その感覚によって大勢の人が過剰反応を起こし、彼らが通常しないやり方で動くこととなり、それによって今日でもまだ大きくなっている分離を引き起こすこととなったのです。その全てのプロセスは、まるでボートが水の中を進んで行くときに大きなさざ波を引き起こすようなもので、それはいまだ世界にさざ波を起こし続けています。しかし、皆さんにお伝えしましょう。ごく最近ある興奮する出来事が起こりました。それは、皆さん方の望遠鏡が、一つの小惑星が地球のすぐそばを通り抜ける時に、あと3マイルほどに近づいた様子を捉えたことです。そのような大質量のものは、近年地球にこれほど近づいたことはなかったのです。その地球への近接により、それは別の小さな重力の波を引き起こしました。そしてそれは、2015年から始まっていた元々の大きな重力波を中和させることとなったのです。人類と地球は、現在のところ知られているよりは、重力波の変化に対してとても高い繊細さを持っているのです。潮流は、ハートが一つになる機会によって、再び変化していくでしょう。人類は一つに調和した意識へと向かい、そして自分達の違っているところではなく、似ているところへと目を向けて行き始めるでしょう。

 

それはあなた方の惑星において、多くの扉とハートを開いて行くでしょうが、これを手にし続けていくかどうかは、いまだ皆さん次第なのです。親愛なる皆さん、思い出して下さい。人々が自分の道を進もうとするとき、自分の決定や行動を正当化することにしがみつきがちです。我々は皆さんすべてにお願いします。どのように自分のハートを開き、コインの多くの側面を見ることができるか、自分自身を深く見つめて下さい。実際に5次元においては、あなたはこれまで使ってこなかった自身の感覚の多くを、どのように使って行くことができるでしょうか。

 

宇宙のすべての目は地球に注がれている

 

遡ること2012年に、地球は完全に5次元へと移行しました。しかし、それは必ずしも皆さんが3次元のやり方を失ったということではありません。5次元の中で、いまだ3次元的なやり方を使おうとしている人も多くいます。それは必要以上に3次元に留まろうとする分離の波を引き起こすものになっています。それは単なる小惑星の通過であったり、重力の波が地球に影響を及ぼしたということではなかったのです。同時に多くの事が起こっていました。そしてそれは、人類が次の段階へと進むことを助けるための場所で起こっていたのです。現在それはうまく進行しています。ですので、我々は皆さんに、どうかこれを祝福し、そして変化のために皆さんのエネルギーを注いで下さいとお願いします。しばらくの間皆さんが為し得なかった、調和した意識へと戻る機会を祝福してください。あなた方のエネルギーを加えることで、その機会の扉が開き続けるためのドアストップのような効果を得る事ができるのです。目を覚ましてあなた自身の役割を果たすときが来ています。久しぶりに、あなた方の背中を押す風が吹いているのを感じ始めることでしょう。それを期待し、使い、そしてあなたの真実へと歩み出して下さい。あなたがそうする時、同様に他の人にも自分の真実を語るスペースを与えることで、あなたは全く新しい5次元のエンパワーメントのさざ波を起こし始めることでしょう。

 

親愛なる皆さん、驚くべき何かが起こっているので、宇宙のすべての目が地球に注がれています。宇宙のあらゆる場所においては、皆さんはテクノロジー的には最も進んでいる惑星ではありません。実際のところ、多くの他の存在達は、あなた方のテクノロジーの能力をはるかに凌駕しています。しかし、地球は自由な選択ができるただ一つの惑星であり、方向や結果が運命づけられていない唯一の惑星なのです。あなた方は文字通り自分自身で選択することによって、これらの体験を通り抜けなければなりませんでした。皆さんにお伝えしましょう。広大な宇宙におけるどんなゲームも、人類が為し得たように、一つの集合が次元現実をシフトさせたことはありませんでした。

 

3次元から4次元へと移動しながら、これらすべての新しい情報や体験を習得することによって5次元にしっかりと着地したことは、とても驚くべきことであり、実際予想できなかったことでした。皆さんはいまだ、これらすべての違った特性がうどのようにうまく作用するかをわかろうとしているところです。物理学でさえ、5次元では3次元や4次元とは違って作用します。あなた方は4次元には長くは留まりませんが、皆さんがシフトするために必要な多くの情報と体験を得たのでした。この集合的な次元シフトはかつてどこにも起こったことはありませんでした。あまねく宇宙のすべての目が地球に注がれており、人類はたった今進化しているのです。あなた方それぞれすべての人達に対する我々の最も大きな理想は、更にライトボディーへと変容し始めるようにということです。それは、スピリットが最初で、人間的なものは二番目だと認識することです。そうすることで、あなたはよりハートで感じるようになり、あなた自身も周りの人達も、ほんの少しずつ違いのある光だということがわかるようになります。あなたはそれをこれまでとは違う視点で見るようになるのです。これまでしてきた3次元でのゆがめられた見方ではなく、故郷からの視点で、本当に物事を見る機会を持つようになっていくのです。

 

親愛なる皆さん、あなた方の肉体さえも変化しつつあるのです。あなたは新しい性質と感覚を持ち始めます。我々は最初からお伝えしていましたが、あなた方は実際のところ、5感ではなく8感に近づいています。皆さんは通常、チャクラの他には、肉体の中にどのようにエネルギーを取り込むことができるかを知りません。あなた方はどのようにそれを認識し使うかを学び始めています。なぜなら、自分の中にどのように更に光を取り込むかを知って行くからです。自分自身の視覚さえも変化していきます。可視光線は、電磁波スペクトルのほんの一部でしかありません。そして皆さんは、より広い領域を見ることができるようになっていくのです。多くの人間はまた次元間の音を聞き始めています。そして、その聞こえてくる音について、とても心配している人もかなりいます。あなた方は、別の次元の現実からやってくる磁力を感じ始めることでしょう。これは3、4、5次元における集合次元ではなく、同時に11の違った次元を持つ人間の多次元性なのです。これらの次元は、エネルギーの磁気を帯びた壁によって分けられています。今起こっているのは、あなた方がこの壁を通して感じるようになり始めているということなのです。それらの壁が崩れ始めているので、ハートの磁力はとてつもないスピードでその壁を通り抜け、そして多くの機会をもたらしています。

 

分離がなくなりつつある

 

親愛なる皆さん、理解してください。あなた方は不完全な惑星に住んでいるので、自分の完全さを11の次元に分けて隠さなければならなかったのです。その分離が、あなたに人間のふりをする機会をもたらしてくれているのです。あなた方は、互いが分離しているふりをしているのです。人々は、この壁が溶け始め他との繋がりが強まり続けているのを感じるので、それが恐怖を引き起こしています。なぜなら、彼らは自分のアイデンティティーや独自性を失いつつあると感じるからです。これが多くの人に、3次元において自分の真実を保っていくようにしようとするより、むしろ荒れた行動を引き起こしています。

 

皆さん、辛抱強くいて下さい。正しいとか間違いはないことを知って下さい。この進化は、そうしたいと願う多くの人達をライトボディーへと導いていきます。ジャッジをすることではないのです。ゆっくり過ぎる人達、もしくは次の段階へと行くには至っていない人達を後に残すということではありません。単に動かないことを選ぶことで、後に残ろうとする人はいるでしょうが、すべての人に機会は訪れています。彼らをジャッジしないで下さい。なぜなら、彼らはあなたの一部でもあるからです。あなたが次の次元の現実を開くために必要としている梯子を、彼らにも与えて下さい。親愛なる皆さん、あなた方は5次元へと入ったのです。時々すべての人間を後退させる3次元の要素を完全に手放すことを始めて下さいとお願いします。

 

エンパワーされた社会を創造する

 

個人個人の信じることが支持されるようになり、信念体系は無くなり始めていきます。正しいか間違っているか、上か下か、良いか悪いか、愛か怖れか、のように物事をジャッジする代わりに、優れた判断力を使うことを始めていきましょう。何かを悪いとジャッジするのではなく、シンプルに今この瞬間、何が自分にふさわしいかを選んでいきましょう。全ての事において、良い点を探していきましょう。あなたが周りの人々をエンパワーしていく(力を与えていく)ことで、突然あなたは自分がエンパワーされた社会にいるようになります。それはまるで、あなた方すべてがこのような開かれたハートを持ち、お互いが結びついていた時のムーの時代に戻ったかのようです。今、この惑星には、とてつもなく共感力を持ったあなたのような人達(エンパス)がたくさんいます。あなた方の多くはこれまで隠れていましたが、それは無理のないことでした。なぜなら、このような低いバイブレーションの惑星において、そのように高いバイブレーションで存在するのはとても難しいことだからです。しかし、すべてを引き上げて行くのは、その高いバイブレーションなのです。そしてあなたは、故郷に戻るまで決して知ることのないほどの違いを生み出していくことでしょう。我々は本当にとてもあなた方を誇らしく思っています。親愛なる皆さん、何がやって来るかを楽しみにしていてください。なぜなら、起こっているのは不幸なことではないのです。もう一度繰り返しましょう。何がやって来るかわかるまで、ただ待っていて下さい。

 

皆さんは、これまでどこにおいても為されることのなかった道へと歩みを進めることで、より高いバイブレーションへの状態へと辿りつきました。宇宙においては、あなた方のシステムにおいて数えられるより、もっと多くのあなた方と良く似たゲームが存在しています。そのことを考える時、おそらく皆さんは、何故あなた方がそのように素晴らしく誇らしいかを理解することができるでしょう。皆さんは前進しています。ええ、それは時には困難で痛みを伴うでしょう。時々それは、皆さんが全ての人達を目覚めさせ、前進させるために、過酷な惑星に住まなくてはならないと言うことを意味しています。とはいえ、あなた方すべては、決して同じことを信じることはありません。故郷への道は数えきれないほどあります。ですから皆さん、たった一つの信念や一つの信念体系が故郷へと導くとは思わないで下さい。調和した意識へと向かう人達だけが、皆さんの体験において最も大きな違いを生み出すことができるでしょう。我々は皆さんに、お互いを無条件に愛して下さいとお願いします。あなたがどちらの側にいると考えていても、真実は、皆さんはすべてが同じなのです。新しい光へと歩み出して下さい。そして、Eファミリーの一員になってください。なぜなら、今はエンパワーメントの時なのです。可能な限り、周りにいる人達をエンパワーする道を探して下さい。怖れずに、前に進んで下さい。隠れている場所から出てきて下さい。あなたの声が必要とされている時なのです。最も大声で叫ぶ人になれと言っているのではないのです。あなたの周りの人達と最も調和する人となるのです。親愛なる皆さん、あなた方は長い道のりを旅してきました。中にはいささか疲れてしまったスピリットもいることでしょう。あなたはとても一生懸命に働いて、この壮大な自由選択の惑星における実験に大変力を注いできました。あなた方はもはや自由選択のたった一つの惑星ではないことを知って下さい。なぜなら、今ここで起こっている奇跡を倣おうとし始めている別の存在達がいるのです。皆さんはすでにゲームに勝ったのです。そしてそれは素晴らしいことなのです。

 

あなたができうる限りいつでも、この旅を楽しんで下さい。自身の中に光を見出し、それを周りに照らし出して下さい。あなた自身を理解するために、自分の中にある光を外へと照らし出し、あなたはまずスピリットであるということを信頼して下さい。ここに存在するために、あなたは自分の場所を得たのです。そして我々は、この上ないほどあなたを誇らしく思っています。この美しい磁気のエネルギーの波を受け取り、あなたのハートを最も高い場所へと呼び覚まして下さい。そして何よりも、あなたは愛されていることを知って下さい。このように皆さんにご挨拶し、ただお互いを最大の敬意を持って扱って下さいとお願いできることはこの上ない光栄です。機会があるごとにお互いを育みあい、そして共に上手にこのゲームをしてください。

 

私はサイエンテスト・オブ・ザ・ハートです。

 

 


ハーモニー vsフォース

 

親愛なる皆さん、こんにちは。

 

私はマーリアです。大きな誇りを持ってきょうここにやって来ました。我々は、地球上で何が起こっているかを見ています。あなた方がここに創りだした美しさに対して、信じられない思いで目を向けています。皆さんは愛の速さで動いています。それは実質的には、光の速さよりも速いのです。あなた方にはシフトが始まり、人類としてまた一緒になるという未来の可能性があります。あなた方の惑星における驚くべき女性性の上昇と、女性の声を信頼することに向かってのシフトを、皆さんは目にしてきました。これは、すべての人々にとって、信念体系や古い考え方によるのではなく、意識的に選択するということによって物事を違った視点から見ると言う機会を開きました。

 

ここで皆さんに注目して欲しいことの一つは、女性性が地球上において上昇し続けるに従って、フォース(力)ではなくハーモニー(調和)がもたらされていくということです。それは、皆さんが強硬な力を使うのではなく、力というものを全く違ったやり方で用いるようになるという事を意味します。あなた方が5次元の特質に順応していくに従って、本当の力というのは調和からやって来るのだという事を知り始めるでしょう。課題の一つは、女性性がとても速く上昇すると、急激な反発が起こるだろうということです。それは避けることは可能なのですが、今はその方向へと進んでいるようです。あなたが男性の身体であっても女性の身体であっても、どの場所に自分が存在していても、皆さんのすべてがその責任を請け負う事ができます。女性性はすべての人の中で上昇しています。すでに多くの女性性のエネルギーを有している人達は、融合しバランスを取るために、男性性のエネルギーに対してスペースを設けて下さい。そうすることは、皆さん一人一人にとって多大な影響を与えることができるのです。それは、人類の進化の過程における大きな振り子の揺れである急激な反発を避けることを助けます。反対の端まで振り上がるよりも、より穏やかで、最終的にはかなりスムーズな動きにすることができるのです。

 

不完全さの美しさ

 

それは、レムリアにおいてどのように物事が為されたかということです。ですから我々は、皆さんすべてに、それが起こるようにスペースを設けて下さいとお願いします。現在女性であっても男性であっても、より多くの男性性のエネルギーを持つ人達は、上昇する女性性のためのスペースを作ることは実に深遠であり、多くの人々の扉を開くのを助けることになるでしょう。それはあなた方の期待と夢とビジョンを高め、あなた方の認識は現実のほんの狭い範囲のものでしかないということを理解し始めることでしょう。まもなく皆さんは、不完全さは実は美しさの土台であるということを知るでしょう。それを覚えていて下さい。そして、あらゆる場所に美しさを見出して下さい。あなたが美しさを見つける時、それが完全と呼ばれるものであることは本当に稀であることを知るでしょう。なぜなら実のところ、地球においてはそもそも不完全さが美しさを作りだしているからです。

 

それなら、ある人が変化して自分自身の美しさを見るにはどうすれはよいのでしょうか。まず、自分の周りにあるすべてのものに美しさを見出すのです。あなたが何かを見る度に、それがどんな形であれ、そこにある美しさに気付くのです。それは窓からやってくる光であったり、咲き誇る花や色が変化する木々であったり、単にあなたに笑いかけてくれる人かもしれません。それがどのような美しさであっても、それを受け取り、その瞬間の自分を満たして下さい。あなたは、単にそれに対してオープンであり、力とは強硬なものではなくむしろ調和であると知ることで、その光やエネルギーをグランディングすることができるのです。

 

頭とハートの電気磁気

 

それは頭だけではなくハートからも、さまざまなやり方でコミュニケーションできるようにするための5次元における新しい方法です。頭は本質的に電気的であり、ハートは磁気的であるのですが、それらは同じ波の両方の部分であることを理解して下さい。一方向から測るとそれは磁気ですが、直交方向に測ると電気なのです。地球上では女性性が上昇しているので、あなた方はハートのエネルギーの使用度を上げており、全く新しい方法であなたの思考とそれをブレンドしています。これらのことは、現在調整されながら起こっています。今年の終わりに向けて、皆さんのそれぞれが新たな方法で力を手にしていく大きな変化と機会を見る事でしょう。これらの多くは、女性性のエネルギーの上昇が真の力のバランスへと入っていくことと関係しています。ええ、多くの女性が政府の主要なポジションに就いていくのを見るでしょう。あなた方は、女性性のエネルギーの多くが、男性の肉体においてさえも、まったく新しい表現を見つけていくのを見ることになるでしょう。これからもその素晴らしい仕事を続けてください。あなたは決して一人ではないことを知って下さい。そして、それほど厳しくはやらないでもらえたら嬉しいです。皆さん、この旅を楽しんで下さい。皆さんにこのようにご挨拶できるのは最高に光栄です。皆さんはついに私の声が聞こえるようになりましたから。我々は三つのシンプルなお願いをします。お互いを敬意を持って扱って下さい。すべての機会においてお互いを育み、そして共によく遊んで下さい。

 

私はマーリアです。いつか私に会いに来てください。

 

エスパーボ

 

ザ・グループ

 

エスパーボという言葉は、初期のレムリアの挨拶です。「あなたのパワーを手にしてくれてありがとう」



Copyright 2000 – 2017 www.espavo.org

この情報は次の条件で全体または一部を自由に配布し広めることを目的としています。使用者は同意の上この文書の使用が可能です。1. 「Copyright 2000-2017. Espavo. www.espavo.org」 はすべての出版物に適用されます。2. 使用者は翻訳物の著作権を含む全ての権利はライトワーカー(Lightworker™)の財産に帰属することを同 意するものとし、ライトワーカーはこの文書を訳す方を、Lightworkerのサイト上で発生する全てにおいて、翻訳者として認め翻訳権を共有します。 The Groupの詳しい情報は、http://www.espavo.org 「光」を広めて頂き感謝いたします。

メッセージ~皆既月食の夜に~


Super-blue-blood-moon-eclipse-889x481

1月2回目の満月、そして150年ぶりだという皆既月食(英語ではスーパームーン・ブルー・ブラッド・イクリプス)・・青なのか、赤なのか、はっきりして!という感じですね(笑)

冗談はさておき、今回の満月のエネルギーには結構いろいろと揺さぶられました。

色々な方がこの月食については書いていらっしゃるので、詳細はそちらにお任せしますが、久々に個人的にも、自分の中にある感情の大掃除と言うか、さまざまな揺さぶりを高い視点から見ることが必要だとつくづく思わされました。

もう何年も前に体験していたトラウマ的な感情の傷が、忘れていた感覚と共に浮かび上がって来て、手放したと思ったパターンの中にうっかりと入りこみそうになったりもしました。

しかしそれは、決してまったく前と同じなのではなくて、まるで上昇するスパイラルのように、以前と同じようには見えるけれど、もうそうではないことを実感するためにやってきたような感覚でした。

それはまるで、『人間のふりをするゲーム』を散々やって来た自分が、そのゲームをとうとう終了させて次へ行くための試験のような、改めて過去を振り返り、もうそれらは終わってしまったことを確認するような、実に不思議な感覚を伴う体験でした。



皆既月食の最中に、一年ぶりのメッセージのブログを更新しました。(なんだか急に書きたくなったので。笑)

『本当の自分を思い出すためのメッセージ』はこちらです。
         ↓
 メッセージ~2018年 皆既月食の夜に~





ギャラリー
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • マレーシア(&台湾)への旅 ④
  • マレーシア(&台湾)への旅 ④
プロフィール

ceblue