Cerulean Blue (セルリアンブルー)

『人生に奇跡を!』

2019年10月

Master Healer Seminar in Las Vegas(ラスベガスへの旅)

IMG_20191021_160330

今年もスティーブとバーバラに会いに、ESPAVOのセミナーに参加してきました♪

IMG_20191017_192732

実は出発前日は結婚記念日で、ここ数年このシーズンには家にいないことが多かったので(リトリートやセミナー参加で)、今年は二人でゆっくりディナータイムを楽しみました。(正直、セーフ!という感じです。笑)

少し前から色々と夫婦での向き合いがあったのですが、ひと山越えた感じで、夫は笑顔で翌朝送り出してくれました。本当に感謝です!

75246601_540617233165592_7282958782353637376_n
IMG_20191018_121225

小松空港を飛び立って、羽田~成田をリムジンで移動です。

行きは地球の自転の後押し(?)があるので、8時間半でロサンゼルスに到着しました。(帰りは2時間増しです

IMG_20191019_044101

元々ゆとりを持たせた乗継時間だったのに、飛行機が1時間も早く着いてしまいました。

更に、JALの共同運航便のアメリカン航空は自前のターミナルを持っていたので、乗継は1時間ほどで済み、待ち時間はなんと5時間になってしまいました

IMG_20191019_053759

仕方がないので、ランチにギリシャヨーグルトのグラノーラ乗せと、コーヒーを一つ買ったら$15越え~ 日本円でなんと約1,700円

思わず「アンビリーバボー!」と心の中で叫びましたよ(笑) 

IMG_20191018_175930
IMG_20191018_182227

暮れていく空をラスベガスに向かって飛んで行きます。

IMG_20191018_182517

砂漠と赤い山々ばかりの風景を抜け、街の美しい灯が見えてきました。

IMG_20191018_183012

ラスベガスに来るのはまだ二度目ですが、なんだか懐かしい風景です。

IMG_20191018_185957

いきなりカジノ・・ではなくて、空港です。

IMG_20191018_185948

バゲージクレームの横にはスロットマシーン(笑)さすがラスベガスです。

IMG_20191019_193220

今回のセミナー開催のホテルは、ハードロックホテルの斜め前のアレクシス・パーク・リゾートホテルというところでした。

IMG_20191019_195836

空港からほんの7分と、至近距離です。

ストリップ(ラスベガスの一番の繁華街)にも車ならすぐなので、観光客はホテルのシャトルで次々出掛けていました。

IMG_20191019_195859

ここはラスベガスのホテルなのに、カジノがない、静かなリゾートホテルです。

IMG_20191018_195500
IMG_20191018_195249

部屋はすべてメゾネットで、リビングとミニキッチンが1階にあり・・

IMG_20191018_195203

2階にはベッドとバスルームがあります。

いつもは横浜のコンパクトなビジネスホテルに泊まることが多いので、一人で泊まるには落ち着かない程、広すぎです(笑)

IMG_20191022_115433

翌朝、時差ボケか飛行機疲れか、気づいたら9時間も爆睡していました!

アラームをかけてなかったら、確実に遅刻でした。(同じ敷地内に泊まっているのに!笑)

IMG_20191022_115446
IMG_20191019_092155

広い中庭を通り抜けて、入り口近くの会場に向かいます。

IMG_20191022_121833

ラスベガスは、昼夜の寒暖差が大きいので、昼間ならプールサイドに水着で寝そべっている人もいました。(夜は今の日本と変わりません!)

IMG_20191019_092224

今回は80名ほどの参加だということでしたが、懐かしい顔ぶれもちらほら・・色んな人とハグして、再会を喜びました。

IMG_20191019_151550

今回のMaster Healer Seminarは3日間。修了証のでるコースです。

私は実は、1年に1回、ザ・グループのエネルギーに触れに行ってチャージしてくるのが参加のメインの理由なのですが、頂ける修了証はありがたく頂きます(笑)

received_404765153536318

自分のオリジナルのClan(クラン、氏族)が何であるか・・というのも、改めて伝えられました。

※クランについては、5年前のブログに書きました。

Lightworker Reunion 2014 Scottsdale, AZ ②


IMG_20191020_110341

スティーブとバーバラは相変わらず仲睦まじく、夫婦としても私のロールモデルです。

IMG_20191020_111621

間近で体験するザ・グループからのチャネルは、私自身の内なる核なるものにより深く触れさせてくれます。

IMG_20191020_155247

スピリチュアリティーの探求は、あくまでも自分自身の中で行うものです。

しかし、年に一度、ザ・グループから伝えられるESPAVO(=Thank you for taking your power.)の言葉に触れることで、私はいつも故郷(Home=あの世)を思い出し、自分の中心に深く戻ることができるのです。

IMG_20191020_155240

大好きなアーティストのイベントに行くのと、聖地巡礼とを足して割ったような感覚とでも言えばよいでしょうか(笑)

自分自身へのご褒美のような旅です。参加できる幸せを感じています。

IMG_20191021_171456

3年ほど毎年会っているベッキーとは、旧友に会ったような懐かしさをいつも感じます。

彼女は少し前に大切なパートナーを亡くして憔悴していたのを心配していたのですが、今回のセミナーでは更に元気を取り戻したように見えました。

IMG_20191021_165458

セドナでヒーラーをしているパトリシア。今回のワークで一番長くペアを組みました。

元気で早口で、私とはシンクロする母子の課題を持っていたので、深く触れ合うことができました。

IMG_20191021_162249

最後の日に一緒にワークをしたダイアナ。

ネイティブアメリカンとしての過去世でのシンクロがあり、彼女のリリースのプロセスは、見ていてとても感動させられました。

IMG_20191021_162139

合気道四段だという、日本大ファンのサーシャ。

ご夫妻で昨年日本を訪れた時の話をたくさん聞かせてもらいました。

日本人の礼儀正しさと親切さに大感激していて、また絶対に行く!と言っていました。

Point Blur_20191025_140600

今回のイベントのオーガナイザーのメグとは、オンラインコースでお世話になったこともあるので、再会を喜び合いました。

初めて参加した人達からは「ニコール・キッドマンにそっくり!!」と騒がれていました(笑)

顔出しNGで残念なのですが、元日本人のJちゃんはラスベガス在住で、セミナーの後に私を色々と夜のラスベガスに案内してくれたのでした。

IMG_20191019_181323

夜ご飯には、やはり車で来ていたラスベガス在住の元日本人のジュディ―が、他の仲間達と一緒に、美味しくてリーズナブルなお店に連れて行ってくれました。

(↑中華街の麺のお店で食べた細麺・・トマトと揚げ目玉焼きが、不思議なハーモニーで美味しかった!)

IMG_20191022_130403

↑別の日には、Jちゃんとインド飯のビュッフェ♪

多国籍なアメリカでは、色んな国の美味しいレストランがあって楽しめます。(ま、東京でも同じだけど!笑)

Point Blur_20191025_140215

セミナー翌日には、Jちゃんとジュディ―、私の日本人三人組で遊びました♪

アメリカ暮らしの長いお二人は、英語と日本語の流暢さの比重はほぼ同じなのだけど、三人でいる時は日本語で話してくれるので、英語疲れをしていた私には気楽でありがたかった!

IMG_20191021_213721

ラスベガスの夜景が見える屋上にあるクラブにも出掛けました。

IMG_20191021_214449

実は、ローカル(地元民)は無料で入れるというので(普通なら長い列に並んで入場料を払わなければいけないらしい)、Jちゃんが連れてきてくれたのです。

IMG_20191021_213729
IMG_20191021_213706
IMG_20191021_214105

お酒も飲まず、ただ夜景を見て帰りました。(マジメか!笑)


IMG_20191021_215719

ラスベガスは、ほぼどこのホテルでもカジノが併設されています。

IMG_20191021_203654

有名ホテルの中にある撮影スポットで遊んだり・・

IMG_20191021_223810

昔のラスベガス発祥の地である、ダウンタウンにも連れて行ってもらいました。

IMG_20191021_225340

古き良きアメリカ・・という風情があります。

IMG_20191021_225434

商店街の天井には、プロジェクションが映しだされ、刻々と絵が変わっていきます。l

IMG_20191021_225529

ちょうどハロウィンシーズンなので、ホラー的なものが多いようです。

o0600080013837407102

↑動きが早すぎて写真が撮れなかったのでネットからの拝借ですが、天井近くにはスーパーマンのようなポーズで人が飛んで行くジップラインもありましたよ♪

IMG_20191021_225534

↑どこかのテーマパークにいるように、いるだけでワクワクしてくる場所でした。

Jちゃん、色々連れて行ってくれて本当にありがと~

IMG_20191023_065748

翌朝はまだ暗いうちに空港に入り、窓の外に遠く見えるレッドロックが朝日に照らされる様子を見ながら搭乗しました。

IMG_20191023_074305
IMG_20191023_074500
IMG_20191023_074830

夜のネオンとはまた違った味わいのラスベガスの街を見ながら、飛行機は飛び立ちます。

IMG_20191023_081825

時間と空間がなんだかごちゃ混ぜになっているような、不思議な1週間でした。

こうして国を超えて魂の仲間との繋がりを感じる機会は、すべては一つという場所に向かっていく道筋なのかもしれないな~と思います。

なんだか最近、本当に色々あって忙しいのだけれど、確実に色んなことが変容していっている充足感と共にあるので、それもいいかな~と思っています。

ま、不良主婦、ばんざ~い!!かな?笑






お知らせ

*昨年も大好評だった齊藤つうり氏のワークショップが、11月30日(土)・12月1日(日)に石川で行われます。近年人気の金沢観光と合わせて、ぜひ他県の方もお越しくださいね!

齊藤つうりワークショップ in 石川 2019(終了しました)

つうり金沢_n



ハワイ島リトリート2019.9 ⑥ 〈最終回〉青空のコナ空港

名残惜しくも、いよいよハワイ島を発つ朝がやってきました。

メンバーは、そのまま日本に帰る人達と、オアフ島に移動しての次の予定がある人達とに分かれます。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0005

コナ空港ではJALとハワイアンに分かれてのチェックインだったので、成田へ向かうSちゃんとNちゃんの写真をうっかり撮り忘れてしまって残念!

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0004

オープンエアのコナ空港では、フラダンサーの彫像が青空に映えています。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0001

後は飛行機の出発を待つだけなので、ここでゆっくりと朝ご飯です。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0007

HくんとMちゃんはもう春に入籍していたのですが、これからオアフ島で結婚式を挙げるのです。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0008

のどかな風景の中、タラップを上がって・・

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0016

こじんまりとした心地よいコナ空港ともお別れです。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0010
リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0011
リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0015

オアフ島までは約50分ほどのフライトです。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0021

飛行機の上から、青い海や他の島の写真を撮ろうと思っていたのですが、予想以上に窓ガラスが汚くて断念

後でJALに乗った時に窓を確認したら、ハワイアンよりはかなり綺麗でした。

これも、あまり細かいことにこだわらない土地柄のせいなのかな~(笑)

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0040

ホノルル空港で、今夜はディナークルーズの予定がある新婚の二人とは別れて、私はBさんのリクエストにお応えして、Mさんと三人でホノルルの東別院に立ち寄りました。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0053

将来は海外布教も考えているBさんは、ご住職に色々と質問をしています。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0056

こちらのご住職もとても親切な方で、Bさんも楽しそうにお話をしていました。

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0049
リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0059

ヒロのお寺とは違って、こちらの祭壇は日本とはあまり変わりなく、写真だけみていたら、ここがハワイだとは思えません(笑)

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0068

ハワイでは日本以上に盆踊りが盛んだということを、ヒロでもお聞きしたのでしたが、ここホノルルにも、車輪のついた盆踊りのやぐらがありました。

夏の間は、このやぐらを車で引っ張っていって、あちこちの地域で盆踊りが開催されるそうなのです。

盆踊りなんてもう何十年もしていなかった私は、異国の地にあって、日本への郷愁のような行事を大切にしている様子に少し感動させられたのでした。

ハワイ2019.9月_190924_0022

Bさん達をホテルに送り届けてお別れし、一週間ぶりの一人の時間です。

明日の午前には私の家族が日本からやってくるので、この貴重な一人の時間をどう過ごそうかとワクワクします。

2019915_190924_0094
2019915_190924_0095

ワイキキから続くクヒオビーチをぶらぶらすることにしました。

2019915_190924_0090
2019915_190924_0091

ワイキキビーチの東側と言ってもよいのですが、ダイヤモンドヘッド寄りのこのクヒオビーチは、なんとも気持ちのよい気が流れているので、私のお気に入りです。

2019915_190924_0093

沖を眺めていたら、遠くにHくんとMちゃんが乗っているディナークルーズの船が見えました!

2019915_190924_0097

ワイキキビーチには1時間無料のフリーWi-Fiがあったので、それに繋いでHくんにLINEしてみたら、なんとリアルタイムでやり取りができました!笑

2019915_190924_0096

お互いに見える夕陽の写真を交換して楽しんでいたら、やがて日没となりました。

2019915_190924_0098

ちょどその頃、成田に無事着いたよ~と、SちゃんとNちゃんから連絡が入り一安心♬

リトリート6日目(空港〜ホノルル)_190920_0069

二人共いい笑顔です!

2019915_190924_0100
2019915_190924_0102
2019915_190924_0103

ビーチ沿いの道をぶらぶらして、どこかで夕飯を食べようかな~とも思ったのですが、せっかく見晴らしのよいラナイのあるコンドミニアムに泊まっているので、一人ご飯はABCストアで買って帰ることにしたのでした。

ハワイ2019.9月_190924_0274

ダイヤモンドヘッドと海が見えるラナイで時間を過ごしたくて、予約した部屋でした。

2019915_190924_0104

地ビールとスパムおにぎりとマカデミアナッツとサラダ・・私のご馳走です(笑)

2019915_190924_0105

夜風に吹かれながら、一人で今回のリトリートを振り返りました。

参加者の皆さんが真摯にご自身と向き合い、頑なに握りしめていたもう必要のない信念や悲しみを手放していく様子は、そこに共にいさせてもらった私自身にとっても大きな癒しとなりました。

共感力の高い優しい人達が多かったので、それゆえの生き辛さを抱えていたようでした。

一人一人が、自分が本当に望むことを明らかにしてゆき、それを自分に許可するプロセスは、勇気の必要な取り組みでした。

しかし、共に笑い、共に泣いた仲間達と過ごした、穏やかで心地よいハワイ島での時間が、これからの彼らの人生に大きな後押しをするのは間違いないでしょう。

ご参加下さった皆様、ハートを開いて共に過ごして下さったことに心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

ハワイ2019.9月_190924_0276

やがてビールのほろ酔いと、一人の解放感に満たされて、静かに夜は更けていったのでした。

(ハワイ島リトリート2019.9 完)



(おまけ↓)HくんとMちゃんのハワイアン・ビーチ・ウエディングです

挙式 カメラマン_190924_0009
挙式 カメラマン_190924_0024
挙式 カメラマン_190924_0005






 



ハワイ島リトリート2019.9 ⑤ 名残を惜しむ夜

リトリート5日目_190920_0498

明日はもう帰国なので、今朝の朝食はリトリート最後のゆったりとした時間です。

リトリート5日目_190920_0497
リトリート5日目_190920_0496

お料理が大好きなMさんが、皆より少し早起きをして、パートナーのBさんと仲良く朝食を作ってくれました。

リトリート5日目_190920_0509

ロブスター入りのクラムチャウダーやフレンチトースト、パパイヤのサラダなど、のんびり起きてきた他のメンバー達も大喜びのメニューでした。

リトリート5日目_190920_0504

こうして仲良くなった仲間と、ゆっくり語らいながらする食事は、それだけでなんとも幸せな時間です。

リトリート5日目_190920_0039

実はきょうは、新婚のMちゃんのお誕生日なのでした

リトリート5日目_190920_0036

皆がサプライズで、ハワイアンな生花のレイとミニバルーン、カードの寄せ書きをプレゼントしました。

リトリート5日目_190920_0163

Mちゃんを大好きな旦那さまのHくんは、こうしてよく奥さまを撮影します

平成生まれと、昭和生まれの夫を持つ身の違いでしょうか、時々妬ましくなるのは私だけ?笑

リトリート5日目_190920_0112

こちらのスーパーで購入したカードやバルーンは、Mちゃんのイメージでキュートです

リトリート5日目_190920_0419

Mちゃん、カフェで働いている得意技を見せてくれました!笑

リトリート5日目_190920_0440

ハワイらしいリリコイ(パッションフルーツ)のケーキは、アメリカンなのに(偏見ですみません)美味しかった

リトリート5日目_190920_0157

なかなか買い物にいく時間もなかったので、最終日はじっくりお土産選びです。

ワイコロアのクイーンズマーケットプレイスで、それぞれ楽しくお買い物の時間を過ごしました。

リトリート5日目_190920_0371

そして最終日の夜は、お楽しみの打ち上げです。

ビーチでサンセットを楽しめる Lava Lava Beach club(ラバ ラバ ビーチクラブ)に向かいました。

リトリート5日目_190920_0346

人気店なのに予約を取らないこのお店は、サンセット時には長蛇の列になります。

何度か訪れてコツを掴んだので(笑)、ちょっと早目のハッピーアワー(5時まで)に入店することにしたのでした。

リトリート5日目_190920_0051
リトリート5日目_190920_0048

ハワイ島での時間を、ハートオープンで共に過ごした仲間達と「かんぱ~い

リトリート5日目_190920_0151

アルコールが苦手な人達は、ウェイターさんお奨めのLava(溶岩)をモチーフにした甘~いノンアルコールのカクテルで乾杯

リトリート5日目_190920_0152

見た目とギャップのある、下戸で甘いものが大好きなBさん!笑

リトリート5日目_190920_0355

↑定番のハワイアンなカクテルパイナップル味が爽やか~!

リトリート5日目_190920_0350

アルコール強し!の女子たちは、きょうは遠慮なく飲みます!笑

リトリート5日目_190920_0349

色々な自分との深い向き合いを超えてきた仲間と、弾けて語らう時間は楽しすぎです♪

リトリート5日目_190920_0377
リトリート5日目_190920_0290

Lava Lava Beach Club は、景色だけではなく、お料理もリーズナブルなのにとっても美味しいのです。

リトリート5日目_190920_0105

パイナップルの器に、海老とパイナップルが乗ったチャーハン♪

リトリート5日目_190920_0106

ナチョスの上に乗っているのは、アボカドディップにサワークリーム、チーズとトマト♪

リトリート5日目_190920_0362

おしゃれなサングラスの二人は・・

リトリート5日目_190920_0386

見ているとこちらまで幸せになるラブラブカップル

この若い二人のパートナーシップは、年上の参加者たちに、色々な気づきをくれました。

リトリート5日目_190920_0302

Nちゃんがお代りに注文したカクテルの入っていたボトルがおしゃれ

リトリート5日目_190920_0305
リトリート5日目_190920_0102

実は、参加が決まってからわかったのですが、なんとBさんはNちゃんの高校時代の恩師だったのでした世の中狭いです

リトリート5日目_190920_0316

夕陽が沈み始める頃には、生ギターの音が流れ始め、柔らかで幸福感に溢れたフラダンスが始まりました。

リトリート5日目_190920_0146

BさんとMさんの未来を祝福し、私達はサプライズで曲をリクエストしました。

リトリート5日目_190920_0145

Bさんも踊ってくれましたよ

リトリート5日目_190920_0279

曲が終わった時、フラダンサーの女性が「ほら、虹が架かったわよ~」と知らせてくれて、皆が幸せな気持ちになったのでした。

リトリート5日目_190920_0334

感激したSちゃんは、思わずMさんに駆けよりハグします。

リトリート5日目_190920_0067
リトリート5日目_190920_0338

美しい夕焼けをバックに幸せな二人を見るのは、こちらまで幸せを感じる時間でした。

リトリート5日目_190920_0100
リトリート5日目_190920_0147
リトリート5日目_190920_0149

沈む夕陽を、それぞれがそれぞれの思いで見つめました。

リトリート5日目_190920_0056
リトリート5日目_190920_0058

そして海に陽が落ちた後は、暮れていくハワイの最後の夜を静かに堪能したのでした。

リトリート5日目_190920_0223
リトリート5日目_190920_0170
リトリート5日目_190920_0169

Lava Lava Beach Club の撮影スポットは、いつ来ても楽しい場所です。

リトリート5日目_190920_0255
リトリート5日目_190920_0258
リトリート5日目_190920_0246

リトリート5日目_190920_0251
リトリート5日目_190920_0084
リトリート5日目_190920_0090

可愛いLove ワゴンも健在でした!

リトリート5日目_190920_0180
リトリート5日目_190920_0176
リトリート5日目_190920_0192
リトリート5日目_190920_0196

楽しい時間はあっという間でした。

リトリート5日目_190920_0205

そしてリトリートの5泊6日は、最後の一夜を残すだけとなりました。


ハワイ島リトリート2019.9 ⑥〈最終回〉に続く・・・)


ハワイ島リトリート2019.9 ④ 溶岩台地の赤い花

今朝はキラウエア火山まで遠出するので、少し早起きしました。

前日に買っておいたマフィンと飲み物を持って車に乗り込み、島の東南にあるハワイ火山国立公園を目指して出発です。

リトリート4日目_190920_0146

本来なら今日は、マウナケア山でのサンセットツアーを予約してあった日ですが、反対運動はまだ収まってはいないので、残念ながらマウナケアは遠くから眺めるだけです。

リトリート4日目_190920_0147

マウナケアへのアクセスロードに差し掛かると、前回見たテントがずら~っと並んでいる様子がよく見えました。

リトリート4日目_190920_0148

何やら祈りを捧げるための祭壇のようなものも見えます。

リトリート4日目_190920_0151

まだ続々と人々はここに集ってきているようでした。

bda137f52264a832c85581e1e93fdaee

あっという間にこの場所も過ぎ去り、きょうは目的地が遠いので先を急ぎました。

出発してから、およそ2時間半で、ハワイ火山国立公園に着きました。

リトリート4日目_190920_0174

昨年の噴火を経て、すっかり形の変わってしまったハレマウマウ火口です。

リトリート4日目_190920_0175

まだ一部、危険性が高くて入れない場所もありますが、スチーム・ベント近くの展望台からは、深く大きくなったハレマウマウ火口を見ることができます。

リトリート4日目_190920_0180

少し雨が降ってきたので、ハワイの記念にホヌ(亀)のポンチョを買って皆でお揃いにしました。

ハワイではホヌは神様の使い、幸運を運んでくれる象徴です。

リトリート4日目_190920_0171

スチームベントとは、硫黄分を含まない蒸気を吹き上げる穴のことです。

 

キラウエア火山の深い地中を流れる熱い溶岩が地下水を温め、それが水蒸気となり地表へと立ち昇ぼり、白いモクモクとした噴煙が上がるのだそうです。

リトリート4日目_190920_0161

モクモクとするものに触れると、人はなぜかはしゃぎたくなるようです(笑)

リトリート4日目_190920_0164

いつも仲良しツーショットのカップルです♪

リトリート4日目_190920_0184

火口を見た後は、チェーンズ・オブ・クレーターズ・ロードと呼ばれる、溶岩台地の間を海まで続く道を進みました。

リトリート4日目_190920_0188
リトリート4日目_190920_0187

展望台の少し高くなっているデッキから周りを見渡します。

リトリート4日目_190920_0102
リトリート4日目_190920_0192

やっと来たぞ~!と、皆嬉しくて、固まった溶岩の上をどんどん歩いていきます。

リトリート4日目_190920_0204
リトリート4日目_190920_0110

火の女神ペレに捧げられたという、
ハワイアンにとって特別な植物である真っ赤な「オヒア・レフア」

リトリート4日目_190920_0095

固い溶岩台地の上になぜこのように美しい花が咲くのか、生命の神秘に感動します。

リトリート4日目_190920_0112
リトリート4日目_190920_0116

それそれが思い思いに、この広大な景色の中で時間を過ごしました。

リトリート4日目_190920_0120
リトリート4日目_190920_0123
リトリート4日目_190920_0140

ふと気づくと、Bさんが「海を見てきます~」と、どんどん先を歩いていくではありませんか。

リトリート4日目_190920_0145
リトリート4日目_190920_0144

豆粒くらいに小さくなったBさん↑

そういえば、前回のリトリートでも、どんどん歩いていって姿が見えなくて困った人がいたな〜と、懐かしく思い出しました(笑)

リトリート4日目_190920_0072

溶岩台地を充分に味わった後は、ヒロの街に戻って一休みです。

ハワイ王朝最後の女王にちなんだ名前の「リリウオカラニ公園」に立ち寄りました。

リトリート4日目_190920_0047

この公園は日系移民が作ったそうで、鳥居や灯籠もある不思議な和風庭園なのですが、私達の目に飛び込んできたのは、大きな美しいバニヤンツリーでした。

リトリート4日目_190920_0207
リトリート4日目_190920_0054

なんとも穏やかな気に包まれるこの場所は、いつまでもベンチに座っていたいと感じる居心地のよい場所でした。

リトリート4日目_190920_0058
リトリート4日目_190920_0059
リトリート4日目_190920_0065
リトリート4日目_190920_0062

皆、言葉のいらない静かな憩いの時間を過ごしました。

リトリート4日目_190920_0080
リトリート4日目_190920_0076

暗くなると霧が出て走りにくくなるので、きょうは早目に西海岸に戻ることにしました。

リトリート4日目_190920_0155
リトリート4日目_190920_0159

車中もわいわい賑やかです。…と思ったらすぐに寝息が、ということも多いかも(笑)

リトリート4日目_190920_0079

美しいマウナケア山やマウナロア山の姿を堪能しながら島を横断し、コハラ地区にあるマカデミアナッツの工場&お店の「ハマクア・マカデミアナッツ」へと向かいました。

mac1
flavored-macadamia-nut-samples

色々な味付けのマカデミアナッツの試食と、ハワイ産のコーヒーの試飲ができるこのお店は、ついついお土産を買ってしまいますが(笑)楽しい場所です。

リトリート4日目_190920_0210
リトリート4日目_190920_0218
リトリート4日目_190920_0089

これもインスタ映え?なのでしょうか、吹き出しのカードを持って、皆で楽しく撮影会になりました。

リトリート4日目_190920_0256

ハマクア・マカデミアナッツのすぐ近くにあるシェイブアイスのお店もお楽しみの一つです。

お店の優しいおじさんが、スプーンを7人に配る時に、一つ一つに違うフレーバーのアイスクリームを山盛り乗せてくれて、それだけでお腹が膨れかけた私達でした(笑)

リトリート4日目_190920_0222
リトリート4日目_190920_0223

レインボー色にシロップをかけてもらって、テンションが上がります♪

かき氷の下には、たっぷりのアイスクリームも入っています。

リトリート4日目_190920_0226
リトリート4日目_190920_0227

食べたり撮ったり忙しい!笑

リトリート4日目_190920_0002
リトリート4日目_190920_0004

もう一つのシェイブアイスには、Bさんリクエストのモチを乗せてもらいました。

ちょっと謎の食感でした(笑)

リトリート4日目_190920_0005
リトリート4日目_190920_0010

皆でシェアしてもお腹いっぱいになりました。

暑いところで食べるシェイブアイスは最高です♪

リトリート4日目_190920_0023

姿が見えないな〜と思っていたら、Hくんが気になるお店がある〜と戻ってきたので、皆で入ってみることにしました。

リトリート4日目_190920_0017

ここは、ハワイのアーティスト達の作品だけを取り扱っているお店でした。

リトリート4日目_190920_0252

↑確かに気になります(笑)

リトリート4日目_190920_0019

アロハシャツも作家さん作のビンテージ柄のものばかりで、とても素敵です。

Bさんが、女性達に見立ててもらって、お似合いのアロハシャツを購入していましたよ。

リトリート4日目_190920_0024

お店を出る頃には、美しい夕陽が沈み始めていました。

リトリート4日目_190920_0029

車を走らせていると、海に沈んでいく太陽があまりに綺麗なので、しばし停まってサンセットを鑑賞することにしました。

リトリート4日目_190920_0038
リトリート4日目_190920_0044
リトリート4日目_190920_0041

海に沈む美しい光に癒されながら、ハワイ島での一日がまた暮れていきました。

リトリート4日目_190920_0239

この日は早目に夕食を済ませ、夜にはこのリトリートで一番がっつりのワークをしたのでした。

それは一人一人の心の奥深くにあるものを浮かび上がらせ、これからの人生を魂のビジョンに従って生きていくための禊のような時間となりました。

周りに合わせて生きるために被った覆いを取り外したとき、人はこんなにも柔らかく美しく微笑むのだと、私の目には忘れられない光景が焼き付けられています。

ハワイ島リトリートも、あと一日を残すだけとなりました。


ハワイ島リトリート2019.9 ⑤に続く・・・)



ハワイ島リトリート2019.9 ③ 水と戯れる一日

リトリート3日目_190920_0052

青空の見える朝。

椰子の木とプルメリアが窓の外に見えるだけで、幸せな気持ちになるのが不思議です。

リトリート3日目_190920_0055

今日はすぐには出掛けず、ハウスでワークをする予定なので、皆でゆったり朝食を準備しました。

リトリート3日目_190920_0038

できるだけその土地のエネルギーが入ったものを食べるようにと、ハワイ産のフルーツやコーヒーを頂きます。

リトリート3日目_190920_0039

ただ朝食を皆で食べるだけなのに、この開放感はなんだろう〜(笑)

リトリート2日目_190920_0029

後片付けもしないうちに、何やら私が語っています(笑)

リトリート2日目_190920_0031

リトリートの間は、こうしてちょっとした会話から色々なシェアや質疑が始まります。

質問した本人より、聞いている別の人がウンウン頷いたりするので、見ていると面白いです。

リトリート3日目_190920_0004

昼間はかなり外が暑かったので、室内でじっくりワークに取り組みました。

そして少し陽の和らいだ時間になってから、マウナラニビーチリゾートのプライベートビーチで海に入ることにしました。

リトリート3日目_190920_0003

こじんまりとしたビーチですが、水も綺麗だし、ガゼボやビーチチェアもたくさんあってなかなかの居心地です。

リトリート3日目_190920_0006

波も静かで、皆は一目散に海に入って行きました。

hiroshi gopro_190920_0031

一応日本ではないので、私は貴重品の見張り番です。

hiroshi gopro_190920_0010

みな童心に帰って、とても楽しそうです。

hiroshi gopro_190920_0014

写真では伝わりきらない癒やしの波動…とでもいいますか、不思議な心地よさに皆が自分を委ねているので、なかなか誰も戻ってきてくれなーい!(笑)

hiroshi gopro_190920_0029

やがて優しいH君が交代しにきてくれたので、私もしばらく浮きました。(泳いではいない!笑)

hiroshi gopro_190920_0032

おしゃれなおねーさん達と椰子の木が似合います♪

リトリート3日目_190920_0023

ゆったりビーチで過ごした後は、水着のまま、今度はリゾート内のプールにやって来ました。

リトリート3日目_190920_0020

ちょうど陽が落ちる頃で、プールには綺麗な照明がつき、Sちゃんは「ナイトプールみたい!一度入ってみたかったの〜」と大喜び。

リトリート3日目_190920_0021

思いの外このプールも楽しくて、子供の頃に戻ったように、皆はしゃいで過ごしたのでした。

やがてプールからあがって、お部屋でシャワーを浴びた後は、夕食を食べに一つ隣のワイコロアリゾートへと出かけることにしました。

リトリート3日目_190920_0044

フードコードでそれぞれが英語で好きなものをオーダーします。

ハワイらしいメニューがたくさんで、何を食べるか迷いました。

リトリート3日目_190920_0045

ガーリックシュリンプもポケ丼も、どちらも美味しい〜♬

私はアヒのソテーを頼みましたが、お腹が空きすぎていて写真は取り忘れました(笑)

バケーションレンタル(貸しハウス)に泊まっていると、こうしたのんびりとした一日も過ごせるので、ハワイに住んでいるような感じも味わえます。

そしてその感覚が、それぞれの人が普段被っている仮面(役割や頑張っている事)を静かに外していくので、ふとした瞬間に、何か大切なことに気づいたり、深い開放が起こったりします。

ハワイでのリトリートは、癒やしの波動の中、静かに、でもとても深く、人々を変容させていくのです。


 (ハワイ島リトリート2019.9 ④に続く・・・)


齊藤つうりワークショップ in 石川 2019【終了しました!】

お待たせしました~

今年も齊藤つうり氏のワークショップを石川で開催致します

土曜日の半日ワークと、日曜のがっつり1日ワークとなっております。

どちらもとても興味深いトピックです♬

お席に限りがありますので、ピンと来た方は、お早めにお申込みくださいね~!

2つのワークショップの詳細は以下の通りです。

「アカシックグリッドWS」

パワースポットと龍脈の秘密を知り、啓示と力を得る残席僅かです!)

stonehenge-3193412_960_720

 パワースポットと呼ばれる土地にはある秘密があります。


その場に本当の意味での霊感がある人がおとずれたなら、大地と天をつなぐ光の柱が見えるはずです。

地球を覆う網状のネットーク(アカシックレコード)と、地球の龍脈と呼ばれる、地球の神経回路が結びつくとき、その中間にこの光の柱が見えます。

それはまるで脳と体が複雑な神経回路でつながれている様子に似ています。

そう。パワースポットと呼ばれる場所は、この地上だけではない天・宇宙と地・地球をつなぐ役割を果たしています。

japan-530347_960_720

古来より、神殿・寺院・仏閣などでは、のちにマスターと呼ばれる人たちが無限のインスピレーションを得てきました。


日本で言えば、空海が最も有名な例といえるでしょう。

彼は四国の洞窟でマントラを唱え続ける「虚空蔵菩薩求聞法」を行い続け、あるとき、金星が口に飛び込んでくる神秘体験を得ました。

その後彼は、空と海をつなぐ存在こそが自分である、というインスピレーションを得て、無限の智慧と力を持つ存在として活動を始めました。

このように特別な場所とある人物を目覚めさせたインスピレーションのお話は世界中に数多くみられます。そしてある特定の場所では同じようなインスピレーションを得る傾向があるのです。

それは迷信や、信仰といったものを超えて、たしかな「場の力」として機能しています。

synagogue-458371_960_720

たとえばイスラエルはイスラム教、ユダヤ教、キリスト教の三つの大きな宗教が生まれた土地ですが、これは果たして偶然でしょうか?

前述した、アカシックグリッドの観点から言えば、このイスラエルの特定のポイントには、何本ものラインが交錯し、地球のなかでも重要なポイントであることがはっきりと見て取れるのです。

日本においては僧侶や神官達はいまもなお、寺院や神社を守り続けています。それは伝統から行われているだけではありません。

その土地にある天と地をつなぐ働きを、つねに一定数の人が行うことによって、特定の力とインスピレーションを下し続け、地球をあるレベルへと保つために行っている行為と言えます。

また特定の方法を知る僧侶や神官たちは、伝統的な方法を通じて、土地の神々や星系システムとつながり、いまもなおこの世界を守り続けています。

kyoto-3836980_960_720

このワークショップでは、齊藤つうりの650年間続く寺生まれの僧侶としての経験と、アカシックレコードの読み手を日本で最も多く育成してきた実績を基に、パワースポットにてインスピレーションを得るための実践的な方法とワークを行っていきます。

いわゆるよくあるパワースポットの活用術、といった枠組みを大きく超え、僧侶として、また神秘家としての実績を活かし、土地の神々の扱い方と本当の意味で人生を大きく変化させるためのパワースポットの扱い方をわかりやすく・楽しく・深くレクチャーしていきます。


そしてワークでは、日ごろから行える超・実践的なテクニックを行うことによって、これまで日常で気が付けなかった知覚を開き、誰かに頼るのではない、自分自身の深い部分からの人生の選択を行えることとなるでしょう。

四時間のワークとなりますが、内容は非常に盛りだくさんです。

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)をはじめとした、神聖なパワースポットに満ちた石川の土地では、このワークのあとに、すぐに実行に移すことができることでしょう。


多くの方とご一緒にワークできる機会を心待ちにしています!

 

■講座&ワーク

 ・パワースポットの秘密を開示!

・パワースポットは土地だけではなくて、宇宙と繋がっている

・星系システムと地球の神々は星々をつなぐアカシックグリッドにて交流をしている

・パワースポットでインスピレーションを得た歴史上の人物は、アカシックグリッドに接続していた

・龍脈とは、地球の神経回路である。

・場の力と微細な感覚のワーク

・土地の龍脈とアカシックの交差点(アカシックグリッド)との関連

・啓示を得るための実践的な方法


■日時

2019年11月30日(土)14:00~18:00

■場所  

石川県白山市 松任文化会館ピーノ 401研修室
(JR「金沢駅」より3駅、JR「松任駅」南口より徒歩5分)

交通アクセス「松任文化会館」


■参加費 

¥11,000(税込)*事前振込みをお願いします

※残席僅かです!

≪契約条件≫

【キャンセル事項】
開催日から起算して1週間前の18時(祝祭日や銀行休日の場合はその前日)までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は、振込み手数料を差し引いた全額をご返金いたします。それ以降のキャンセルにつきましてはご返金ができませんので、予めご了承ください。



お申込みはページの一番下にあります



齊藤つうり1DAY特別ワークショップ
「エジプトの秘密とイニシェーション」
(※満席になりました

70918769_509018729660727_4097023733774942208_n

エジプト-。 この土地ほど、人類の偉大な過去に向かって、大きな夢の扉が開かれる場所は存在しないのではないでしょうか?

古代の叡智そのものともいえるエジプトの遺跡たちは、人類がかつて何を見、何を感じていたのかを私たちに想起させてくれます。

古代エジプト人たちがどのような技術を持ち、どのような世界観を元に現実を作っていたのかについては、これまで多くの人が議論し、あらゆる調査がなされてきました。

しかし現代の技術をもってしても再現不可能なピラミッドの建築やどのような目的で使用されてきたのかについては、現代科学のなかではまったく解きあかされていないといっても過言ではないでしょう。

71587360_1312793035558799_1650578854093258752_n

古代エジプトの叡知とは「宇宙としての自己」にその本質があります。

このエジプトワークショップでは、齊藤つうり独自の視点で、アカシックレコードから読み解いた「エジプトの秘密」についてお伝えします。

また古来より行われていた「エジプトのイニシエーション」を実際に体験し、「宇宙としての自己」に触れるためのワークを行っていきます。

齊藤つうりエジプトリトリート開催直後のワークショップのため、日本にいながらエジプトの神秘を体験することができる、特別な一日のワークショップです。

内容の詳細については参加された方のみが知るものとなっています。

エジプトに興味がある方はもちろん、そうでない方にとっても、この一日の体験は、あなたの現実を大きく更新する機会となることでしょう。


■講座&ワーク

 

・詳細な内容は秘密です(笑)なぜだか心惹かれる方、ぜひご参加ください!

■日時

2019年12月1日(日)
10:00~17:00


■場所(※変更になりました!)

石川県白山市 グランドホテル白山
(JR「金沢駅」より3駅、JR「松任駅」南口より徒歩5分)

交通アクセス「グランドホテル白山」

■参加費

¥27,500
(税込)*事前振込みをお願いします

(※満席になりました。キャンセル待ちのみ受け付けます

≪契約条件≫

【キャンセル事項】
開催日から起算して1週間前の18時(祝祭日や銀行休日の場合はその前日)までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は、振込み手数料を差し引いた全額をご返金いたします。それ以降のキャンセルにつきましてはご返金ができませんので、予めご了承ください。



71351073_364366127783652_7811137384921169920_n


お申込みは下記のメールフォームよりお願い致します

※エジプトWSは募集を締め切りました。キャンセル待ちのみ受け付けます。
※アカシックグリッドWSは受け付けています。(残席僅かです)


齊藤つうりWSお申込みメールフォーム(終了しました)


※Gmailの方は、時々こちらからの返信が迷惑フォルダに入ることがありますので、2~3日しても返信のない場合は、ご確認くださいね。


53268230_302313370454493_4579870103289462784_o

一般社団法人 ブッダプログラム
齊藤つうりプロフィール

昨年の齊藤つうり氏のWS後の記事はこちらです
『齊藤つうり in 石川(金沢)』全日程が無事終了しました♬




ハワイ島リトリート2019.9 ② 内なる平和と調和への道

リトリート2日目_190920_0140

一夜明けて、気持ちのよい青空が広がるハワイ島の朝がやってきました。

リトリート2日目_190920_0138

庭のプルメリアから、なんとも甘い香りが漂ってきています。

リトリート2日目_190920_0137

それぞれがのんびり身支度をして、きょうは島の東側まで出掛けることにしました。

IMG_20191001_130000

車で30分ほどのワイメアで遅めの朝食をとることにして、そのままハマクアコーストまで出る予定です。

リトリート2日目_190920_0056

ワイメアにあるパーカー牧場のショップには、大きなフードコートや、ハワイ産100%のグラスフェッドビーフのハンバーガーショップがあります。

リトリート2日目_190920_0058

壁のあちこちに、カウボーイたちの絵が描かれています。

リトリート2日目_190920_0048
リトリート2日目_190920_0051

今回は、カップルが二組のご参加なのだけど、時々三人になってる?!笑

リトリート2日目_190920_0054

ワイメアを通る時に空いていたら立ち寄る「ヴィレッジ・バーガー」は、ハワイ島で三指に入る美味しいと評判のハンバーガー屋さんです。

素材にこだわりがあり、ベジタリアンバーガーも美味しいそうです。

*アロハストリートの記事が、とても分かりやすく書かれていたのでシェアしますね♪
このバーガーを食べずにBig Islandビーフは語れない(Aloha Street)

リトリート2日目_190920_0059

思いきり大口を開けないと食べられない!笑

今回は、ポテトに付ける「レッド味噌ディップ」と「わさびディップ」も各1ドル追加で試してみました。

「わさびディップ」が美味しい~という人が多かったかな。

リトリート2日目_190920_0128

とにかくボリューミー!ポテトも二人前で7人で分けても十分!


リトリート2日目_190920_0008
リトリート2日目_190920_0007 - コピー

皆、ほどよくお腹が空いていたので、とにかく美味しくて幸せです。

リトリート2日目_190920_0135

お腹が膨れたら、次はパーカー牧場の間をずっと通り抜けて進み、島の東側の海岸まで向かいました。

リトリート2日目_190920_0115

ここは、ハマクア地区にあるワイピオ渓谷展望台です。

リトリート2日目_190920_0045

この渓谷は「王家の谷」と呼ばれ、崖にある洞窟には、古代の王たちが埋葬されているそうです。

リトリート2日目_190920_0173

ハワイ文明発祥の地と言われているワイピオ渓谷は、カメハメハ大王が幼少期を過ごした土地と言われており、ハワイアン達にとっては神聖な土地です。

リトリート2日目_190920_0169

男子の絆も育っています(笑)

リトリート2日目_190920_0175

いつもよりお天気が良く、青い海に映える緑の渓谷が、息を飲むほど綺麗でした。

Mちゃんの赤いワンピが緑に映えます!

リトリート2日目_190920_0082
リトリート2日目_190920_0184

美しい風景をバックに、皆次々と記念撮影です。

リトリート2日目_190920_0096

またもや三人の仲良しコンビ!笑(Bさん、両手に花ですね♬)

リトリート2日目_190920_0099

すっかり一行も打ち解け、ずっと前からの友人みたいです。(昨日初めて会った人達もいるのに・・)

リトリート2日目_190920_0090

↑若いカップルは、さっと美しいハート型を上手に作ります♡

リトリート2日目_190920_0092

指導が入らないと、なかなかハートにならないカップル(笑)

リトリート2日目_190920_0151

ハマクアコーストを更に南下して、アカカ滝州立公園へと向かいました。

リトリート2日目_190920_0156

ここは州立公園なのでトレイルが綺麗に整備されていて、カフナ滝とアカカ滝を見るためにぐるっと一周回れるようになっています。

大きな熱帯植物が茂っていて、植物園のような癒しが私のお気に入りです。

(観光バスの人達は、滝まで行ったら戻ってきていたので、ちょっともったいないな~と思いました)

リトリート2日目_190920_0042
リトリート2日目_190920_0109

ちょっとしたお散歩のようないい運動です。日本では見られない植物も生えているので、植物好きな人はワクワクします♬

リトリート2日目_190920_0155

花も葉も大きいものが多いので、自分が小人になったような気がするのも楽しいのです。

リトリート2日目_190920_0165

135mの落差があるアカカの滝です。

hiroshi gopro_190920_0033

↑GoProを使って、全員で記念撮影♬(Hくん、ありがと~)

リトリート2日目_190920_0040
リトリート2日目_190920_0038

更に海岸線を南下して、東海岸で一番大きな街のヒロにやってきました。

ヒロに来たら、必ず寄るのは「ビッグアイランドキャンディーズ」です。

リトリート2日目_190920_0039

毎回、お店の凝った装飾が違うのも見どころです。(創業者は日系人です)

IMG_20191001_124836

ハワイ産の材料で作ったチョコレートやショートブレッドが本当に美味しくて、リピーターさん達は、自分の分を一番たくさん買っていきます(笑)

リトリート2日目_190920_0221

今回ヒロに来たもう一つの目的は、僧侶でもあるBさんの希望を叶えることでもありました。

海外での布教に興味を持つ彼は、ハワイにある東本願寺のいくつかを訪問したいとのことだったのでした。

リトリート2日目_190920_0207

ありがたいことに他の人達も了承して下さったので、ビッグアイランドキャンディーズでのお買い物の後に、すぐ近くにあるはずのHIGASHI HONGANJI へと向かいました。

ところが、Google Mapの言う通りの場所には、とんとお寺のようなものは見当たりません。

何度もぐるぐる回り、近くにあった他のお寺にも聞きに行って確認し、30分ほどしてからようやく辿りついたのでした。

リトリート2日目_190920_0218

苦労して辿り着いたので、記念にもう一度二人でハート♡を作ってもらったのだけど、それハートじゃないよ!!笑

リトリート2日目_190920_0214

若者たちの指導の声が飛んでも、やっぱり何か変!!笑

リトリート2日目_190920_0204

いきなり立ち寄らせて頂いたのですが、優しいヒロ寺院の住職さんご夫妻は、私達を本堂に招き入れて下さいました。

リトリート2日目_190920_0203

なかなか辿り着かせてくれなかったGoogle Mapに文句を言っていたのですが、実はもしすぐに辿り着いていたら、法要中だった住職さんご夫妻とは会えなかったようなのです。

流れはすべて完璧なのだなと、本当に驚きました。

リトリート2日目_190920_0202

私達もお焼香してお参りさせて頂きました。

この寺院は、まるで西洋の教会と足して割ったような、不思議な空間が広がっています。

仏様の両脇にあるのは、なんとパイプオルガンなのでした!(こちらの人達が馴染みやすいように作られたのだそうです)

リトリート2日目_190920_0199

ご住職の奥さまによると、「仏花の立て方」というのがあり、通常は菊などの花が決まっているそうなのですが、ここでは信者さん達が持って来て下さるお花を使うので、ハワイアンなお花で仏花を立てていて、それも不思議な雰囲気の理由の一つのようでした。

リトリート2日目_190920_0034

日系ブラジル人だというご夫妻は、名古屋に住んでいらしたこともあるらしく、日本語は完璧でした。

お二人共気さくで、温かな雰囲気で愛に溢れていて、本当に素敵な方達でした。

リトリート2日目_190920_0196

いつものハワイリトリートとはちょっと違った体験でしたが、ハワイで盛んな盆踊りの話をお聞きしたり、日本とハワイの文化の融合を感じ、何とも言えずほっこりと幸せな時間を過ごしたのでした。

Bさん、素敵なきっかけをありがとうございました!

リトリート2日目_190920_0252

あっという間に日は沈み始めたので、帰りは島を横断している「ダニエル・K・イノウエ ハイウェイ」を通って西海岸のコハラコーストへ戻ることにしました。

↑前方に見えているのは、標高4,207mあるマウナケア山です。

そんなに高い山に見えないのは、このフリーウェイの最高地点は2,000mもあるからなのでした。(白くなびいているのは雲です)

リトリート2日目_190920_0243

どんどん暮れていく美しい空を眺めて走っていたら・・

リトリート2日目_190920_0235
リトリート2日目_190920_0236

いきなり、物々しい雰囲気のテントや車が両脇に並ぶ場所に差し掛かりました。

それらは、今マウナケア山頂に建設予定の国立天文台TMTへの抗議をして座り込みをしている人達のテントでした。

web1_IMG_5742
(写真:ハワイ島週間ニュースより)
19080111132889048
(写真:マウイナウより)

マウナケア山頂でのサンセットやサンライズツアーが、現在このデモのために中止になっていて残念に思っていたのですが、リアルに座り込みをしている人達を間近に見て、思うところがありました。


自然科学研究機構 国立天文台TMTプロジェクト 
 
マウナケアでの建設工事について  

上記のサイトなども読んで、改めて今何が起こっているのかを感じてみたのですが、反対派がここまで激昂しているのは、実際に建設する今の天文台についてというより、これまでの長い年月に渡る先住民の間にある怒りが、ここに来て噴出しているように思えました。

実際に目にしたマウナケアへのアクセスロードが封鎖されている様子は、何とも言えない争いのエネルギーに満ちていて、これまでマウナケアへ向かう時に感じた神聖な気が失われているのを感じました。

今回もツアーを予約してあった日程ギリギリまで、何か奇跡が起こるかも!と期待していたのですが、もう無理なのを悟り、また同時に、今のマウナケアには正直心を惹かれないのを感じたのでした。

511   2日目 マウナケア_180518_0030
c1e3f29d6dc04286fb5f77bbcc24c9a2e_30967954_180813_0192
(↑昨年撮ったマウナケアのサンセット)

あの美しい風景をまた見られる日が来るのを待ち遠しく思います。

人々の怒りのエネルギーが、調和の方向に向かう事を、心から願うばかりです。

リトリート2日目_190920_0024

その後も、ちょっと色々アクシデントがあったので(いずれ別のところで書きます!笑)、ハウスについたのはかなり遅くなりました。

リトリート2日目_190920_0145

でも、お料理が大好きなMさんが、さっと美味しいスープを作って下さったので、ほっとする温かな夕食を頂くことができました。

リトリート2日目_190920_0146

うちのリトリートは、実はここからが本番です(笑)

夕食の後のお茶の時間には、きょう起こったことを含めて色々な質疑応答をしながら、皆に必要な気づきがどんどんと起こっていきます。

時には、ご自身の深くに潜んでいたものが浮かび上がり、さまざまな感情に揺さぶられたりもしますが、その一つ一つの感情の由来を丁寧に紐解いていくことで、ハートを開いて生きることへのプロセスが進み始めます。

まだリトリートは始まったばかりですが、既に混乱とも言えるようなリリースが起こり始めている人も見受けられました。

最終日に向けて最高の着地ができることを願いながら、そのプロセスを見守り、推し進める私なのでした♪



ハワイ島リトリート2019.9 ③に続く・・・)



ギャラリー
  • 断捨離ひとまずのゴール♬
  • 断捨離ひとまずのゴール♬
  • 断捨離ひとまずのゴール♬
  • 10年越しの断捨離 ②<ミニマリストにはなれない>
  • 10年越しの断捨離 ②<ミニマリストにはなれない>
  • 10年越しの断捨離 ②<ミニマリストにはなれない>
  • 10年越しの断捨離 ②<ミニマリストにはなれない>
  • 10年越しの断捨離 ②<ミニマリストにはなれない>
  • 10年越しの断捨離 ①<思い出の写真>
プロフィール

ceblue