Cerulean Blue (セルリアンブルー)

『人生に奇跡を!』

毒親

ソアリン・・天翔ける自由

hot-air-balloon-2411851_1280

ソアリン・・英語で書くと soaring (舞い上がる・天翔ける)

家族で行ったディズニーシーの新しいアトラクションなのですが、予備知識なしで乗ったら、胸の震えがずっと残るほど感動して、泣いてしまいました。

YouTubeに動画も出ているけれど、空を飛んでいるあの感覚で見る映像とは全くべつのもの。

未体験の方は、ぜひぜひ機会があったら乗ってみて欲しいなと思います。


しかし、うちの家族の感想を聞いてみると、全員が「良かった!」とは言うのですが、その感想の熱さに差がありました。

「泣いた」と言ったのは、私と娘の夫くんだけ。

感性の差、感覚の差、好むものの差・・などなど、色々な個人差はあるのでしょうが、「泣くほど感動した」人には、奥深くにある共通項があるような気がして、そのことを少し考えてみました。

1005_main_visual_name_1
(東京ディズニーリゾートHPより)

soaring(舞い上がる・天翔ける)・・から私が感じるのは「自由への希求」です。

実は過去に、心の中で同じような「とてつもない自由」を感じた瞬間がありました。

それは、夫と離婚して別の人と一緒になりアメリカに渡ろうと決意した時に感じたものでした。(それは過去の話で、現実は一転しましたよ!念のため。笑)

その時に私が手放そうとしていたのは、役割を生きていた私(妻であること、子供であること、常識人であること、日本人であること・・etc.)でした。(なぜか、母であることを手放す感じはしなかったのが面白いですが・・)

中でも「子供であること」を手放す自由、つまり「親から自由になる」ことに、信じられない程の解放感を味わったことに、自分自身が衝撃を受けたのでした。


生まれ持った性格というものもあるでしょう。同じ親から生まれたのに、親にあまり影響されずに育った末の弟を見る限り、すべてが親のせいだとも思えません。

私の子供達を見ていても個人差があります。私が毒親ぶりを発揮していた頃にも(今はそうではないと願っていますが・・汗)、親の信念体系を取り入れてしまう度合いは、子供によって差があるように見えました。

godafoss-1840758_1920

家族の中で、私が一番海外に出掛けていくのが好きなのですが、それは単なる風景や文化が変わるということよりも、日本人の集合意識の中にある信念体系に縛られるものを感じる度合いが大きく、そこから離れたい欲求が強いからなのかもしれません。

唯一私と同じく「泣いた」という娘の夫くんは、確かに感性も豊かな人ですが、たぶん縛られることに敏感で、そして海の外に出ていくのが大好きだという共通項があるようにも感じます。

ソアリンというアトラクションでの疑似体験ではあっても、大空を舞い、地球のあちらこちらの雄大な景色の上を飛ぶことで、求めてやまない自由そのものを体感し、そのとてつもない解放感に心が震えたというのが、感動の涙の理由だったのかなと思ったのでした。

iceberg-404966_1920

そんなことを考えていた私に、今朝友人からちょっとしたメールが届きました。

そしてそこには、きょうはとても楽しい事をするためにお休みを取ったのだけれど、なんだか気が晴れないということが書かれていました。

その原因は、彼女が今向き合っているテーマの一つである母親との関わりに関係があるようでした。

そのお母さんは、娘が自由に自分の人生を生き生きと楽しみ始めると、それを敏感に察知するかのように、不機嫌なエネルギーをぶつけてくるのです。

これは「毒親あるある」です(笑)

私も数えきれないほど体験してきて、まだ今でもそこから自由になりきれていないテーマです。

そして友人と同じようなタイミングで、私も昨夜「エネルギーバンパイヤ」でもある母親とのやりとりで消耗し、なぜいまだに私はこんなことをしているのだろう?と、改めてこのことについて考えていたのでした。

mt-fuji-477832_1920

友人への返信には、こんなことを書きました。

私達は、「母親」のお腹の中で肉体を育てたのです。彼女達の波長に同調する期間を必ず持って人間になります。それが、母親に対する愛情にもなるけど、反対に愛着にもなるし、破壊的な支配力にもなるんだね。ここから自由な人はほぼいません。

大切なのは、その毒に触れる時、その毒を甘美なものにしてしまわない・・という決意なんだろうね。世界で最愛である人が持っている毒ならば、喜んで飲み込んでしまう自分がいるのだということに意識的にいることだろうね。人類の永遠の課題の一つだと思います(笑


自分で書いて、なるほど~と思いました(笑)

これは決して、親そのものの魂の光、彼らが持つ愛、とは別のことなのだと知っていなくてはいけないと思うのです。

完璧な人間は存在しないのだけれど、子供は親に「完璧」であって欲しいのです。完璧な愛、無償の愛を受け取りたい・・それが子供の、人間の願いでしょう。

さまざまな現実世界のことが、より心地よいものに変容していくのに、最後まで残る親とのざわつきは、私達の中に在る「完全性」への希求、「無償の愛」の具現、といったテーマに関わるがゆえに存在しているのでしょう。

自分の不完全さを受け入れることと、親の不完全さを受け入れることには、多分大きな相関性があるのだろうなと感じています。

jellyfish-698521_1920

そして自分の「不自由さ」を持てあますがゆえに毒親化している親は、子供の「自由」を阻みます。

子供サイドからは、自分自身を「自由にする」ことだけが、親の毒を中和できる唯一の方法のような気がしています。

「愛」をテーマに持つ人は、毒親と呼ばれる不自由な人達を親に持つことが多いような気がするのは私だけでしょうか。


この世で最も愛しい存在であった親が「不自由である」ことを自ら選択していることをありのままに受け入れ、しかし自分はそこに影響されない人生を生きてよいのだと知る時、私達は本当の愛を知るのかもしれません。




お知らせ

2月21日(金)2020年第2回 「Cerulean Blue お話会」開催しますよ~!

Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)




父の死が与えてくれたもの

inspiration-2706594_1280

あちらこちらにちりばめられていたヒントが、ふとしたきっかけで自分の中で結び付き、それが意味していたものが何であったかに気が付く・・そういう体験を続け様にしています。

父の死から三週間が過ぎ、純粋に彼の死を悼むだけではなく、それに伴う様々な人間模様からもたらされて溢れ出た感情の浄化を経て、ようやく自分の生き方、これから、というものに、静かな指針が見えてきているような気がしています。

ただただ自分が体験したいと感じることへの許可を求めて、とことん突っ走ってきた2019年でした。

年頭に父親の死という大きな出来事を経て、少し前から私の中に起こっていた感情の発露が一気に加速し、2012年から激動に変容し続けてきた私の人生の流れが、新たな道筋をつくりだしているのを感じています。

親の死というものは、悲しいとか辛いとか、ただそういう人間的な感情を味わう出来事だけなのではなく、自分の信念体系の源流であったものが崩壊し、本当の自分自身により戻っていく体験なのだと思います。

私はまだ母が存命ですが、すでに両親を亡くして随分経っている夫は、「親なんていないほうが楽に決まっている」と本音を漏らしてくれています。

夫は両親からとても大切にされていた子供なのですが、それでも親という存在は「重い」ものでしかなかったと言います。

自分も自分の子供にそんな風に思われるなら悲しすぎますが(笑)、私達の世代にとっては、親とは「信念体系を押し付ける存在」と同義語と言えるからなのでしょう。

background-1778383_1280

私の父は、すべてをお金で換算する人でした。彼にとっては「お金=力・成功」だったからです。

彼自身は小さな会社で会計の仕事を長年務めており、私が子供の頃は飲んでばかりで貯金がなく、すべて借金で賄っている人でしたが、ふとした時には太っ腹なところがある人でした。

私の初めての海外体験が、当時としては早い高校一年だったのも、高校の同級生(開業医の娘)に誘われた「カナダでの夏休み青少年研修」というものに、(全額借金をしてですが)父が行かせてくれたお蔭でした。(母が隣で真っ青になっていたのを覚えています。笑)

今から思うと、お金はなかったけれど「金持ちマインド」のようなものがあった不思議な父でした。


そして亡くなる半年ほど前だったでしょうか、父に彼の両親のことを聞く機会があり、その不思議な「金持ちマインド」の理由がわかりました。

父の父親は漁村の網元で、父は近所で一番大きなお屋敷に住み、お手伝いさんまでいた環境に育っていたのでした。

友人達に羨ましがられる大きなお屋敷に住んでいたことが、そういう力を持っている父親が自慢だったと言っていました。

父は八人兄弟の下から二番目だったので、小さなときに母親を亡くしたのですが、うっすら覚えている記憶では、権威的な父親にいつも従順で控えめな母親だったとのことでした。

父の男尊女卑の思想はこの父親に憧れているところから来ているのは知っていましたが、すべてをお金に換算して、経済的な成功しか認めないという信念体系も、ここから来ていたのだなとようやく理解しました。

父の家はやがて没落したので、私の記憶の中には、小さな家に病で臥せっていた難しい顔をしたお祖父ちゃんしかいないのですが、親が死んでもなおその信念体系に支配されていた父は、それゆえに自分の幸せを脅かす在り方(母に権威的な態度をとり続けた)で生きてしまったのだなと思うのです。

まだ父がお酒を飲んでいた数年前には、酔った勢いで「お前は経済的に成功していない!」と私も何度か罵倒されたことがありました。

それとは反対に、会社を興して成功している私の末の弟のことを、父はよく自慢していました。

きっと自分が手にしたかった成功を為している息子の姿に自分を重ねていたのでしょう。

親がこうして子供に自分の願望を重ねることは、子供達の葛藤を作りだします。

私も例外ではなく、父親の期待に応えていない大人になったことが、見えないどこかで自分に対する否定になっていることには気づいていました。

気付いていたけれども、どうにもできない葛藤を持ったまま、私は肉体を持った父とはお別れすることになったのでした。

lotus-1205631_1280

しかし、火葬場で男泣きをしていた弟の姿を見た時、「お父さんは、あなたが成功してくれていつも嬉しそうだったよ。お父さんがやりたかったけどできなかったことをしてくれて、お父さんを喜ばせてくれて、本当にありがとね!」と彼に声をかけた自分がいたことに、何より自分が驚いたのでした。

弟は決して父の為に成功を目指した人間ではないのだけれど、彼の成功を我が事のように喜んでいた父の姿を思い出すだけで、心が温かくなる自分を感じたのでした。

「ああ、終わった!」と密かに思いました。

親の愛を求めて、きょうだいの間でも争う気持ちが起こるのは常なることですが、父に関しては、彼の肉体での人生が終わるのと同時に、私はその争いから離れることができたのがわかって、実は誰よりも自分が深く癒されたのでした。


まだ生きている母に対しては、それが終わっていないのは感じている情けない私ですが、片親だけでもそれが終了することの軽やかさは、想像していたよりもずっと心地よいものでした。

母の存在は、私にとっての「ラスボス」だとよく友人に揶揄されていたのですが、ラスボスは天敵(彼女の夫=私の父)がいなくなって、益々自己憐憫を増して、それをエネルギーにパワーアップしているようです。

父に十分にしてあげられなかった罪悪感をもう味わいたくないと思い、少し母に歩み寄っていってみたのですが、彼女の「毒」は薄まるどころが濃さが増しており、私はやはり自分のパワーを奪われない適度な距離を保って彼女と付き合っていく知恵が必要なようです。

ラスボスと対決する道の選択肢として、ガンジーのような「非暴力・不服従」で行くのがベストではないかと、目下のところ検討中です(笑)


親の姿を反面教師として生きる・・それを成し遂げたいと願うのは、「いない方がいい親」にはなりたくない私の小さな抵抗なのかもしれません。




お知らせ

2月21日(金)2020年第2回 「Cerulean Blue お話会」開催しますよ~!

Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)



愛の学び

father-and-son-2258681_1920

私にとっての愛の学びは、家族関係の中に集約して存在していました。

そしてそれは、やがて生まれた時の家族を離れ、新たに作られた自分の家族、そして「血縁」というものを離れ「縁」で繋がった人達との関係性へと広がって行きました。

今回の父の死と葬儀を通してさまざまな出来事が起こり、そこに関わった血縁というもので繋がった人達の間のやりとりによって、私は改めて自分を見つめる機会を得たのを感じているのです。


本来ならば、誰よりも自分のことを理解し、魂の成長を応援してくれるはずの親という存在が、私には欠落していました。

肉体を持って、肉体を育ててくれた親がいたのは確かですが、今の私の中にある「私が私であるための指針」のようなものは、私は親からは何一つ与えられてはいないと感じています。

むしろ、それを阻害するためのものを執拗に刷り込まれ、それを受け取らないことに腹を立てられ、親に飲み込まれないように使うエネルギーで、自分に注ぐべきエネルギーを消耗させられてきました。

なんとかそこから離れようとしてもがいても、結局は自分の中にある罪悪感と、してもらった数々の物質的・肉体的な彼らにとっての愛情表現を思い出すことで、私は彼らから完全に離れることはできなかったのでした。


私の両親は、二人共わずか四歳で母親を亡くしているという共通点を持っていました。

そしてその後の家庭環境では、残念ながら無償の愛と呼ばれるようなものを受け取ることができなかったという悲しい生い立ちがあるのでした。

ある意味、よく似ている夫婦でした。

二人共、小さい子供を見る眼差しは本当に優しくて、心から真剣に私の子供達と遊んでくれる祖父母でした。

もし二人が、両貰いという環境で結婚生活を始めなければならないような運命の下になかったとしたら・・彼らの関係性を脅かす「世間体」というモンスターに飲み込まれていなかったら・・孫を見る優しい眼差しのままで幸せな人生を生きていたのかもしれません。


自分が不幸であると主張する人達は、自己憐憫の中に埋没し、自分以外の周りのすべてを攻撃します。

親子関係においては、「愛」という名にすり替えた「攻撃」を子供に向けてしまいます。

その「攻撃」は、「コントロール」と言い換えた方がわかりやすいかもしれません。

私自身は、親からの愛だと信じていたものが、実は攻撃(コントロール)だったと気付いた時から、それをかわし続けて生きてきたので、親からは「愛」そのものが消えたのだと思われていたのだとわかります。


今回、父を失った悲しみ以外の悲しいことが続発し、自分の中からあふれ出る感情をリリースした後には、なぜこんなことが起こってしまうのかを静かに考えることができました。

そしてそれは、「DV(ドメスティックバイオレンス)の連鎖」と同じようなものでしかなく、どこかで誰かが断ち切らなくては終わらないものなのだと、しみじみ思うに至ったのでした。


本来親から受け取るべき「無償の愛」に恵まれなかった人は、「愛という名のコントロール」を断ち切る役割を心に決めて生まれてきた人なのかもしれません。

そして、無償ではない愛しか知らない親達も実は愛そのものの存在である・・ということに気付くのが、その勇気ある選択をしてきた人達のミッションなのかもしれません。


私達は「人間のふりをしている魂存在」です。そして人間というのは、地球上で光と闇を同時に体験する生き物です。

人間のふりをとことん楽しんだ父は、きっと今は魂に戻って人生を振り返り、さまざまな人や事に思いを馳せていることでしょう。

残された私達は、今しばらく人間のふりを楽しまなくてはならないので、相変わらず「愛」というテーマをこねくり回しながら、苦しみや悲しみ、そして本当の愛とは?ということと向き合っています。


愛の学びの究極は、やはり「自分を愛する」ということになるのでしょう。

自分を愛する事よりも、親からの愛(実はコントロール)を受け取り続け、世間体という社会を覆うコントロールに自分を預けてしまったことで、愛を渇望するがゆえの悲しみを抱えた人達が、さまざまな問題を創りだしてしまうのでしょう。

現実問題として起こっている出来事の一つ一つに、この視点を持ち込むことで、私は自分を愛し、同時に私の愛する人達との人間関係を豊かなものにしていけたらと願うばかりなのです。

train-690200_1280

最後に一つ、おまけのエピソードを・・。

もうすぐ4歳になる孫娘が、葬儀を終えての帰りの電車の中で急に、「うちは5人家族になったんだね!」とにっこりしたのでした。

娘が「うちは4人家族だよ。どうして?」と聞くと、孫娘は「だって~」と、隣の空いている席を指差したのでした。

見えない存在が大の苦手な娘は「やめて~!!」と騒いだそうですが(笑)、いつも私に孫達の写真や動画を見せて欲しいとねだっていた父が、きっとこっそり名古屋までついて行ったのかなと思った私でした(笑)




お知らせ

2月21日(金)2020年第2回 「Cerulean Blue お話会」開催しますよ~!
Cerulean Blue セッションメニュー(更新しました!)



ギャラリー
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 自分が本当に辿り着きたい場所
  • 夏の夫婦リトリート
  • 夏の夫婦リトリート
プロフィール

ceblue