Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

2019年05月

過ぎ行く五月に思うこと

Flowers, Garden, Nature, Plant, Violet, Blossom, Bloom

気付いたら早5月もあと2日となっていて、思わずスケジュール帳を見返してみた私でした。

ブログを書くためにパソコンの前に座る時間が全くなかったわけではないのだけれど、そういう気持ちになれなかった自分、そしてその他にやることがたくさんあったこの一月余りを振り返ると、確かに何かが大きく変わったのを感じます。

これは決して私だけに起こっていることではなく、令和という元号が始まった日本のみならず、地球規模での変容のような気がします。

これまで見ていたものが、まるで夢の中の出来事のように感じられるように、一気に体感が変わっていることに気づいている人もいるのではないでしょうか。

pink-4072235_960_720

人生の中の「謎」であったことは、もはや謎ではなくってしまい、そこに訪れた理解と受容は、これから先に見ていこうと思うものを、根底から変えていくのかもしれません。

偶然で出来事は決して起こらず、自分の選択の連続の上にそれは起こり続け、時には落ち込み打ちひしがれる自分と対峙しても、それさえもが自分の進みたい方向への道筋だと知るのです。

見つけたものを手にする勇気を持ちたいと思います。

無数に提示される未来への選択肢の一つ一つを、常に自分の深いところからやってくる声に従い選んで行きたいと思います。

poppy-4236396_960_720

知りたかった事を知り、味わいたかったことを味わう人生を生きるために、私達は今ここにいます。

眠って生きる人生も、それはそれで体験でしかないのだけれど、目を大きく見開いてすべてを見ながら進む人生は、たとえ苦しみと出会う瞬間があっても、その先には心底喜びに満ち溢れる場所へと辿り着くのだと思うのです。





「新コース募集」&「説明会」のお知らせ

Cerulean Blue セッションメニューはこちら

「ハワイ島リトリート説明会」開催します♬ (満席になりました)

1日目_181117_0204

急ですが、来週の月曜日にハワイ島リトリートの説明会を行う事になりました。

日時:5月20日(月)①10:30~12:30 ②14:00~16:00

場所:白山市(松任駅近く)⇒ご参加の方に詳しい住所と電話番号をお知らせします。

リトリート参加に関するご質問のある方や、主催者(私)に会ってみたいという方は、どうぞお気軽にご参加下さいね!

またご参加の特典として、今あなたに必要なメッセージをお一人一つずつお伝えします。

リトリートにご興味がある方、ハワイ島に行ってみたいな~と感じる方、一度私に会ってみたいな~と思っていた方、この機会にいらして下さい。お待ちしています

以下のメールフォームからお申込み下さい。
①か②で、ご希望の時間帯をお知らせ下さい。

ハワイ島リトリート説明会参加申し込み⇒終了しました

※他の日時でご希望のある方も、こちらからお申込み下さい)
※時々Gmailの方への返信が、迷惑フォルダに振り分けられることがあります。24時間以内に返信が無い場合は、迷惑フォルダのチェックをして頂けるとありがたいです。


ハワイ島の自然の中で心地よい風に吹かれている自分の姿が目にが浮かぶ方♬あなたを待っている時空にぜひ足を踏み入れて下さいね!

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)満席になりました!



1day_181119_0126
1日目_181117_0328
3day_181119_00781day_181119_0112
c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_30967954_180813_0088c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_30967954_180813_0192



Cerulean Blue セッションメニューはこちら

導かれて辿り着く場所

tulips-3321559_960_720

人間は、自分で決めて自分で動いていると思っていることが多いのだろうけれど、この世界のほとんどは、「自分」と信じている限定された個体の意志を超えた「何か」に導かれて動いているのだと思う。

「わらしべ長者」のストーリーのように全てがこの世的により良いものへと進むとは限らないが、一つ一つの選択は無数に枝分かれした未来を創りだす。

それらは「自分の選択」であると言うこともできるだろうけれど、その「自分の」という意識的な力学の作用だと思っていたことが、実は「無意識領域」からの働きかけであるということを受け入れてみる時、自分の世界を見つめる視点が根底からひっくり返ってしまうだろう。


先週来私が体験しているのは、それを理論というにはあまりにも深遠で、むしろ宇宙的な真理との邂逅と言ったほうがよい知識の集大成からの道筋だ。

それはまるで、数学での「解なし」という解答のような、禅問答における禅師からの「見えない答え」のような、二元性の世界に生きる人間にとってはフラストレーションを起こすような曖昧な佇まいの中にある。

o1699083914331332365

ブッダプログラムの代表である「齊藤つうり」という人の人生は、きっとこの一点を通過するために、一本の藁から始まった長い道のりを歩んできたのだろうと、その果てしない道を勝手に想像して、勝手に感動している私なのだ。


現在開講中の「自己認識クラス」は、それ以上もそれ以下もない唯一無二の「生きること」にフォーカスを当てたクラスだと私は感じている。

今期はもう始動してしまったけれど、二期、三期と続いて行く未来のクラスに、導きを得て参加される方の幸運を、今はやりの「予祝」でもしておきたいと思う私なのだ。


ブッダプログラム・スクール 
「自己認識」・「弥勒力」のクラスで、サポーターとして私も参加させて頂いています♪

42994673_10213133759961597_942967586029568000_n
(↑「弥勒力WS」の時のTEAM弥勒力のメンバーたち♪)








こちらも募集中です♬
レムリアのエネルギーに満ちたハワイ島では、癒しと変容のパワフルで不思議な体感を得られます。本当の自分を体感する一週間を共に過ごしませんか?

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

5day_181119_0098


Cerulean Blue セッションメニューはこちら

セッション場所:石川県白山市(常時)/ 東京・横浜(お問合せ下さい)
(※詳しい住所は、ご予約後にお知らせします。東京・横浜の出張日程は、ブログ等でお知らせしています。ご希望の方はお問合せ下さい)

*次回の東京・横浜でのセッション可能日時はこちら⇒6/21(金)時間はご相談下さい♬




悲惨なニュースが教えてくれること

bokeh-3249885_960_720

このところ交通事故の悲惨なニュースが溢れているような気がします。

自分の身体能力を過信した老人が引き起こす事故や、不注意や信号無視による悲惨な事故が、連日ニュースで伝えられてきます。

先日のロシアでの飛行機炎上のニュースでも、ゆうゆうと荷物を抱えて避難している乗客の姿が見られて、目を疑いました。

なぜなら飛行機での緊急避難の際には、決してあってはならない光景だからです。

アエロフロートロシア航空の事故にて手荷物を持っての避難で、避難が遅れたとの指摘 【緊急時の避難を再確認】

このところ飛行機に乗ると、「機内安全ビデオ」が航空会社や各路線ごとに、さまざまな工夫を凝らしたエンタテイメントで作られているのを見て、面白いな~と思っていたところでした。

通り一遍の「安全ビデオ」は、ほとんどの人が見ないからでしょうね。

飛行機の機内動画が面白い!乗客を楽しませつつ、機内の安全もバッチリ!


老人の運転にせよ、自分の荷物を持って逃げた人にせよ、自分の利益を優先することで他人に危害が加わることを想像できない人達がいるのは事実です。

それは、「自分を大切にすること」ではなく「自己中心」でしかないのだと感じるのですが、その違いを当事者に伝え理解してもらうのは難しいのが残念です。

marguerite-1607181_960_720

このように社会問題としてクローズアップされてくるものがある時、それは集合意識がシフトしようとしている時で、何か問題が起こる事での変化が呼び覚まされているのですが、そこには同時に尊い犠牲が伴うことが多々あるのを辛く思います。

しかし実は、犠牲になった人達は、魂レベルでの契約があることがほとんどなのだそうです。

昨年の9月にも、トルコ沖で移民を乗せた船が転覆した後に、海岸に打ち上げられた男児の遺体を写した写真が反響を巻き起こしていました。

目をそむけたくなるような悲しい一枚の写真のその男の子は、自分の身体を使って大きなメッセージを送っていたのかもしれません。

海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ


私の友人にはエンパス(共感力の高い人)の人達が多いので、こういう悲惨なニュースを観ないようにしていると言う人が多いのですが、それでも目に入ってくるときは、それは何故起こっているのかを知る必要がある時なのでしょう。

それは、その悲惨な出来事を、ただ悲しいとか辛いとかで終わらせるのではなく、そういうことが起こらない世の中になるための内なる調和に目を向ける機会なのだと思うのです。


令和の時代の幕開けは、世界的な大きなエネルギーの変化と時を同じくしています。

1964年以来の大きな宇宙的なエネルギーに、地球は影響を受けているそうです。

私は実は1964年生まれなのですが、その年は日本では東京オリンピックが行われた大きな変化の年でした。

それ以降は、70年代のヒッピー文化に見られるように、世界的に新しい時代へと動いて行く流れとなっています。

414041fe.jpg

人々の中にあるものが洗い出されてくるように思います。

それは、愛と調和を持ってすべての人と繋がり平和の中で生きる人達と、それとは反対に怖れと分離の中に生きることで他と敵対する人達とが、分かれていってしまう現象を生み出すでしょう。

身体を張って尊い犠牲となった人達の人生を無駄にしないためにも、私達は気づいていかなくてはならないと思います。

そして、人々の間を隔てるものが無くなり、ノーモアシークレットと呼ばれる「秘密のない世界」に住むことが当たり前になるために、エンパスと呼ばれる人達が存在していることを知ってほしいと思います。

感じやすいことはネガティブなことではなくて、この世界に必要なことなのです。

今生まれてきている子供達には、エンパスの子がたくさんいます。

少し早く生まれた大人のエンパス軍団は、この子供達のためにも頑張らなくてはなりません!笑

辛い悲しいニュースを観て涙を流した後は、その当事者と関係者へ愛と調和の祈りを送って下さい。

ほんの短い時間で構いません。自分自身を愛と調和で満たし、それを必要としている人達へと送ると念じるだけで良いのです。

bubble-1891638_1920

実は昨晩、夫に教えられて、保育園児たちが突っ込まれた車で死傷した記事を読んで涙が止まらなくなりました。あまりに悲しすぎたのです。

でも、落ち着いたら気を取り直して、亡くなったお子さんや、事故に遭遇した人達、そのご家族へと愛と調和のエネルギーを送ることをしました。

そして一夜明けての今朝は、昨晩の悲しみはもう胸の中にはないのがわかります。

愛に満たされた祈りを送ることは、そうした自分自身を何より癒すからです。

一人一人のエネルギーは大きくはないのかもしれませんが、それは必ず世界の調和を進めます。

これを読んでいらっしゃるエンパスの方も、そうでない方も、ぜひ悲しいニュースに接したときは、そこに怒りを持ち出すのではなくて、調和と癒しのエネルギーを送って頂けたらと願うばかりです。

peace-2422719_960_720

【お知らせ】
一人一人の思いが集まるとき、それは何倍にもなって世界を癒す力になります。不定期ですが、思いをシェアする仲間が集まり、愛と調和の祈りの時間を持つ会を開いています。(宗教的なものとは関わりはありません。)ただ自分自身が内なる調和に満たされ、それを世界に放射する短い地球と人類へのヒーリングをしています。次回開催は下記の日程です。ご興味のある方はお問い合わせくださいね。

6月4日(火)11:00〜16:00

✳︎11:30と15:00に短い祈り(ヒーリング)の時間を持っています。どちらかの時間に重なるようにいらして下さい。それ以外の時間は、集まった人達でのお話しタイムです♪

お問い合わせはこちらからどうぞ↓
https://ws.formzu.net/sfgen/S31377573/


参加した人にしかわからない感動と変容の一週間です♪日本を離れて本当の自分と向き合ってみませんか?

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

1day(移動買い物夕食)_190311_0041


Cerulean Blue セッションメニューはこちら


令和の始まりに思うこと

58B3765E-F7FB-4952-A439-9ED59158B094

平成最後の日、そして令和が始まった時間を、私は夫と二人旅でクアラルンプールで過ごしている。

自分でも面白いなと思うのは、この旅行を決めた時に、私は元号が変わることを知っていたのに、それが日本という国での大きな節目だということを、全く意識していなかったということだ。

C8D12C78-D4E8-4121-8479-7D60F68C5993

ホテルのテレビはNHKが映るので、お祭り騒ぎの様な日本の様子も目に入るし、SNSではお正月のような改まった節目を迎えて、人々が神社に参拝していたりする様子も見ることができる。

しかし、まるでそれを何か遠くの国の出来事のように、渦中にいない感覚で眺めている自分がいるのが、自分のことなのに不思議な感じがして、これは何故なのだろうなと静かに考えている朝なのだ。

98C8464C-5F8E-42C0-ABFD-9E5E0B367B50

私は多分、何かへの帰属意識がとても低いのだと思う。

家族や親戚、何かのグループや集団、引いては県や国や民族というものにも、属したいという気持ちが無い訳ではないのだけれど、属せない自分がいる。

実を言うと、国と国とが競うスポーツ競技などもナンセンスだと思っているし、たかだか数百年とかの文化や伝統というものにこだわることや、必要以上に尊重するのにも違和感がある。

3021B360-77A0-4B76-AF80-89175BC7C32A

もちろん、人間が進化の過程で生み出す文化や芸術は、人間の美の表現として敬い感動もするのだけれど、それが何かの固定や隔てやこだわりになる時、その違和感は心地悪さとして私にとっては好ましくないものになってしまう。

改めて自分を感じて見る時、私にとって大切なもの、感動をもたらされるものは、決して目に見えるものそのものではないのだとわかるのだ。

A08605A9-E576-4C43-85A3-9C2E68E1A1FD

今回の旅行で心地良かったのは、1日ツアーでガイドしてくれた中国系のアンさんの笑顔と思い遣り。

インド系のイケメンドライバーさんの茶目っ気のある行動と安全運転。

蒸し暑いマレーシアの気候の中で、それだからこそ力強く育っている熱帯の植物たち。

AE8AC4A9-AAC6-4686-93B1-2F7CB34F302E

反対に心地悪かったのは、裏に大きなストレスを溜めているのが伝わってくるのに、表面的には大袈裟な笑顔で応待する一流ホテルの従業員たち。

観光地やスーパーで、表情を無くしてその奥に怒りを溜めて仕事をしている人達。

DD16AF69-B7CF-4772-8E28-3308F5E6AE10

もちろん、怒りで無表情な人達の中にも、何かの拍子で本当の笑顔で私と交流してくれたレジのお姉さんがいたり、ホテルの中でも、心から仕事を楽しんでやっているのを感じる明るい笑顔の従業員さんに心地よい応待をされることもある。

相手の発する気やエネルギーにものすごく敏感な自分が、こうして日常を離れて旅行している時に見ているもの、見せられているものは何なのだろう?と、日本での元号が変わる稀有な時に改めて考えている。

A9031EE9-94DC-4F7F-A022-A1C74C6FE73B

私は観察者として存在しているのかもしれないと思う。

そして、感覚的なマイノリティーとして生まれついていることは、何か意味があるかもしれないとも思う。
もちろん人間は誰一人として同じ人はいないのだけれど、私は自分の中にあるこの感覚が生かされて生きることを選びたいと思う。

36CCEF34-83DB-41EF-B041-110917666D51

私にとっての令和の時代は、自分が自分であることを受け入れ、同時に自分というものを超えた見えない意志の力に自分を明け渡して存在する時間になるのだと感じている。

そして私が一番好きな旅という非日常の体験は、慣れっこになった日常の中にある心地良さを、再び思い出させてくれるから好きなのかもしれないなとも思うのだ。

318D98D7-687C-49CE-A327-DDEFE92373C4







参加した人にしかわからない感動と変容の一週間です♪日本を離れて本当の自分と向き合ってみませんか?

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_30967954_180813_0153


Cerulean Blue セッションメニューはこちら


ギャラリー
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
プロフィール

ceblue