Cerulean Blue (セルリアンブルー)

Believe in yourself. You are loved.

齊藤つうり氏 関連

扉を開いてその先に進む

boy-2100121_960_720

三連休が終わりました。でもお盆休みのある会社勤めの方は、まだ連休中ですね。

うちの夫は久しぶりの連休に羽を伸ばしすぎて、祝日だった昨日毎朝のアラームを外したのを忘れていて、今朝は寝坊して大遅刻して出勤しました

はい、そして夫が飛び起きるまで、何も気づかずにすやすや横で寝ていた妻は私です(笑)

「妻の務め」という言葉は我が家では死語になって久しかったのですが、とうとうトドメが刺されたようです。(これで、ますます夫は私を当てにしなくなり、自立が進むと思います


夫は定年退職前は超お堅い厳しい系の公務員だったので、時間に遅れることはまずない人でしたが、定年退職後の仕事に就くようになってからは、随分緩んできていました。

加えて、常識の範囲での妻らしい行動をとらなくなった私との生活で(月に数回家を空けるし、時には一週間帰ってこない・・笑)随分頭も柔らかくなってきています。(諦めた・・とも言う。笑)

しかし、集合意識の中での役割に自分を当てはめるという、つまり場のエネルギーに影響を強く受けることは、長年の職業柄やはり強いように感じます。

silhouette-3553300_960_720

例えば、地元で外出する時は一切手をつないでくれないけれど、都会か外国に行ったならOKです。

海外に彼をできるだけ連れ出すようにしているのは、ある意味そのためです。日本を出ると、うちの夫は、本来の自由で気楽で人の目を全然気にしない人間に戻り、つまらない親父ギャクやジョークを連発する面倒くさいおじさんになります

三連休などになると、インドア派夫婦の私達は、各々好きな事(夫はプレステ、私はパソコン)に興じ、二人だけの世界にトリップするので、ある意味世間から隔絶され、プチ海外旅行モードに入ります。(コンドミニアムに二人でいるような感じです)

海外旅行の余韻がまだあるうちは、こうしてお家トリップでも、いい感じで夫も自由になり、その結果今朝のように遅刻したりもします(苦笑)

こうして書いていると、自由に気ままに生きているように見える私には、人生何の不足もないように思われるだろうな~と思います。

実際、制限だらけだった昔の自分に比べると、子育ても終わったし、やりたいこともやらせてもらっているし、確かにその通りなのでしょう。

pier-569314_960_720

ところが!!です。ところが!!が起こったのが、前回のブログに書いたアカシックガイドセッションから始まった、週末二日間のスクールに端を発する先週一週間の出来事なのでした。

アカシックガイドセッションで私が受け取ったのは、自分のこれからに対するビジョンがよりクリアになり、お腹に落ちたという感覚でした。

自分は何をしてどう生きたいのか?から目を背け、お茶を濁すことは、もうできない時がやってきているのを感じたのでした。

そしてそれに続いての二日間のアカシックスクールでは、たまたま生徒さん達の人数が奇数だったので、ペアワークまで全部一緒にやることになりました。

そうして何回かのワークの全てで、ほぼ毎回同じメッセージがやってきました。

それは「私は自由だ。私は何にも縛られない。自分を縛っているのは自分だけ。夫を気にせず自分がやるべきことをやる!」・・見事に同じメッセージが繰り返されたのでした。

crossroad-3692928_960_720

北陸の男尊女卑が強い地域において、現在の私は他と比較すると「自由な女」だと思われます。(「男子厨房に入らず」「夫と子供には良い服を着させても、嫁はボロを着ろ」と、まじで姑からきつく言われていた嫁でしたから、昔は・・

夫も、妻をこんなに自由にさせている自分は心が広い(笑)と自負しているようです。(都会の皆様とは本当に感覚が違うのです)

なので、私の中でもどこかで自分への許可度に限界をつけていたのは否めません。

私が自分に欲する自由度は、旧態然としたパートナーシップでは叶うはずのないレベルで、離婚か卒婚をしなくては得る事ができない・・と、どこかで自分自身に言い聞かせて葛藤していたのです。

しかし私は、夫と離れたくないのです。これが執着なのか、魂の結び付きなのかは定かではありませんが、彼と一緒にいるためには、他のすべてを捨ててしまいそうな自分にも気付いていたのです。

なので、多分夫が思う最大限の「妻の自由度の限界値」をじわじわ上げるという姑息な手段を取りながら、きょうまでやってきていたのでした。

jellyfish-698521_960_720

日曜の夜、東京から帰りの新幹線の中で、私は受け取った一連のメッセージを咀嚼しました。自分で気づいていながらどこかに押し込めていた「更なる自由」とは何かを考え始めました。

そして、一度動き始めたものは次のステージへと私を押し出したのです。

次にやってきたのは、我慢できないくらいの「歯茎の痛み」でした。治療してあって、神経も抜いてあるはずの歯の根元の奥深くが、いきなり痛み始めたのでした。

普段薬を飲まない私が、鎮痛剤を飲んでひと晩様子を見ました。翌日も収まらないようなら歯科を受診しようと思いました。

しかし、翌日はたと気づいたのでした。これは、単なる痛みを軽減するための出来事ではないと直感的にわかりました。これは何かに気付くために起こっている痛みなのだと・・。


先月終えた「自己認識クラス」で取り組んだ、疾患における「症状とのワーク」をやってみるとよい!と強く感じたので、テキストを引っ張り出してやることにしました。

歯茎の痛みにフォーカスして、その症状を作りだしているエネルギー、そしてその症状のエッセンスを見出すワークに取り組んだのでした。

crystal-758809_960_720

すると、痛みとして私に表れていたのは「変容に抵抗するエネルギー」であることに気付きました。

心の一番奥底にあったのは、美しく青く光輝く丸い大きな宝石のようなものであるのに、それを握りしめて私は「動くのが怖い!!」と泣き叫んでいたのでした。

自分が動くことで、これまで手にしていた「幸福」と私が名付けているものが、壊れていってしまうのを怖れていました。

アカシックリーディングでのメッセージから繰り返された「自由」とは、この手にしていた確固たる「幸福」さえも超えていく自由だったのだとわかりました。

自分が自分自身であるための自由は、従来の幸せの定義を遥かに超えていくものでした。

そして実は、私はそれを深いところで渇望していたのだということに気付いてしまったのでした。

泣いて泣いて泣きました。

謎が解けてしまって、ぼーっとなりました。

ワークの後は、まだ頬が腫れて痛みもかなりありましたが、もう一錠痛み止めを飲んだら、歯医者に行く必要はなくなるのをなんとなく感じました。

そして一晩明けたら、予想通り、嘘のように痛みは全くなくなっていました。(頬はまだ腫れていて輪郭が変わったままなのに、痛みがないのが不思議でした)

sun-1651316_960_720

その後は、痛みに紛れて遠のいていた、私がすべきことがクリアに浮かびあがってきました。

少し前からお知らせのように何度かやってきていた「あること」を、夫に話をして伝えることでした。

それは、これまでの夫なら、それを伝えたら多分切れてしまって、離婚騒動に発展しかねないことでした。

しかし、これまでの一週間で起こったことで、私にはもう進むしかないのだとわかっていました。

心を込めて、正直に、自分が感じていることを全部伝えるつもりで夫と話をしました。


その結果、私はこれまでより更なる自由を手にすることになりました。

夫と一緒にいながらも、私は私の望む未来へと向かうことへと一歩進んだのでした。

二十年前の私には想像さえできない現実を、今ここに生きる自分になりました。

egypt-3578010_960_720

その日の夜、この大きな変容についてつうりさんと仲間達にシェアしたら、「歯は大きな自己イニシエーションの時に腫れるんだよね」と言われました。

以前、シャーリーマクレーンが見えない存在とのチャネリングで同じ事を言われていたのを読んだ事があったので、もしかしたらと思っていた通りでした。

そして驚くことに、同時期に私と全く同じ症状を起こしていた仲間が更に二人いたことが判明したではありませんか!!

自己認識クラスの三ヶ月間が終わり、サポーターとして関わっていた私達も生徒さん達とおなじく、大きな変容の波に背中を押されていたのでした。

起こるべくして起こっている流れでした。


余談ですが、後で気づいたら、私がワークして号泣して次に進む決意をして現実が動いたのは、8月8日、ライオンズゲートが開いた日でした。(星の影響ってやはりあるのだな~と改めて思います♪)

長い振り返りでした(笑)ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!


結論。もう抵抗しても何しても、起こることは起こるし、進むか進むないかは全て自分次第・・ですね(笑)

ただ、開いた扉の先には、誰にとっても未知の喜びが待ち受けているのは、多分間違いないようです。







fashion-985556_960_720

Cerulean Blue 「新コース募集」&「説明会」のお知らせ 
★コース参加のお申込みをされた方への『無料1DAYセミナー』が8月中に開催されます♬
(8月15日・8月26日 ※どちらも同じ内容です)

Cerulean Blue セッションメニューはこちら






「アカシックガイドセッション」から始まった変容の波

face-985965_960_720

人の変容のプロセスをサポートする機会を得るということは、同時に自分自身も更なる変容のプロセスを(好むと好まざるとに関わらず・・)進むのだということを、このところ改めて体感しています。

それはまるで注ぎ込んできたものがカップから溢れるようなタイミングで、先日私に起こりました。


「アカシックガイドセッション」と名付けられた、齊藤つうり氏が新たにメニューに加えたセッションがあります。

それは従来の「アカシックリーディング」とはある意味反対のアプローチで、セッションを受ける本人がリーダーの誘導によりアカシックに触れるのです。

先週末、彼のスクールでそれをワークするために、サポーターの私もあらかじめ体験してみることにしたのでした。

前日にそれを体験していたサポーター仲間のIさんから、「あれすごかったよ!絶対いいからやったらいいよ!」と言われていたので、実はちょっと楽しみにしていた私でした。

astronomy-3217141_960_720

リーダーと向かい合って座る通常のアカシックリーディングとは全くスタイルが異なり、私は目を瞑って立ち、つうりさんの誘導の下、感じることを身体の動きを使って表現しながら、どんどん自分自身でアカシックに触れていくのでした。

その時のセッションでは、今の自分に影響を与えている過去世の情報へとアクセスして行きました。

それが何であるかは皆目見当もつかなかったのに、私の脳裏にはやがて中世の石造りの家々が視えてきました。

あっという間に、私のハートの奥が悲しみで満たされていくのがわかりました。

つうりさんの穏やかな声の誘導に従い、私の意識はどんどん中世のその時空に入っていきました。

やがて、私にはその体験で何が起こったのかがすべてわかりました。

人々に何かを伝えている私に対して、たくさんの人々が反旗を翻し、最初は私に感謝していた人達までもが、私を口々に糾弾していたのでした。

「なぜわかってくれないのだろう?」「真実がなぜ伝わらないのだろう?」

私はその人生では絶望に打ちひしがれて生を終えたようでした。

lone-tree-1934897_960_720

そうして、その人生での気づきが今の私に訪れました。

その人生での私はごく普通の衣服を着た、ごく市井の人間の一人でした。何かを伝えている人と言うには、あまりに地位も肩書きも知名度もない人間でした。

そういうものにまったく価値を見出していなかったその時の自分に気づきました。それは「相手に伝える」という時に、同じことを伝えても伝わりにくいという人間の社会の仕組みを無視していたことだとわかりました。

今生きている私に必要なメッセージは、まさにそれでした。

「使えるものは使え!」「人間界の事をもっと知りなさい!」という感じでした。

これからスクールが始まるというのに、涙が流れ続けて、朝から化粧が剥げて困りました(笑)

私の中の深いところで、何かのスイッチが入ったのがわかりました。

そして、この後やってくる一連のメッセージは、ここからスタートしたのでした。

background-313571_960_720

私も普段リーディングセッションをする側の人間ですが、クライアントが自分でアカシックに触れ、体感するというこのやり方の素晴らしさには感動しました。

通常のアカシックリーディングでは、所謂アカシックに触れているのはリーダーの方なので(クライアントがリーディングをする人なら、その体感は違いますが)、クライアントは時には??という風に、お腹に落としきれないこともよくあります。(情報が、自分の見たくないものだったりすると尚更です)

しかし、自分自身でアカシックに触れるということは、視たものからある意味逃れることはできません!笑

サポーター仲間のIさんも、前日はぼろ泣きしたと言っていましたが、ここまでダイレクトに情報に触れると、それは肉体の感覚を揺さぶらずにはいられないものとなります。

そして視たもの感じたものは、自分自身で触れたものですから、誘導するリーダーを疑うようなことも起こり得ません。

なぜこれまでこの方法が流布していなかったのだろう?と思うほど、感心&感動の体験でした。


その日のスクール(ブッダプログラム・アカシッククラス)では、生徒さん達がペアを組み、お互いにそれをやってみました。

ある人は泣き、ある人は叫び、ある人は笑っていました。

大きな変容の波が教室を覆っているのがわかりました。それは、パワフルで美しい波でした。

ocean-3605547_960_720

私の変容の波は、この日のアカシックガイドセッションをきっかけに、一気に私を大海原へと押し出し始めました。

週末のスクールを終えて帰宅してから一週間ですが、私の人生のステージが確実に変化したのを感じています。

長くなるので、続きの話は次回に・・(笑)



ブッダプログラムでの齊藤つうり氏のアカシックガイドセッションの受付は8月20日から始まるそうです。詳細は以下でどうぞ↓
https://ameblo.jp/turi-saito/entry-12503792036.html






oia-416135_960_720

「新コース募集」&「説明会」のお知らせ 
★コース参加のお申込みをされた方への『無料1DAYセミナー』が8月中に開催されます♬
(8月15日・8月26日 ※どちらも同じ内容です)

Cerulean Blue セッションメニューはこちら













すべてを知っているのは自分

revelation-2937691_960_720

このところ、身体を使ったワークをする機会が多くて、そのたびに自分の身体は自分に起こっていることをすべて知っているのだということに本当に驚かされます。

アカシックと呼ばれる肉眼には見えない場所に情報のすべてが記録されていることを知っている方は増えているようですが、自分の肉体の叡智というものに意識を向ける時、もしくは情報をもらう時、これほどクリアに自分にとって必要な気づきが起こることには、意外と無頓着なのではと感じます。

ワークによって、自分の身体の動きや発せられる言葉に触れると、身体症状(病気やケガ)といったものはただ偶然で起こるのではなく、100%自分の内側からの必然によって現れることがわかります。

それは因果関係というような、人によっては懲罰的と感じるものではなく、本人に気づきを促すため、もしくは究極的にはその気づきさえ必要ない宇宙の流れの現れのようにも見えます。

自分に起こっている痛みや苦しさは、心だけではなく身体からやってくるものも共に、己の進む方向を指し示す羅針盤のようなものであると言えるでしょう。

infinity-2019466_960_720

土日に行われていたブッダプログラムの自己認識クラスで、私も自分の羅針盤の指し示す針の方向を見る機会を得ることができました。

それは、数年前に突然起こった足の付け根の痛みについてワークしたのでしたが、当時は数日歩けないほどのシビアな痛みが断続的に起こっていたのでした。

医学的な見地では全く原因不明で、実は私を心配した友人を介してのご縁で沖縄のユタさんにその痛みを外してもらったことで、その時は歩けるようになったのでした。(そのユタさんは、私の痛みを肩代わりして、階段を昇れなくなったらしい

しかし今でも何かの折に、うっすらとした痛みが始まることがあったのです。

もう何年も前の出来事なのに、それはまだ終わっていないのを、実は自分でも感じていました。

昨日のワークでは、私以外の二人が、私の痛みの声を動きと言葉で表してくれました。

現実の領域では何が起こっているのかという事と、その症状で表されているものの奥にある私自身の内なる声が聞こえました。

それは衝撃でしかありませんでした。

布置(コンステレーション)の形で仲間が体で表現してくれた動きは、心の奥深くに響き、目を瞑れば今でもありありと浮かびます。

私の動けなくなるほどの痛みが伝えてくれていたのは、限界値のないとことん羽ばたく自由でした。

youth-570881_960_720

今の私の生活を知っている身近な人にもしそれを伝えたら、「えみこさん、そんなに自由に生きていて、何がまだ足りないの?」と笑われそうですが、そういう次元ではないのです(笑)

魂の自由とでも言えばよいのでしょうか、私にはそれが何を意味しているのかは深いところでわかりました。


今回のワークでは、私のみならず、それに取り組んでいたクラスの人達が皆、生まれ変わったような顔になっていました。

もちろん毎回驚くばかりの変化変容が起きているクラスですが、回を追うごとに深まる自己認識が、いよいよ身体の声を聞く場所に辿り着き、それだからこその気づきと更なる変容をもたらしてくれたのでしょう。

サポーターとして皆さんの変容に伴走させて頂いている身ですが、こうして時には体験を共にすることでの恩恵を受け、本当にありがたくてなりません。

man-731900_960_720

こうして振り返ると、答えはいつも自分自身の中にあるのだということを改めて思い知ります。

そのためには、特にサイキックであるとかの必要はなく、ただただ起きていることをジャッジメントなく「観察する」ことと、表面には見えていないけれどその奥にあるものを「知る」勇気を持つだけなのだと思います。

自己認識クラスとは、それが自分自身でできるようになる道筋をマスターするための、トレーナーのいるジムのような場所なのかもしれません。


毎回参加者の皆さんの勇気に触れ、頭が下がる思いでサポートをさせてもらっている私です。

そして、クラスに関わる人すべて(講師もサポーターも)の自己認識のプロセスも共に進み続けるので、皆でそれを共有し感動を分かちあえることの喜びをしみじみと感じているこの頃なのです。


横浜のブッダプログラムスクールはこちら


*以下は、私が主催する石川でのコースです♪

「新コース募集」&「説明会」のお知らせ

Cerulean Blue セッションメニューはこちら







自己認識とは終わりなき旅

profiles-833594_960_720

二ヶ月前から、ブッダプログラムスクールの「自己認識クラス」にサポーターとして参加させてもらっています。そして改めて「自己認識」とは終わりなき旅なのだと日々感じています。

逆に言うなら「私はすべてわかっている」と言ってしまう人がいたら、それはもう自己を認識しているとは言えないでしょう。

さらにそれが、もし一度覚醒体験などをした人などであったなら、新興宗教の教祖になったり、ヒエラルキーを作りだしているスピリチュアルな団体のトップになったりするのでしょう。

指導者や教師であることは、それがその人の魂の役割である時は、抵抗しなければすみやかにその場所に押し出されていくことであり、教祖になることとは質が違います。

教師自身が常に自己認識の旅の途上であるという認識でいる時、生徒もまたそこから大きな恩恵を受けることができるのだと思うのです。

aware-2313783_960_720

クラスに参加されている人達の、真摯に自分と向き合う様子には、いつも心から感動と畏敬の念を覚えます。

「自分自身を知っている」と思い込んで生きている人がとても多い中で、「本当にそうなのか?」と浮かぶ疑念に蓋をせず、空けたら何が飛び出してくるかわからない恐怖を乗り越えて、「自己認識」の旅に出るには大きな勇気を必要としたことでしょう。

もちろん、「なんだかわからないけれど参加した人」もいらっしゃるとは思いますが、それは無意識レベルでの後押しでしかなく、「こんなはずじゃなかった!」という苦しさと向き合うプロセスに放り込まれてもそれと向き合う勇気は、本当に素晴らしいなと感じています。

私自身もサポーターとして参加させてもらったことで、自分自身の自己認識のプロセスが進む体験を重ねさせてもらっています。

そしてそれは、自分自身に対する発見に留まらず、自分と触れ合う人々を新たに発見するプロセスです。

視界が広がっていくのを感じます。幸せ度が増していくのも感じています。そして終わらぬ旅そのものが人生なのだとの理解は、生きる喜びへと繋がっていっています。


齊藤つうり氏のワークショップは、また今年も冬に石川でも行う予定(現在のところ)ですので、どうぞ楽しみにしていてください。

横浜のブッダプログラムスクールの他のクラスもまだ募集中のものがありますので、ぜひチェックしてみてください。

emergence-807411_960_720

そして私も現在、新しいコースの参加者募集中です。

私のエッセンスを活かしたプログラムで、参加者の皆様の自己認識のプロセスをサポートし、さらにはそれぞれの人が魂に刻んできたブループリント(設計図)に触れ、その人が最高に自分自身を発揮して輝いて生きる人生へと進むお手伝いをさせて頂きます。

コース概要を読んでも、何だかよくわからないと思いますので(笑)、よかったら私に会いにがてら説明会にぜひご参加下さい。説明会へいらして下さった方には「今あなたに必要なメッセージ」をリーディングにてお伝えします。

「新コース募集」&「説明会」のお知らせ


8月30日出発のハワイ島リトリートも、あと1名のご参加が可能です。ハワイの大自然のサポートを受けて、喜び・感動の中、楽しみながらの自己変容が促されるとても美味しいセミナーです(笑)あなたと一緒に満点の星を眺め、溶岩台地の上に寝転び、美しい風景に抱かれるのを楽しみにしています。

sunset_hoshizora03

ハワイ島リトリートセミナー(8/30~9/4)のお知らせ⇒満席になりました!

2日目_181117_0097


Cerulean Blue セッションメニューはこちら







導かれて辿り着く場所

tulips-3321559_960_720

人間は、自分で決めて自分で動いていると思っていることが多いのだろうけれど、この世界のほとんどは、「自分」と信じている限定された個体の意志を超えた「何か」に導かれて動いているのだと思う。

「わらしべ長者」のストーリーのように全てがこの世的により良いものへと進むとは限らないが、一つ一つの選択は無数に枝分かれした未来を創りだす。

それらは「自分の選択」であると言うこともできるだろうけれど、その「自分の」という意識的な力学の作用だと思っていたことが、実は「無意識領域」からの働きかけであるということを受け入れてみる時、自分の世界を見つめる視点が根底からひっくり返ってしまうだろう。


先週来私が体験しているのは、それを理論というにはあまりにも深遠で、むしろ宇宙的な真理との邂逅と言ったほうがよい知識の集大成からの道筋だ。

それはまるで、数学での「解なし」という解答のような、禅問答における禅師からの「見えない答え」のような、二元性の世界に生きる人間にとってはフラストレーションを起こすような曖昧な佇まいの中にある。

o1699083914331332365

ブッダプログラムの代表である「齊藤つうり」という人の人生は、きっとこの一点を通過するために、一本の藁から始まった長い道のりを歩んできたのだろうと、その果てしない道を勝手に想像して、勝手に感動している私なのだ。


現在開講中の「自己認識クラス」は、それ以上もそれ以下もない唯一無二の「生きること」にフォーカスを当てたクラスだと私は感じている。

今期はもう始動してしまったけれど、二期、三期と続いて行く未来のクラスに、導きを得て参加される方の幸運を、今はやりの「予祝」でもしておきたいと思う私なのだ。


ブッダプログラム・スクール 
「自己認識」・「弥勒力」のクラスで、サポーターとして私も参加させて頂いています♪

42994673_10213133759961597_942967586029568000_n
(↑「弥勒力WS」の時のTEAM弥勒力のメンバーたち♪)








こちらも募集中です♬
レムリアのエネルギーに満ちたハワイ島では、癒しと変容のパワフルで不思議な体感を得られます。本当の自分を体感する一週間を共に過ごしませんか?

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

5day_181119_0098


Cerulean Blue セッションメニューはこちら

セッション場所:石川県白山市(常時)/ 東京・横浜(お問合せ下さい)
(※詳しい住所は、ご予約後にお知らせします。東京・横浜の出張日程は、ブログ等でお知らせしています。ご希望の方はお問合せ下さい)

*次回の東京・横浜でのセッション可能日時はこちら⇒6/21(金)時間はご相談下さい♬




内なる導きの着地点

56582199_676514586136518_8405379602477744128_n (1)

私は基本的にはいつも、自分の直感に従うことにしています。

基本的には・・というのは、自分の損得感情や葛藤がそこに絡んでくると、頭がぐるぐるしてその直感がどこかへ行ってしまうこともあるから(笑)

でも大筋では、特に自分の人生に大きな影響を与えることに関しては、ほぼ直感通り動いています。(もちろんそれは、後になってから「大きな影響を与えた」ことだとわかるのだけれど・・)

57090126_420625032097494_4672893739096604672_n
(写真:株式会社ノウイングより)

昨日は、その直感の一つの行動が、美しいエンディングを迎えた日となりました。

それは、本来なら10年以上も前に終えていただろうコースの卒業式(ノウイングスクールのアカシック専科アドバンス)でした。

私はその当時、ノウイングスクール(当時は違う名前でしたが・・)の本科を卒業した後、多くの仲間が進んでいたアカシック専科へ進む気持ちになれなくて、一度申し込みをしたのをキャンセルしたのでした。

そして数年前にも、急に衝動が来て、専科アドバンスへの申し込みをしたのですが、これまたその後で気持ちが進まなくなってキャンセルしました。(二度もキャンセル料金支払いました!涙)

そしてまさに三度目の正直というか、またもや強い衝動が急にやってきて、なぜ今頃??という内なる疑問と戦いながらも、強い直感に導かれて、今度は卒業まで辿り着くことができたのでした。

56931799_1332671210235841_5600382147027271680_n (1)

講師の齊藤つうり氏とは、私が本科生だった頃からのご縁があり、これまで石川県でも何度かワークショップを主催させて頂きました。

つうりさんがずっと取り組んでこられた「人々の変容に関わること」を、時折間近に見させて頂くことで、私はこれまで何度も深い感動と自分自身の人生の変容そのものを喚起されました。

そして、もちろん私が専科アドバンスへ行く前には決まっていなかったことなのですが、なんと私が学ばせて頂いていたクラスが、つうりさんのノウイング最後の講義となったのでした。

56907779_320509398656604_1227561593760382976_n
(写真:株式会社ノウイングより)

予想を遥かに超えた、深い学びの期間でした。

アカシックを読むテクニックのみではなく、「アカシックリーダーとしてどう在るか」という一点に尽きる、まさに私が求めていた深遠な気づきが呼び覚まされ、自分自身の在り方が定まるための期間でした。

私の中の揺らぎととことん対峙し、「人々の変容と関わりたい」と言う、つうりさんと同じ私自身の中にある望みを再確認し、新たな魂の友とも出会えた感謝の八か月間でした。

56436540_268940030723041_5845322044564045824_n
(打ち上げでは、全員でつうりさんへの応援歌「栄光の架け橋」を熱唱!私はなぜか皆のリードの為にマイクで歌うことになり冷や汗でした
56942531_312652299421347_788951708062449664_n
(つうりさん&由美子さん&UCOさんからのサプライズで歌のプレゼント!「糸」・・しみじみしました~

つうりさん、由美子さん、UCOさん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

56518249_379459199565038_239161100644384768_n
(UCOさんと由美子さんと一緒に♬)

つうりさんは今後は、ご自身が代表理事である社団法人ブッダプログラムにおいて、益々たくさんの人々の変容に関わっていかれます。

単なる「学び」ではなく「なれる最高の自分として生きる」ための道を進むつうりさんの今後のご活躍を心からお祈りすると共に、私自身も内なる魂の声の導きに従って、なれる最高の自分として生きる道を進んで行くことをここに誓います。

56558675_1233107373513740_5360263384639995904_n
(帰りの飛行機の窓から見た空。誓いの気持ちを刻みこんで・・)




今年の第二弾の開催が決まりました少人数での開催です!!

ハワイ島リトリート・セミナー開催のお知らせです!(8/30~9/5)

aloha-305853_960_720


Cerulean Blue セッションメニューはこちら




「石川弥勒力WS 」アンケート集計結果です♬

47438206_281601259183375_3524392503161651200_n


【2018 「石川弥勒力ワークショップ」アンケート集計結果】

ほんの二週間ちょっと前にやったとは思えないほど、人生に刻み込まれた思い出になってしまっている「石川弥勒力WS」です。


頂いたアンケートを集計致しましたので、「弥勒力WSってどんなのだったの?」と思われる方、また、あの日の感動を今一度思い出されたい参加者の皆さん、ぜひ目を通して頂けたら嬉しいです。

お忙しい中のご協力を本当にありがとうございました。

今回「弥勒力ワークショップ」をどのようにお知りになりましたか?


・齊藤ブログ・FBより
 

・疋津ブログ・FBより 

・以前つうりさんのワークショップを受けた知人からの紹介

東京の友人から

Knowingアカシックリーディングのクラスでご一緒した鈴石裕哉さんより

・サポートスタッフのなみさんより

・つうりさんの個人セッションでそのWSの話題が出てきたので


何に惹かれて参加を決めましたか?

・「働き方を変える」とあり、不安に思っている未来への変化を知りたいと思いました。心の内にある疑問の解決につながるのではと思いました。ずっと満足ができていない自分の在り方に気づきがあると思えました。

・もともと弥勒菩薩様などの世界に興味があったこと。告知用の写真の弥勒菩薩様のお顔を観てとても穏やかな気持ちになれたこと。「働く」ことに今現在違和感を感じていたので、何か新しい気付きが欲しかった。

・直感と、将来の社会の変遷に興味ありました。

・仕事についてずっと悩んでいたから
・先生のエネルギー

・ちょうど今後の仕事の方向性について明確なビジョンを持ちたいと思っていた。

・最近考え直し始めていた「働き方」についてのワークショップだったこと。講師が以前アカシックリーディングを教えて頂いたつうりさんで、金沢でも開催されるということだったので。

・現在の仕事とのかかわり方に違和感があったのですぐに申し込みました。

・これから自分が何をしていきたいのか見つめるきっかけにしたいと思いました。

・この世で生きていくためには、自分を消してでも、生活のための嫌な仕事をしないといけないと思っていたので、その仕事がどう変わるのか、そしてその意味がわかったら自分も楽に生きれるのではないかと思い参加を決めました。

・仕事を始めたいと思っていたので新しい仕事のあり方を知りたかったことと、以前参加したつうりさんのWSがとてもよかったので。

・弥勒力とこれからの働き方が変わるという内容で、今の私にぴったりの話だったので参加を速攻決めました。あと、斉藤つうり氏に会ってみたかったのですごいチャンスだと思いました。

・つうりさんのおでこ(すみません!)。というのも、東京の彼女からこのワークショップを教えてもらうまで、全くつうりさんのことは存じ上げませんでした。彼女からLINEをもらう前日、たまたまスマホで検索していた時に、つうりさんの顔写真が目に入ってきて、特におでこのインパクトが強く。でも、それだけで終わっていました。その翌日、彼女から金沢でこんなワークショップがあるよと教えてもらい開いてみると、「あー、この顔、昨日見たー??」となり。それでもしばらく迷っていたのですが、今の自分のタイミングなのかなぁと思い参加しました。

・つうりさんにも以前にお会いしたことがあり、内容に興味を持って参加しました。それとタイミングのご縁も感じまして。

・『働く』というテーマに惹かれた

・得られるものが何かあると思ったのと、自分を再認識するためです。

・「これからの仕事ってどうなるのだろう?」と興味があったので。

・ちょうど自分の好きなことでお金をえるべく動き始めた年であり、何となく感じている、大きな変化を乗り切るためのなにかをつかめると思ったから。ビジネスパートナーが仏教が好きで、つうりさんのワークショップのファンだったから。これから二人で好きなことでお金を稼いでいくサイクルを始めたいねと動き始めたところで、これは聞きにいかねばらならんと思いました。

47230074_790266034643573_1626083470193197056_n

ワーク内容はいかがでしたか?(講義内容、ワーク、時間などについて)

・ワークの深さに感動しました。心の解放、安心感を手にしたこと。「未来は明るい!」この事を体感できたことは、生きる希望と繋がりました。今、希望をもつことは瞬間瞬間の生きる喜びにもなります。

・講演は、どの内容も興味あるものばかりでした。つうりさんのお話もどれだけ聞いていても飽きたり疲れることがなく、むしろ元気になる気がしました。初めての事も沢山あり、正直ワークなどはどのようにやればいいのかすぐに理解できない時もありましたが、全体の雰囲気が自然と導いてくれたので、不安はなくすぐに馴染む事ができました。

・内容、濃くて良かったです。自分らしさについてMAX考えられました。知り合いも出来また金沢に来たいです。

・良かったです。ずっと聞いていたかったです。今、食に関する仕事をしていて、この数年絶望感が強かったのですが、遺伝子組み換えなどの話を聞いて、いい方向へ向かっているんだと知ることができて考えが変わりました。

・とても密度の濃い、充実した内容だった

・講義内容は非常に充実していた。コンパクトに1日に纏めていただき有難かった。

・つうりさんの持つビジョンは正に私が見たいと思っていたものでした。それを力強い言葉で分かりやすく伝えてくれたことが嬉しかったです。この日行ったワークは以前の私なら、きっと全てが苦手で上手くできなかっただろうと思います。それを気負わず自分としてはかなり心を開いて出来たことに自分自身の成長を感じることができました。一日を通しての講義とワークもあっという間に楽しく過ぎて行きました。最後の呼吸法を使ったワークを終えた後は、とても穏やかで幸せな気持ちになり、弥勒菩薩が自分の中にいる感覚がしばらくずっと残っていました。そして今も心の中にあります。この感覚を思い出せばいつだってまたあの場所に行ける。微笑んで全てをただ見つめている私にきっとなれる。そう思います。

・とても濃い1日でした。午前は速足で講義がすすんでいったので必死でした()午後のワークはつうりさんの力強い声が館内に響き渡り、想像を超える素晴らしさでした。あの練り上げられた迫力のワークは1年前の自分では怖くてできなかったかもしれません。過去から未来へタイムトラベルしながら胸が熱くなり、涙が頬をつたい続けました。 今回の参加は、思い切って夫を誘いました。これからも同じ方向を共に歩んでゆくためにも、私にとってちょっと勇気のいるチャレンジでもありました。夫婦で参加することができて本当に有意義でした。エニアグラムは実践的な方向をしめすツールとして大変参考になりました。1日でさえもこんなに驚きのワークが、他の開催地では2日かけていたのが少々うらやましい程です。

・とても盛りだくさんの内容で、とても濃い時間であっという間でした。

・1日だけでしたが、内容が濃く、根幹はわかったのですが、もっともっと知りたかったです。話だけではなく、最後にワークをすることで腑に落ちて、自分のものにできるのがいいです。

・とても深い内容で良かったです。仕事とは?働くとは?そして自分が本当に望んでいるものは何か?がわかってきました。 また、エニアグラムで自分の進むべき方向がわかったのも良かったです。エニアグラムは以前から知っていましたが、どう活用すればいいか、がわかりました。1日で2日分のワークはとても嬉しいです。料金もお安くなりますし。最後にワークの体験をみんなでシェアする時間がもっとあったら良かったと思いました。

・本当は3ヶ月の講習内容を1日でやるという、まさに濃い内容で、時間があっという間でした。

・弥勒力ワークショップの内容は、他では聞けないつうりさんならではの内容だと思いました。きっともっと奥深い内容があるとは思いますが、個人的には1日であれだけの内容を聞くことができて非常に有り難かったです。特に午後のワークの体験では、真の自分を体験、体感することができ、今は目の前の霧が晴れた気分です。転換期に来ているけれど、これからどの方向に進んでいいのか道が見えてこないという方にオススメだと思いました。

・ギュッと濃い2日間でした。正直、1日目のパートナーシップの方は少し良く分からなくて消化不良気味だったのですが、2日目の弥勒力の方が腑に落ちまして。スッキリしました!

・とても濃い内容をたった一日に凝縮してあったが、ポイントは充分に押さえられていたと思う。

・内容は納得させられることばかりで、聞き逃さないようにと必死に聞いておりました。時間はやはり2日間で行ったことを1日でと言うことをお聞きしたからか、自分としては、一日考える時間があってもよかったかと。もう少し時間的には余裕があったほうが、ゆったり出来ると思います。ワークはペアが分かり合える人とできたので有難かったです。呼吸が上手く出来なかったので、サポートの方に誘導して頂き、有難かったです。悲しくなり泣いてしまったら鼻も詰まってしまい、どうしたら良いかと、困ってしまいました。ワーク自体は自分の中では思うことがあったので、今後の課題にしたいと思っております。

・限られた時間の中で非常に濃厚な内容だったと思います。この内容を一日で網羅できるのは正直すごいと思いました。

・前半の現在までの歴史の流れ、信用とお金の正体だけで、来た甲斐あったぜという内容でした。暗い顔をして先の見えない穴に向かっていく人達を見たり、戦争で言ってはいけないことを言って殺された転生をみた後半のワークはもちろん、私の生き方として、ユニークな個性を発揮することというメッセージが占星術や色んなもので今までも受け取ってきましたが、つうりさんから見て頂いたエニアグラムは4で、なんだか良い意味で諦めがつきました。


講師はいかがでしたか?

・声のトーン、話す速度、何より言葉一つ一つ丁寧に選び心配りがあり、とても心地良かったです。

・初めてお会いしましたが、穏やかな話し方の中に力強さがあり、お話をきいているだけでエネルギーをもらっている感じがしました。お話の内容も、つうりさんが今まで得られた事を元にされているので、誰にとっても平等に与えてもらえることばかりで「なるほど」と聞き入っていました。

・噛み砕いて分かりやすいように伝え下さり良かったです。エニアグラムの解釈も一人一人して下さりご親切でした。

・動画でわかりやすくお話してくださる方だと思ってはいましたが、実際聞いていてもそうで、ずっとお話聞いていたかったです。余談も面白かったです。

・同じテーマで何度講義されても、同じ内容の繰り返しやただしゃべるということはなく、毎回新鮮な気持ちで、その時の想いをのせて話してくださるのだろうと思った。何かを否定したりコントロールしたりすることなく、ただ前向きな未来を願い、想定して、それを形でなく心で伝えてくださっているように思えてうれしかった。

・つうり先生独自の視点で、将来の世界の動きを示してしただき、非常に興味深いお話で、分かりやすかった。

・私は経済のこと、お金のしくみ等について詳しい知識はありませんが、つうりさんが沢山調べて確信を持って言われることならそうなのだろうという信頼感がありました。まだ数度しかお目にかかったことはありませんが、そこにある強い思い、目の奥の宇宙のような広がりを感じられたことも大きな収穫だったと思います。

・とても暖かいサポートの数々どうもありがとうございました!

・とても穏やかに優しくでも力強く伝えて下さり、本当にありがとうございました。

・すごい、の一言。すごい内容を説明しているのに、わかりやすく説明されているところがすごいです。

・素晴らしい!

・以前から斉藤つうり氏のとことは存じておりました。気になる人には生で会う!会わないとわからない部分、実際の雰囲気や声のトーンやオーラなどを感じるために会うことにしてまして、実際お会いしてとても素晴らしい方で、もっとお話を聞きたい!と思いました。素晴らしく面白いお話でした。

・とてもわかりやすく説明をしてくれて良かったです。

・素晴らしいリズム感と語り口でした。

・つうりさんにお会いするのは初めてでしたが、的確な進め方や質疑応答に感心した。

・流石、色々と勉強され、お話上手で、最高でしたが、自分の理解力が付いていけないようでした。もっと、例えのお話が聞けたら良かったです。後日、テキストを読んでみて、分かったこともあり、前もって目を通すことが出来たらとも、思いましたが、後から読んでも良いのかと思ったりもします。

・すごくまじめで誠実なお人柄に安心してワークに集中することができました。

・つうりさんのこれからの活動がとても楽しみになりました。本気を見たようなきもちといいますか、つうりさん本当にこれがしたかったんだろうなと胸が熱くなりました。


47232920_1032454543592998_1451433298025775104_n

弥勒力ワークショップを通じて得られた新しい視点・これからの仕事のとらえ方等について、教えてください。

・これからは自分の個性化で働くときがくると聞けて、違和感で持ち続けていた「平等」になるときがくると聞け安心感が生まれました。喜びでした。と共に、自分を理解して自立することの大切を感じました。正直、子供たちの未来を不安に感じていましたが、個性化の時代を知り子供たちにも繋がるならば、それが更なる原動力になります。

・今までは周りに左右されたり、人のせいにしたり、自分の選択を後悔することがいろんな場面でありましたが、まずは自分の今までやってきたこと、頑張ってきたことを認め、これからこうなりたい!と思う自分もそのまま受け止めたいと強く想いました。「自分らしくいていい」こと「自分を大切にしていい」ことに気付けたことで今後の仕事に対する価値観は随分楽しいものにかわりました。

・将来、衣食住に困らないとなると、純粋に楽しめる仕事しかない訳で、いまの仕事を続けつつ、興味ある古民家体験や神社めぐり、今回のワークショップで素晴らしいと思ったエニアグラムなど勉強して自分の気持ちと向き合ってみます。

・自分でストップかけてしまいがちですけど、やりたいことをしていればたどり着けるかもしれないんだって思えました。

・誰かに強制されたり、比較したり自己嫌悪に陥ることなく自分らしく働くということは可能だし、本来の在り方。今まで刷り込まれてきたことにのまれる必要はないのだと思えた。

・あらためて自分自身に根差した個性化された仕事の重要性を認識できた。

・現代の働き方を大きな歴史の流れの一部として捉えられるようになったこと。論理的な考察で仕事というものを理解し、今までの自分とこれから向かうべき方向がはっきりわかるようになりました。

・魂の視点から本来の使命に添ったことをすることが、これからの仕事の在り方になるのかとおもいました。それによって、自分自身がしっくりと満たされ、それによって満たされた自分が周囲と調和すること。

・今までのは仕事ではなく、労働だったんだなと気づきました。一日も早く、労働から脱して本当の仕事をしたいです。

・好きなこと、1番やりたいことを仕事にするのがいいとは思っていましたが、改めて実感しました。これから子供達が社会人として仕事をしていくので、いいアドバイスができるのではないかと思います。もちろん自分自身のこれからの仕事にも役立てていきたいと思います。

・これからの仕事は自分の生き方を表現して信用を得ていくことなのだと思いました。自分を表現していい時代突入ですね。

・私はやりたいことを仕事にしてきたので、苦しいこともありますが、生きるためとか労働とかいうよりは、生きがい、やりがいという価値を自分に得ながらここまで来ました。ただ、時代の変換期にある今、これからは?なれる最高の自分としての仕事を創り上げていく時期に来たんだと思います。未来に暗い闇ばかり想像していましたが、つうりさんの話は目からウロコで信頼できる内容だと感じました。そこへ至るまでには、さまざまな波乱があるでしょうが、光の方向に向かっていることを知っているのと知らないのとでは、大きな差があると思います。心が折れそうになることはあるかもしれませんが、力強く進んで行けると思います。

・何も頑張ろうとしなくていい!この一言に尽きますでしょうか。

・仕事というものを、三段階に分け、最終段階としての個性化としての仕事を、違和感を手掛かりにして、未来から現在を見つめる、自らの内面の発露として捉えるという考え方が新鮮だった。

10年後の日本・世界がどう変化するか?を感じ、体験しながらも、自分が出来ることをしていこうと思っております。

・まだ中々消化しきれてないのですが、ただ、自ら進んで苦しむ時代は終わろうとしている、そう伝えてくれる春告げ鳥にやっと出会えた感覚です。

・今は、仕事をやめるための3ステップの2に入ったところなので、もっともっと自分の変わったところに目を向けて、恐れずに表現していきたいと思いました。


今後、取り上げてほしいテーマがありましたら、どんなことでもお書きください。

・弥勒力ワークの前日にあったパートナーシップに参加したかったです。とても興味深い内容だったと聞いて知りました。残念でしたー!受ける機会があるといいと思います。

・「子どもが育つ環境について」昔はこうだったのに、今はこうだから子どもがちゃんと育たないというような内容の話しをよく聞きますが、本当に今の子ども達はちゃんと育たない環境にいるのでしょうか?環境はあるのに、それをうまく活かせていないのか、大人の捉え方が違ってきているのか子育て関係の仕事をしているので、この疑問が時々浮かびます。

・未来についてのお話が興味深かったので、これからどうなっていくのか、そういうお話もっと聞いてみたいです。

・「個性化」の持つ意味合い。仕事はもちろんその他の場面で発揮するとそれぞれどのような効果が生まれるのかについて掘り下げて聞きたい。

・セミナー以外にも、親睦会のようなものがあれば参加したい。

・いつかまたパートナーシップ講座をもう一度やって欲しいです。

・新しいことを始める時に感じる不安感や恐怖。その捉え方や対処法。

・宇宙と地球との関係。地球に生まれてくることとは?生まれてくる意味とは?日本人であることとは?など。

・夜の弥勒力というのは冗談ですが、もう一歩進んだパートナーシップ講座や、ハコミセラピーやファミリーコンステレーションなどトランスパーソナル心理学等、新しい心理学の手法を使った自己探求や家族関係を探るワークショップなどを希望します。

・パートナーシップ第二弾。親子関係。精神的な病気。

・エニアグラムを今回初めて知ったのですがもっと知りたいと思いました。特に輪廻に関することは調べてもあまり出てこないのでつうりさんのお話をもっとうかがいたいと思いました。

・新潟でもパートナーシップやってほしいなぁ。あとつうりさんから聞く親子の在りかた、魂の旅宇宙人編や、ユング心理学、仏教講座などが聞きたいです。


47376683_812803509059569_2014796878272528384_n

ワークショップへの申し込み・返信・当日のサポートなど、運営スタッフはいかがでしたか。

・一番にスタッフの皆さん、とてもあたたかく包み込んで下さる感が伝わり安心感の中の学びでとても良かったです。会場となった空間も一役かった感じで素敵でした。

・ワークの時の、声かけや呼吸へのサポートなど、とてもとても安心できました。

・スタッフ皆さんのチーム力の良さが、弥勒力ワークの魅力を更に高めていらしたと思います?お一人お一人の人間力の素晴らしさを感じ、弥勒力ワークが価値あるものだと確信できました。(偉そうですねスミマセン?)

・当日はスタッフの皆さんが気持ちよく迎えて下さって、初めての場所とワークショップだったのに緊張もなく参加する事ができました。入金の確認メールがすぐに無かったり、場所の変更のお知らせがなかったので待っている時にどきどきしましたが、問い合わせたり調べると確認できたので、今回で受け身で待たずに自分でも動くことの大切さに気付けて良かったです。
・送迎など大変お世話になりました。また、申し込みメールなどもご丁寧に対応して頂きました。ヨガマットも貸して頂き本当にありがとうございます!

・フレンドリーに優しく接してくださいました。ありがとうございました。

・ギリギリの申込であったにもかかわらず、必要な情報や連絡を速やかに返信していただき、とてもありがたかったです。

・開催場所の雰囲気もオシャレで温かく、スタッフの方々とも和気あいあいとコミュニケーションでき、とても心地よかった。申し込み方法等の運営については、とくに問題を感じなかった。

・こういうワークショップに慣れていない私にも、分かりやすく気さくに対応してくださって、安心して参加することが出来ました。ありがとうございました。

・とても円滑で安心して参加ですることができました。さまざまなご配慮ありがとうございました

・申し込み、返信、サポート全てスムーズでわかり易かったです。運営スタッフの皆さまの温かさを感じました。

・本当に素敵なスタッフの方々でした。ハートを開いている方々ばかりだからか、安心した空間でした。グループワークでも、グループにぴったりの講師の方がきてくださり、本当に場が整っているワークショップだと思いました。

・皆さんとても温かい雰囲気で心地よかったです。サポートありがとうございました(^^)

・とても温かく対応してくださり、ワークのときはどうしたらいいか分からなくなったときしっかりサポートしていただきましたのでとても安心しました。

・よかったです。スリッパを忘れたにも関わらず、足元が寒いからとお心遣いいただき有難うございました。

・きめ細やかなサービスで、非常に満足でした。

・運営スタッフは万全だったと思います。当日のサポートスタッフも優秀で人間力のある方ばかりで、安心して参加出来ました。ありがとうございました。

・お蔭様で、何も言うことはないくらいです。自分がスリッパを忘れてしまい、かえってご迷惑をお掛けしました。

・反応も早く準備進行も的確で、すごく有能だと思いました。

・迅速丁寧でした。


その他、ご感想がありましたらお願いします。

・弥勒力ワークが、1人でも多くの方に伝わり「未来は明るい!」が広がると良いなと、とても感じました。安心感を持つことは、ゆとりを持って生きる!豊かさに繋がる
想像したらとても幸福です。日本の教育が本気で変わってくれるといいですね~!!(大きな希望ですね())全会場でもそうだと思いますが、つうりさん、石川で尽力された恵美子さん、日本のお父さん代表のように素敵に変容されたパパさん、サポートに駆けついて頂いたチーム弥勒力の皆さん、参加者をとても大切にして頂いたこととても感じました。出逢えて良かったです。参加させて頂いて本当にありがとうございましたm(__)m

・人見知りだし体調も悪くて、不安があったのですが、運営の方から参加されている方までいい方で、WS参加して本当に良かったです。またWS参加したいと思いました。ありがとうございました。

・本当に素晴らしい時間をありがとうございました。

・近くの地域で開催していただき、感謝しております。

・ワークショップが終わり次の日職場に行くと、そこは相変わらず古い常識の世界なので、そのギャップに暫く慣れませんでした。昨日見たものが幻想なのではと思えてきます。でも心の奥の方にはズンと確かな安心感が残っていたので、そこに気持ちをフォーカスするようにしました。すると現実もそれに合わせて少し変化しているのを感じました。これからはもっと周りの価値観ではなく、自分の感覚を信じてやりたいことをやろうと思います。このワークショップに参加することを決めて本当に良かったと思います。

・パートナーシップ、弥勒力のWSに参加させていただきありがとうございました。チーム弥勒力の皆さまの温かさ優しさに包まれた会場で全力でサポートして下さり、頑固な私も解されてリリースワークにも向き合えました。本当にありがとうございました。

・また金沢でワークショップを開いてください。

・会場なのですが、うまく言えないのですが雰囲気が重くすっきりとしない感覚があったり、店員さん達の出入りや笑い声、厨房からの鼻をかむ音、ワーク中に店員さんがジーとこちらをみていたり。ワークや講演に集中できない場面がいくつかありました。私が集中しきれていなかったのかもしれないので、私だけの意見であれば申し訳ないのですがあまり気持ちのよい状況ではなかったので、一応お伝えさせていただきます。ワーク中に頭や胸を押さえていただいて、呼吸を整えて頂いた時に、たまに押さえられた胸に強い痛みがあり、現実に引き戻される感覚になることがありました。初めてのワークなのでこうゆうものなのか、いまひとつ分からなかったのでここに書かせていただきました。初めて参加させていただいたワークショップ2日間。自分の中の感覚が新しく塗り替えられ、これからどんな楽しいことを起こして行こうかな とワクワクしながら終える事ができました。ここで出会い学ぶ時間をいただけたご縁に感謝しています。齊藤さま、スタッフの皆さま。本当にありがとうございました。

・この度は本当に素晴らしいWSを開催してくださいましてありがとうございました!とっても貴重で実りある1日でした!また是非、定期的に弥勒力WSから講義まで行って欲しいです!弥勒力は、本当にこれからの時代にとても必要な事だと思います。

ありがとうございました!

・パートナーシップにも参加しましたが、私には恋愛する以前の心の問題があったので、1日目は自分に合わなかったかなぁと思い、正直、複雑な気持ちで帰りました。でも、弥勒力は今の私に必要な内容で期待以上のものを得られました。全てよかったのですが、体感ワークが一番を私を変えたように思います。

・また素敵な企画のお知らせ、たのしみにしております。

・たくさん勉強さていただきました。ありがとうございました。・素敵なワークショップが金沢であってよかった、疋津さんやチームの皆さんが作ってくださる空間がとてもしっかりしていてきもち良かったです。安心して体験できました。金沢観光も楽しめて一石何鳥かわからないお得なワークショップでした。本当にありがとうございました。

47575330_279030659316704_2220669392507633664_n

また皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

講師・TEAM弥勒力スタッフが当日の様子を書いたブログは以下でお読み頂けます。

Buddaha Program (齊藤つうりブログ)
Cerulean Blue (セルリアンブルー)(疋津恵美子ブログ)
人生は弥勒力(みろくりょく)で輝く!(鈴石裕哉ブログ)
Days in Miracles(鮫島未央ブログ)





Cerulean Blue 個人セッション(対面 / LINE・Skypeなどの遠隔)を受付けています
(※料金・内容を改定しました)



ギャラリー
  • 「人間として生きる」ことを見つめる期間
  • 「人間として生きる」ことを見つめる期間
  • 「人間として生きる」ことを見つめる期間
  • 「人間として生きる」ことを見つめる期間
  • 「人間として生きる」ことを見つめる期間
  • 「人間として生きる」ことを見つめる期間
  • 「人間として生きる」ことを見つめる期間
  • 扉を開いてその先に進む
  • 扉を開いてその先に進む
プロフィール

ceblue