Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

2018年07月

Beacons of Light(光の灯台) 日本語サイトのご案内

welcome-home

およそ3年の間毎月取り組んできた、ザ・グループからの光のメッセージであるBeacons of Light(光の灯台)の翻訳ボランティアから卒業することにしました。

ひょんなことで、国際翻訳チームの取りまとめをしているニックさんから声を掛けて頂き、興味のないことには根気の続かない自分が、毎月取り組んでいけるだろうかと最初は不安でしたが、気づいたら3年の月日が経っていました。

少し前から、この翻訳ボランティアを手放すことが必要だとのメッセージがやって来ていて、正直とても悩みました。

徐々にボリュームが増えていく翻訳作業に費やす時間は、時には私の日常生活を圧迫しましたが、ザ・グループのエネルギーにダイレクトに触れるこの作業は、私が自分の魂の波動で生きることのチューニングともなり、少しでもザ・グループから届けられる光と情報を広めることに寄与することの喜びと共に、私にとって大切な取り組みでもありました。

しかし、翻訳はもう終わり!という声は徐々に大きくなり、それに対する抵抗の気持ちを見つめることが必要だと言うことに気付きました。

驚くことに、その根底に横たわっていたのは、「有能でなければ認められない私」、「努力しなくては価値のない私」という葛藤であり、それは親から刷り込まれたのが原初のもので、「認められない=愛されない」という深い葛藤と結びついていたのでした。

私自身は、英語はほとんど日本語を介在させずに自己流で習得してきた変わったタイプの人間です。高校の英語の授業は完全に無視し、大学受験もしなかった変わり者なので、実は英文和訳が大嫌いでした。(というより、うまくできませんでした)

ザ・グループの翻訳は、学術的なものというより、彼らが発するエネルギーをできるだけ忠実に置き換えるような作業なので、英文和訳そのものとは違っているのですが、それでも翻訳は私の苦手なことと言えるかもしれません。

ADHDの多動的な気質も持ち合わせている私は、実はじっと一か所に座っているのがものすごく苦痛なのです。しゃべっているか、何かを検索して頭を動かしているか・・などでない場合は、じっとしていられないので、翻訳作業は苦行とも言えるものでした。

しかしBeacons of Lightの翻訳は、それを補って余りある、光を浴びるような素晴らしい作業だったため、この3年間続けてくることができました。

ところがもう宇宙は、ほんの少しでも「がんばらなくてはならない」ことをするのが難しい波長の世界へと私達を押し出しています。

私の根底に横たわっていた、「母に認められたい=愛されたい」のエネルギーを原動力とした「がんばる」は、もう機能しなくなってきていたのです。

そして、その「がんばらなくてはできないこと」ではなくて、自分が進んで取り組めることで私の人生を埋めることがとても大切なのだということに、気が付いてしまいました。

なので、これからの私は、ザ・グループから得た情報や光のメッセージは、翻訳ボランティアという形ではなく、私自身が最高に機能するやり方でシェアしていけたらと思っています。

前置きが長くなりましたが、私が最後に訳したBeacons of Light 5月分は、こちらからお読み頂けます

2018_05

Beacons of Light May 2018「時が止まった日」


今後も、日本語サイトにてBeacons of Light の翻訳を読むことはできますので、続けてザ・グループのエネルギーに触れたい方は、ぜひこちらのサイトをブックマークしておいて下さいね!

Espavo-banner-intl


Beacons of Light 日本語サイトtop









 

とことん自分の在りたいように生きる!

hot-air-ballons-828967_960_720

自分が一人になる時間を持つという事、そして自分が心からやりたいことをやるという事・・普段の私が難なく手にしていたこれらの時間を持つ事が、どれほど自分に必要なのかが本当にわかった3週間を過ごしました。

妊娠悪阻でかなり具合の悪い娘と、イヤイヤ期真っ盛りに加え、一切昼寝をしないパワフルな孫の世話をする事は、夫婦二人の静かな暮らしで甘やかされていた私には、ある意味苦行でした(笑)

孫は本当に可愛いし、大切な娘が苦しんでいる様子を見ると、もちろん出来る限りの事をしてあげたいと思うのだけれど、一度子育てを終えた身としては、精神的には想像以上のプレッシャーの中での毎日を過ごすこととなりました。

睡眠時間を削れば、なんとかブログを書いたりもできたのかもしれませんが、家事と育児というアウトプットでアップアップしてしまって、「書くこと」のような創造性を要する作業をするエネルギーは枯渇していました(苦笑)

california-1751455_960_720

私には2歳と3歳差の3人の子供がいたので、これ以上の忙しさの生活をおよそ十数年していたはずなのに、なぜ当時そんなことができていたのだろうと思うほど、私は家事や育児に喜びを見出すタイプではなかったことが改めてわかりました。

私の友人の中には、心から育児が大好きな人もいて、若い頃は4人の子供に加え、近所の子供の世話も焼き、現在でも複数の孫の世話を嬉々としてやっている人もいます。なので、女性の仕事と言われている家事や育児にも、間違いなく向き不向き、好き嫌いがあるのだと確信するに至りました。

そんなこと、3人も子供を産む前にわからなかったのか?と問われるなら、「子供は多い方がよいと思っていた」「自分は子供が好きだと思っていた」と答えるしかありません。

しかし、もしもう一度人生をやり直すなら、多分私は子供は産んでも一人、子供を持たない人生もありかもと思ってしまいます。もちろん、現在の人生で縁があり、私の元に来てくれた子供達は心から愛していますし、会えてよかったと思っていますが、そういう話ではないのです。

dolphin-1548405_960_720

前述の、子供と過ごすことを心から愛している友人の姿を見ていると、間違いなくすべての事には向き不向きがあるのだということ、そしてその人の才能を発揮する人生を送るためには、女性であるから産むとか、子供を持つことで家族を作るのが当たり前だというような、社会や親から刷り込まれた信念体系の中での常識から、とことん自由になることが必要なのだとわかります。

実は私は、結構子供が好きなのです。しかしそれは、子供を産み育てるという物理的な作業をすることよりも、彼らの魂の光を見ることであったり、子供達が持って生まれてきた才能を発揮することのお手伝いをすることであったりと、「母」である事とは少し違った現れ方の「好き」なのだということに気付いています。

お堅い体制が苦手なので、学校の先生になるとかは無理だっただろうと思いますが(笑)、これまで携わってきた塾の講師や英語の講師などの仕事は、ある意味私には向いていたのだなと感じます。

しかし私は、毎週決まった時間に仕事をするという枠組みがとことん苦手なので、塾や英語教室でさえ、結果として手放してしまいましたが(笑)、今でもよそ様のお子さん達の魂の光に触れる事、彼らを理解すること、励ますことなどは、多分他の人よりは得意なような気がしています。

goal-729567_960_720

今回久しぶりに、「私しかやる人がいない」という設定の中で、家事・育児に自分の時間のほとんどを割くという生活をしてみたことで、過去のさまざまな苦しみの感情や葛藤を思い出し、再体験し、それをこれまでとは違う視点で見るという経験をしました。

大きく地球のエネルギーがシフトしている真っ最中に起こった一連の出来事は、もちろん単なる偶然ではなく、今の私に必要な気づきが訪れるためのプロセスだったのでしょう。

そしてそれは同時に、シフトした意識で過去の追体験をするということでもあり、過去の私が見えていなかったことを理解し、当時未熟な母であった私のせいで作ってしまった娘のトラウマをリリースする、貴重な機会ともなりました。

時の流れは、とことん自分との対話を要しています。自分が何者であるか、何のために今ここに存在しているか、自分の創造性はどのように発揮されるのがベストか・・などなど、もう見るべきことに目を瞑って進むことは難しい時間の中に私達はいます。

子供が大変な時には少しでも力になってあげたい、という親としての強い思いは、自分の中には確かにありましたが、それでも私自身はもうそれだけで生きていくのは無理なのだという事も、今回は深く感じました。

この期間に前から予定していた仕事や集まりがいくつかあり、その時は主婦業と育児からしばらく離れる時間を持ったのですが、自分が在りたい自分というのが、どのような形で表わされるのか本当によくわかりました。

このような気づきや、実際の体験は、私だけでなく今多くの人達に起こっているような気がします。

そしてまた、「ねばならない」ことは、この世には多分何もないのだと思うのです。今回の孫達のお世話も、私の中でどこかに「してあげたい」の願望があったことが現実化していたのでしょう。私は自分がどこかで主体的に、この体験を選び取っていたのを感じるからです。

abstract-979682_960_720

とは言え、これからの私は、自分が自分を最高に生かす為、本当にそう在りたいように生きることを、更に自分に完全に許可して生きていきたいと思います。「苦しいのに我慢してやらなくてはならない」事をすることは、もう今の地球の波長には合いません。

ともすれば「自己犠牲」になりそうだった今回の出来事は、ところどころで自分の気持ちと向き合い、それを家族と分かち合うという機会を得ることとなり、私にとっては大きな収穫にもなりました。

しかし、積極的にやりたい事ではないはずの出来事を呼び寄せたことは、これからの私の人生にはもう必要ないと言い切れる自分になりたいとも同時に思いました。

普段遠方に住んでいる娘と孫と、どっぷり触れ合う事のできた貴重な時間は宝物のような思い出になりました。でも、それがどこかで「苦しかった」自分がいたのは紛れもない事実なので、そこから目を背けずに、今の私が何を本当に望んでいるか、どう在りたいかを、しっかり認識して生きていく自分でありたいと願っています。


「書く」ことと「話す」ことによるアウトプットは、私が私であるために欠くことのできない要素だということを忘れずにいようと思います。こうして久しぶりにブログを書ける時間と心のゆとりを得て、私は幸せで満たされているのを感じています。

いつも読んで下さっている皆様、本当にありがとうございます。こうして共有させて頂いた時間が、皆様へと何か少しでも還元されるものになることを願うばかりです。



先日、弥勒力WSチームの面々が東京で集まり交流しました。

皆さん、明るくてパワフルな方達ばかりで、初対面の方達とも尽きる事のない深い話をさせて頂き、延々と幸せな時間が過ぎていきました。

弥勒力WSで深める「働き方改革」とは、「自分の個性を生かしてそれぞれが生きる」ことへの確実なステップです。

「仕事」とは「生きること」そのものであり、「我慢して何かを得る手段」ではありません。

大きな変革の年でもある今年最後の月に、「我慢」や「妥協」ではなく、「最高の自分を生かす」ための仕事で生きる決意を固めるために、ぜひ「弥勒力ワークショップ」にいらして下さい!



『弥勒力ワークショップ』お申込み受付中です♪
      
31939857_1727909103970231_1601105263249588224_o
















新しいエネルギーの地球

elephant-2611677_960_720

県外に住んでいる娘からSOSがあり、娘の社宅で家事一切と2歳4ヶ月の孫の面倒をみて1週間を過ごしてきました。

健康な私でもヘロヘロになるような、イヤイヤ期真っ盛りのエネルギッシュな孫の相手と家事は、
妊娠悪阻で既に数キロ痩せてやつれた娘一人でやるにはあまりに酷なので、結局二人を連れて帰ってくることになりました。

そして20数年ぶりの幼児のお世話&家事という、もう忘れかけていたハードな仕事と向き合う毎日は、まだしばらく続きそうです

突然のお役目到来という出来事に、普段のペースを乱されて私も一杯一杯になってはいますが、家族との向き合いにおける過去のさまざまな葛藤を思い出し、一つ一つの確認作業と、昔とは全く違う現実を生きている自分に改めて気づくという、ある意味貴重な体験をさせてもらっています。

clouds-2709662_1920

夏至を過ぎ、先日のパワフルな満月を越して、地球のエネルギーがまたがらっと変わったのを感じています。

本当に手放さなくてはならないことが、この前の満月あたりまでに順に浮き上がってきたり、もしくは、自分が新たなステージに入って生き始めたことを、なんとなく実感している方も多いのではと思います。

私自身には、視点が全く変わったということと、過去の自分はあくまでも過去の記憶でしかないのだということを、静かに体感する機会が多く訪れています。

起こることに偶然はないということ。そして私達はもう頭で考えるのではなく、ハートで感じることに行動を先導させる世界に入っているということを知り、魂が計画してきたことを思い出す時が来ています。

wormhole-2514312_1920

先月お知らせした新セミナーのシリーズは、実は以前のようなコースとしてご提供する予定でしたが、単発の回でのご参加もOKとすることにしたのは、一人でも多くの方に、ご自身の魂の計画に触れ、ハートから聞こえる声に従って生きる世界を歩き始めて頂きたいとの願いからです。

嬉しいことに、すでに満席の回も出ています。(※全5回通しでご参加の方は、満席の回にもご参加は可能ですのでご相談下さい)

まだ自分自身も気づいていない魂意識の自分を目覚めさせたいと感じる方、もしくはライトワーカーとしての自分の契約を果たし、現実面においてもパワフルに自分自身を発現させて生きていきたいと感じている方は、この機会をどうかご自身のシフトのために使って下さい。

もちろん、こういったセミナーやワークが初めての方も、これまで色々と学んで来た方にも、どちらにもご参加頂けるセミナーとなっています。

meditation_lotus_mandala

今週火曜日に行われる第1回では、下記の内容の他に、現在世界中で人々が翻弄されている「怖れ」についてもお伝えし、それを変容させるためのワークも取り入れて行く予定です。

第1回 7月3日(火)
*人生の7つのステージ
*トーラス、ベガス呼吸法、スキャターショット
*クリスタルヒーリングとエネルギー活性化
 ・・・他


※残席わずかです。何かに呼ばれるような気がする方は、ぜひご参加をご検討下さいね!

「あなたのエネルギーを拡大する」セミナー(3カ月 全5回シリーズ)

Expand Your Energy Seminars 
 (エクスパンド・ユア・エナジー セミナー/EYEセミナー





ギャラリー
  • 魂の声は、もうあなたの中に響き渡っている
  • 魂の声は、もうあなたの中に響き渡っている
  • 魂の声は、もうあなたの中に響き渡っている
  • 魂の声は、もうあなたの中に響き渡っている
  • 魂の声は、もうあなたの中に響き渡っている
  • 魂の声は、もうあなたの中に響き渡っている
  • 「自分自身を生きること」と「バックアッププラン」
  • 「自分自身を生きること」と「バックアッププラン」
  • 「自分自身を生きること」と「バックアッププラン」
プロフィール

ceblue