Cerulean Blue (セルリアンブルー)

『人生に奇跡を!』

The group(ザ・グループ)

コロナウイルスについて知っておきたいこと(ザ・グループより)

coronavirus-4914026_1920
ザ・グループからコロナウイルスについて更に伝えられた情報をお伝えします。

世界中さまざまなところからコロナについては色々な情報がシェアされていますが、ザ・グループは特に、ウイルスに罹患することによって「エーテル体が緩む」ことを伝えています。 そしてそれは、人類の進化のプロセスとして起こっているとのことです。 赤ちゃんや小さい子供達は、すでにそういう仕様で生まれてきているので、このウイルスに罹患する必要もないし、罹っても酷くはならないのです。

coronavirus-4930321_1920
コロナウイルスは生命体であり、元は宇宙由来のものです。 もし、宇宙から生物が地球に何らかの意図を持って大挙して押しかけてきたら、地球の人達は国を超えて一つになることでしょう。 このコロナ騒動は、実際にそういうことが起こっていると言ってよいのですが、現状は「力を合わせて一つになる(統合)」のではなく、「互いの国の行き来を遮断する(分離)」ことが起こっています。 しかし、ここから人類が力を合わせて、治療法を共に開発したり、お互いの国が助け合ったりする方向へと向かうならば、それは人類の大きな進化、シフトとなることでしょう。(ザ・グループは既に治療法の種はもう存在していると伝えていました。)

migration-3129340_1920

実際に、今初めてコロナウイルスが国を渡って蔓延しているというより、既に以前よりかなり広範囲に同じものは蔓延しているようです。 症状が全く軽い人の方が多いので、罹っていることに気付いてはいません。 ウイルスはどんどん変異を続けているので、抗体ができにくいのです。 既にパンデミックの状態になっており、もう広がりを抑えることは不可能だそうです。 「100匹目の猿」現象で、ウイルスの侵入を遮断しても、全く遠い場所にそれがもう現れる時になっています。 しかし、人類が進化する過程において必要なことが起こってしまえば、いずれ事は収束します。 なので、今一番必要なのは、私達の中から湧き上がっている「怖れ」をリリースし、「怖れ」の根本にあるものと向き合うことだと思います。 「怖れ」は「愛の欠如」と言われていますが、私達が一つになっていくためには、「怖れ」を持っていては分離の状態から脱することは無理なのです。
connection-4884862_1920
怖れの根底にあるものは、「死ぬことへの恐怖」だと思います。 人間は「死んだら終わり」だという唯物的な考えが、私達に怖れをもたらします。 私達は死んでも終わりません。私達は永遠に連続する意識、魂の存在なのです。 今回のウイルスを使って、あちらの世界に戻りたい人達は戻って行きます。 コロナ騒動のみならず、これからますます起こっていく天災や気象変動による災害でも、多くの人が「あちら側」に戻っていくことでしょう。 その方が、魂にとってよりすみやかにシフトが起こったり、身体を持たない状態で地球や人類のシフトに貢献しようとしている人も多いのです。

rainbow-84829_1920
戦争時以外にはかつてなかったような状況に世界が突入しています。
しかし私達一人一人が、怖れを手放し、自らの中を平安と愛で満たして互いを助け合っていくとき、今起こっていることが大きな恵みとなって、一気に加速して私達の地球はシフトしていくことでしょう。 魂の深い場所から湧き上がってくる感覚を信頼して、笑顔を絶やさず、地球のために人類のために何ができるか?を考えながら、この局面を超えていきたいものです。 以下に、毎月のメッセージ(Beacons of Light「光りの灯台」)に加えて「コロナウイルスに関する特記事項」として、ザ・グループがあげたメッセージを載せておきますので、ご興味のある方はお読みくださいね。 また一番下に、明日(3/24)行う私の「お話会」のご案内があります。 コロナウイルスのことを含めて、今起こっていることや、私達の心の持ち方についてなど、色々お話や質疑応答をさせて頂きますので、ご興味のある方はいらして下さいね。

コロナウイルスに関する特記事項(ザ・グループより)

故郷からこんにちは、親愛なる皆さん。今日は今この時に皆さんの目の前のことのついてのメッセージを付け加えたいと思います。ライフスタイルの変化は周波数の低い動物から人間へと感染した宇宙に由来する生命体に対応する反応です。地球上には多くの不安が存在しています。課題はたくさんありますが、理解することは簡単です。このウイルスを体の内側と外側の両方の存在する非常に「ねばねばした」生き物だととらえてください。そうしたものと人々が距離を置くということは、安全性と孤立のバランスを取る行為になります。皆さんは今このウイルスについて多くを学んでいます。最終的には人類すべてにとって進化へのより簡単な道を残すことになるでしょう。エーテル体を緩める効果があります。子供たちはすでにこの新しいレベルへの準備ができているので影響は小さいものです。クリティカルマスに到達するためにこのウイルスに感染する人間の割合はごくわずかですし、発症しない人もいるでしょう、が、すべての人がキャリアーになる可能性はあります。地球上にはすでに別のウイルスも存在していて、答えはすでに植え付けられています、そしてその知識は集団知識となるでしょう。

地球上に分離が増えていくことについて私たちが話してきたことを心のとめておいてください。これからのメッセージはそのことについてのものです。何度もコメントしてきましたが、もし地球が宇宙から攻撃されるとしたら、それは人類すべてが異なった存在ではなくよく似た存在であると悟り心を一つにする効果をもたらすためです。私たちの観点で、それが起こったのです。世界中のライトワーカーたちが今、新しい方法で行動するように要請されています。皆さんはそれをやり遂げるでしょう、そしてベールの反対側で人類はこのチャンスを利用して新しい世界を構築するということを心にとめておいてください。静かにエネルギーを保持してきた多くの人たちが今、行動に移すことが求められています。地球上の不安は増加していくでしょう。これを光のそしてすべてのライトワーカーのためのチャンスだととらえてください。恐怖と愛は同じ空間には存在できません。愛を見つけて伝えてください。できる限り多くの方法で心をつなぐことです、親愛なる皆さん、そうすれば新しい世界が出現します。うまくいけば、人間の心は一つに上昇するでしょう。

エスパーボ

ザ グループ

(日本語訳:岩崎ちがや)

原文はこちらです↓
A special note on Coronavirus:

Greetings from Home, dear ones. We wished to add to the message this day to talk about what is in front of most humans at this time. Changes in lifestyle are a reaction to life forms originating in the cosmos that has crossed from the lower vibrational animals to humans. Much fear is on Earth. The challenges are many, yet simple to understand. Consider this to be a very “sticky” creature both inside and outside of the body. As people distance themselves, it becomes a balancing act between safety and isolation. You are now learning much about this virus as humans call it. It will ultimately leave behind an easier path for evolution in all humans. It has the effect of loosening the ethereal body. Children are affected less as most already have this new level in place. Only a small percentage of humans need to catch this to reach a critical mass and some who do will not feel sick, yet, all can be carriers. There are other viruses already on Earth, answers are already planted, and that knowledge is making its way into the collective consciousness.

Please keep in mind that we have been talking about the growing separation on Earth. The message that follows is all about that. We even made the comment several times that if Earth was attacked from outer space that it could have the effect of bringing together hearts as all humans realize that they are more alike than they are different. From our perspective, that has happened. Lightworkers globally now are being called into action in new ways. Keep in mind you will make it through and on the other side humans will take this opportunity to build anew.  Many who have been holding the energy quietly and now will be called into action. There will be more fear on Earth. Consider this as an opportunity for light and all Lightworkers. Fear and Love cannot occupy the same space. Find the Love and pass it on. Keep the hearts connected in as many ways as you can, dear ones, and a new world will emerge. If you are successful, the human heart will rise in unity.

Espavo

The group

The Beacons of Light (光の灯台)の日本語サイトはこちらからどうぞ

ESPAVO(エスパーボ)日本語ページこちら



87070455_536274123910978_8483367708832825344_n
お知らせ

3か月に渡って提供させて頂いた「Cerulean Blue お話し会」は明日(3/24)の開催をもって一旦終了とさせて頂きます。

今回も、地球規模での大きな変容が起こっているこの時期、皆さまに必要な情報と心の在り方等について色々とお伝えさせて頂きます。

時勢的にリアルでの集まりには色々と抵抗があるかと思いますが、もし何か心惹かれる感じがするなと思われる方は、ぜひご参加くださいね。お待ちしています。


日時:3月24日(火)13:00~15:00 
場所:野々市情報交流館カメリア 301研修室(前回と同じです)
定員:15名
参加費:3,000円(
当日会場でお支払い下さい)

参加ご希望の方は、以下のメールフォームよりお知らせ下さい(定員になりましたら締め切らせて頂きます)
Cerulean Blue お話会申し込み


Cerulean Blue セッションメニューはこちら

人生はゲーム・・「観察者の視点」で生きる

disneyland-1223785_1280

「観察する視点」というものを持ち続けると、起きてくることのすべての意味に気付く・・とわかってはいても、出来事に反応してどっぷり感情の沼の中にはまり込むのが人間の常です。

「あ~、私まじでダメだわ!」と繰り返すことにそろそろ疲れてきたのと、「私が何をどうあがいても地球は回る」という真実に気がついたことで、「ま、いいか!」という軽やかな気持ちになれる事がありがたい今日この頃です(笑)

「私達は人間のふりをしたスピリット(霊魂)」というフレーズは、この「観察する視点」で毎日を生きることを容易くしてくれるかもしれません。

つまりは、喜びも苦しみも悲しみも、成功も失敗も後悔も(なんだかネガティブワードの方が多い!笑)、すべては「人間のふり」をしたゲームの一環でしかないのですから、昔懐かしい「人生ゲーム」のように、目一杯味わって楽しんだ方が勝ち!ということなんですよね。

悲しい映画を観たら目一杯悲しいことに浸ればいいし、コメディを観たらゲラゲラ笑って涙を流せばいい。

壮大なSF映画を観て宇宙に思いを馳せるのも最高だし、心霊映画を観てブルブル怖くて震えてもいい。

肝心なのは、「誰」がその「映画」を観ようと決めたかに気付くことなのかもしれません。

スピリットのルールとして、「誰かに連れていかれて無理やりに見せられる映画はない!」ということなのです。

castle-1054099_1280

地球は「悲しみのディズニーランドだ」と言った人がいました。

なのでここには、悲しいことの方が溢れているのは当たり前なのです。

しかし、私達にはもう選択肢が用意されています。

「幸せのディズニーランド」で楽しく遊ぶことを、私達は自ら選ぶことができる時がやってきました。

あ、「俺はユニバ派だから!」という方は、本気でテレポーテーションができる時代に入ってきているので、「本当に宇宙に行けるユニバーサルスタジオ」で遊ぶのが良いかもしれませんね(笑)


「地球人として生きるゲーム」を最高に楽しみ機能させるためには、常に「観察者の視点」、つまり「自分はゲームのプレーヤーだ」という視点を持ち続けることが大切なのだと思うのです。

「喜びの映画」を観ていたと思っていたのに、このところ怒りが湧き上がってくる人は、「悲しみの映画館」で見残した映画に後ろ髪を引かれているのかもしれません。

ちゃんと悲しんで、泣いて、怒りを解放して、そこで味わいたかった感情を味わいつくしたら、悲しみの映画館の扉は閉まり、喜びの映画だけに集中して楽しむことができるようになるでしょう。

石川の年末年始2019~2020_200101_0009

人生はゲームです。ゲームのプレーヤーであることを忘れず楽しむこと!

それがどんな楽しみ方でも、自分が選んでいるということは忘れずに、映画の面白さや悲しさにどっぷりはまり翻弄されながらも、同時に「観察者の視点」を持ち続けて生きるということが、心からゲームをプレイして人生を全うすることかもしれません。

なんだか難しいと感じる方は、「人生ゲームで破産しても、ゲームが終わったら破産していない自分だよ♪」・・ということを忘れないで生きる!!のがコツです(笑)

「あの世」に持って帰ることができるのは、「この世での体験から何を受け取ったか」だけですからね。


あ~、でもお正月の人生ゲームで最下位になったのは、プチ悔しかった私です(笑)





お知らせ

2月21日(金)2020年第2回 「Cerulean Blue お話会」開催しますよ~!

★宇宙で今なにが起こっているか?怒りや悲しみが浮かび上がってくるのはなぜか?幸せになるってどうしたらいいの?自分は何故ここに生きているの?・・などなど、いらした方に必要なお話が展開される楽しさを、どうぞ味わいにいらして下さいね♬

Cerulean Blue セッションメニュー



タイムライン・クロッシグ

received_1008784302790279

the group によると、タイムライン・クロッシングと呼ばれるものが、今日11月16日から24日の9日間に起こっているそうです。

今回は、クロスしている時間が長いので、タイムライン・マージ(混ざりあう・溶け合う)と言うほうが合っているようです。

通常タイムライン・クロッシグが起こると、30年ほど経ってから「あの時に大きな変化が起こっていたね」と振り返られるようなタイミングなのだそうです。

2つの異なるタイムラインが重なることで、異なる価値観やエネルギー、奇跡と呼ばれるような不思議なことが起こります。過去には仏陀やキリストが生まれたり、産業革命が起こったりしたようです。

received_696539207523291

今回のタイムライン・マージは、女性性が優位のタイムラインと重なることで、創造性、つまりクリエイティビティーが高まります。この期間にスタートすること、形を創ること、変化して生み出すことは、この先大きな進展を見ることでしょう。


日本という国も、天皇陛下の即位に伴いエネルギー的に大きな変化の時にあります。まさにすべてが符合しているようなこの時に、意識的に動くこと、何かを創り出す土台をつくることは、とても重要なのだと感じます。

実はこの情報がthe groupから伝えられる前に、何かに駆られるような感覚の中で申込みをしたエジプトリトリートは、今日出発で24日に帰国です😅

70918769_509018729660727_4097023733774942208_n

私の創造性を最大限に発動させるための舞台は、どうやらエジプトにあるようです✨女性性と男性性の統合への土台作りのこの期間を、自分自身を深く見つめ解放することで有意義に過ごそうと思っています🥰


また、このタイムラインの交差の余波で、このあと2回ほど大きなシフトのポイントが2月と4月にあるようです。時期が近づいたらまた詳細をシェアしますね!

夕方には成田から出発です。(ただいま国内移動中‥)エジプトで弾けて参りまーす💗😆

(という訳で、またもやメール等の返信が遅れることもあるかもしれませんが、ご容赦下さいませ🙏)


お知らせ

*昨年も大好評だった齊藤つうり氏のワークショップが、11月30日(土)・12月1日(日)に石川で行われます。近年人気の金沢観光と合わせて、ぜひ他県の方もお越しくださいね!
*残席僅かです!

齊藤つうりワークショップ in 石川 2019(終了しました)

つうり金沢_n


Master Healer Seminar in Las Vegas(ラスベガスへの旅)

IMG_20191021_160330

今年もスティーブとバーバラに会いに、ESPAVOのセミナーに参加してきました♪

IMG_20191017_192732

実は出発前日は結婚記念日で、ここ数年このシーズンには家にいないことが多かったので(リトリートやセミナー参加で)、今年は二人でゆっくりディナータイムを楽しみました。(正直、セーフ!という感じです。笑)

少し前から色々と夫婦での向き合いがあったのですが、ひと山越えた感じで、夫は笑顔で翌朝送り出してくれました。本当に感謝です!

75246601_540617233165592_7282958782353637376_n
IMG_20191018_121225

小松空港を飛び立って、羽田~成田をリムジンで移動です。

行きは地球の自転の後押し(?)があるので、8時間半でロサンゼルスに到着しました。(帰りは2時間増しです

IMG_20191019_044101

元々ゆとりを持たせた乗継時間だったのに、飛行機が1時間も早く着いてしまいました。

更に、JALの共同運航便のアメリカン航空は自前のターミナルを持っていたので、乗継は1時間ほどで済み、待ち時間はなんと5時間になってしまいました

IMG_20191019_053759

仕方がないので、ランチにギリシャヨーグルトのグラノーラ乗せと、コーヒーを一つ買ったら$15越え~ 日本円でなんと約1,700円

思わず「アンビリーバボー!」と心の中で叫びましたよ(笑) 

IMG_20191018_175930
IMG_20191018_182227

暮れていく空をラスベガスに向かって飛んで行きます。

IMG_20191018_182517

砂漠と赤い山々ばかりの風景を抜け、街の美しい灯が見えてきました。

IMG_20191018_183012

ラスベガスに来るのはまだ二度目ですが、なんだか懐かしい風景です。

IMG_20191018_185957

いきなりカジノ・・ではなくて、空港です。

IMG_20191018_185948

バゲージクレームの横にはスロットマシーン(笑)さすがラスベガスです。

IMG_20191019_193220

今回のセミナー開催のホテルは、ハードロックホテルの斜め前のアレクシス・パーク・リゾートホテルというところでした。

IMG_20191019_195836

空港からほんの7分と、至近距離です。

ストリップ(ラスベガスの一番の繁華街)にも車ならすぐなので、観光客はホテルのシャトルで次々出掛けていました。

IMG_20191019_195859

ここはラスベガスのホテルなのに、カジノがない、静かなリゾートホテルです。

IMG_20191018_195500
IMG_20191018_195249

部屋はすべてメゾネットで、リビングとミニキッチンが1階にあり・・

IMG_20191018_195203

2階にはベッドとバスルームがあります。

いつもは横浜のコンパクトなビジネスホテルに泊まることが多いので、一人で泊まるには落ち着かない程、広すぎです(笑)

IMG_20191022_115433

翌朝、時差ボケか飛行機疲れか、気づいたら9時間も爆睡していました!

アラームをかけてなかったら、確実に遅刻でした。(同じ敷地内に泊まっているのに!笑)

IMG_20191022_115446
IMG_20191019_092155

広い中庭を通り抜けて、入り口近くの会場に向かいます。

IMG_20191022_121833

ラスベガスは、昼夜の寒暖差が大きいので、昼間ならプールサイドに水着で寝そべっている人もいました。(夜は今の日本と変わりません!)

IMG_20191019_092224

今回は80名ほどの参加だということでしたが、懐かしい顔ぶれもちらほら・・色んな人とハグして、再会を喜びました。

IMG_20191019_151550

今回のMaster Healer Seminarは3日間。修了証のでるコースです。

私は実は、1年に1回、ザ・グループのエネルギーに触れに行ってチャージしてくるのが参加のメインの理由なのですが、頂ける修了証はありがたく頂きます(笑)

received_404765153536318

自分のオリジナルのClan(クラン、氏族)が何であるか・・というのも、改めて伝えられました。

※クランについては、5年前のブログに書きました。

Lightworker Reunion 2014 Scottsdale, AZ ②


IMG_20191020_110341

スティーブとバーバラは相変わらず仲睦まじく、夫婦としても私のロールモデルです。

IMG_20191020_111621

間近で体験するザ・グループからのチャネルは、私自身の内なる核なるものにより深く触れさせてくれます。

IMG_20191020_155247

スピリチュアリティーの探求は、あくまでも自分自身の中で行うものです。

しかし、年に一度、ザ・グループから伝えられるESPAVO(=Thank you for taking your power.)の言葉に触れることで、私はいつも故郷(Home=あの世)を思い出し、自分の中心に深く戻ることができるのです。

IMG_20191020_155240

大好きなアーティストのイベントに行くのと、聖地巡礼とを足して割ったような感覚とでも言えばよいでしょうか(笑)

自分自身へのご褒美のような旅です。参加できる幸せを感じています。

IMG_20191021_171456

3年ほど毎年会っているベッキーとは、旧友に会ったような懐かしさをいつも感じます。

彼女は少し前に大切なパートナーを亡くして憔悴していたのを心配していたのですが、今回のセミナーでは更に元気を取り戻したように見えました。

IMG_20191021_165458

セドナでヒーラーをしているパトリシア。今回のワークで一番長くペアを組みました。

元気で早口で、私とはシンクロする母子の課題を持っていたので、深く触れ合うことができました。

IMG_20191021_162249

最後の日に一緒にワークをしたダイアナ。

ネイティブアメリカンとしての過去世でのシンクロがあり、彼女のリリースのプロセスは、見ていてとても感動させられました。

IMG_20191021_162139

合気道四段だという、日本大ファンのサーシャ。

ご夫妻で昨年日本を訪れた時の話をたくさん聞かせてもらいました。

日本人の礼儀正しさと親切さに大感激していて、また絶対に行く!と言っていました。

Point Blur_20191025_140600

今回のイベントのオーガナイザーのメグとは、オンラインコースでお世話になったこともあるので、再会を喜び合いました。

初めて参加した人達からは「ニコール・キッドマンにそっくり!!」と騒がれていました(笑)

顔出しNGで残念なのですが、元日本人のJちゃんはラスベガス在住で、セミナーの後に私を色々と夜のラスベガスに案内してくれたのでした。

IMG_20191019_181323

夜ご飯には、やはり車で来ていたラスベガス在住の元日本人のジュディ―が、他の仲間達と一緒に、美味しくてリーズナブルなお店に連れて行ってくれました。

(↑中華街の麺のお店で食べた細麺・・トマトと揚げ目玉焼きが、不思議なハーモニーで美味しかった!)

IMG_20191022_130403

↑別の日には、Jちゃんとインド飯のビュッフェ♪

多国籍なアメリカでは、色んな国の美味しいレストランがあって楽しめます。(ま、東京でも同じだけど!笑)

Point Blur_20191025_140215

セミナー翌日には、Jちゃんとジュディ―、私の日本人三人組で遊びました♪

アメリカ暮らしの長いお二人は、英語と日本語の流暢さの比重はほぼ同じなのだけど、三人でいる時は日本語で話してくれるので、英語疲れをしていた私には気楽でありがたかった!

IMG_20191021_213721

ラスベガスの夜景が見える屋上にあるクラブにも出掛けました。

IMG_20191021_214449

実は、ローカル(地元民)は無料で入れるというので(普通なら長い列に並んで入場料を払わなければいけないらしい)、Jちゃんが連れてきてくれたのです。

IMG_20191021_213729
IMG_20191021_213706
IMG_20191021_214105

お酒も飲まず、ただ夜景を見て帰りました。(マジメか!笑)


IMG_20191021_215719

ラスベガスは、ほぼどこのホテルでもカジノが併設されています。

IMG_20191021_203654

有名ホテルの中にある撮影スポットで遊んだり・・

IMG_20191021_223810

昔のラスベガス発祥の地である、ダウンタウンにも連れて行ってもらいました。

IMG_20191021_225340

古き良きアメリカ・・という風情があります。

IMG_20191021_225434

商店街の天井には、プロジェクションが映しだされ、刻々と絵が変わっていきます。l

IMG_20191021_225529

ちょうどハロウィンシーズンなので、ホラー的なものが多いようです。

o0600080013837407102

↑動きが早すぎて写真が撮れなかったのでネットからの拝借ですが、天井近くにはスーパーマンのようなポーズで人が飛んで行くジップラインもありましたよ♪

IMG_20191021_225534

↑どこかのテーマパークにいるように、いるだけでワクワクしてくる場所でした。

Jちゃん、色々連れて行ってくれて本当にありがと~

IMG_20191023_065748

翌朝はまだ暗いうちに空港に入り、窓の外に遠く見えるレッドロックが朝日に照らされる様子を見ながら搭乗しました。

IMG_20191023_074305
IMG_20191023_074500
IMG_20191023_074830

夜のネオンとはまた違った味わいのラスベガスの街を見ながら、飛行機は飛び立ちます。

IMG_20191023_081825

時間と空間がなんだかごちゃ混ぜになっているような、不思議な1週間でした。

こうして国を超えて魂の仲間との繋がりを感じる機会は、すべては一つという場所に向かっていく道筋なのかもしれないな~と思います。

なんだか最近、本当に色々あって忙しいのだけれど、確実に色んなことが変容していっている充足感と共にあるので、それもいいかな~と思っています。

ま、不良主婦、ばんざ~い!!かな?笑






お知らせ

*昨年も大好評だった齊藤つうり氏のワークショップが、11月30日(土)・12月1日(日)に石川で行われます。近年人気の金沢観光と合わせて、ぜひ他県の方もお越しくださいね!

齊藤つうりワークショップ in 石川 2019(終了しました)

つうり金沢_n



The groupからのメッセージ【ブライトアイ(輝く目)一族の帰還】

2019_03

3月のBeacons of Light (
光の灯台:ザ・グループからのメッセージ)の日本語訳が出ました


2019年3月 ブライトアイ(輝く目)一族の帰還

以前は、私が日本語訳のボランティアをさせて頂いていたので、ブログでも全文シェアしていました。

今は友人の岩崎ちがやさんが翻訳をして下さっています。

ザ・グループから伝えられるメッセージが必要な方は、これからどんどん増えていくように感じます。

ですので、新しいメッセージが翻訳される度に、これからはまたこちらでもリンクさせて頂こうと思います。


3月のタイトルは「ブライトアイ(輝く目)一族の帰還」です。

ブライトアイ(輝く目)の持ち主は、その目で見つめるだけで相手のことがわかってしまいます。

なので、自分を見られたくない人は、ブライトアイの人を嫌います。

そういう相手の感情を敏感に感じるので、ブライトアイを持って生まれた子供達は、だんだん目を伏せて生きるようになりがちです。

現在、とても多くのブライトアイの子供達が生まれてきているそうです。

その子供達が相手の目を真っ直ぐに見つめて生きていける世界にしていきたいですね!

そして、ブライトアイを持って大人になった人達は、人々の光を呼び覚ましていく人なのだということを思い出してほしいと願っています。

(これまでBeacons of Light [光の灯台]の日本語訳はこちらよりお読みください♬)



ザ・グループに関する情報をシェアしているFBの公開グループです。ぜひメンバーにご登録くださいね!

Espavo Japan エスパーボ・ジャパン

「E ファミリー」・・思い出す時がやって来ている

E-family(イー・ファミリー)

この言葉が何だかわからないのに、なんとなく懐かしいような、心に響く感じがする人は、ぜひこの先を読んでみて下さい。

abstract-1963838_960_720

Eファミリーとは、ザ・グループが私達に伝えてくれている、あるグループの人達のことを指します。

それは、ザ・グループと関わりがあるとかないとかには全く関係がなく、世界中に存在する人達のことです。

Eファミリーとは、人類が大きく変容する時に、敢えて生まれ変わってくる人達です。

彼らに共通するのは、人類の平等に関わること、すべての人間の尊厳を守ることに関わることを使命として生きることです。

人類レベルの使命とか何とかというと、エゴを肥大させるようなことも起こり得ますが、Eファミリーの人達は、決してそうはなりません。

人々に注目される仕事をするしないに関わらず、彼らは触れ合う人達を目覚めさせます。

人々が自分自身を大切にすること、自分と同じように他の人々を大切にすること、世界中の人々が平和で幸せに生きることを願うこと・・それらが当たり前でしかない人達です。

差別や戦いという言葉は、彼らの辞書にはありません。

時には、自分の尊厳を忘れてしまっていたり、そのものを知らずにいる人達を強く啓発しますが、それは決して戦いではありません。

愛と調和、笑顔と慈しみが、彼らの特徴です。

night-photograph-2183637_960_720

Eファミリーの中には、時には自分が「黒い羊」として波長の合わない家族の中に生まれてきてしまっている人もいます。

それは本来自分の魂の輝きを育んでくれる親の元に生まれるはずが、Eファミリーの一人としての人生の使命を果たすために、「生まれる時と場所」を優先させて、「バックアップ・プラン」で自分とは波長の違う親の元に生まれてしまうことがあるからです。(→「バックアップ・プランで生まれてきた人達」参照)

バックアップ・プランで生まれたせいで、自分自身を肯定することが難しくなってしまっている人達がたくさんいます。

しかし、自分の生き辛さと向き合うことを乗り越えて、本当の自分自身に目覚めなくてはならない時がきています。

自分がEファミリーの一員であることに気付き、魂の望みを生きる時が来ているのです。

clouds-2930604_960_720

ザ・グループによると、現在大挙してEファミリーの人達が生まれてきているそうです。(はい、赤ちゃん・小さな子供達です)

この地球の大きな変容の時に、彼らの瞳の光が人々を導いていくのです。

少し前に生まれ落ちて、この世界で生きることにアップアップしてきた大人達は、もうそこから出なくてはいけません。

なぜなら、大人になっている人達は、小さな彼らを先導する役目を担っているからです。

「なぜここに生まれてきたのだろう?」

「どうして地球はこんなに生き辛いのだろう?」

「自分がやってきた場所に帰りたい」

心の中で何度もこう呟いてきた人、そして今これを読んでいる人は、多分Eファミリーの一員です。

そろそろ、「人間として幸せに生きる」ことを目指してきたフォーカスを、「魂の計画を生きる」ことへとシフトしませんか?

sunrise-1765027_960_720

あなたに呼びかけている声は、あなたが許可したときに聞こえ始めます。

あなたが今なぜここにいるのか?・・その答えは、すぐそこにあります。

Eファミリーが集い始めています。

聞こえてくる声を無視しないで下さい。

あなたがあなたである意味が、もうすぐわかる時が来ているのです。




Eファミリーについてのザ・グループからのメッセージはこちらです。
 ~Eファミリーへの呼びかけ~ライトワーカー達よ、結束せよ!

FBでザ・グループに関連する情報をシェアするグループを作りました。公開の設定になっていますが、よかったらメンバー登録をして下さい。これから色々と記事を更新して行きますので、お知らせを受け取って頂けると嬉しいです。
 Espavo Japan エスパーボ・ジャパン

ザ・グループのHPはこちらです。
 Espavo



Cerulean Blue セッションメニューはこちら





元いた場所に戻らない

hot-air-balloon-2411851_960_720

元いた場所に決して戻らないでください。   

それは一見とても甘美なように、楽なように感じますが、決してそうではありません。

あなたが越えてきたもの、あなたが向き合ってきたこと・・今あなたがいるその場所から前に戻ることは、前と同じではもうないのです。


「愛」と「怖れ」が分離しています。

それらは一つのものの表と裏なのですが、どちらに行くかは自分次第です。

「怖れ」は「愛の欠如」です。怖れと言うものが存在するのではありません。

background-1462755_960_720

パートナーシップにおいても、どちらか片方が進んだ時、シフトした時は、もう片方とは必ずずれが生じます。

しかし、それを進んでいる方が修正するのはうまくいきません。

あなたが振り返って、元の場所に戻ろうとしても、もう二度と同じ場所には戻れません。

そうすることで生じるのは、あなたが自分自身を黙らせること、あなたが自分自身を隠すこと、あなたが自分の人生に嘘をつき続けることにしかなりません。


ただ一つ、相手との再びの調和を願えるのは、ただ進み続けることでしかありません。

そうすることで、相手に大きなシフトが呼び覚まされることも起こり得ます。

そうでないことも起こり得ます。

相手とのずれが益々大きくなってしまった時には、それを手放す勇気を持って下さい。

それは良いとか悪いとかいう類のものではなく、私達が持っている定めなのです。

その勇気は、どちらの側にも、必要な結果をもたらすのです。

roses-194110_960_720

自分を黙らせること、自分の魂の導きを自らが遮ることは、誰の為にもなりません。

あなたが今世やりたいと願ってきた事、あなたが今世行こうとした場所、それらはあなたが手にすると決めてきたプランです。

そのプランを遂行する時が来ています。

どうぞ怖れを手放し、そこに愛を満たし、あなたがあなた自身でいることを尊重してください。


あなたが進む先には、あなたを待ちわびている人やモノや事が山のように控えています。

それらに光を照らして下さい。

あなたにしかできない事をして下さい。

あなたが心から慈しみ、満たされ、愛し愛される関係性を持って下さい。

そこからまた、旅が始まります。

あなたにしかできない旅です。

その旅は、誰かの光を照らす旅にもなることでしょう。

あなたの光に触発され、あなたを照らし返し、あなたの光が更に広がって行く道筋ができる事でしょう。

ballons-937466_960_720

怖れないで下さい。

あなたは既に愛で満ち溢れています。

それを分かち合って下さい。

あなたの愛を放射することを阻むものから、離れる勇気を持って下さい。

答えはいつもあなたの中、奥深くから響いています。

その声を打ち消さないで下さい。


ここに居ること、地球に生きている事、そこに限りがあることをあなたは知っています。

ためらわずに、決して後悔せずに、あなたの命を輝かせて下さい。





あと10日で出発です。まだ来る人いるって感じるのだけれど(笑)
現実化するはずの未来、変えるのはもったいないよ~!

ハワイ島リトリート(2019年 3月1日~7日)



ギャラリー
  • コロナウイルスについて知っておきたいこと(ザ・グループより)
  • コロナウイルスについて知っておきたいこと(ザ・グループより)
  • コロナウイルスについて知っておきたいこと(ザ・グループより)
  • コロナウイルスについて知っておきたいこと(ザ・グループより)
  • コロナウイルスについて知っておきたいこと(ザ・グループより)
  • コロナウイルスについて知っておきたいこと(ザ・グループより)
  • 赤い大地と風の谷への旅・・私が受け取ったもの
  • 赤い大地と風の谷への旅・・私が受け取ったもの
  • 赤い大地と風の谷への旅・・私が受け取ったもの
プロフィール

ceblue