Cerulean Blue (セルリアンブルー)

『人生に奇跡を!』

2018年12月

ハワイ島リトリート2018.11月 ⑥

昨日行きそびれた「ビッグアイランド キャンディーズ」でお買い物をする為に、今日はまた朝から、島を東西に横断する「ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ」を2時間走って、ワイコロアからヒロへと向かいました。

1231698_595183903858300_1867710029_n

ハワイ島は太平洋のど真ん中にあるのに、4,000mを超える火山が2つも島にあるのです。

なので、世界の気候帯区分の13の内のなんと11が、1つの島に同時に存在しています。

北陸からハワイに行くなら、青空が見えない場所は嫌なので、私達は雨がほとんど降らない島の北西のリゾート地、ワイコロア地区に滞在していたのでした。

hawaiianislandsmap

マウナケア山とマウナロア山の間を通り抜けて着いたヒロの街は、冬場はいつも雨が降っているようなところなのですが、この日は青空が広がる気持ちのよい1日でした。

せっかくのお天気なので、これまで悪天候ばかりで行ったことのなかった、ヒロ湾に浮かぶモクオラ(癒しの島)と呼ばれるココナッツアイランドに行ってみることにしました。

5day_181119_0194
5日目_181117_0180

そこは、植物とお話しするゆきちゃんが、目をハートにして喜ぶ場所でした(笑)

5day_181119_0185

ちょうど休日だったのもあり、地元の人達がゆっくりと時間を過ごしているモクオラは、癒しの波動に満ち溢れていました。

5日目_181117_0342
5day_181119_0167

また、モクオラはハワイアンが人生の節目で禊をする場所とも言われています。

まさにぴったりの場所を訪れたせいでもあるのでしょうが、残すところ後1日となったリトリートにおいて、一人一人の未完了の問題がこの場所で色々と吹き出してきたのでした。

5日目_181117_0102

それがリリースの方向に向かっている人もいれば、反対に葛藤を手放すことへの葛藤に苛まれている人もいました。

葛藤とは苦しいものであるので、リリースできるに越したことはない…と普通は思うことでしょう。

しかし、人間にとって一番恐ろしいのは「変化すること」なのです。

苦しいはずの葛藤を手放すことでさえ、自分の人生が変わってしまうことへの抵抗の方が強い時、人はその葛藤を再び掴みに行くのです。

正直、謎です(苦笑) 

でも自分もそうだったし、今でもそれが全くないかと言えば言い切れないので、気持ちはとてもわかります。

ただ一つ断言できるのは、葛藤を握りしめていても苦しいだけだよ〜ということ。それは間違いないということです。

5日目_181117_0188

癒しと幸福の波動で満たされたハワイに来て、なぜ葛藤と正面から向き合うワークをしているかというと、「本当の意味で自分自身を生きる」ことでしか、私達は幸せに生きることはできないからです。

表面的に「ハワイ〜幸せ〜」と叫んでいても、本当に幸福感に満たされていない自分のことは、誰よりも自分が知っているのです。

どれほど美しい自然と癒しの空間の中にいても、自分の心の中から湧き出してくるドロドロとしたものの正体を見極め、それを手放す決心をしなくては、本当の美しさと心地よさは味わえません。

明日にはもう帰国という日になって、この壁を越えるべく出来事を(無意識レベルで)起こしている人達の、勇気を試されているような時間が過ぎていきました。

5日目_181117_0339

自身の葛藤を誰か他の人に投影することは、どんな人にも起こります。

誰かのことがすごーく腹が立ったり、見ているとイラついたり、ある特定の人だけに対して、自分の認識が他の人と違っている時は、自分の中にある問題を他人に投影して見ていることがほとんどです。

その人を非難したり、憎んだり、ということをどれだけ繰り返しても、その根底にある理由や原因にたどり着くことはできません。

とことん、湧き上がってくる感情は自分のものだと受け入れ、なぜそれが起こるかを見つめることでしか、一番奥底に横たわっている自分の葛藤を知り、それをリリースすることはできないのです。

5day_181119_0179

勇気を持たなくてはなりません。

見たくないから蓋をしていたものを見る作業は、孤独で辛く、深い悲しみを伴います。

参加者の皆さんは、その作業をすると決意してハワイ島リトリートに参加した人達ばかりだったのですが、「変わるのが怖い」という根源的な恐れを超えるのは並大抵の事ではなかったということに、今更ながら直面していました。

多くの人が、このプロセスを通るのが辛すぎて、直前で踵を返していくのを見てきました。

この辛さの向こう側には、信じられないほど美しい世界が広がっているのに、それが自分に起こることを信じ切れないのです。

5day_181119_0183

勿体無いな〜と、いつも思います。時には首に縄を付けてでも引っ張りたくなります。

でも、それではダメなのです。その先に行くのは、あくまでも自分でしかないからです。

そして知っておかなければならないのは、私達の殆どの葛藤の後ろには、親という存在が厚いベールに隠されて潜んでいるということです。

もうそれは100%と言ってもよいのでは?!と思うような確率です。

5日目_181117_0111

私達は長い人生を、親に愛されるために培ってきた戦略、つまり「いい子でいる」、もしくは逆に「悪い子になる」ことで親の承認を得ようとしてきました。

しかしその生き方は、自分の魂からの声を時には遮り、心を開いて生きることを阻みます。

頑張って「いい子」でい続けた人は、それでも更に上を目指させる親への深い怒りを抱えています。

逆に「悪い子」「できない子」にしかなれなかった人は、たとえその人生を自分が選んだと思っていても、どこかで罪悪感に苛まれ続けています。

親の愛を得るということのための葛藤は、すべての問題の根底に横たわっているような気がしてなりません。

5日目_181117_0255
5day_181119_0175

今回のリトリートは、とことんこの先へ行くために、強くて深い決意を促されている人ばかりが参加されていたようでした。

これまで何十年と握りしめてきたものを手放すことは、実は一瞬でもできるのですが、やはりそれは痛みを伴う、怖くてならない作業なのです。

5日目_181117_0177
5日目_181117_0027

しかし人間、ずーっと心の奥底の問題と向き合っているわけにはいきません。

美味しそうなクッキーが目の前に現れたら、ついつい試食もしてしまいます(笑)

ココナッツアイランドの次には、いよいよきょうの第一の目的でもあった「ビッグアイランド キャンディーズ」に向かい、心行くまでお買い物を楽しみました。

5日目_181117_0248
5日目_181117_0249

ハワイ産のものだけで作っている、ショートブレッドやチョコレート、コナコーヒー、そしてアイスクリームは、甘いものがあまり得意でない人でも「美味しい!」ということ請け合いです。

試食三昧の後は、お土産を山のように買い、そして皆でアイスクリームをシェアして幸せな一時を過ごしました。

5日目_181117_0353
5日目_181117_0354

その後は、前日にはもう暗くなって見ることができなかった、ヒロにある金ピカのカメハメハ大王の像と一緒に写真撮影です。

カメハメハの真似をして全員でポーズを取っていたら、ツアーの観光客らしいアメリカ人ご一行様に、指さされて笑われました(涙)

5日目_181117_0253

5day_181119_0156
5day_181119_0159

まだ明るいうちにと再びワイコロアへと急ぎ戻って、もう明日朝にはハワイ島を発つので、最後のお土産ショッピングに皆いそしみます。

5日目_181117_0176

南国でも、ツリーを見ると心はウキウキ・・半袖でクリスマスツリーっていうのが、なんか新鮮!!

5日目_181117_0086

お買いものが終わった後には、今回のリトリートをしめくくる打ち上げのために、予約のできない人気店「ラバラバ・ビーチクラブ」の列に並びました。

ラバラバは、Lava Lava ・・つまり溶岩・溶岩 (笑)ビーチから沈む夕陽が見える絶景のレストランです。

5日目_181117_0226

もう明日帰国するので、どうしても夕陽を見ながら飲みたいの!と訴えたら、ビーチ席に12名のテーブルをセッティングしてくれて、本来なら1時間待ち位のところを、ハッピーアワーの時間から全員で座ることができたのでした。(係のおねーさん、ありがとう!!)

5日目_181117_0142
5day_181119_0140

皆で、リトリートの最後の晩を祝してかんぱ~い!!

5day_181119_0143
5day_181119_0145

夕陽に照らされて、最高の笑顔が並びます♬

5日目_181117_0065
5day_181119_0096
5day_181119_0098

沈んで行くハワイ島での最後の夕陽を眺めながら、それぞれがこの5日間に思いを馳せました。

5日目_181117_0123
5day_181119_0008
5day_181119_0007
↑どのケーキを食べるか、真剣勝負のじゃんけんではしゃぐ大人たち(笑)

5day_181119_0014
↑ほんの一口しか飲んでいないアルコールで、いい気分(笑)

5日目_181117_0049
↑こちらは、まだまだ飲み足りないおねーさん達(笑)

5日目_181117_0003

いつの間にか、生演奏のギターをバックにフラが始まっていました。

5日目_181117_0329

ふと気づくと、皆がリクエストしてくれたハッピーバースデーの後に、私が一番好きなOver the Rainbowの曲に合わせて、フラを踊ってくれているではありませんか!

そうなのです!ハワイ島から日本に帰国した日が、私の誕生日だったのでした

5日目_181117_0326
5day_181119_0004
5日目_181117_0325

次々と、感謝のハグをしに来てくれる人達に囲まれる幸せ者の私でした

5日目_181117_0312
↑50代(ばらしてごめん!笑)
5日目_181117_0311
↑40代(みんな、若い!)
5日目_181117_0120
↑ほぼ20代(!笑)

そして、楽しい打ち上げディナーの後は、最後のミーティング・・だと思っていたら・・

5日目_181117_0290
5日目_181117_0288
5日目_181117_0297

なんと!サプライズで、もう一度私におめでとう~と、プレゼントが渡されたではありませんか!!

隣で育ちゃんが爆笑しているのは、私に似合いすぎるホヌ(亀)のエプロンを皆が選んでくれたから!笑

実は私、前にもハワイでホヌ(亀)のTシャツを買って帰って、それがあまりにも似合うと育ちゃんが笑っていて(なぜ笑う!怒)、またもやエプロンが似合いすぎる~と笑うわけです。

しかもそのエプロンは、実はお店で私が買おうとしていたやつ(笑)・・・みんな、私のこと、よくわかりすぎでしょ~

5日目_181117_0298

みねこさんの美声で、ハッピーバースデーの歌を歌ってもらい・・

5日目_181117_0301
5日目_181117_0300

忘れられない幸せな夜が更けて行ったのでした

みんな、本当にありがとう~


『ハワイ島リトリート2018.11月 ⑦』に続く・・)




個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)


『齊藤つうり in 石川(金沢)』全日程が無事終了しました♬

47575330_279030659316704_2220669392507633664_n

齊藤つうり氏をお迎えしての、金沢での個人セッション&ワークショップの4日間が無事終了しました。

ご参加下さった皆様、ご自身との真摯な向き合いと、私達への信頼を本当にありがとうございました。

今回は、2日間に渡る個人セッション、半日の「しあわせパートナーシップWS」、全日の「弥勒力WS」と盛りだくさんでしたが、すべてにご参加下さった方までいらして、まさにエネルギーシフトのボルテックスの中で、皆さんの変容されるお姿を見る喜びに満たされた私でした。

47454699_593011334488503_5032271786104848384_n

改めて思いました。つうりさんの、人を変容させるワークの威力は半端ありません!!

「チーム弥勒力」のスタッフの一員として、また石川ワークショップの主催者として、微力ながらつうりさんと仲間達との協力の下、本気で自分と向きあうことを決めて参加された皆様の、変容のサポートができた事は心からの喜びです。


1日目のワークは「しあわせパートナーシップ・ワークショップ」でした。

47345212_2255652361386340_1094241599824592896_n
47420843_1966228180129464_2930706732978012160_n

東京や大阪の弥勒力WSでの、「金沢に観光がてらいらっしゃいませんか~?」という私の呼びかけに応えて下さった方達が何人もご参加下さって、本当に感激でした

なんと県外からのご参加は10人以上となり、つうりさんの人気と「パートナーシップ」の重要性がマッチした、半日ワークとは思えない深くて笑いと涙に溢れた感動的なワークとなりました。

47396584_2228705624035289_1766730553781911552_n
47366728_1201509013329671_2491532716210651136_n

「初恋のトラウマ解放のワーク」をしてみたり、心理テストのように3匹の動物の親子の絵を描くことで、自分の中に原型としてある「親から受け継いだパートナーシップにおける形」や、そこに潜んでいる葛藤をあぶりだしたりと、「お~!」とか「へ~!」とか言う声が漏れ続けていました(笑)

「親から受け継いだ葛藤」が、これほどパートナーシップにおいて私達に影響を及ぼしているとは、まるで昨年の「家族ワーク」の延長線上のようでした。

そして、主催者でありながらも、今回の手伝いに参加してくれていた夫とちゃっかりとペアワークをさせてもらったことで、私達夫婦にも深い深いリリースと心の交流が起こりました。

47318130_340398560085548_3453750706438144_n

ほんの一月半前の大阪弥勒力ワークの時には、定年退職後の自分との向き合いと、私とのパートナーシップに関して、ある意味「魂の闇夜」を体験していた夫でした。

大阪弥勒力WSで、つうりさんとチーム弥勒力スタッフの温かな愛情に包まれて変容した夫は、この一月半で信じられないほど元気になっていました。『齊藤つうり 弥勒力WS in 大阪』素晴らしい時間でした!

そして最初は恥ずかしがっていたけれど、今回のペアワークにも真剣に取り組んでくれました。

お互いが、自分自身がパートナーそのものを体感し、相手の気持ちを感じることのできるこのワークによって、私は夫がいつもどれほど私のことを想い、理解しようとし、守ってくれようとしているかを心の底から感じました。

物事の感じ方や、言葉の使い方の違いによって、夫婦であってもどれほどお互いをどう想っているのかを知らないのだと、改めて強く感じました。

47441237_515172698984722_1593331535652585472_n

この日のワークの最後に、つうりさんがサプライズのように私達夫婦を前に呼び、お互いへの想いを改めて互いの口から発することを促してくれた時、私は自分がどれほど夫の存在に感謝し、そして彼を愛しているか、また彼も私を愛してくれているかを知り、胸が一杯になりました。

この日のワークには、私の二女も婚約者と一緒に参加してくれていたのですが、私達の姿を見て、婚約者くんが泣いてくれたのを知り、後でそのことにも感動したのでした。

私にとっては、夫とのパートナーシップは人生で最大のテーマでもあり、苦しい日々を越えてきたことでもあったので、このワークショップはある意味私達の関係性の集大成の一日にもなったのでした。

つうりさん、そして温かく私達を見守って下さった皆様、心から感謝しています。本当にありがとうございました


そして2日目はいよいよ『石川 弥勒力ワークショップ』です。

47230074_790266034643573_1626083470193197056_n
47221351_269220057110335_2493986899178291200_n

今年9月に広島から始まり、東京、大阪、石川と全国4都市で開催してきた「弥勒力(みろくりょく)ワークショップ」が、いよいよここ金沢でファイナルとなりました。

講師のつうりさんをアシストする形で、まるでコンサートのツアースタッフのように、私達はそれぞれの「弥勒力WS」で、参加者の皆さんの大きな変容を見守り、サポートさせて頂きました。

47247682_1937695889679653_5862710146647457792_n
(↑開始前のお掃除もがんばります!笑)
47320478_954836951385796_5420341747953696768_n
(↑後ろで皆さんを見守るスタッフたち・・)

私達は、普段はそれぞれが各々の仕事を持っていますが、「弥勒力」という「人々が『なれる最高の自分』になってそれを仕事にして生きる幸せな世界」を広げて行くという大きなビジョンを持ち、つうりさんと共にこの「弥勒力ワークショップ」で皆さんがそれを現実化していくお手伝いをさせて頂くという喜びを手にしました。

一人ずつではなく、グループワークで起こる大きなシフトを、これまたスタッフグループでサポートしていくというこのパワフルさは、体験した人にしかわからないかもしれません。

47349063_1025568124294790_8212489580377538560_n (1)

午前の最後には、ロシアの神秘思想家グルジエフがもたらしたエニアグラムという、人間を9つのタイプに分類した図によって個人のタイプを知り、それによってビジョンの方向性を探る手掛かりにするということをしました。

巷には、質問に答える形式でエニアグラムのタイプを知るサイトや本が多くあるようですが、つうりさんはリーディングと、ある質問によって、その人のタイプを一人一人どんどん伝えていきます。

もちろん、それを鵜呑みにしろという訳ではないのですが、自己認識がゆがんでいる時、それをベースにしたQ&Aでは出てくるタイプが違うのではないかと、色々試してみて私自身も感じています。

47274957_2247745268884554_4802375320759959552_n
47232920_1032454543592998_1451433298025775104_n
(↑すごいスピードで、つうりさんが全員にリーディングしています。皆ドキドキしています!笑)

個人的には、このエニアグラムによって自分自身のタイプを知り、自分がどこへ向かえば良いのかをビジョンの手がかりとすることが、一番個性化への道を早めるような気がしています。

47351308_1157123124444508_8237424751748841472_n

そして午後の最後は、呼吸法を使ったとてもパワフルなリリースワークです。(これが、弥勒力は体育会系のワークショップだと言われる所以です。笑)

仕事の在り方、自分たちの生き方を、過去世の私達の集合意識まで遡り、それを追体験し、そして未来に誰もが飢える事なく個性化を果たして自由に生き、仕事をしている様子の自分を体感する、とても深いレベルで自分をリリースするワークに取り組みました。

正直これは苦しいです。でも、皆さんが本気で真摯に取り組んでいる様は、サポートしている私達までが感動を覚えました。そしてそれは、参加者の皆さんの意識をとても大きくシフトさせているのがわかりました。

あちらこちらで内側から突き上げる叫び声が聴こえました。とめどなく流れ落ちる涙で鼻が詰まって呼吸ができなくなる人が続出でした。そして最後にはほとんどの人が、深い安堵の表情へと変化していました。

知らない人が見たら引くような光景ですが(笑)、それはそれは大きな変容の波が会場を包み、ワークの前と後とでは、全く別人のような顔に皆が変化していました。

47320489_699955823713587_6155259181134774272_n
(↑WS最後には、スタッフそれぞれがご挨拶をさせて頂きました)

かなり盛りだくさんのワークショップでした。他の県では2日間かけてやったワークを、石川では凝縮して提供させて頂いた1日でした。

一緒に変化のプロセスを共にしたことで、皆が親友のようになっていました。

去りがたく話は尽きず、終了後も1時間近くは歓談を続ける人もたくさんいました。

長い長い、でも終わってみるとあっという間の1日でした。

47375573_729113234139401_156008442144751616_n
47483305_763626317312528_8049004338904825856_n

つうりさんもスタッフの殆どの人も、また県外からいらしていた方達も、最終日の日曜には、ワーク終了後には金沢駅を急ぎ足で発ったのでした。

『齊藤つうり in 石川(金沢)』のワークショップにご参加下さったすべての皆様、本当に本当にありがとうございました!!

皆さんのこれからの人生が、「なれる最高の自分」を生きる人生へとシフトし、「最高に幸せなパートナーシップ」で笑顔に満ち溢れた人生になることを心から願っています。

またお会いできる日を楽しみにしています




【以下、おまけの画像です・・笑】
47297186_1175224822641536_3565540287017123840_n
(↑最終日には急いで帰る人が多いので、土曜日に先に打ち上げた通称「夜の弥勒力(笑)」)

47291977_286063782052547_81896608198819840_n
47203973_342838679866827_6980556775061716992_n
(↑つうりさんを冬の金沢に惹きつけてくれる蟹・蟹・蟹・・・笑)

47470937_358896111350663_6467509595681062912_n
47574776_190465841898144_6082674805063024640_n
(↑同じく、エジプト帰りのつうりさんを涙させた金沢の新鮮な魚介類・・笑)

47239213_201911790741104_8153434085000216576_n
(↑金沢は水が良いので日本酒が最高~!)

47577773_210544426407893_6475474904589271040_n
47349050_1964531846947772_4209097572469440512_n
(↑皆、ほぼほぼワークだけでの帰宅なので、夜だけでも金沢らしい場所を楽しんでもらいました♬)

47382882_302887620556320_2451715564763086848_n
(↑金沢駅には、こんな日本酒を利き酒できる場所があるらしい・・地元民はいつも車移動なので、知りませんでした。笑)

皆様も、どうぞ金沢に起こし下さいませ~



個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)











ギャラリー
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 夏の夫婦リトリート
  • 夏の夫婦リトリート
プロフィール

ceblue