CIMG3231_convert_20120514001330.jpg


かつての私は、一見すると幸せな家庭を持ちお気楽に暮らしているようには見えましたが、心の中では自分をダメ人間だと思い、この世界には本当の自分の居場所がないと感じ、孤独感に押しつぶされそうな日々を過ごしていました。しかし、さまざまな出会いと体験を繰り返し、今ではいつての私と同じような経験をされている方が、本当の自分に出逢い、生きたい人生を生き、魂の光を照らしだすお手伝いをさせて頂くようになりました。

「Emikoさんとお話ししたら、長年抱えていた心の重みがとれ、仕事も人間関係も上手く行くようになった」「セッションを受けてから、怪しいほどに物事や仕事がトントン拍子に進むようになった」「上司に言われたら腹が立つのに、同じことをあなたに言われるとスッとお腹に落ちるのが不思議」等々。お話した方が元気になられたり、幸せになられたというご報告をお聞きするたび、「良かったねー」と、自分のことのように嬉しくなります。

十数年前の私は、こんなに幸せな日々が自分に訪れるなんて夢にも思っていませんでした。ご縁のあった方々が、ご自分の本当の魂の輝きに触れ、自分を信じることができるようになるとき、何より私自身が癒され幸せを感じます。これからも、この喜びの連鎖をつなげていき、誰でもこの瞬間々々を幸福感につつまれて生きていけるのだということをお伝えしていけたら、こんなに嬉しいことはありません。

俗にスピリチュアルと言われている世界との出逢いは、私自身が何をしても上手くいかず、さまざまな人間関係での葛藤に苦しみ、ただ自分を否定することしかできなかった日々にありました。当時の私は、家事と育児に追われながら、自分が何者かわからないという虚無感、私は愛されていないという孤独感に苦しんでいました。社会で仕事をしていない自分は価値がないと感じていましたし、毎日つのる様々なイライラを子供にぶつけて自己嫌悪に陥いることの繰り返しでした。自分がただの専業主婦ではないという証明と、将来夫と別れたとしても生きていけるようにという、今から思うと笑ってしまうような悲壮な決心で、赤ん坊を抱えながらも、英語の勉強にすがるのが精一杯な私でした。

心の中はいつも満たされず、孤独感で一杯でした。どうしたらここから抜けられるのだろう。自分は一生、この暗い気持ちから抜けられないのだろうかとも思いました。辛い気持ちは日々大きくなっていき、もうどうしてよいか分からなくなる寸前に、一人のセラピストさんとの出逢いで大きな転機が訪れました。

それまでの私は、ある外からやってきている信念体系に自分を委ねきっていました。そこで生きているのは自分自身ではありませんでした。私が私でないものを生きているのですから、辛くないはずはありません。自分でないものと繋がっているエネルギーを断ち切り、本当の自分自身と向き合った時、初めて自分自身の本当の気持ちや感情が浮かんでくるようになりました。そしてそのことは同時に、自分の中にあったドロドロとした深い闇にも気づくという辛い作業をも伴っていましたが、それこそが今の幸せな私へ繋がる道筋となったのです。

この辛くて長い道程は、当時の私をサポートをしてくれる人たちがいてくれたからこそ通ることができました。この間に関わったセラピストさんや教師たちには、心から感謝しています。

自分一人ではとても乗り越えられないことも、サポートがあればこそ勇気がもらえる。今度は、私自身が応援する側に回りたいと思いました。そして私自身がリーディングによるセッションを開始すると、次々とご相談をいただくようになったのです。

現在は、個人のエンパワーメントをサポートするためワークショップや、半年間というスパンで自分を見つめ、葛藤を手放し、忘れ去っていた自分のパワーを取り戻すためのコースに力を入れています。

また、以前何かに導かれるように訪れた、世界的なパワースポットと言われているアメリカのシャスタでは、自然のエネルギーが満ち溢れる中で自分の魂がどんどん輝いていくような体験をしました。その輝きは紛れもなく本当の自分自身であり、人間はただ自分に繋がり、本当の自分に返ることで、途方もない平安と豊かさにつながるのだと知りました。以来、地球から与えられている大自然と触れ合い、本当の自分に戻るための、パワースポットを訪れるツアーをも開催しています。

自分に足す必要のあるものは何もありません。ただ、魂の輝きそのものである自分自身に戻る・・。そのお手伝いができればと、心から願うばかりです。

ご縁のある皆さまとの出会いを心から楽しみにしています。