Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

2018年11月

「弥勒力WSって何??」にお答えします!

仏教にあまり興味のない方には、まず「弥勒力(みろくりょく)って何??」となっていることだろうなと思います。

おまけにワークショップの宣伝に、弥勒菩薩(みろくぼさつ)の写真がで~んと載っていたら、「一体何をするワークショップなの??」となるのは当たり前でしょう(笑)

なので、博学の講師で僧侶でもある齊藤つうり氏とは全く違う、どちらかというと宗教儀式や常識が苦手なオバサンの私(笑)の言葉で「弥勒力ワークショップ」を解説させて下さい!

ちなみに、弥勒とは、弥勒菩薩のみろくです。

弥勒菩薩(みろくぼさつ)

未来に下界に降(くだ)って仏となり、衆生(しゅじょう)を救うとされる菩薩。釈迦(しゃか)の滅後5億7600万年後に、釈迦の救いに漏れた人たちを救いにやってくるとされ、現在は兜率天(とそつてん)に待機中であるという。ー日本大百科全書(ニッポニカ)の解説よりー

31939857_1727909103970231_1601105263249588224_o


すごくシンプルにいうと・・

「皆が毎日好きな事だけをして、幸せに生きていく世界」
「衣食住が満たされて、自分らしさを発揮して毎日を過ごすことのできる世界」

は、夢ではないということを知る第一歩を、自分が踏み出すためのワークショップです。

はい、私がワークショップを受けて、そう感じたということですが(笑)


「そんなことできるわけがない!」と思う人にほど、受けていただきたいWSです。

また「すべては自分が創りだす世界」というスピリチュアルな法則を信じたいと思っても、どこかで「本当にそうなのか?」と疑っている人にこそ、受けていただきたいなと思います。

今世の中で何が起こりつつあるか?を経済と科学の裏付けを元にリアルに知り、その先にある未来において私達はどう生きるしかないのか?を知ることができます。

そして、自分が地球上で転生を繰り返し、この肉体意識に刻み込まれてきたさまざまなもう必要のない「記憶」と「葛藤」を解放し、「すべての人が救われると言われている未来」に生きる自分への第一歩を踏み出すためのパワフルなリリースワークも行われます。

大袈裟ではなく、人生観が変わる人が多いだろうなと感じます。

マウイ島 2日目 ハワイ9.1_170907_0091

私は、もう子育てもほぼ終了し、夫と二人暮らしになりました。

夫は長年公務員として生きて来て、そのまま定年後の仕事を今も続けています。典型的な日本人サラリーマンと言ってよいと思います。

どちらかと言うと、私はこの弥勒力WSで知る世界を既に歩き始めていました。しかし、夫はそうではありませんでした。

私達の間には、静かにそのギャップが溝を広げつつあったのですが、意を決して夫に「弥勒力WS」を受けて貰ったことで、夫は劇的に変化しました。

あれからまだほんの一ヶ月余しか経っていないなんて信じられません。

意識が変わるということ、肉体意識をがんじがらめにしていた葛藤をリリースするということは、これほど人を元気にし、自由にするのだということに深い感動を覚えます。

夫と私との関係性も、劇的に変化しました。ある意味、私達夫婦は「弥勒力WS」に救われたと言っても過言ではありません。

*詳しくはこちら『齊藤つうり 弥勒力WS in 大阪』素晴らしい時間でした!


44443835_333855520709972_6131020868207247360_n

言葉を尽くしても、ワークショップは体験するに勝ることはありません。

今年最後の弥勒力ワークショップは、石川県金沢市で次の日曜日(12月2日)に開催されます。

残席はわずかとなっています。とても濃い一日ワークショップです。

全国から弥勒力チームのスタッフが結集し、皆さんを全力でサポートさせて頂きます。

ぜひご参加下さい!そして、「弥勒の時代」に生きる自分の第一歩を力強く踏み出して下さいね!!


このワークショップは 
いま訪れている「弥勒(みろく)の時代」の特徴を知り、
「なれる最高の自分」を表現することで、まったく新しい仕事を作り出し、
ほんとうの豊かさを生きるためのワ-クショップです。


44597025_256162818420639_4568333743822995456_n

◆石川開催◆ Cerulean Blue 代表 疋津恵美子 主催 

2018年12月2日(

時間: 10:00〜17:00(開場9:30)

定員:30名残席わずかです!終了しました!

料金:¥28,000
(※1週間前までのキャンセルは全額返金致します。それ以降の返金はありませんのでよろしくお願い致します

場所:カメリアより変更になりました!
《会場》ChiL(チル)レンタルスペース&カフェ
〒921-8051 石川県金沢市黒田1丁目198640x640_rect_38205550
*「JR金沢駅」より1駅目の「JR西金沢駅」より2km(駅よりタクシー5分)
*北陸自動車道:金沢西インターより車で5分(無料駐車場あり:20台ほど

■お申込み 

こちらの専用お申込みフォ-ムからお申し込みください
 弥勒力(石川)ワークショップお申込みフォーム 終了しました!
※追って事務局より詳細のメールをお送りいたします。

◆キャンセル規約◆ワ-クショップ開催、一週間前までにキャンセルをされた場合、振込手数料を差し引いた全額を返金いたします。それ以降のキャンセルは不可となります。どうぞよろしくお願いいたします。


こちらも弥勒力WS前日に開催です!
『しあわせパートナーシップ・ワークショップ in 石川』(12月1日開催)終了しました!

41385856_317529508825297_8893258350813249536_n




ハワイ島リトリートについての報告会を兼ねた『第3回 Cerulean Blue お話会』開催が決定しました!12月4日(火)13:30~15:30 「ののいちカレード」にて行います。ぜひいらして下さいね♬
『第3回 Cerulean Blue お話会』
終了しました!



個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)



ハワイ島リトリート2018.11月 ⑤

前回5月のリトリートでは、ハワイ島到着の翌日からキラウエア火山の噴火が強まり、国立公園の全てがクローズとなりました。

ザ・グループからのチャネリングによると、キラウエア火山の爆発は、リング・オブ・ファイヤー(環太平洋火山帯)の活性化において、本来は日本の首都圏近郊とアメリカのイエローストーンで起こるはずだった火山の噴火が、最も穏やかな形で代わりにハワイ島で起こったとのことでした。

日本でもし噴火が起こっていたら、とてつもない数の犠牲者が出たとのことでした。比較的流れがゆっくりであるキラウエアでそれが起こったお蔭で、人的被害は大変少なく済んだとのことでしたが、ハワイ島で被害にあった方達のことを思うと、申し訳ないと同時に感謝の気持ちで一杯でした。

今回のメンバーには、前回行けなかったキラウエアへ今度こそは行きたいという方がたくさん参加していました。

4日目_181117_0156

キラウエア国立公園までは、ノンストップでフリーウェイを走っても2時間40分程はかかるため、この日はお昼のサンドイッチを朝から作って、早々に出掛けることにしていました。

4日目_181117_0157

(↑作っているのか、食べているのか?笑)

途中のスーパーなどで休憩をとりながら、ハワイ火山国立公園に辿りつきました。

ビジターセンターで、現在オープンしている場所の地図をもらい、詳しく説明を聞きました。

残念なことに、ハレマウマウ火口の雄大な風景が目の前に広がるジャガー博物館は閉鎖されていました。(第8フィッシャーである火口に近すぎるからです)

(↓ジャガー博物館は、こういう美しい絵や火山の仕組みなどが展示されています。行けなくて残念!)
ハワイリトリート4日目_9132

私達は、現在ハレマウマウ火口の見える二つのポイントのうちの一つを選んで行ってみることにしました。

4日目_181117_0147

あの丘の向こうが火口だ~とがんばって歩きます。

4day_181119_0076

ところが!「おじさんちゃんと教えてよ~」という感じで、展望ポイントは木の枝に覆われていて、火口は遠くほとんど見えません(涙)

4day_181119_0077

仕方がないので、もう一つのポイントは帰り道に寄ることにして、そのまま道を進んで、チェーンズ・オブ・クレーターと呼ばれる、古い溶岩台地が広がる海まで続く道に車を走らせることにしました。

 4日目_181117_0201

ビジターセンターでは小雨が降っていた天気が、海へと向かい始めると真っ青な空へと変わります。

きょうの予定の都合で時間があまりなかったので、見晴らしのよい展望台に停車して、溶岩台地を眺めに行きました。

4日目_181117_0086
4日目_181117_0075

チェーンズ・オブ・クレーターを進み始め、真っ黒な溶岩台地が両側に見え始めると、内なる場所から葛藤が湧き上がり、ずっと言えなかった思いを吐きだしたいと言う人が現れました。

4日目_181117_0092
4day_181119_0069
4day_181119_0072

皆、「ここに来たかった!」と口々に言います。この場所の景色、風、エネルギーは、驚くほど皆を揺さぶっているようです。

4day_181119_0059

ものすごい海風で飛ばされそうです。

4日目_181117_0064

風が怖いというトラウマがある人も、果敢に外を歩いてみました。

普段なら車内で待っていると言うはずなのに、ここでは誰にも言われないのに自分で勇気を振り絞っていました。

4日目_181117_0102
4日目_181117_0044
4日目_181117_0038
4day_181119_0047
4day_181119_0023
4日目_181117_0057
4日目_181117_01174日目_181117_0111
4日目_181117_0116

一体何がそうさせるのだろう?と不思議になるくらい、皆はこの場所に強く惹きつけられ、それぞれが地球と繋がる感覚、自分の魂が体験してきた過去と繋がる感覚を、体中で味わっているようでした。

実は、皆が女子的に楽しみにしていた「ビッグ・アイランド・キャンディーズ」というヒロの街にある最高に美味しいハワイ産チョコクッキーのお店に寄ることを考えていたので、この場所はある程度で切り上げて戻る予定でいたのでした。

一度車を発進させたのですが、いくらも進まないうちに、私の頭の中に「戻れ!」という声がして、チョコクッキーは明日にまた出直してでもいいから、溶岩台地の上でもっと時間を過ごすようにという感覚がやってきたのでした。

そうして私達は、この溶岩台地で残りの時間を過ごすことを決め、この場所で各自にリーディング・セッションをすることを決めたのでした。

4日目_181117_0099
4日目_181117_0004

結果として、今回のリトリート中もっとも皆のリリースと気づきが訪れたのがこの場所になりました。

過去世の記憶の感覚を取り戻した人まで現れて、それを見ていた私達にまで感動が訪れました。

突き動かされるようなパワフルな地球のエネルギー、そしてハワイ島の大地に満ちている癒しの波動、この二つに満たされ、揺さぶられる苦しさと、同時に感じる懐かしさで、何人もの人が泣いていました。

3回目になるリーディング・セッションにおいても、とても重要な気付きが各々に訪れ、反応はポジティブ・ネガティブ両方がありましたが、ある意味ブレークスルーが起こっているようでした。


4日目_181117_0125
4日目_181117_0124

かなり長い時間を溶岩台地の上で過ごした後は、国立公園の中に戻り、スチームベントと呼ばれる場所(温泉地で、硫黄の臭いがする蒸気が上がっているのと同じ・・)で、女子たちは天然のミストサウナに顔の毛穴を緩め、後でそれが冷えて寒くなることを注意しなくては気づかないほど盛り上がっていました(笑)

4day_181119_0001

皆がきゃあきゃあ騒いでいたら、素敵なおばさまが、全員の写真を撮ってあげるよと申し出くれました。

丁寧にお礼を言うと、「あなた達、日本人でしょ?わたし、日本が大好きなの!会えて嬉しいわ!!」と満面の笑みで答えてくれたのです。なんだか幸せになりました。

最終日😭_5551

↑今年の2月に来た時は、ジャガー博物館の前で見えたのは、こんな感じのハレマウマウ火口でした。

しかし今回、スチームベントの近くの展望台から見える今のハレマウマウ火口は、噴火こそ収まっていましたが、生々しく地球の中心と繋がっているのが一目でわかり、見た瞬間に背中がぞくっとするような神秘的な迫力がありました。

4日目_181117_0097
4日目_181117_0031
4day_181119_0006

なんというか、見てはいけないものを見てしまったような、この世のものとは思えないような神聖さとういうか妖気というか、とにかく見ていると背中がぞくぞくするのでした。

4日目_181117_0191

もう日が沈もうとしている時間となりましたが、きょうこそが今回のリトリートのハイライトなのだと私と育ちゃんは確信しました。

明日また車で2時間かかるヒロまで出直さなくてはなりませんが(涙)、これで良かったのだなと思いながら、私達はコンドミニアムへと帰る道を急ぎました。


『ハワイ島リトリート2018.11月 ⑥』に続く・・)




個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)


ハワイ島リトリート2018.11月 ④

3日目_181117_0052

マウナケアのサンライズツアーから戻ったのは朝の8時過ぎでした。

午前中はそれぞれが仮眠や休憩をとってもらうことにして、午後1時から私達はまた直感の赴くまま、きょうの行き先を決めて動くことにしました。

そしてまたきょうは、昨日に続いて二度目のリーディングセッションを予定していました。

10人それぞれにリーディング&カウンセリングをするので、結構時間は掛かるのですが、今回のリトリートにはそれが欠かせないと私達は考えていました。

3日目_181117_0130

抜けるような青空の下、きょうは屋外でのセッションをするつもりでした。

順番をを待っている間、他の人達には、選んだその場所のエネルギーに触れ、心地よい風に吹かれて、ハワイ島の美しさを感じてもらうことにしました。

どこがいいだろう~?と感じてみた時に、以前のリトリートでは行く感じのしなかった「プウコホラ・ヘイアウ」が浮かびあがってきたのでした。

3日目_181117_0041

「プウコホラ」とは「クジラの丘」、「ヘイアウ」とは「古代のハワイアンが作った聖域」です。

このヘイアウは、カメハメハ大王が軍神クーに捧げて建てたものと言われており、ハワイ統一のために生け贄まで捧げたという、想像するとちょっと血なまぐさい感じもする国の史跡です。

3日目_181117_0100

しかし、そういう歴史のイメージとは全く違って、プウコホラヘイアウは、どこまでも広い海と青い空が広がるなんとも気持ちの良い美しい場所なのです。

3day_181119_0076

以前のリトリートでは、育ちゃんが「ここは行かなくていいわ~」と言ったのでパスしていたのですが、今回はGOサインが出たその変化が興味深くて、一緒になぜなんだろう~?と探ってみると、カメハメハ大王に象徴される「自分がパワフルになる」ことが、今回のリトリートメンバーにはとても必要だからなのだとわかりました。


そしてもう一か所、皆がリラックスして楽しむための場所として、「ハマクア・マカデミアナッツ・カンパニー」という、ハワイ産のマカデミアナッツやチョコレート、コーヒーなどを売っている工場兼お店に立ち寄ることが思い浮かびました。

3日目_181117_0001

実は、最初にプウコホラに行く予定だったのに、何という事か私の不注意で道を曲がる場所を通り過ぎてしまい、結局先にマカデミアの試食三昧コース(笑)へ行くことになったのでした。

育ちゃんは、「今日のセッションはヘビーな人も多いだろうから、先にみんなナッツ食べて、お買い物楽しんで、元気になっとく必要あるんだわ~きっと!」と、皆が聞いたら震え上がりそうなことを言うのでした(笑)

3day_181119_0139
3day_181119_0132

入り口にインスタ映え(笑)しそうな壁を見つけたので、まず全員で記念撮影です!

3day_181119_0131

店内は既にクリスマスの装飾が施されています。

3日目_181117_0046
3day_181119_0125

そして、お目当てのマカデミアナッツの試食です!

わさび味、バターラム味、スパイシーチリ味・・と、なかなか目にすることのないさまざまな味のものが食べ放題です。

3日目_181117_0003

色々なハワイ産のコーヒーの試飲や、スイーツの試食もあります。

3day_181119_0109
3day_181119_0120
3day_181119_0116

遊び心満載の撮影スポットなどもあり、お土産選びも試食もてんこ盛りで、皆楽しそうで、あっという間に時間は過ぎ去りました。

そしていよいよ、ナッツ工場からはそれほど遠くはないプウコホラヘイアウへと向かいます。

3day_181119_0098
3day_181119_0083

冬には、沖合に鯨の泳ぐ姿が見えるので、「クジラの丘」です。

3day_181119_0077

ハワイアンがお供え物を置く台↑

3day_181119_0095
3day_181119_0091
3day_181119_0099

↑確かに日差しはきついですが、え~っと、ハワイに来ているのにその恰好は??笑

でも女子たちは「それどこに売ってるの~?」と興味深々です。東急ハンズにあるそうです(笑)

3day_181119_0064
3day_181119_0039
3day_181119_0051

どちらかと言うと、日本では結構こわいおばちゃん達(ごめん!笑)のお二人も、ハワイに来てからはまるで少女のように木々や草花と戯れ、なんとそれらと会話までし、魂の双子だと言われるほどにゆるゆるの仲良しペアになっています。

3day_181119_0032

このリトリートで初対面だったお二人も、なんでも話せる学生時代の親友のような笑顔です。

3日目_181117_0137
3日目_181117_0031

プロとして写真を撮っているさっちゃんが参加してくれたお蔭で、今回のリトリートでは皆の最高の笑顔がたくさん記録に残りました。さっちゃん、本当にありがとう!!

3day_181119_0074

皆が風に吹かれて公園の中で楽しんでいる間、私達はお一人ずつとベンチでリーディングセッションにいそしみます。

セッション2回目の今日は、ハワイに来てからどんどん湧き上がってくる心の深いところにあったものとの向き合いが、より深くなっています。

家族や職場と離れ、自分自身と向き合うことに焦点を当てることを決意して、皆さんここにやって来ていました。

ハワイと言う解放感に溢れた癒しの場所にあっても、その意図設定は常に皆に変容を起こし続けます。

3日目_181117_0102

絵のような風景の中にいる彼女も、メモ帳を出して一人深い向き合いをしています。

日本にいる時にはなかなか感じることのできない自分の奥深くにある思い、自分で気付かずに押し込めてしまっていたさまざまな葛藤、誰か他の人の言動に心地悪さを感じる思い(それは実は、自分自身を相手に投影して見てしまっているのですが)などが、楽しい時間とは裏腹に、こうしてセッションでの気づきと共に抑えきれない衝動で湧き上がってきます。

人は、それが葛藤だとわかっていても、手放すために表面に湧き上がってきても、またその葛藤を掴みに行くことがとても多いのです。

私はよく「SM好きなのね」と冗談で言うのですが、苦しいのが嫌だ嫌だと言いながら、いざそれをリリースするチャンスが訪れても、その苦しさを手放すことに抵抗するのです。

人は変化を拒むのが習性だからです。それがより軽やかな未来に繋がることがわかっていても、変化することが怖いのです。

3日目_181117_0033

リトリートセミナーは、一旦飛び込んでしまったら、そう簡単には日本の家には戻れません(笑)

なので否が応でも向き合いは始まり、一緒に時間を過ごしている仲間に自分自身を投影して感情が揺れたり、普段は気を紛らすために使われている日常的な家事や仕事がないことで、自分の奥深くにあるものが浮かび上がってきたりするのです。

何か辛いことや苦しい思いを全く感じないでリトリートセミナーを終える人は一人もいません。

こう書くと、そんなものに何で参加するの?となりそうですが(笑)、そこを超えた先にあるものが、これまた素晴らしい体験なのです。

自分自身を見ることを決意し、決してそこに湧き上がるものから目を逸らさないと決める事で、人はノーモアシークレットの世界に生き始める事ができます。

それは、世界に蔓延しているさまざまな嘘や秘密のことではなく、自分が自分にシークレットにしてしまっているものを暴き出し、陽の光にさらすことで、心から喜びにあふれて生きる自分へとシフトすることなのです。

自分に嘘がない人は(一般的な嘘とは違いますよ・・)、世界の美しさ、人々の魂の美しさ、自然の美しさを、信じられない程豊かに感じることができるようになります。

そうすることで、これまで見えていた世界とは全く違う光輝く世界が、眼前に広がり始めるのを知るのです。

3日目_181117_0095

お母さんたちが食事を作っているのを・・

3日目_181117_0096

まだかな~と待っている子供達(?!笑)

3日目_181117_0127

食事は下々の者が作ればよいのじゃ・・と、我関せずにおしゃべりしている人達(嘘です!笑 強迫観念的に家事をしてしまう傾向の強い人には「家事をやること禁止令」が出ていました。笑)

3日目_181117_0093

シンプルだけど、ヘルシーで美味しい食事を、楽しみながら皆が用意します。

主婦たちが普段「やらなくては!」でやっている家事も、皆でワイワイやるのは結構楽しいものです。


育ちゃんと私は、夜は皆とは別のコンドに宿泊していたので、グループラインに上がってくる写真や動画を見て「一体何が起きてるの~?」とよく訝しがっていたのですが、夜な夜な各グループには、さまざまな葛藤解放の瞬間や、感動的な仲間の愛の交流があったようでした(笑)

3日目_181117_0057

↑ご本人の許可が出たので、ノーモアシークレットです(笑)

何があったのか知りたい人は、直接彼女達に聞いて下さいね!


『ハワイ島リトリート2018.11月 ⑤』に続く・・)



個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)




ハワイ島リトリート2018.11月 ③

今回はハワイ島のリピート組がほとんどだったので、マウナケアへはちょっとがんばって、夜中に起きてサンライズツアーに参加することにしました。

3日目_181117_0196

深夜2時に出発して、辿り着いた標高2,800mからの夜空は満点の星!!

星空を綺麗に見るために、新月からあえて2日目を選んでいたのですが、その細い月まで地球の影に隠れてしまったようで、これ以上のコンディションはないという雲一つない紺碧の夜空に、信じられないようなたくさんの星々が瞬いていたのでした。

3日目_181117_0198

夜明けを待つ間に、プラネタリウムのように星座や星々のお話しをたくさんして頂いたのですが、ふだん日本でならすぐ見つけられる星座までもが、多すぎる星ですぐにはわかりません!

そしてその間にも、あちらこちらで「流れ星!」という声が上がり続け、私達はまるで宇宙空間に浮かんでいるような感動的な時間を過ごしたのでした。

3日目_181117_0195
3日目_181117_0190

一人一人が、降るようなの星空の下で写真を撮ってもらいました。(星が多すぎるので、ちょっと合成みたい!笑)

3日目_181117_0194
3日目_181117_0187

満点の星空を見たい!という願いは叶えられたのですが、残念なことに気温が低くなりすぎて凍結が起こり、マウナケア山頂への道路はクローズのまま開くことは叶いませんでした(涙)

それでも皆気を取り直し、2,800mの地点でのご来光を待つことにしました。

3day_181119_0218
3day_181119_0220
3日目_181117_0007

ふと気づいて見れば、遥か下の方に見えるのは雲海ではありませんか!

マウナケア頂上の4,300mに登れない事を残念に思っていましたが、「そうか!2,800mって白山の頂上より高いんだ~!!」と、今さらながらおバカな発言をしていた私でした(笑)

3日目_181117_0178

↑朝日が昇る前に、皆でやろうと決めていたポーズで記念撮影!!青春してます(笑)

3day_181119_0205
3day_181119_0204

ゴジラが火を噴いてる~と、刻々と変化する雲の形を見て遊んでいたら・・

3日目_181117_0179
3日目_181117_0053

美しい太陽が昇って来ました。皆それぞれが、静かに光の中に佇んで朝日を眺めていました。

数えきれないほどの星々が姿を消した後に、清浄で暖かな太陽の光に包まれる体験は、皆の心に深く何かを刻んだような気がしました。

3日目_181117_0176
3日目_181117_0170

前回5月のマウナケアのサンセットも、この世のものとは思えない美しい夕焼けを見せられましたが、こうしてより空に近い場所、聖なる山の上に登ることは、私達が普段下界にいる時とは全く違う意識状態に導かれます。(前回のマウナケアの記事はこちら神々の島ハワイ・・レムリアのエネルギーの後押し

6回目のマウナケア登山(車で、ですが・・笑)で初めて山頂に登ることが叶わなかった私ですが、必要な事が最善でいつも起こっているのを感じました。

皆に山頂を味わせてあげたかったという残念な気持ちが無かったと言えば嘘になりますが、私の気持ちとは裏腹に、「あの美しい星空を子供達にも見せてあげたい!また来たい!そして今度は山頂に登りたい!」と、未来への希望をより膨らませて嬉しそうにしている皆がいて驚いたのでした。

3日目_181117_0169

まだハワイ島に到着して二晩しか経っていないのに、美しく壮大な自然と、湧き上がるエネルギーの後押しを得て、皆の意識は大きく変容を始めているようでした。

しかし、拡大する喜びの感覚のみならず、これまで押し隠していた心の深くに潜んでいた葛藤も同時に拡大し表面化してくるのと向き合い始めている人もいました。

一人一人が、それぞれの感覚が研ぎ澄まされていくことと、真摯に向き合うしかない時空の中にいるのを感じていました。


『ハワイ島リトリート2018.11月 ④』に続く・・)



個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)

ハワイ島リトリート2018.11月 ②


1day_181119_0112

到着日は、とにかくハワイに着いたという喜びを味わってもらう日だったのですが、いよいよ2日目からは、本格的にリトリートセミナーとしての向き合いが始まります。

ハワイ島での最初の朝は、メインのコンドミニアムに全員が集まって朝食を摂り、それぞれがリラックスした朝を過ごしていました。

2日目_181117_0001
2日目_181117_0028
2日目_181117_0029

初日のきょうは、朝からは出掛けずにコンドミニアムの中で、一人ずつが私達のリーディングセッションを受けるということから始めることにしていました。

その間、待っている人達も、とことん自分の内面との向き合いをしてもらいます。

各自に用意してもらったどこへでも携帯するためのメモ帳に、それぞれの中に浮かんでくる思いや気づき、起こっていることに反応が起きたらそれをメモする、という風に向き合うことをやってもらいます。

これは、出発前に空港で意図設定をしてからずっと、飛行機の中でも随時やってもらっていました。

2日目_181117_0043

セッションを待っている最中には、まず各自が指定された呼吸法に取り組み、それが終わってもお互いは口を利かないという事をルールにしました。

ハワイ島の空気感と大地のエネルギーを感じ、いつもとは違う窓の外の景色を眺め、それぞれ自分の内側へと向かってもらいました。

1day_181119_0040

初日から、セッションでは涙が溢れる人もいました。すでに葛藤が湧き上がって、抑えるのが難しくなっている人もいました。

ハワイはレムリアのエネルギーに満ちており、とことん癒しの波動の場所なのですが、ここハワイ島はまだ若い火山のエネルギーに満ちたパワフルな場所でもあります。

地球そのものと繋がる感覚を味わうにはもってこいの場所であり、自分自身をしっかりと生きていない人には、ある意味揺さぶられる場所でもあります。

2日目_181117_0040

10人のセッションは思ったより長引いてしまい、待っている人達はかつてないほど自分と向き合うことをさせられていました。わいわいがやがやおしゃべりすることが大好きな女性達にとっては、ある意味苦行だったかと思います(苦笑)

しかし、初日にこれをやることができたお蔭で、その後もずっと皆はリトリートセミナーの趣旨を忘れることなく、時には観光気分を満喫しながらも、彼女達はずっと一つのテーマに向かってシフトし続けることができたのでした。

2日目_181117_0041

全員のセッションが終わった後には、全体での向き合いをしました。まだ他の人とあまりなじみのない人達も中にはいたのですが、セッションが終わった勢いで、自分の中の気持ちや皆にシェアしたいことを、思い切って発言してもらいました。

なぜならこのリトリートセミナーは、ある意味壮大なグループワークだからです。

自分一人ではできないこと・・「相手を鏡として自分の中に湧き上がる葛藤を見つめること」、「喜びも幸せも、自分以外の人と分かち合うことで拡大することを体験すること」、そして何より「人間は独りぼっちではないということ。私達は繋がっているということ」を心底体感してもらうための設定がされています。

とことんハートをオープンにして、ノーモアシークレットの世界に素のまま生きることを体験します。

2日目_181117_0042

初日のこの時から、勇気を持って自分の気持ち、感じていたことをシェアした人から、大きな癒しの波が起こりました。

自分は一人ぼっちだと感じる気持ちが強すぎて、美しいハワイにいてもその喜びに浸ることができなかったほど心が閉ざされていた人が、勇気を持ってそれを告白し、皆の前で素になって語った時、奇跡は起こりました。

全員が慈愛の眼差しで彼女を見つめ、彼女の孤独感は自分の中にもあったものだと知り、それを互いが癒し昇華させる時空へとシフトが起こりました。

最後にすべての人達がそれぞれ思いのこもったハグをし合って、初日であるにも関わらず涙涙の美しい光景が広がりました。

2日目_181117_0074

最初の集合時間を遅めにしていたこともあり、すべてが終わった時にはもう午後の4時でした。

サンセットにはまだ十分間に合う!ということで、コンドミニアムから一番近い通称A-bayと呼ばれるアナエホオマル湾で夕陽を見るために、夕食のお弁当を買いに近くのクイーンズマーケットプレイスへと向かいました。

各自が思い思いの夕食を買った後は、ビーチに並んで腰掛け、沈みゆくハワイ島での最初の夕陽を静かに眺めました。

2日目_181117_0098
2日目_181117_0064

2日目_181117_0033
2日目_181117_0034
2日目_181117_0035
2日目_181117_0036
2day_181119_0038

もうずっとここにいるかと錯覚するような、この美しさはよく知っているという体感の中、夕陽に照らされる皆の顔が綺麗で、なんとも幸せな時間を過ごしました。

2day_181119_0033
2day_181119_0029
2day_181119_0030
2day_181119_0044
2day_181119_0031

ずーっと独りぼっちだと涙に暮れていた人が、波打ち際で少女のように仲間と水の中に入ってはしゃいでいる姿が見えました。

2日目_181117_0054
2日目_181117_0058
2日目_181117_0020

ハワイマジックは、まだ始まったばかりでした。

楽しいだけではないリトリートセミナーですが、本当の自分自身と繋がり、魂の望みを生き始めることの喜びに触れる以外には、私達が「生きている!」という実感を感じることはないと私は思っているのです。

2日目_181117_0107

癒しと繋がりを体感するハワイ。自分自身との繋がりを取り戻すリトリート。人間はすべてが繋がっている存在だと知る体験・・それぞれの人達の真摯な決意から始まったリトリートセミナーは、まだまだ続きます。


『ハワイ島リトリート2018.11月 ③』に続く・・)



個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)



ハワイ島リトリート2018.11月 ①

11月8日から一週間、ハワイ島にてリトリートセミナーを開催して来ました。

参加された方達の記憶のために、そして、リトリートって何?とご興味のある方のために、時系列でじっくり振り返ってレポートしたいと思います。

46474616_268615243999543_3246084347572256768_n

いつも私がリトリートセミナーをする時は、インスピレーションに導かれるままに場所と日程を決めるのですが、今年はなんと2月・5月に続き、3度目のハワイ島リトリート!

自分でも何が起こっているの~?!と不思議でなりません。

20181011 セミナー1日目_181019_0022

今回も一緒に主催したのは、いつも互いに絶妙なサポートをしあえる最高のパートナー、C'est Chouette ! (セ・シュエット) の育ちゃんこと林育代さん

育ちゃんには、いつもながらたくさん助けてもらいました!本当にありがとう

5日目_181117_0381

私が開催するリトリートセミナーは、現地に行くおよそ一ヶ月前から、FBでグループを作って色々なシェアを始めます。

地方の主婦にとっては、一週間家を空けるという事、自分のためだけにお金と時間を使うということ、家族に理解をもらったり、何より自分自身が自分に与えることなどの、さまざまなハードルを越えてこなくてはなりません。

ある意味、出発するまでが一番ハードな取り組みをすることが多い人達が集まるという、都会ではちょっと考えられないシチュエーションの中でのリトリートセミナーなので、小松空港に辿り着いた時には、もう皆達成感で一杯です(笑)

1日目_181117_0262

毎回恒例となっている小松空港での「リトリートにおける意図設定」・・皆真剣な顔つきです。
今回はいつもより多めの10人の参加者だったため、全員の発言は終わらず、続きは成田へ・・

1日目_181117_0271

富士山が美しく雲間から顔を出していて、なんだか嬉しくなりました。

1日目_181117_0254

コナへの直行便に乗るために、羽田から成田へとリムジンバスで移動して、出発前の腹ごしらえ。(食べる前に撮るのを忘れた・・笑)

出発日_181117_0009

その後、小松で終わらなかった「意図設定」を、空港の廊下の椅子に座って・・。

出発日_181117_0006
1日目_181117_0251

座れてない人もいたけど・・(笑)

出発日_181117_0005

いよいよハワイ島コナ空港へと出発します!皆ドキドキ、でも楽しそう

1日目_181117_0246
1日目_181117_0247

およそ7時間のフライトを経て、ハワイ島の雄大な景色が見えてきました。

1日目_181117_0235

ハワイ島はハワイ諸島の中では最も若い島で、火山が噴火して流れ出した黒々とした溶岩台地が広がっています。

1日目_181117_0234

真っ青な空の下、無事着いた喜びで、JALの飛行機と恒例の記念撮影

1日目_181117_0225
1日目_181117_0125

↓ふと気が付くと、「HEAVY(重い)」のタグがつけられたスーツケースの人がいて、皆で大爆笑!!荷物詰め込みすぎです(笑)

1日目_181117_0293

11月だというのに、ぎらぎら照りつける太陽の下、長袖を脱いで身軽になって、レンタカーを借りにシャトルに乗ります。

1日目_181117_0118
1日目_181117_0322

今回の運転手も、若い独身コンビの二人。もう海外の運転は慣れたものです。

1日目_181117_0222

コナ空港からフリーウエイへ出る道は、ハワイ感たっぷりでウキウキします。

1日目_181117_0113

コンドミニアムのチェック・インまでにはまだ時間があるので、少し南に下って、コナコーヒーの栽培が盛んなフアラライ山の裾野へと向かいます。

1日目_181117_0218

いつもは、眺めの良いドトール・コーヒー農園へ行くのですが、今回はまだ行ったことのないUCC農園へと向かってみました。

1日目_181117_0217

UCCはドトールのすぐ近くでした。可愛らしいお店です。

1日目_181117_0216
1日目_181117_0221

予約制でコーヒーの焙煎体験や農園ツアーがあるようなのですが、私達はコナコーヒーのアイスクリームを食べてみました。

1日目_181117_0288

こちらも、農園を歩けば眺めが素晴らしいようですが、ツアーを申し込んではいなかったので、いつものドトールに向かい、そこで休憩することにしました。

やっぱり、ドトール農園は、庭園が美しくて最高です!

1日目_181117_0330
1日目_181117_0100

地球的な気象異常のせいなのか、ラッキーなことに、もう冬なのにお花がかつてないほどに咲いていて、植物好きが多い一行は大喜びです。

1日目_181117_0096

1日目_181117_0094

木になっている果物は、ご自由にどうぞ~というスタンスなので、食べられそうなものを物色するのも楽しいことです。

1日目_181117_0149
1日目_181117_0089
1日目_181117_0209

ハイビスカスも、名を知らない花たちも、青空に映えて最高に美しい!

1日目_181117_0325
1日目_181117_0313
1日目_181117_0034
1日目_181117_0035

二人のゆき&ゆきコンビです。今回はなんと参加者10名中「ゆきちゃん」が3人もいて、途中からニックネームを付けられた人もいました!

1日目_181117_0213

↓こちらは、植物とお話しができるもう一人の「ゆきちゃん」この場所に来ると嬉しくて笑顔が止まりません 

1日目_181117_0215

皆、時差ボケにもめげず、最高にハッピーな笑顔です。

1日目_181117_0214
1日目_181117_0206
1日目_181117_0204

コナコーヒーの試飲は自由で、ここでしか買えないコーヒーも色々あります。日本ではとても値段の高いコナコーヒーですが、とてもリーズナブルです。

1日目_181117_0176
1日目_181117_0177

写真を撮る人たちと・・

1日目_181117_0185
1日目_181117_0179

写真を撮ってもらう人たち・・

1日目_181117_0076
1日目_181117_0077

みな幸せそうです!

お庭になっているバナナも食べ放題です

1日目_181117_0198
1日目_181117_0328

あまりの気持ちよさに、ず~っとくつろいで語らっていた私達でした(笑)

1日目_181117_0323

山を下って、カイルア・コナの街を少し散策することにしました。

すると、以前マウイ島で食べて感動したシェイブ・アイス(かき氷)のお店を見つけて私は大興奮!!

1日目_181117_0070
1日目_181117_0009

若者たちは、インスタ映えするお店の装飾に大興奮!笑

1日目_181117_0069
1日目_181117_0130

毒々しい色づかいに見えますが、実は自然素材のシロップなので、と~っても美味しいのです

1日目_181117_0162
1日目_181117_0283

海岸沿いの道やお店をぶらぶらと散策・・

1日目_181117_0166
1日目_181117_0058
1日目_181117_0059
1日目_181117_0282
1日目_181117_0140

歩き疲れて一休み(笑)

1日目_181117_0297

日が落ちる前に車で一時間ほど北上して、これから5泊するワイコロアのコンドミニアムへと向かいます。

2日目_181117_0044

今回は、メインの大きめのコンドと、プラスして二つの小さ目のコンドに分かれて泊まります。

2日目_181117_0046
6日目_181117_0042

「ワイコロア・ビーチ・ビラ」というワイコロアの街の中心にあるコンドミニアム群は、正面に大きなショッピングモール、徒歩圏にビーチ、裏手にはゴルフコースという、静かなのにとても便利な場所にあります。

6日目_181117_0041
6日目_181117_0054
6日目_181117_0053

このコンドミニアムを選ぶのは、今回はお申込みの順と決めてあったのですが、どのコンドミニアムになるか、誰と一緒になるかは、ふたを開けてみるまではわかりません。

1日目_181117_0138

皆、真剣にソファの座り心地などを試していて、見ていて面白かったです(笑)

結論から言うと、このコンドミニアムの各メンバーは、良くも悪くも互いが最高に機能しあう仲間として、絶妙のグループ分けになったのでした。

1日目_181117_0278
1日目_181117_0050

食事は「できるだけ手を抜きながらも美味しく!」をモットーに、皆手早く楽しく準備します。

1日目_181117_0277
1日目_181117_0276

日付変更線を越えるための長~い一日目が過ぎ、それぞれの部屋で夜が更けていきました。

1日目_181117_0155
1日目_181117_0139

『ハワイ島リトリート2018.11月 ②』に続く・・)



個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)




齊藤つうり氏『アカシックリーディング個人セッション』


石川(金沢市)での2018年121日・2日のワークショップに先立ち、齊藤つうり氏の『アカシックリーディング個人セッション』の申し込みを受け付けます(1129日・30日)。
先着順となっておりますので、ご興味のある方はお早めにお申込み下さいね!


160225_02_01-2

齊藤 つうり(Turi Saito


【プロフィール】

僧侶・アカシックリーダー

山梨県甲府市の寺院に生まれる。21歳で出家後、僧籍に従事。16歳にて、父の死が契機となり、人間の死、自分自身と人間存在についての探求と研鑽を開始。仏教、心理学、神秘学等を研究。数多くの神秘体験や体外離脱体験を得る。2010年以降、ゲリーボーネル・ジャパンにて「ノウイングスクール本科」「アカシックレコード専門スクール」等の講師を継続して担当。

また仏教や様々なスピリチュアルな体系を超えた、人間の普遍的な変容のプログラムとして「ブッダプログラム」を展開。 

全国で活動を展開し、アカシックリーディング個人セッション、ワークショップ、スクール等を通じ、2015年現在まで、のべ8000人以上のクライアントや参加者と関わり、からだ、こころ、たましいの全体をとらえた本質的な人間の変容をサポートする。

 

【著書】

『後悔ゼロで生きるためにいまのうちやっとくこと』(大和書房)

『自分探しのアカシックリーディング入門』(説話社)
『スピリチュアルドクター、アカシック坊主と「死」について語る』(Kindle版)

 

HPブッダプログラム | 齊藤つうり | オフィシャルサイト



アカシックリーディング個人セッション

自分自身の本質・核心部分を知り、人生に大きな変容をもたらす対面アカシックレコード・リーディングセッション

私たちにはそれぞれ、この人生を通して、また転生を通して、何度も同じように繰り返し取り組みつづけているテーマがあります。あなたはその自分自身の核心部分に気づいているでしょうか?「本当の自分とは?」「自分が取り組む人生のテーマとは?」「覚醒に至るまでの課題とは?」セッションでは、その人の本質、核心に深く入って行きます。自分自身の本質、核心部分を知る体験は、あなたの人生に大きな変容をもたらすことになるでしょう。覚醒への第一歩は、まず本当の自分に気づくことからです。そして、自分の核心にある問題から解放された時、覚醒は起こるのです。

 

料金 ¥32,400(税込:事前振込)

 

日時 2018年11月29日(木)・30日(金)


11月29日(木)


14:00~15:00(予約済)

15:15~16:15(予約済)

16:30~17:30(予約済)


11月30日(金)

 9:00~10:00(予約済)

10:15~11:15(予約済)

11:30~12:30(予約済)

14:00~15:00(予約済)

15:15~16:15(予約済)

16:30~17:30(予約済)

★全席満席となりました!ありがとうございました。
キャンセル待ちのみお受けしています。メールフォームからお申込み下さい。

時間 60分


会場 ホテルマイステイズプレミア金沢 HP/地図

 

お申込み 以下のメールフォームよりお申込み下さい。

 
「個人セッション」お申込みフォーム 終了しました!


https://ws.formzu.net/dist/S69640559/

キャンセルについて 


11月26日(月)18時までにキャンセルのご連絡を頂いた場合のみ、振込手数料を差し引いた全額をお返しいたします。前日11月28日(水)18時までのご連絡は50%、それ以降のキャンセルにつきましてはご返金できませんので、予めご了承ください。




Cerulean Blue 個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)

ギャラリー
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • 変えられないものを受け入れる心の静けさ
  • マレーシア(&台湾)への旅 ④
  • マレーシア(&台湾)への旅 ④
プロフィール

ceblue