Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

2019年06月

「ハワイ島リトリート2019」について♪

1日目(移動買い物夜ご飯)_190311_0077

今回のハワイ島リトリートは、これまでのリトリートとは少し趣が異なります。

何が違うの?と問われても、ちょっと言葉で伝えるのが難しい私です。

今年の春に、地球の波動が変わったことも理由の一つです。

c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_31038218_180813_0064

昨年来さまざまな事が大きく変化し、これまで潜んでいたことや我慢できていたことが、そうできなくなった人も多いことでしょう。

これまで当たり前だと思っていたことに疑問を持ち始めたり、違和感を感じている人もいるでしょう。

もしくは既にもう目の前の現実が大きく動き始め、この先どこへ向かうのだろうと不安を感じている人もいるかもしれません。

42496a88-56e0-42e7-a28f-27675120074a.c10

今回のリトリートでは、それぞれの人がそれぞれの未来へ向かう道筋を、より自分自身でクリアに体感し、これまでの自分が考えたこともなかった場所へと進んでいくための、ご自身の中での静かで深い対話が行われるのを感じています。

その個人のプロセスが、その人の魂レベルで最大の可能性の中で進んでいくために、できる限りのサポートをさせて頂きたいと思います。

ご自身の無意識下での計画や望みを、顕在意識の場所にまで引き上げて、それを生きる現実を創る喜びを体験して頂けたらと願っています。

1day(移動買い物夕食)_190311_0039

この世界に偶然はなく、常に必然が見えない場所から起こるのだと感じていますが、毎回のリトリートは私の直感が告げる「時と場所」を選んでいます。

この必然にフィットする感覚のある方は、ぜひ思い切って、二度とないこの「時と場所」へ飛び込んできて下さい。

1日目_181117_0204

出逢う仲間も、この一回限りの組み合わせです。

今回のリトリートも少人数なので、私や仲間達と静かに深く語らう時間も、一人で自分自身を見つめる時間も、ゆったりとした環境の中で十分にとることができます。

e7108beb-5fad-4cde-8ec9-64e54a25dd8b.c10
a0e039da-23ec-40d6-83ac-b38946a8d255.c10

そして私達が滞在するハワイ島は、なんとも不思議な活力を与えられる場所です。

マウナケアの山頂で宇宙と繋がり、キラウエア火山の黒い溶岩台地の上で地球と深く繋がります。

自分がちっぽけな存在であることを知り、そのちっぽけな存在がどれほど大きい存在であるかも同時に知るのです。

513  4日目  ワイピオ渓谷_180521_0254

今の地球が向かっているのは、アセンションしたと言われているレムリアの人達の世界と同じ波動の場所だという説があります。

ハワイ諸島は、レムリアの時代のエネルギーが今なお色濃く残っている場所です。

私は、まだそういうことを何も知らなかった20年前から、ハワイの波動に魅せられ、何度も何度もこの島々を訪れてきました。

一番最初にオアフ島を訪れたのは30年以上前、十代の学生の頃でした。

その頃はまだハワイのエネルギー云々には気づいていない私でしたが、当時の海外渡航の難しさを思う時、決して裕福ではなかった私がその機会を得たことは、今思うとやはり偶然ではなかったのだと感じます。

5日目(ワークハンバーガー買い物ラバラバ)_190311_0074

大方の日本人にとっては、ハワイに行くというのは「遊び」というイメージに思われるかもしれませんが、私にとっては「チューニング」に行く場所でしかありません。

何にチューニングするのか?・・本当の自分自身、魂の記憶と身体が一つになるという感覚なのです。

なので、リトリートの地として一番訪れてきたのがハワイ島やカウアイ島なのでしょう。

セドナやシャスタもとても好きですが、ハワイには更に「癒し」がプラスされる感覚なのです。

自分自身がチューニングされ、更に癒される・・私的には最高です!!笑

waterfalls-1081174_960_720

何だか呼ばれている感じがする方、その声に従ってまだノックしていない未来の扉を開けてみませんか?

ぜひご一緒に、満天の星空と雲海に沈む夕陽を眺めましょう!

511   2日目 マウナケア_180518_0030

どこまでも続く真っ黒な溶岩台地の上で寝そべりましょう!

ハワイリトリート4日目_180318_0421

白砂の美しいビーチを歩き、透き通った海の中で、子供のように波と戯れましょう!

6day(ハプナビーチ)_190311_0102
512 3日目 ハプナビーチ_180518_0069

あと1名のご参加をお待ちしています

詳しい話を聞きたい方は、お気軽にお問合せ下さい

ハワイ島リトリート催行決定しました!⇒満席になりました!



Cerulean Blue セッションメニューはこちら









9月より新しいコースを開講します!!

fractal-764928_960_720

9月20日より新コースを二つ開講します!!

変容コース(ELAコース:E-Light Activation Course)

マスターコース(ELMコース:E-Light Master Course)

詳細は7月2日(火)にこちらでお知らせします。募集は7月3日(水)開始です。

またコースについての説明会も開催しますので、ご希望の方がいらっしゃいましたら、7月3日以降の日程でお知らせ下さい。







5day_181119_0098

ハワイ島リトリート催行決定しました!⇒満席になりました!


Cerulean Blue セッションメニューはこちら





マレーシア(&台湾)への旅 ⑤(最終回)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0557

夫の仕事の関係でゴールデンウィークには旅をしたことがなかった私達の、初マレーシアも最終日となりました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0556

居心地の良かったホテルも見納めです。

きょうはトランジットで宿泊する台湾に向かうので、朝からチェックアウトです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0370

するとロビーに、現地ツアーでお世話になったガイドのアンさんがいるではありませんか!

少し早めにお客さんのピックアップにいらしていたようなので、最後に少しお話をして、記念撮影までできました。

アンさんは、お話していると親しみがあって、温かいハートの方なのが伝わってきて、また会えたらいいな~と感じる人でした。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0547

クアラルンプール国際空港へは市街地から車で1時間程で、熱帯雨林!!という感じの木々が茂るジャングルっぽい風景がずっと続きます。

行きは空港からタクシーに乗りましたが、マニュアル車でブンブン飛ばして、ギリギリの車線変更をするおじさんの運転がスリル満点すぎて、正直怖かった私でした

しかし帰りはホテルからの予約だったので、料金は倍近くかかりましたが、穏やかでスムーズな運転が安心の運転手さんでほっとしました(笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0544

ここの空港は、空港内ターミナルを繋ぐトレインがあり、搭乗ゲートまではそれに乗って行かなくてはならないシステムです。

到着した時には少し迷いましたが、そのせいで帰りはスムーズに辿り着けました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0546

↑色んな航空会社の飛行機の模型が展示されている前で、写真を撮ってあげると嬉しそうだった夫です(昔は男の子だったのね!笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0540

南国のジャングルを飛び立って、5時間程で台湾に到着の予定です。

日本の映画を2本(「億男」と「人魚の眠る家」)集中して見ていたら、割とあっという間に着きました!

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0537

台湾桃園国際空港でトランジットで出国し、懐かしい台北の街に戻ってきました。

今回泊まったホテルからは、台北のランドマークでもある「台北101」が青く光っているのが見えて、ちょっとテンションがあがりました。(東京タワーやスカイツリーの夜景を見る時と同じ感じ♬)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0363

台湾に来る度に、初めての夜市にチャレンジしているのですが、今回はホテルからも一駅だったので、訪れるのは台湾人が9割だという「通化街夜市(臨江街観光夜市)」に出掛けました。

tu

ここは美味しいものが潜む通な夜市らしいので、美味しいと評判のお店をいくつかネットで下調べしてから臨みました!

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0362

最初に見つけて列にならんだのが「正好鮮肉小篭湯包」という小龍包が美味しいらしいお店です。

お店の前で調理をしていて、中に入って食べるという不思議な図(笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0536

初めて台湾を訪れた時に食べた小龍包の味が衝撃的すぎて、それ以来欠かさずどこかで小龍包を食べていますが、前回食べた高級店のよりも美味しかったかも!それに安い!!

IMG_2328

↑小龍包8個入って、100元、およそ350円です。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0535

次に並んだのは、「駱記小炒」という炒め物のお店です。

ここはミシュランガイド台北に選出されたお店らしく、やはり行列ができていました。

前回行った夜市でも、長い行列ができていたので何のお店かわからないけれど並んで入ったら、ビンゴの美味しさでした!

「行列=美味しい」は間違いなさそうです。

後でわかりましたが、その時のお店もできたばかりの台湾のミシュランガイドで選ばれており、お奨めで食べた「牡蠣オムレツ」は一番人気だったようです。

1-1_20180529172748a36

ローカルな夜市なので、どこもほとんど日本語は通じませんが、指差しと直感で会話をして、炒める具材と辛さを選び、空芯菜たっぷりの牛肉炒めを注文できました。

12_20180529173127d7f

他にも、ぶらぶらしながら、ちょっとしたものを屋台で買って食べ歩きして楽しみましたが、今回一番の衝撃は、呼び込みのおねーさんに釣られて入ったかき氷店での、私史上最高に美味しかったマンゴーかき氷だったのでした

linjiang_street_night_market_10

メニューには色々なトッピングがあって迷いそうでしたが、シンプルに台湾名物のマンゴーだけのかき氷にしました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0534

↑ボリューミーなのは知っていたので、二人で一つを頼みましたが、夫の目は「まじか!」(笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0533

元々マンゴー大好きな私ですが、これほど熟して美味しいマンゴーは食べた事がありません!!

多分、訪れた季節のせいもあるのでしょうね。これまで食べた中で最高でした。

ふわふわのかき氷と、熟したマンゴー、そして練乳が絶妙すぎて、あっという間に完食しましたよ

20085372012_f48ed8d6b3_c

そして、最後にもう一軒。

前から気になっていたのだけれど、うちの夫は絶対に好きじゃないだろうな~と思って遠慮していた台湾スイーツにチャレンジすることにしました。

こちらも行列ができている人気の「愛玉之夢遊仙草」というお店です。

(お店の説明はこれ↓)
愛玉之夢遊仙草仙草愛玉と呼ばれる食材を使用した台湾スイーツを提供しているお店です。その人気の秘密は、トッピングの材料はすべて品質の良い物のみを厳選し、素材のよさを引き出す自家製の手作りにトコトンこだわり、防腐剤や人口甘味料など、添加物を一切使用していないヘルシーで健康を意識したスイーツ作りに徹底しているからです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0530

仙草とは、ハーブ特有の香りを持つほろ苦い薬草の一種で、滋養があり美容にもよいとされているそうです。

私は看板メニューの「
仙草綜合冰=仙草+ミルク+小豆+粉圓」というものを頼みました。60元(約200円)です。

やはり言葉が通じないので、看板を写メって指差しで注文しました(笑)

c35e1b3e2cebb351328b99bc9ec7e3a02b6fd7bc_p

仙草はコーヒーゼリーにもちょっと似ていて、もちもちした触感のお団子と小豆とタピオカと絶妙にマッチしていて、私的にはハマりました!

小龍包、マンゴーかき氷に続いて、確実に次回もリピートしそうです(笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0541

振り返ると、なかなか楽しい時間だったな~と思います。

さて、次はどこへ出かけていこうかな

マレーシア(&台湾)記、最後まで読んで下さってありがとうございました


変えられないものを受け入れる心の静けさ

religion-3452582_960_720

ブッダプログラムの齊藤つうり氏から教わった「ニーバーの祈り」・・このところずっと、この祈りの言葉がすべての答えだなと感じています。

ラインホールド・ニーバーの祈り(短文)

God

grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
the courage to change the things I can,
and the wisdom to distinguish the one from the other.

- Niebuhr, Reinhold

主よ、

変えられないものを受け入れる心の静けさと
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける英知を我に与え給え。

woman-571715_960_720

昨年のお正月が過ぎた頃から、私は母と会うのが辛くてならなくなりました。

そして、こちらからは一切母に連絡を取らなくなってしまったら、何かを勘付いた母も何も言ってこなくなりました。

時折、私の娘達に電話で私の様子を聞いているのは知っていましたが、私は自分の気持ちに正直にいることを決めていました。

私は生まれて初めて、母の日も彼女の誕生日も祝わない一年を過ごしました。


しかし昨年の11月、突然母から私への誕生祝いの食事券が娘経由で送られて来ました。

しかしその時、私の中にはなんとも形容しがたい強い嫌悪感が湧き上がり(それは、母が何もわかっていないのだという失望感と、なんとか私にまたすり寄りたいという甘えた気持ちへの抵抗感だったと今はわかります)、母に自分のこれまでの気持ちを全部手紙に書いて、食事券と共に送り返したのでした。

それは母からすると、彼女を責める内容にしか思えなかったと思います。しかし、私にとっては「心の真実を告げる手紙」でした。

それにどう反応するかは母次第で、私は縁を切るとかそういう事は全く書いてはいませんでした。

しかし母は、娘達には「なんだかよくわからないけど、ママは私の事が全部嫌いなんだって!」と言って、最初は怒り、そして後には自己憐憫に落ち込んで、「実の娘に嫌われる自分はなんて不幸なんだ」と冬の間は体調を崩していたそうでした(苦笑)

わかってはいましたが、私の真実を告げる言葉は、やはり母にはその通りには伝わらないことに失望しました。

それは一言で言うと、自己憐憫の塊である母を、ずっと可哀想な人だと思って労り、励まし、そのことに人生を捧げてきた私が、母との関係性に絶望したということでした。

plant-1197746_960_720

母だけでなく、そこには父も絡んでいて、両親に翻弄されて自分を後回しにしてきた私の中の「影」が大反発を起こして、もう潜んではいられなくなった・・という事でしょうか。

四十代の反抗期を経て(その当時は2年ほど母を遠ざけぎみでした)、東日本大震災の後に母とは再び仲良くなりました。

しかしそれ以降も母は何も変わってはいかなくて(それは、彼女の父への怒りに端を発する夫への憤りを自己憐憫に転嫁しているという図式でした)、離婚したいと言いながらせずに過ごしていることで、精神的におかしくなっていきました。

ちょっとした家族の言動から、レストランの真ん中で叫び出したり、今にして思えば、専門家に診せなければいけないレベルになっていた状態の母でした。

その後私は、すべての原因であると思った父との別居の手助けをして、弟たちの協力もあり、無事別居はなされました。

しかしそれも束の間、母はまたもや自分を自己憐憫に陥れさせる出来事を次々と引き起こし、私まで巻き込んできたのでした。

私は、自分が母との共依存状態になっているのは承知していましたが、さまざまな学びを経て、そこから離れる努力をしてきたと思っていました。

それでも、親との関係における「親に愛されたい自分」の問題はあまりにも深く、父との別居で片付くだろうと思っていたことが全く改善されなかったことへの失望感から、今度は私自身が精神的に「やばい」状態になって行ったのです。

本来ならば親へ向けるべき気持ちを、愛されて育っているがゆえに自由気儘に振る舞う可愛い孫や婿さんに投影し始めた自分に気づき、このままでは自分にとって大切なものを失う可能性があることに気付いた時、「親に好かれる」ことを一度完璧に手放そうと思ったのでした。

娘であることよりも、母である自分、妻である自分を優先させて生きたいと強く思ったのでした。

そうして母には「本当の気持ち」を書いた手紙を送り、施設にいる父に対しては、しばらく彼の世話をしないことを決めました。

このことに関しては、夫や娘達が力になってくれ、また弟達も受け入れてくれたことに感謝するばかりです。

「ママはこれまで十分やったから、もこれ以上はやらなくていいよ」と言ってくれる娘達に慰められました。

snail-1335473_960_720

その後、母とは一年半、父とは半年、接触しない時間を過ごしたことで、私の心は癒されてゆきました。

自分でも気づかないほど、私の心はずたずたになっていたのだなと、その時間の経過が教えてくれました。

もう自分には孫までいるのに、いつまでもたっても私は、親に対しては「好かれたい子供」でした。

他人だったら二度と会う必要がないと思われるほど酷い事を何度も言われているのに、やはり彼らが愛しく、愛されたいという気持ちが消えない事が、悲しく切ない自分でした。


しかし、自分を癒す時間が十分もらえた事と、この春から前述のブッダプログラムに関わらせてもらっていることで、私の中に変容が起こり始めました。

私自身の自己認識のプロセスが深まって行ったことと、珠玉の祈りの言葉が深く心に沁みてきてことで、私の中の何かが動き始めました。

「変えられないものを受け入れる心の静けさ」・・それこそが、親に対して私が必要とするものだと悟ったのです。

関わることで変容を起こす親というものも存在するでしょうが、「変化したくない」ということを尊重してあげなければならない親もいるのだとわかりました。

そしてそれは、私自身の「諦め」でもありますが、その諦めは「受け入れ」という言葉で言い換えてもよいのだとわかったのでした。


温かい家族のサポートの中、私は母の誕生日をきっかけにして、父と母に会いに行くことを決めました。

まず父に、そして翌日母に会いました。

どちらも、全く何も変わっていませんでした(苦笑)

ただ私がしばらく音沙汰がなかったことに、少しばかり気遣っているような感じでした。

hydrangea-3673120_960_720

娘の特権で、なし崩しにこれまでと同じように接することは、すぐにうまく行きました。

しかし、彼らがむしろ親不孝をした私を恨んでいるような状態のままで、お茶を濁すつもりはありませんでした。

父にも母にも、私が彼らに傷つけられたことを正直に伝えました。

それでも私はあなた達が好きだから、こうして会いに来たと伝えました。

それぞれの反応で、それぞれの解釈をしているのがわかりましたが、それはもうどうでもよいと思っていました。

私に会えた事を、二人共喜んでいることはわかりました。それだけでよいと感じる私がいました。


きっとのど元を過ぎたらすぐにまた、彼らは前と同じように自己憐憫の権化となって愚痴をまき散らしたり、理不尽な事を言いだして怒ったりすることでしょう。

とことん、見るべきは自分の中でしかないことを、改めて確認したのでした。

子供へのコントロールを手放すことと長らく向き合ってきましたが、それだけではなく親へのコントロールも手にしていた自分がいたのだとわかりました。

そしてまた、本能ともいえるほど深く、私は親に「良い子」だと思われたかったのだとわかりました。


「変えられないもの」を変えたかった私。

「変えられないもの」が「変わらない」悲しさに絶望した私。

それは滑稽な独り芝居だったのかもしれません。


これからは「変わらないものを受け入れる」自分の心のみにフォーカスしていけたらと願うばかりです。

そして「変えられるものを変える勇気」を持って、変えられるものには諦めることなく向き合って行きたいと思うのです。

religion-3452573_960_720

主よ、
変えられないものを受け入れる心の静けさと
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける英知を我に与え給え。

一番大切なのは「両者を見分ける英知」の部分なのかもしれません。

自分の心がズタボロにならずにいるためには、その英知に触れ続けていなくてはならないのでしょう。

慣れ親しんだ共依存の関係性のエネルギーは、とてつもなく大きいことを知っています。

あっという間に「親に愛されたい子供」に戻る自分に気づけるように、そして私にとっての「本当の自立」が成される為に、この祈りの言葉を繰り返し唱えていこうと思います。






「新コース募集」&「説明会」のお知らせ

Cerulean Blue セッションメニューはこちら




マレーシア(&台湾)への旅 ④

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0554

ホテルの窓の外には、朝日に照らされたツインタワーが静かにたたずんでいます。

まだ静かな都会の朝の風景は、私のお気に入りの一つです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0485

きょうも暑い日になりそうです。クアラルンプールでの最後の日は、自由にのんびり歩いていける場所で過ごすことにしました。

ホテルのすぐ近くに「KLCCウォークブリッジ」というエアコンの入った長い歩道橋があるのです。

Unknown6
Unknown-13

ブキッビンタン地区にある「パビリオン」という巨大ショッピングモールまで約1.2キロほど続いていて、日差しも遮られているので、蒸し暑いマレーシアではとてもありがたいものでした。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0482

ブキッビンタンは、日本で例えるなら銀座のようなところで、いつも人で賑わっていて、「銀ブラ」ならぬ「ビンタンウォーク」という言葉まであるそうです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0484

高級ブランド店のみならず、おしゃれなお店やレストランやフードコートもたくさんあり、ここだけで一日過ごせそうです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0483

最近オープンしたらしい「東京ストリート」というものまであり、日本の街をイメージしたデザインのお店が並んでいて驚きました。(ちょっと「なんちゃって日本」のにおいもしたけど・・笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0481
台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0480

歩き疲れたらカフェでお茶をして、↑この後は、スマホを置いてもらって、夫と色々話をします。

アスペルガー気質の夫は、いつでもマイペース(笑)妻と二人でいても、スマホでゲームです(涙)

もう慣れっこですが、黙ってそれを悲しむのではなくて(昔は諦めていた!)、私はぐいぐい自分がしたい会話をする方に持って行きます。

そうした日々の努力(?!笑)が実って、↓こんな風なツーショットが撮れるまでに夫も進化しました!

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0477

帰りのウォークブリッジの途中で、ムスリムの女性グループが写真を撮り合いっこしていたので、全員の写真を撮ってあげたら、お返しに撮ってくれたのでした!

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0571

ウォークブリッジを降りたら、ホテルまでは公園を抜けて行きます。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0576

熱帯雨林気候のマレーシアならではです。公園の木々が日本とは全く違う!!

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0574

大きな木に触れるのが大好きな私は、しばし幸せな時を過ごしたのでした。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0353

ホテルの26階から見下ろすと、公園(KLCCパーク)はこんな感じです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0560

マレーシア最後の夜は、美しく暮れていきました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0567

毎日通ったクラブルームのビュッフェ。

イスラム国ではアルコールの値段はとても高いので、飲み放題はありがたかった!

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0559

今回は、大きめのホテルに泊まって良かったな~とつくづく思いました。

なぜなら、外の蒸し暑さは半端なかったので、ホテルにいる時間が幸せな時間・・だったからです。

ホテルの中でエアコンが効いている幸せを感じるマレーシアは、真冬に来るときっと最高に幸せになる場所かもしれません(笑)

明日は飛行機のトランジットで、再び台湾に一泊です。


(マレーシア(&台湾)への旅 ⑤に続く・・)





「新コース募集」&「説明会」のお知らせ

Cerulean Blue セッションメニューはこちら

マレーシア(&台湾)への旅 ③

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0406

三日目の今日は、現地ツアーに参加し一日クアラルンプールと郊外を周ることにしていました。

普段はじっくりと自分のペースでその土地を味わうのが好きな私ですが、マレーシアの日差しは想像以上に厳しく、短時間の下車で観光して涼しい車内に戻るのが快感!という不思議な体験をしました(笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0419

最初に訪れたのはマレーシアの王宮(ISTANA NEGARA イスタナ ネガラ)です。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0413

リアルな衛兵さんが馬に乗ってじっと立っています。(観光客が代わる代わる写真を撮っても、馬も動きません!)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0415

門には「勇気の象徴」であるマレートラ2匹の紋章がついています。

一般人はゲートの中には入れないのですが、奥の方には王宮が見えます。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0417

ズームにすると、金色のドーム型の屋根を持つパステルイエローと白の美しい王宮が見えました。

マレーシアの国王は、各州の王(サルタン)が5年毎に代わる代わる就くのだそうです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0275

次に訪れたのは、マレーシア独立戦争で亡くなった兵士たちを悼む記念碑です。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0400

↑今回のツアーをガイドしてくれた、日本語が話せる中国系マレー人のアンさんです。

日本語を学ぶために、若い頃に東京で二年勉強していたとのことでした。

ツアーはガイドさんや運転手さんで旅の良しあしが決まるなと思っていたので、アンさんがとても感じが良くて思い遣りのある方で嬉しかった私でした。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0392

抜けるような青空の下、高さ15mの7人の兵士がマレーシア国旗を掲げるブロンズ像がそびえ立っていました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0323

「ムルデカ・スクエア」と呼ばれるクアラルンプール発祥の地と呼ばれる場所は、イギリス統治時代の歴史的な建物が集まっていました。

この日は日曜日だったので、地元の人達がさまざまな催し物をしていて賑わっていました。

暑さもただならぬ状態だったので、正直炎天下で説明を聞いているのは辛くて、早く車に戻りたい~と思っていた不謹慎な私でした(笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0461

ツアーの良いところは、二人で旅行していると撮りにくいツーショットを、行く先々でガイドさんが撮ってくれることです。

なので、オジさんとオバさんのツーショット多めですが、ご容赦ください!笑

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0390

ここは南国~と思わせてくれるのが、真っ赤なハイビスカスです。

マレー語で「ブンガラヤ」と言うのですが、ハイビスカスがマレーシアの国花なのです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0389


↑なので、街灯までが可愛いらしいハイビスカスでした~♬

2016-02-14-15.44.211
efc2815daba65ab585878495f9a56ceb365c5f4b
(上二枚の写真:マレーシアマガジンHPより)

次に向かったのは、青い屋根が特徴的な「国立モスク」です。

壁の隅々までイスラム美術を取り入れた造りで、ステンドグラスや柱がとても美しい建物です。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0295

女性は必ずローブを身につけなければならず、服装によって頭だけでOKの人と、全身の被り物を着なくてはならない人に分けられました。

男性も膝の出たズボンだと、ローブ着用になります。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0294

↑私は、袖が短い服だったので、全身ローブを着せられました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0380

イスラム教徒以外は入れないので、窓の外から撮影した祈りの間です。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0379

ホールの柱もアートのように美しい。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0373

↑ゲゲゲの鬼太郎に出てくる「ねずみ男」みたいです(笑)


そして今回のハイライトは、クアラルンプールから車で1時間ほどの場所にある「バトゥ洞窟」です。

1b1c11460c5d9caa8e80b463736ff661bd6dab3b
(写真:Travel Book HPより)

19世紀後半にインド人有力者がヒンドゥー寺院として開いたのが始まりだそうで、ヒンドゥー教徒達にとっての聖地です。

私達のバンの運転手さんが、インド系のヒンドゥー教徒だったので、色々と信者達の行事などの興味深い話をしてくれました。
                        


台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0456

まだマレーシア旅行の話など出ていなかった時に、このバトゥ洞窟と金色の巨大な神像(ムルガン神像)をテレビで見て「ここにいつか行ってみたい!」と思ったのが現実化しました。

あまりにも印象的な場所だったので、実は私はここは観光の為の場所だと思っていて、ヒンドゥー教徒にとってのそれ程にリアルな聖地だとは思っておらず、運転手さんの話を聞いて少し驚いたのでした。

入り口にあるこのムルガン神像は、
世界で最も高い神像(42.7メートル)なのだそうです。

身体に300リットル以上もの金が使用されている黄金に輝く神像は、最高神シヴァの次男でヒンドゥー教の軍神だとのことです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0449

上にある洞窟まで272段の急な階段がそびえています。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0448

カラフルな階段を黙々と登って行きました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0435

ようやくたどり着いた頂上の奥には、4億年前にできたと言われる巨大な鍾乳洞が広がっています。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0339

ヒンドゥー教は多神教で、自然と人間の関わりを説く宗教なのだそうです。

洞窟内にはさまざまな神々のカラフルな像がいくつも祀られていました。


台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0347

鍾乳洞の高い天井には大きな穴が開いており、差し込む自然の光が神秘的な雰囲気を醸し出しています。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0433

思わず青い空がのぞき、光が差し込む穴に見とれてしまいました。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0522

今日のハイライトの観光が終わり、次に向かったのはピューター(錫の合金)製品を製造しているロイヤル・セランゴールの工場です。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0506

↑ギネスに登録されているという世界最大のピューター製ビールジョッキ。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0509

工場見学では、手作業でピューターのカップに模様を付けている様子などを見せてもらうのですが、この写真では下を向いている従業員の女性の無表情な、少し怒りを含んだ生気のない顔に、私はちょっとショックを受けました。

日本に比べるとマレーシアはかなり物価が安いのですが、つまりそれは、住民の経済的な豊かさに差があるということです。

海外旅行に来ている私達と彼女とは、そういう意味で差があるのでしょう。

そしてそのことに、疲れた顔の彼女は、少なからぬ怒りを持っているように感じたのは、私だけなのでしょうか。

楽しいはずのツアー中に、少しだけ悲しくなった時間でした。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0507

ここは、お土産を買わせるためのツアーの立ち寄り場所の一つでもあるようでした。

前知識なしに来たので、割と高価なピューター製品を買う気はなかったのですが、スターウォーズのフィギュアや、高級で美しい食器などを見るのは、意外に楽しい時間でした。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0508

同じツアーに参加していた方によると、日本で買うよりもかなりリーズナブルなのだそうです。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0505

日曜日だったのでバトゥ洞窟に入るまでがかなり混んでいたので、お昼ごはんの点心にありつけたのは、もうお昼をだいぶ過ぎてからでした。

マレーシアではまだ中華は食べていなかったので、まぁそれなりのお味でOKといった感じでした(笑)

この後は、バティック工房やお土産店、チョコレート店の見学などがありましたが、ツアーで訪れる場所なので、正直食指は動きませんでした。

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190506_0503

最後はツインタワーとしては現在も世界一の高さを誇っている「ペトロナス ツイン タワー」がすっきりと全部見えるという場所に案内されましたが、ただの駐車場わきの道端で驚きました。

ホテルに帰るといくらでも見えるツインタワーですが、少し離れた景色も悪くはないということで写真を撮りましたが、バックは緑の金網です(笑)

台湾&クアラルンプール 2019年ゴールデンウィーク_190605_0499

なんだか落ちがあったような、ある意味楽しい一日ツアーでした♬


マレーシア(&台湾)への旅 ④に続く・・)






「新コース募集」&「説明会」のお知らせ

Cerulean Blue セッションメニューはこちら

Cerulean Blue セッションメニュー

6day(ハプナビーチ)_190311_0059

あなたは、自分が本当に望む人生を生きていますか? 

自分の才能を十分に発揮して、充実した毎日を生きているでしょうか? 

周りの人達に阻まれて、自由に生きられないとぼやいてはいませんか? 

あなたの人生を作っているのは、他ならぬあなた自身なのです。

どんなに苦しい現実であっても、それを作っているのは環境や周りの人々ではなく、あなた自身です。

本当の自分を知ることで、あなたは自由になります。

あなたが望む人生は、自分自身が作り出せることを知る時がきています。 

これまでの人生で積み重ねてきたあなたのパターンに気付き、自分をコントロールしているものの存在を明らかにし、あなたを阻むものから自由になって、生まれてくる前にプランしてきた人生を力強く歩き始めましょう! 


【Cerulean Blue セッションメニュー】


Cerulean Blue 個人セッション(対面 または Zoom・Skype・LINEなどのビデオ通話)

あなたのご相談事、悩み事に対して、リーディングやチャネリングの情報を使ってカウンセリングします。 起きている出来事の真意を知り、ご自身の未来を変容させるためのアドバイスをさせて頂きます。

〈例〉*自分の仕事について*パートナーや夫婦関係について*子供の進路や教育のことについて*自分の生きがいや将来について*その他、ご相談したいこと何でもどうぞ・・ 

【個人セッション料金】

90分 30,000円(税込)



Cerulean Blue グループセッション(対面のみ)

同じ回にいらした方々へ共通のメッセージをまずお伝えします。その後に、それぞれの方からのご相談等にリーディングによってお答えします。

不思議なもので、こういった時に同じ回にご参加される方は、共通の悩みや課題があることがほとんどです。ご自身の質問が他の方にも役立ったり、その反対もあるということを、ぜひ体験してみてください。

【グループセッション料金】

2人で90分 16,000円
/人 3人で120分 15,000円/人

※ご自身でグループを作ってのお申込みは常時受け付けます。ご夫婦・親子などのペアも受け付けます。
※お一人でお申し込みの場合、こちらで日程を調整して参加者を募集します。(参加者が集まらない場合は開催できませんのでご了承ください。)

セッション代金は事前振込をお願いします。
(※対面の場合のみ、当日のお支払も可能です。その際はおつりの無いようにお願いします。)


セッション場所:石川県白山市(常時)/ 東京・横浜(お問合せ下さい)
(※詳しい住所は、ご予約後にお知らせします。東京・横浜の出張日程は、ブログ等でお知らせしています。ご希望の方はお問合せ下さい)

*次回の東京・横浜でのセッション可能日時はこちら⇒ 7月12日(金)7月26日(金)



すべてのセッションのお申込み・お問い合わせは、下記の申し込みフォームからどうぞ。 
お申し込みの際には、ご希望の日程(2~3候補)をお知らせください。


セッションお申込みフォーム 




(↓Cerulean Blue お話会での私です♬) S__77578256

ギャラリー
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • すべてを知っているのは自分
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
  • 自己認識とは終わりなき旅
プロフィール

ceblue